感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています

日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」で初共演する木村拓哉さんが感じる松山ケンイチとは。


005_201701100642385ce.jpg



2017.1.10記述
冬の新ドラマ祭りより

--○○するために生きて来た?

ケンケン「これは僕は当たり前のこと言いますけど、自分の命を全うするために生きてきてんですよね。どの瞬間に自分の命を使っていくかっていう…ことじゃないですか?」
たっくん「…深い!」
ケンケン「自分自身が幸せを感じて生きていきたいんですよね。自分のちゃんとした命を使って、ちゃんとた場で、楽しい場で。」
たっくん凄いなぁ…深いなぁ
ケンケン「いえいえ。」

いや、松山ケンイチ半端ねえなぁ~。凄かったよ、あの…マシンガントークは。
多分あいつが一番、ワイヤレスの電池使ってる。



ケンケンが終始木村さんをお兄ちゃんに甘えてる弟みたいでかわいいですし、木村さんがほかの役者さんにもケンケンは凄いと言ってくれてるのが嬉しいです。なかなかの名コンビになりそうな気がします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .