感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
映画「ユリゴコロ」公開関連情報
2017年9月23日公開予定、映画「ユリゴコロ」の関連情報です。





映画「ユリゴコロ」 
ある日、亮介(松坂)は余命わずかな父の書斎で、殺人者の告白文がつづられた1冊のノートを発見する。誰が何のために書いたのか。自分の家族とどんな関係があるのか。数々の疑念を抱きながらも、強烈にノートに引き寄せられていき、自分の運命を狂わせていく。一方、時代は昭和。人を殺すことが心のよりどころの美紗子(吉高)は、他人に理解されない、孤独な生活を送っていた。ある日、洋介(松山)と出会い、お互いの境遇が似ていることに気付き、孤独を埋め合うようになる。



松山ケンイチ(32)コメント
あたたかく、柔和で、暗くなりがちな役柄を演じるのは久しぶりだったので、自分の中のステレオタイプも参考にしながら演じました。由里子ちゃんとの共演も願っていた事だったので、とても嬉しく思っています。熊澤監督とは2回目で10年近く間が空いてますが、プライベートでもお付き合いがあったので、良い関係で最後まで出来ました。僕自身大好きな90年代の映画の匂いのする作品だなと思ったので完成が楽しみです。

松坂桃李(28)コメント
非常に不思議な本でした。ミステリーでもあるけれど人間ドラマとしても深いところをえぐってくる。完成するまで「こういう作品だ」と言いきれないんじゃないかと思いました。偶然にも近いタイミングで同じ原作者の沼田さんの作品に携わることになり、そこにも深い"縁"を感じました。過去の出来事を想像しながら、現在の物語を大切に演じていきたいと思います。

熊澤尚人監督コメント
昭和と現代、二つの時代を通して、主人公であるひとりの女性に、心を揺り動かされ、人生を翻弄されるふたりの男性を松山くんと松坂くんに演じてもらいます。かねてから絶大な信頼を寄せる松山くんは、私の想像を超える柔軟性で、この難役に挑んでくれました。松坂くんとは初めてですが、香りたつ芝居の出来る、今、最も一緒に仕事をしたい俳優さんだったので、今から撮影が楽しみです。


撮影について
ノートに綴られた物語へ出演する吉高由里子さん、松山ケンイチさん、佐津川愛美さん、清原果耶さんは昨年9月初旬~10月中旬に撮影を終了。ノートの秘密へ迫る<現在パート>へ出演する松坂桃李さん、木村多江さん、清野菜名さんらは本年6月下旬から撮影に入ります。過去と現在が交錯する物語をコントラスト強く表現するため、画のトーン、現場スタッフなどを変更。撮影時期もあえてずらし、二部作的スケール感の制作体制を敷いています。本作の完成は8月下旬を予定。ぜひ今後の情報へもご期待ください。





公式サイトはこちら


最終更新日:2017.4.28



2017.4.28記述
映画ナタリーより

吉高由里子と松山ケンイチが涙する「ユリゴコロ」新特報、ティザービジュアルも到着

005_20170428111413a0f.jpg


吉高由里子が主演を務める「ユリゴコロ」の新たな特報がYouTubeにて公開。あわせてティザービジュアルが到着した。

本作は、2012年に大藪春彦賞を受賞し、本屋大賞にもノミネートされた沼田まほかるの同名小説を原作とするミステリードラマ。人間の死を心のよりどころとしてきた女性・美紗子が、殺人から逃れられずに苦悩するさまを過去と現在を交錯させながら描く。美紗子と運命的な出会いを果たす洋介に松山ケンイチ、殺人者の記憶がつづられたノートを発見しその秘密に迫っていく亮介に松坂桃李が扮する。そのほか、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江がキャストに名を連ねた。

過去パートで構成された特報には、「あなたの優しさには、容赦がありませんでした」という美紗子のつぶやきや、涙する美紗子と洋介の姿が収められた。

実写版「心が叫びたがってるんだ。」の熊澤尚人がメガホンを取った「ユリゴコロ」は9月23日から全国公開。


昨日、フライングで動画が流れていたんですけどね(笑)何とか今日解禁になったみたいでホッ=3
洋介さんは目の横にホクロがあるみたいですね。原作で読んだイメージとはちょっと違うけど、一体どんななのか楽しみでもありますし、「あなたの優しさには、容赦がありませんでした」のシーンをどこまで演じてくれるのかも楽しみです。(まぁ、ハードなシーンは吉高ちゃんはいざとなればやってくれると思いますが)まだ発表されてない登場人物もいますのでその辺も気になりますね。




2017..4.10記述
日刊スポーツより
001_20170410092318b08.jpg


吉高主演の殺人映画に松坂桃李と松山ケンイチが出演

女優吉高由里子(28)が初めて殺人者を演じる主演映画「ユリゴコロ」(熊沢尚人監督、9月23日公開)に、松坂桃李(28)と松山ケンイチ(32)が出演することが9日、分かった。

 原作は沼田まほかる氏の同名小説。松坂は父の書斎から殺人者の記憶がつづられたノートを見つけ、秘密に迫ると同時に、自分の運命を狂わせていく亮介を演じる。松山は人に言えない罪や心の傷を抱える中、似た境遇の主人公(吉高)と出会い、孤独を埋め合うようになる洋介を演じる。


日刊スポーツより

松坂桃李&松山ケンイチ、吉高由里子に翻弄される


女優吉高由里子(28)が初めて殺人者を演じる主演映画「ユリゴコロ」(熊沢尚人監督、9月23日公開)に、松坂桃李(28)と松山ケンイチ(32)が出演することが9日、分かった。

 原作は沼田まほかる氏の同名小説。松坂は父の書斎から殺人者の記憶がつづられたノートを見つけ、秘密に迫ると同時に、自分の運命を狂わせていく亮介を演じる。松山は人に言えない罪や心の傷を抱える中、似た境遇の主人公(吉高)と出会い、孤独を埋め合うようになる洋介を演じる。

 松坂は現代、松山は昭和を生きる男を演じるが、2つの時代を通して、1人の女性(吉高)に心を揺り動かされ、2人とも人生を翻弄(ほんろう)されていく設定だ。熊沢監督は松坂の起用を「香り立つ芝居ができる、今、最も一緒にしたい俳優さん」とし、松山については「かねて絶大な信頼を寄せているから」と説明する。

 松山は昨年秋に撮影を終えた。「温かく、柔和で、暗くなりがちな役柄を演じるのは久しぶり。大好きな90年代の映画のにおいがする作品だなと思ったので、完成が楽しみです」。吉高との共演は06年映画「親指さがし」以来、2回目の共演。「由里子ちゃんとの共演も願っていたことだったので、とてもうれしく思います」。一方、物語のストーリーテラー的存在を演じる松坂は吉高とは初共演。松坂は6月下旬から撮影に入る。「非常に不思議な本でした。ミステリーでもあるけど人間ドラマとしても深いところをえぐってくる」と話している。ほか、木村多江(46)佐津川愛美(28)清野菜名(22)清原果耶(15)が出演する。


ようやく解禁ですね。どちらかの役かと思っていたけど、アナタの役だったですね。と言ってもどうなんだろう?ケンちゃんの登場シーンは若い頃の回想シーンだけなのかしら?そうしたら現代パートはまた違う人が演じることになるのかな?ケンちゃんだったら現代パートもやれるとは思うんだけどなぁ…でもまだ現代パートの撮影これから見たいね(これがビックリしたわ)
でも、日活の概要を見たらなるほどねと思いました。

熊澤監督とは「親指探し」でお仕事してますが、私、この作品未だ見たことないんです(汗)

あと、この記事で吉高さんと「親指探し」で共演って書いてるけれどこれ違うと思うんですけどね。彼女とはGANTZで共演だと思いますけど(カイジも出演してるけど、共演シーンはなかったからね)監督の作品と混同しちゃったのかしらね。
どこまで原作の世界観を映像にしてもらえるか気になるところですね。ケンちゃんこの頃かなり瘦せていたし、楽しみです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .