感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.10.25記述
Smartザテレビジョンより

011_201610251255479d3.jpg


映画「DEATH NOTE デスノート Light up the NEW world」が10月29日(土)に公開されることに先駆け、都内にて映画「DEATH NOTE デスノート」「DEATH NOTE デスノート the Last name」(共に'06年公開)の上映会を開催。藤原竜也、松山ケンイチがサプライズで登壇した。

2作の上映の合間に、突然2人が登場すると、約500人の観客から歓声が沸いた。司会をはさまず、2人きりで約15分の間、語り尽くした舞台あいさつの模様を全文紹介!


原文はこちら

松山:あのー、司会がいませんので、僕らから話し始めないと。

藤原:そうですね、きょうはね。

松山:自己紹介からいきましょうか。

藤原:僕は10年前にですね、夜神月を演じさせていただきました藤原竜也です。よろしくお願いいたします。

松山:皆さんこんにちは。劇場に足を運んでいただき、ありがとうございます。L役の松山ケンイチです。よろしくお願いします。これ、いつ公開するんですかね?

藤原:今週土曜日って言ってたよ。

松山:本当ですか、楽しみですね。

藤原:さっきマツケン言ってたじゃん! この後、後編(「―the Last name」)やるからネタバレだめだって。

松山:絶対ダメです! それだけは気を付けてください。すべて台無しになっちゃいますからね。

藤原:後編面白いもんね。

松山:やっぱり、駆け引きの部分ですね。どんでん返しですからね、皆さん!

藤原:言っちゃいけないよ!

松山:もう少しで言うところでした! きょう初めての(見る)方々ですもんね?

藤原:マツケン、後編はあるとして、新作が土曜日…

松山:え!? 新作出るんですか?

藤原:これの次が出ちゃうみたいよ。

松山:そうなんですねー。全然聞いてないですよねー(笑)。

藤原:土曜日なんで、皆さんよろしくお願いいたします。

松山:そちらの方も併せてよろしくお願いいたします。ちなみにですね、聞いていないっていうのはうそで、プロデューサーの方から電話がかかってきて、「新しくやるんだけど、出ない?」って言われたんですよ。でも、そのとき、11月19日(土)から公開される映画「聖(さとし)の青春」を撮っていて。聖の役、竜也さんもやられてるんですよね?

藤原:僕やってるんですよ、10年前に!

松山:そうなんです。これ、奇跡のコラボですよ! ここに村山聖と村山聖がいるんですからね

藤原:すっごいすてきな話でしょ。あそこまで将棋に命懸けてさ、人生懸けてさ。あんな人いないって。一手一手が勝負なんだって、あの人にとって。あれはすごい話だよ。面白い。

松山:生きるってことはこういうことなのか!っていうことを伝えている作品ですので、そちらも併せてよろしくお願いします! で、ですね、その役のために太らなきゃいけなかったんですね。(プロデューサーからの依頼が)ちょうどそのときだったので、「僕、太ってるんですけどいいですか?」って聞いたら、「一考する」って電話切れましたけどね(笑)。

藤原:それでどうしたの? 結果。

松山:結果はですね、今週土曜日に劇場で確認していただければと思います!

藤原:僕もね、連絡あったんだよ。どうやら「DEATH NOTE デスノート」続編やるらしいって。でも、俺、あそこであーなっちゃったはずなのになって。

松山:(ネタバレ)危ないっすよ!

藤原:そうだよね(笑)。で、話があって、マツケンと久々お芝居ができるのかと思って、いろいろ聞いてたら、東出(昌大)くんとか、池松(壮亮)くんとか、菅田(将暉)くんとかがいて、そんなに出られるのかなって思って。デスノートも6冊ぐらいあるんでしょ? そんなにあったけな?って思って(笑)。

松山:僕もね、それは本当にビックリしたんですよ。どんだけ増えるんだ!?って(笑)。

藤原:で、「ちょっと考えようかな」って言ったら僕も電話切られました(笑)。

松山:多分、新作にも続編ができて、そのときには32冊くらいになると思うので、そのときにまた回ってくる可能性ありますよ。

藤原:僕の場合はね、そのときに電話切られちゃったもんだから、仕事がなくなっちゃうと困るから、来年公開のね、(監督の)入江悠さんのね、映画「22年目の告白 ―私が殺人犯です―」にね。伊藤英明くんと初共演。これはね、すっげー面白い映画なんだって! 伊藤くんがひたすら犯人を追う、僕は全世界の人たちを巻き込んで…、この後は言えないですよね…。その映画出ちゃったんですよね。

松山:そちらも併せてよろしくお願いします!

藤原:いろいろありますよね、そんな感じですかね、きょうは。

松山:僕らが言いたいことは全部言いましたね。

藤原:でもマツケンはね、10年前からすてきな作品しか出てなくて…

(ナレーション&モニター クランクアップの日、何軒か飲んだ後のダーツバーで「わい、ダーツ初めてです」とうそをついたのは誰?)

松山:「わい」って言ってる時点でわいでしょ(笑)。これ覚えてます?

藤原:全く覚えてない。

松山:これはですね、撮影中だと思うんですけど、スタッフの皆さんと竜也さん含めてダーツバーに行ったんです。で、竜也さんとダーツ勝負になったんですよ。僕が「ダーツ初めてなんですよね」って言ったんですけど、実は、そのとき僕ダーツバーで働いてたんです。

藤原:えー! そうなの!?

松山:そうなんです。能ある鷹は爪を隠すってことをやってみたかったんですけど、確か勝てなかったんですよね。

藤原:じゃ、ダメだね。

松山:やっぱり勝てないっすよ。これは10年前の話にもつながってくるんですけどね。月っていう存在がものすごかったんですよね。僕は新人で、竜也さんは当時から百戦錬磨という状況の中で、僕が竜也さんと対峙(たいじ)できるのかっていうことで、すごく悩んでいましたし、プレッシャーもありました。

宝石のようなというか、狂気じみた演技は今でも忘れられないですし、あれを超える演技を僕はまだ見たことがないですね。だから、10年たった今でも、竜也さんに追い付きたいし、竜也さんに追い付いた後で思いっきり対峙したい。

ある意味、目標だったんですね。今でもそこを超えたいって思うし、目標にしている部分が残っているんですよね。だから、ダーツも勝てず…。まあ、後編では…、今言うところでしたね!

藤原:危ないですね!

松山:ほんとこれやりづらいなー。困りましたね。

(後編に続く)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .