感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.11.17記述
THEPAGEより

thepage001.jpg


「役作り」という言葉は曖昧だ。人によって演じるキャラクターへのアプローチ方法は違うし、あえて“作らない”という手法をとる人もいる。そんな中、松山ケンイチは、徹底的に役を作っていくタイプの俳優のように思われる。映画『聖の青春』で彼が演じた棋士・村山聖(さとし)は、29歳の若さでこの世を去るまで、ただひたすら将棋界でトップをとるために、全力で命の炎を燃やし続けた。「覚悟がなければできない役」と自らに言い聞かせて作品に臨んだ松山。その向き合い方には彼の人生観がにじみ出ているように感じられる。


原文はこちら


覚悟を持って演じる役に挑みたかった


 松山は、大崎善生による同名ノンフィクション小説を読み、実写映画化されるなら「ぜひ村山聖さんは自分が演じたい」と強く思ったという。

 その理由を「自分の人生を全うしようと、命を燃やして生きている姿を見ていいなって思ったんです」と語るとともに「自分とは全くかけ離れた人間だったので、自分自身に寄せていくよりは、村山さんに近づいていかないといけない。しかも相当な覚悟を持たないと到達できない。自分も30代になったところで、そういう役にぶつかっていきたいという思いがあった」と俳優として高いハードルに挑むことを欲していたと明かす。

 実際、松山はさまざまな方向から村山聖という人物へのアプローチを試みる。

 「プロ棋士として将棋のさし方や手つきはもちろん、人生をかけて将棋をさすというのはどういうことなのか、将棋会館に行ってプロ棋士の佇まいを研究しました」

 また、一部報道でも話題になったが、大幅に増量して、外見的に村山さんに寄せていくアプローチ方法や、病と向き合う心も深く考えたという。

 「僕自身が演じているので、自分の中で使えるものは使ってやっていたのですが、村山さんという人物は、今まで自分が考えてこなかったものがとても多かった。これまでのキャリアの中で、一番長い時間をかけて役を作ったし、スタートに立つのも一番時間がかかった役でした」


自分がやりたいと思った役なら無理でもアプローチする



 自らが望んで得た役。そこには「自分がやりたいと思う気持ちを表現するのは大事なこと。心の中にしまっていても、誰にも気づいてもらえない。たとえ無理だとしてもやりたいと思ったらアプローチしないともったいない」という松山の強い思いがある。

 一方で「作品との出会いはタイミング」だとも言う。

 「この映画の原作も、ずっと若いころに持っていたんです。でもその時は読んでいなかった。でも20代後半になって、ふと手に取って読んだんです。それもめぐり合わせ。理由は分からないけれど、必要だから目の前に現れたんだと思うんです」


いちいち失敗にヘコんで成功に天狗になる人生はしんどい


 縁や出会い、めぐり合わせ……運命論的な発想にも思われるが

 「チャップリンの言葉に『人生は近くで見ると悲劇だが遠くから見れば喜劇である』というのがありますが、本当にそう思うんです。人生全体で見ると物事の捉え方って全然違ってくることってあるじゃないですか。いちいち失敗にヘコんで、成功に天狗になる人生ってしんどいですよね。そんなことで一喜一憂するのではなく、目の前にあることにベストを尽くして一生懸命生きていくしかないでしょ」と持論を展開する。

 これまで数々の作品に出演し、実力派俳優として高い評価を得ている松山だが、

 「僕がこの映画から受け取ったことは『誰のためでもない自分の人生を大事にしたい』と思うようになったことです。その意味では、過去から自分を決定していくのってすごく陳腐に感じるんです。過去なんてどうでもいい。過去に縛られると変わっていけなくなる。僕は目の前のことに全力を尽くして、どんどん進化していきたいし、変わっていくことに徹していきたいと思います」と前しか見ないと断言する。

 「村山さんは29歳で亡くなりましたが、限りある時間の中で、自分の命をどう使っていくかギリギリのところで懸命に生きていたんだと思います。でも、よく考えたら永遠の命なんてないし、誰だっていつどうなるかわからない。その意味では、自分の人生としっかり向き合うきっかけになる映画なんだと思います」と語った松山。

変化を望む彼にとって、本作の経験は、どんな新しい“松山ケンイチ”を生み出すのか……、非常に楽しみだ。

(取材・文:磯部正和)

本当に楽しみで仕方ないです。
でも自分を消費しすぎないで、無理もしすぎないで欲しくもあります。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .