感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
デスノート Light up the NEW world
鑑賞記録
1回目2016.10.29

001_20161031094606108.jpg


昨年のドラマ「デスノート」の最終回直後に発表されてから個人的には公開されたら観に行こうと思っていました。
公開間近になるとLや夜神月、ミサミサが本作に出演するという情報も入り、ネットでもかなり話題になっていました。

Huluで特別ドラマも公開されてそれも見てウォーミングアップは完了!

まず、Lを崇拝している(または愛してる人)はそれを期待して見に行かない方がいいと思います。
あくまでも純粋に一つの作品としての興味で観に行くことをお勧めします。
そうした目でこの作品を見ると楽しめると思います。
私は原作を読んでないのであくまでもベースは過去のデスノートシリーズとなりますが、飽きることなく最後まで楽しんでみました。

一言でこの作品を表現するとすれば…「死して尚、夜神月…恐るべし(怖ぇえ)」に付きます。
松田やみさみさが切ない…
切ないと言えば、竜崎とアーマの関係も切ないし、Lと竜崎の約束も切ない。狂気を持ちながらもLの思いを忘れず苦しみながらも生きる竜崎が切なくて愛おしくなる。(Huluの竜崎編のニアの言葉がこれまた…)

自分の死をデスノートで知ったら何をどう感じたのか…
Lを失ったときの喪失感を再び見届けることの切なさ、でもいかにも竜崎らしい最期…

そして新生キラが…
突っ込みどころも満載ですけど、リュークのあの憎々しいんだけど、憎めないとか、とにかく死神アーマがすごくよかった。
過去作品でいうところの、ジェラスやレムみたいな位置づけ?
ネタバレになるので気になる方は是非劇場で確認してみてください。
あと、エンドロールの途中での退席はいけません。電気が点くまで見てください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .