感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.12.30記述
エンタメOVOより

018_201612301056062a7.jpg 

本映画コラムも2016年は今回が収めの回。そこで筆者の独断と偏見でベストテンを選んでみました。


外国映画
1.ハドソン川の奇跡
2.ブリッジ・オブ・スパイ
3.トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
4.スポットライト 世紀のスクープ
5.ザ・ウォーク
6.オデッセイ
7.マネーモンスター
8.レヴェナント: 蘇えりし者
9.手紙は憶えている
10.シング・ストリート 未来へのうた



日本映画
1.この世界の片隅に
2.シン・ゴジラ
3.聖の青春
4.君の名は。
5.家族はつらいよ
6.ちはやふる -上の句-
7.お父さんと伊藤さん
8.蜜のあわれ
9.殿、利息でござる!
10.の・ようなもの のようなもの




また、本映画コラムの2016年のPV数のトップテンを記します。

1.別次元に到達したアニメ映画『ファインディング・ドリー』
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/column/week-movie-c/1058095

2.大スターとはこういう人のことを言うのだ! 『健さん』
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/column/week-movie-c/1063190

3.二人を隔てる時間と距離が何とも切ない『君の名は。』
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/column/week-movie-c/1064260

4.普遍的なテーマを内包したエロチックな寓話『蜜のあわれ』
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/column/week-movie-c/1043607

5.名コンビによる久々の映画だが…『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/column/week-movie-c/1065510

6.最近では珍しい気持ちのいいアメリカ賛歌『ハドソン川の奇跡』
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/column/week-movie-c/1068879

7.広瀬すずの切れ味鋭い動きに魅了される『ちはやふる-上の句-』
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/column/week-movie-c/1041619

8.事件の背景や人間模様をじっくりと描いた『64?ロクヨン?前編』
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/column/week-movie-c/1048797

9.吹けば飛ぶよな将棋の駒に、懸けた命を笑わば笑え『聖(さとし)の青春』
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/column/week-movie-c/1078443

10.再生をテーマにしたスピリチュアルなミステリー『追憶の森』
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/column/week-movie-c/1048106

このベストテンが年末年始の映画鑑賞の参考になれば幸いです。
それでは、皆さま、良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。
(田中雄二)


こちらのベスト10には「聖の青春」そして「のようなもののようなもの」の2作品が入っていますね。
いずれも上映館が決して多かったわけではないし、物語もどちらかというと劇的な盛り上がりはないけれど、作品に対しての愛が凄く詰まった至極の作品たちなので嬉しいです。映画コラムの方も沢山の方が「聖の青春」を気にかけてくださっているのも何より。ヤフーレビューではどうも評価はボチボチですけど、ほかのレビューサイトではとても満足度の高いものもありますし、Twitterなども高評価なのでそういうものを参考に観てもらいたいですね。

これから公開される劇場もあるので是非、興味のあるかたは劇場チェックしてみていただきたいです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .