感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『ユリゴコロ』キックオフ会見
20177.9『ユリゴコロ』キックオフ会見がありました。


005_20170709150824b94.jpg


吉高由里子、他のキャストに「全然親近感が湧かない」 映画「ユリゴコロ」会見1


松坂桃李「愛のある作品」 映画「ユリゴコロ」会見2


松山ケンイチ、吉高由里子との共演シーンは「ずっとすっぽんぽんで…」 映画「ユリゴコロ」会見3




吉高由里子、肩出し黒ワンピ&ピンヒールでエレガントな大人の着こなし 映画「ユリゴコロ」会見4


2017.7.9記述
映画ナタリーより

吉高由里子、松山ケンイチ、松坂桃李ら「ユリゴコロ」クランクアップを報告

010_20170709154201472.jpg


「ユリゴコロ」のキックオフ会見が、本日7月9日に東京都内で行われ、主演の吉高由里子、監督の熊澤尚人らが出席した。

沼田まほかるの同名小説を実写化した本作は、吉高演じる“人間の死”を心のよりどころとして生きてきた女性・美紗子が、殺人から逃れられず苦悩するさまを過去と現在を交錯させて描くミステリー。本日の会見には、吉高とともに過去パートに出演した松山ケンイチ、佐津川愛美、現代パートに出演した松坂桃李、木村多江、清野菜名も参加した。


過去パートは2016年に撮影が済んでいるのに対し、現代パートの撮影は昨日7月8日に終了。クランクアップを迎え、熊澤は「過去と現代の撮影を同時に進めていたら、きっとここまで来ることはできなかった。そのくらい内容が濃く、俳優陣の体力も知力もすべて奪うような過酷な撮影の日々でした」と振り返った。またそれぞれ別の期間に撮ったことで、「現代パートの俳優陣が、過去パートのパワーに負けないぞ!という思いでやってくれて、いい掛け算になりました」とプラスの作用が生じたことを明かす。


先に撮影に臨んだ吉高は「早く現代パートも観たいです。2つのストーリーがどうやって交わっていくんだろう」と期待を述べ、「今こうやって皆さんと並んでいますが、(現代パートの俳優陣に)まったく親近感が湧かない(笑)。別の現場の方たちかな?と思うくらい」と素直な気持ちを口にした。殺人者という役どころだけに、「共演した人がどんどんクランクアップしていった(笑)」と吉高。一番長く撮影をともにしたという松山は、吉高との共演を「10年以上前からクセの強い女の子だなと思っていた。そういう人が本当に大好きなので、今回ちゃんと共演できてうれしかった」と報告し、佐津川は「拒食症の役なので減量中だったのですが、食事を買いに行く時間がなかったとき、吉高さんがサラダとゆで卵を買ってきてくれて。もう、好き!ってなりました」と目を輝かせた。

続いて現代パートの面々も撮影を振り返ろうとするが、ネタバレを防ぐのに苦労し、最終的に松坂は「“あれ”がああなって、“これ”がこうなるんですよ」と漠然とした説明で笑いを起こす。清野から「オムレツ作りましたよね?」と聞かれると、松坂は思い出したように「あれは緊張しました」と嘆き、「何度も作ったので、ケータリングのところに置いたりしたんですけどほとんど誰も食べてくれなかったです」と渋い顔。また木村は「心の中で『いつか終わる、いつか終わる』と唱えていました」とハードな撮影中の心境を明かした。

最後に吉高は「こんなにも自分が関わっていない期間やシーンのある映画は初めて。全体を把握しているのは監督だけですよね」と改めて驚きつつ、「昨日撮り終わって本当に2カ月後に公開できるんですか? 何か手伝いますよ?という気持ち(笑)。仕上がりがとても楽しみです!」と期待を寄せた。



無事現代パートも撮影終わったんですね。これから編集に監督も大忙しですね。
吉高ちゃんもやるときにはやる人なのでハードなシーン楽しみにしております(笑)若干現代パートの設定も違うみたいだけど、はてさて、あの役が一体誰が演じているのか気になりますって、当然登場するよね?(汗)


シネマカフェネットより

吉高由里子&松山ケンイチ、全裸で撮影? 謎多き『ユリゴコロ』の一端を明かす

003_20170709150944321.jpg


吉高由里子の5年ぶりの主演映画で殺人者役を演じる『ユリゴコロ』のキックオフ会見が7月9日(日)に開催され、吉高さんをはじめ、松山ケンイチ、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、木村多江、熊澤尚人監督が出席した。

沼田まほかるの人気ミステリを実写化した本作。ある一家で見つかった一冊のノートに綴られた、殺人者の告白を軸に、過去と現代が絡み合っていく。

物語は吉高さん、松山さん、佐津川さんが参加した過去編と松坂さん、清野さん、木村さんが出演する現代編に分かれるが、過去編は昨秋に撮影され、現代編は昨日、クランクアップを迎えた。

吉高さんは、最初に脚本を読んだ際の印象について「普段、脚本を読むのに時間がかかるんですが、あっという間に読み終えていました。私自身、殺人を犯す役をやったことはなかったので、興味がわいて、ぜひやってみたいと思いました」と語る。

本作はラブストーリーでもあり、吉高さんは松山さんとのシーンも多かったそう。物語に深く関わるとあって、話せることが限られており、共演シーンについて「何も言えないね」(吉高さん)「ダメだね…」(松山さん)と苦笑交じりに互いに顔を見合わせていたが、吉高さんは松山さんについて「もっとお芝居を見たいと思う役者さんでした」と語る。

一方の松山さんは「初めて由里子ちゃんに会ったのは10年以上前で、クセの強そうな女の子で…」と語り、すかさず吉高さんは報道陣に「ポジティブに書いてくださいね!」とお願い。松山さんは「そういうクセのある人が大好きで、これまで共演することはあっても、僕が一方的に刺すだけだったり(笑)、出番が違ったりしてたんですが、今回、(初めてじっくりと)共演できてよかったです」とふり返る。

明かせないながらも2人でのシーンは「変わったシーンが多かった」と松山さん。「ミステリなのに、ギャグか? ってシーンもあって。2人ともずっとスッポンポンで…」と語り、吉高さんも「金太郎でしたね(笑)」と楽しそうに述懐。果たして、どんなシーンになっているのか…?

現代編の中心を担う、告白ノートを見つける亮介を演じた松坂さんは、あえて過去パートのダイジェスト映像を見ないで撮影に臨んだという。「こんなにも(現代と過去で)ハッキリと分かれている作品はなかなかないと思います。監督の絶妙な仕掛けがちょいちょいあるので、それがどう作用して、一つの作品になるか楽しみです」と完成作への期待を口にする。

吉高さんは「2か月後に本当に公開できるのか…(笑)? 何か手伝う? 大丈夫…? って感じですが(笑)、仕上がりがとても楽しみ。2つのストーリーがどうひとつに交わっていくのか? 早く見たいです」と完成を待ちわびていた。




MovieWalkerより

松山ケンイチ、吉高由里子の印象は「クセが強い」スッポンポンのシーンも一緒に乗り越える


002_201707091508259fc.jpg


沼田まほかるのベストセラー小説を映画化した『ユリゴコロ』(9月23日公開)のキックオフ会見が7月9日に東京国際フォーラムで開催され、吉高由里子、松山ケンイチ、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、木村多江、熊澤尚人監督が登壇。松山が吉高について「クセが強そうな女の子だと思った」と印象を明かした。

吉高にとって、『僕等がいた 前篇・後篇』でダブル主演を務めて以来、5年ぶりの主演映画となる本作。ある家で、殺人者による手記を発見した青年が、恐ろしき事件の真相に迫っていく姿を描く。

吉高は「いつも脚本を読むのは時間がかかってしまうんですが、今回はあっという間に読み終えた」と脚本の印象を語り、「私は、殺人をする役。そういった役は今までやったことがなかった。すごく興味がわいて、是非やってみたいと思って挑みました」と前のめりで新境地に挑んだという。

松山は「ミステリーだけれど、なかなか見たことのないジャンル」と新鮮さとともに脚本に触れ、「あまり自分がやったことのないもの。由里子ちゃんだし、熊澤監督だし、新しい発見や感覚が得られるんじゃないか。いろんなところに連れて行ってくれるんじゃないかと思った」と共演者の吉高と熊澤監督の存在が一層、興味を掻き立ててくれたと話す。

運命的な出会いを果たす間柄を演じた吉高と松山。ネタバレ厳禁の内容となるため、「ダメだね」「何も言えないね」と苦笑しながら顔を見合わすなど、仲の良い様子を見せたふたり。吉高は「もっとお芝居が見たいなと思う役者さん」と松山に絶大な信頼を寄せた。

松山は「由里子ちゃんと初めて会ったのは10年以上前」と述懐。「クセの強そうな女の子だなと思った」と率直な思いを明かすと、吉高は「ポジティブに書いてくださいね」と報道陣に訴え、会場の笑いを誘った。

さらに松山は「テレビとか見ていても、クセの強い演技だなと思った」と続け、「僕はそういう人が大好き」とニッコリ。「変わったシーンが多かったよね。ふたりともずっとスッポンポンでね」と吉高の顔を見ると、吉高も「スッポンポンでしたね」と同意。ハードな現場だったそうだが、松山は「過酷なシーンもあったけれど、由里子ちゃんだったから一緒に乗り越えられた」と感謝していた。【取材・文/成田おり枝】

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あの役って
お父さん役でしょう。
2017/07/09(日) 16:09 | URL | AMY #-[編集]
Re: あの役って
AMYさん、こんにちは<(_ _)>

> お父さん役でしょう。

それも含めて、原作とどうなんだろうと気になりますね(^O^)
2017/07/10(月) 05:55 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .