感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2017.4.25記述
シネフィルより

010_20170425060202d16.jpg


100 年に 1 人と言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称され ながら、29 歳にして亡くなった実在の棋士・村山 聖[さとし]―。

病と闘いなが ら将棋に全人生を懸け、全力で駆け抜けた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く、奇跡の実話を元にした感動のエンターテイメ ント『聖の青春』。
この劇場大ヒット作が、世界各国での映画祭に続々出品!
アジア、アメリカでの上映を終え、この度ヨーロッパへ上陸致しました!

先日 4月 21日よりスタートした、第19回ウディネ・ファーイースト映画祭には、 名誉あるコンペティション部門に出品。日本から本作の主演・松山ケンイチと森義 隆監督が出席致しました。


原文はこちら



2017年4月21日 19:00

オープニングセレモニー

014_201704250633421bc.jpg


イタリア・ウディネの劇場「新ジョヴァンニ劇場」で、第 19 回ウディネ・ファーイースト映画祭のオープニングセレモニーが開催された。

ウディネ・ファーイースト映画祭は今年で 19 回目。
中国、韓国、日本、カンボジア、タイなど、極東アジアの気鋭の監督、俳優、プロデューサーなどが多数参加し、全ヨーロッパから多くのメディアが注目する、ヨーロッパ最大のアジア映画祭。
『聖の青春』はコンペティション部門に選抜され、主演の松山ケンイチと森義隆監督が現地入りした。

オープニングイベントは 4 月 21 日現地時間 20 時よりサブリナ・バラチェッティ映画祭実行委員長が、ゲスト一人ひとりを紹介。終盤サブリナがいよいよ「松山ケンイチ」の名前を呼びかけると、一際大きな歓声と拍手で松山を歓迎。フォーマルに身を包んだ松山 は立ち上がり、笑顔で喝采に応じた。


4月22日(土)19:45

公式上映

016_20170425063344c48.jpg
 

現地時間 22日 19時 45分より、いよいよ『聖の青春』公式上映。
1200席の新ジョヴァンニ劇場は超満員の盛況ぶり。上映前、サブリナ委員長のホストにより、森監督、松山ケンイチの二人が舞台へ登壇。
森監督はイタリア語で「ウディネは街もスタッフも観客も本当に素晴らしい。この映画祭はきっと一生忘れない体験になると思います。みんなが映画を気に入ってくれたらだけどね」とジョークを交え観客を沸かせた。


また松山もイタリア語で「松山ケンイチです。お招きいただきありがとうございます。」と謝辞。
委員長は舞台上で松山の大幅な体重増量ほか、壮絶な役作りに言及。
「『レイジング・ブル』のロバート・デニーロのよう」と松山を讃えた。
舞台挨拶は松山が英語で「『聖の青春』を楽しんでいただけたらうれしいです」と締めくくった。 舞台挨拶後、会場は大きな大絶賛、観客席で観ていた森監督、 松山ケンイチへ大きな拍手が贈られ、大成功。ロビーではサインや 写真撮影を求めるファンが絶えなかった。



 4月23日(日)

パネルディスカッション

 009_2017042506334528e.jpg


ヨーロッパ内外のプレスが約 20 媒体集まり、森義隆監督、松山ケンイチによる『聖の青春』トークセッションが行われた。
10 年に及ぶ開発期間を経て渾身の映画化に至った本作に、記者たちは興味津々。

森監督は「最初は将棋という題材がとても難しく、大変苦労した。しかし、日本で、インターネット将棋など、将棋の人気がだんだんと高まってきて、やっと動きだした。時を同じくして、松山君がこの役に名乗り出てくれた時に、今だと思った。」と製作の背景を紹介。
また過去に、ウディネ・ファーイースト映画祭で主演作が上映され(当時は松山の登壇なし)、イタリアでも大ヒットした過去作で人気・知名度ともに高い松山ケンイチ。
記者からの「本作『聖の青春』はこれまでの作品と比べて、ナチュラルな演出や演技が印象的だったが、どういう意識だったのか」という質問に対し、森監督は「30 歳の松山ケンイチそのものを撮りたかった」とコメント。
松山からは「これまでの自分の演技は、漫画原作などに多く出演してきたこともあり”足し算”だった。今回は”引き算”を意識して役に臨んだ。実在の人物になることに”自分”は要らないと思った。引き算によって得られるものは大きかったと思う。」と答えた。



<「聖の青春」映画祭出品状況>
◆2016年10月 東京国際映画祭
◆11月 台北金馬映画祭
◆2017年2月 タイ国日本映画祭
◆3 月 ワシントン Cine Matsuri
◆4 月 香港国際映画祭(I see it my way 部門) ◆4 月 北京国際映画祭
◆4 月 イタリア ウディネ・ファーイースト映画祭(コンペティション部門) ◆5月 フランクフルトNipponConnection
◆6月 上海国際映画祭(パノラマ部門)
◆6 月 トロント日本映画祭
◆7 月 ニューヨーク JAPAN CUTS

海外の観客との交流も楽しそうで何よりでした。森監督とげんちをまんきつできたのならなによりです。
まだまだ映画祭での上映がありますので、監督頑張ってください。ケンちゃんは他にも参加する予定あるのかしら?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .