感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.12.7記述
しらべえより

世の中には売れっ子でありながら、「喜々として、ヘンな役を引き受ける」「過酷な撮影に身を投じる」「爆死必至な作品に出演する」などして、映画やドラマ好きの一部から「あれは○○の罰ゲームだ」と言われる俳優がいる。

そんなコメントをする人の中には「あの罰ゲームをやったから、こっちの作品に出られたんだな」と、まるで「罰ゲーム・バーター」が存在するかのような発言をする人もいるほどだ。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,360名を対象に「イケメンなのに『罰ゲーム作品に出演している』と思う俳優」を調査。投票結果をもとに、「罰ゲーム俳優」ランキングを作成した。


原文はこちら

第5位:藤原竜也(110票)

藤原竜也


「カイジ」シリーズや『藁の楯』、来年公開予定の『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』などに出演。自ら「クズの役しかこなくなった」と発言する藤原竜也が、早くもランクイン。



第4位:中村蒼(115票)

中村蒼


ドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)の宮沢役で、女性の心を鷲掴みにした中村蒼が意外にも上位に。
2015年の秋クール『無痛〜診える眼〜』(フジテレビ系)のイバラ役で見せた不気味なスキンヘッド姿が、票を伸ばした要因か。



第3位:鈴木亮平(117票)

鈴木良平


わずか2票差で中村をかわし、TOP3に入った鈴木亮平。
『天皇の料理番』(TBS系)「兄やん」での激ヤセ、『俺物語!!』の大増量という、過酷なデ・ニーロ・アプローチもあるが、やはり代表作「HK 変態仮面」シリーズが効いているのかも。



第2位:山田孝之(153票)

山田孝之



「闇金ウシジマくん」「勇者ヨシヒコ」両シリーズも絶好調な山田孝之が第2位。
CMなどでもコミカルなキャラクターを見せているが、やはり多くの得票を牽引したのは『テラフォーマーズ』の爆死ぶりと、「荒川アンダー ザ ブリッジ」シリーズの星役あたりだろうか。



第1位:松山ケンイチ(172票)

004_20161207104314c7f.jpg


カメレオン俳優として人気を誇る松山ケンイチ。「デスノート」シリーズのLや『聖の青春』では3位の鈴木亮平に劣らぬデ・ニーロ・アプローチを見せ、さまざまな役を鬼気迫る演技で自分のものにしている。

その一方で『デトロイト・メタル・シティ』のクラウザーさん、『珍遊記 ―太郎とゆかいな仲間たち―』での山田太郎役など、破壊力の高い役をやっていることもあり、堂々の1位獲得となった。

ちなみにTOP5には入らなかったが、第6位:小栗旬(108票)、第7位:山崎賢人(95票)、第8位:綾野剛(90票)、第9位:松田翔太(81票)らが、多くの票を集めた顔ぶれだ。

「罰ゲーム」という言い回しは言葉が悪いが、多数の出演作を抱える彼らへの愛情表現的なニュアンスが、実は多分に含まれている。

ここにランクインしたのは、多くの監督や制作担当者から愛され、出演を乞われた結果でもあるのだ。


罰ゲーム…いや、本人はかなり楽しんでいたと思いますけどね(笑)
でも、それも含めて「なんで今その役?」と思ってくれて楽しんでくれているのなら最高ですよね。
とにかく、個性派ぞろいの中で1位ということは喜ばしいことですのでアンケートに答えてくださった皆様に感謝ですね(^O^)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ブラボーでしょう、これは☆彡
こんにちは、mayさん。
いやいや、このニュースはある意味素晴らしいですよ。何事も2位じゃつまらないし。
松ケン君だって「わい、1位取ったどー!」言うと思います。
確かにファンをどよめかすキテレツな役を引き受ける事が多いですが、彼が納得して楽しみながらやりたい役を自身で選んでやってる事。
ファンはそんな彼を「ばっちこーい」ちゃ~んと支えるし、これからもどよめかす様々な役にチャレンジして貰いたいデス。
だって、絶対彼だからこの感じで収まったんだぜ?って作品沢山ありますモンね(^^♪
他の方だったら・・・ねぇ?
松ケン君の「キャラをそこに存在させる感」は素晴らしいのであ~ります★
2016/12/08(木) 13:06 | URL | kei #-[編集]
Re: ブラボーでしょう、これは☆彡
Keiさん、こんにちは<(_ _)>

> いやいや、このニュースはある意味素晴らしいですよ。何事も2位じゃつまらないし。
> 松ケン君だって「わい、1位取ったどー!」言うと思います。

確かにランキングに入っている人たちはかなりの強敵ですものね。その中での1位は周囲はどう感じるかわからないけど
松山ケンイチファンの一人としては「あっぱれ」と言いたいです(^O^)


> 確かにファンをどよめかすキテレツな役を引き受ける事が多いですが、彼が納得して楽しみながらやりたい役を自身で選んでやってる事。
> ファンはそんな彼を「ばっちこーい」ちゃ~んと支えるし、これからもどよめかす様々な役にチャレンジして貰いたいデス。
> だって、絶対彼だからこの感じで収まったんだぜ?って作品沢山ありますモンね(^^♪
> 他の方だったら・・・ねぇ?

結婚して子供もいてだと、独身時代よりは色々制限する人もいるかもしれないけれど、そんなことどこ吹く風と言わんばかりに
より気持ちも子供のように、楽しんでくれてる姿を見せてくれることが嬉しい。

> 松ケン君の「キャラをそこに存在させる感」は素晴らしいのであ~ります★

本当に火曜サプライズでも、最初の時に比べたらお店の交渉も上手くなって、大人になってきたと思う部分と、お茶目なビックマウスも健在でそれがより魅力的で素晴らしいよね。

2016/12/12(月) 09:38 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .