感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2017.7.6記述


002_2017070613170322a.jpg


笑福亭鶴瓶、5歳で初共演した芦田愛菜の成長に「きれいになった」と目細める


笑福亭鶴瓶、「ミニオン」抱いての登場に自虐? 
映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」日本語吹替版完成報告イベント1


笑福亭鶴瓶も絶賛!生瀬勝久が「ミニオン」で声優デビュー 
映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」日本語吹替版完成報告イベント2


宮野真守の吹替えにタレント声優陣から驚きの声 
映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』日本語吹替版完成報告会


映画ナタリーより

笑福亭鶴瓶が松山ケンイチや宮野真守に嫉妬、「グルー」イベントで「みんなうまい」

009_201707061327541fc.jpg


「怪盗グルーのミニオン大脱走」日本語吹替版の完成報告イベントが本日7月6日、東京・ザ・ペニンシュラ東京にて行われ笑福亭鶴瓶をはじめとするキャスト陣が登壇した。

イルミネーションエンターテインメントが手がける本作は、「怪盗グルー」シリーズの最新作。グルーたちの前に新たな怪盗バルタザール・ブラットが現れ、大騒動が巻き起こる。

会場には主人公グルー役の鶴瓶のほか、松山ケンイチ、中島美嘉、いとうあさこ、宮野真守が登壇。加えて、本イベントで出演が発表されたグルーの双子の兄弟ドルー役の生瀬勝久も参加した。

ミニオンのぬいぐるみを抱えて登場した鶴瓶は「今年66歳になるんですが、人形持って座ってたらすごく危ないんじゃないかと。でもこれは持たされているだけなんで」と挨拶し、会場の笑いを誘う。アメリカ・ロサンゼルスで行われたワールドプレミアに参加した松山は「自分の子供と一緒に観ていた作品に出られてうれしい」、シリーズ過去作にも出演している宮野は「最高に面白いし、最高に泣けるシリーズ」とそれぞれコメントする。

楽しげな様子の生瀬は「このシリーズを続けたい」と続投を希望。その言葉に鶴瓶は「人気があるのは、グルーじゃないミニオン。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにもミニオンのエリアはあるけどグルーの館はない」と現実を突きつけるが、生瀬は「ドルーの館がどれぐらいの大きさになるのか楽しみ」と返し、笑顔を見せる。

イベントでは吹替を行ったシーンを観ながらトークが進行する。松山や宮野らの演技を観た鶴瓶は「みんなうまい」と称賛し、「宮野や生瀬にも言ったけど、俺下手やなあ」と吐露する。続けて「収録するのは楽しい。でも小さなところで缶詰になってやるから頭おかしくなる」と冗談交じりに収録を振り返った。

アグネスに声を当てる芦田愛菜のビデオメッセージの上映、願い事を書いた短冊の発表なども行われた同イベント。最後の挨拶で鶴瓶は「感動しました。特にミニオンがオーディションに出る場面。子供たちと一緒に観ていただきたい」と思いを述べた。

「怪盗グルーのミニオン大脱走」は7月21日より全国でロードショー。



なんかごちゃごちゃした話題で大変な時に…WSで扱ってもらえるのか心配だったりしますが…
短冊、健康第一ですか。家族そして自身もこれから舞台があるからね。
子供たちと楽しめる作品だし、さっそく子供たちに真似されているみたいだね。
鶴瓶さんと愛菜ちゃんの話題があるけど、同じ時期ケンちゃんも「うさぎドロップ」で共演していたから、本当になんだか感慨深いなぁ。同席していたらどんな話ししたかなぁ…。そうそう、中島美嘉さんとも「NANA」繋がりだね。「NANA」と言えばオーディオコメンタリーでケンちゃんのシンが出てきたら美嘉さんが「松ケン、松ケン」となんかテンション高かったのを思い出しますわ(笑)



MovieWalkerより

笑福亭鶴瓶の願い!「『このハゲー!』が流行語大賞になりませんように」

001_201707061325582b4.jpg


興収50億円超えの大ヒットとなった『ミニオンズ』(15)に続く『SING/シング』(16)のイルミネーション・エンターテインメントが贈るシリーズ最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』が7月21日(金)より公開される。本作の日本語吹替版完成報告イベントが7月6日にザ・ペニンシュラ東京で開催され、笑福亭鶴瓶ら日本語吹替版声優陣が登壇した。

明日が七夕なのでそれぞれが短冊に願いを書いたが、鶴瓶は自民党の豊田真由子衆議院議員の暴言をネタに「『このハゲー!』が流行語大賞になりませんように」と書いて、会場の笑いを取った。

会見には、グルー役の笑福亭鶴瓶のほか、バルタザール役の松山ケンイチ、ルーシー役の中島美嘉、ヴァレリー役のいとうあさこ、クライヴ役の宮野真守、ドルー役の生瀬勝久も登壇した。

鶴瓶は自身のアフレコについて「『全然自信ないわ。下手やわ』と言ってたら、社長が『鶴瓶さん、あんまり上手くないわ』と言われて。『ええ!?』」とショックを受けたことを明かした。

いとうは「師匠、しょんぼりしてましたもんね」とうなずく。鶴瓶は「うちの社長やで?まあ、こんなとこで言うことじゃないけど。下手ってなんですか?上手いってなんですか?」とツッコむ。

生瀬は「そういうことですよ。『上手いってなんですか?』と。味があるってことですよ」と言うと、伊藤も「人間力!」と鶴瓶を励ました。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』は怪盗グルーとバナナが大好物の謎の生命体ミニオンたちが繰り広げる騒動を描く人気シリーズ第3弾。悪党を取り逃がしてグルーの前に、生き別れの双子の兄ドルーが登場する。【取材・文/山崎伸子】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .