感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.11.21記述
マイナビニュースより

021_20161121152922b50.jpg


プロ棋士・山崎隆之八段が、松山ケンイチ主演の映画『聖の青春』(11月19日公開)にカメオ出演していることがこのほど、わかった。

同作は天才棋士・羽生善治と"東の羽生、西の村山"と並び称されながら29歳にして亡くなった実在の棋士・村山聖の生涯を、師弟愛、家族愛、ライバルとの友情を通して描く実話。主演の松山が村山聖を、東出昌大が羽生善治を演じた。

山崎八段は、村山聖の師匠である森信雄七段の門下生であり、村山の弟弟子にあたる。丁寧な解説で将棋番組でも人気となっており、今回将棋会館の受付役として出演した。

山崎は、村山について「いつもたこ焼きを差し入れてくれて棋譜並べや将棋を見てた」と思い出を振り返る。同作を観て「わずかな接触や見て感じた印象が色褪せない。ごまかしが嫌いだったなと見て改めて思った」と感想を語り、「生きることを自分の決めたことにごまかしなくかける人って人から忘れられないんだなと感じた」と、亡き兄弟子に想いを馳せた。

また第一線で活躍する棋士たちも「今でも自分の心の中で生き続けている」「彼と出会って対局が出来たことは棋士として大きな誇り」と、”村山愛”が感じられるコメントを寄せている。


山崎先生声がよく通るので出演シーン良かったです(^O^)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .