感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
さあ、風髑髏野初日となりました。これから11月まで駆け抜けてくださりませ~。


004.jpg


敵は自分自身!? 松山ケンイチが主人公と宿敵を演じ分ける劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風が開幕!


松山ケンイチ、アジア初の360度回転舞台で熱演 田中麗奈が妖艶な花魁演じる
 『ONWARD presents 劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風 Produced by TBS』プレスコール

最終更新日:2017.9.15

2017.9.15記述
オリコンスタイルより

松山ケンイチ、アジア初360度回転ステージで熱演「演じるより観る方が楽しい」

005.jpg



客席が360度回転するアジア初のステージを備える東京・豊洲の新劇場IHIステージアラウンド東京で15日、松山ケンイチ、向井理らが舞台『ONWARD presents 劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風 Produced by TBS』のプレスコールに参加。

 同劇場は中央に配置した1300席の客席が観客を乗せたまま、360度回転。その周りをスクリーンとステージがぐるりと囲んでいる。松山は「演じるより観る方が楽しいです。確実に」とコメント。向井も見どころを「360度全てお楽しみ下さい。」と新感覚の舞台に期待を寄せた。

 同作は織田信長の亡き後を舞台としたアクション時代劇で1990年の初演以来、7年ごとに上演を繰り返してきた劇団☆新感線の代表作。 2018年まで1年3ヶ月にわたって「花・鳥・風・月・極」の5シーズンをキャスト・演出を変化させて上演。松山演じる主人公・捨之介は「Season花」では小栗旬、「Season鳥」では阿部サダヲが演じており、「Season月」では、2つのチームが交互に上演を行うダブルチーム制を導入され福士蒼汰・宮野真守が予定されている。

 プレスコールには田中麗奈、生瀬勝久、岸井ゆきの、橋本じゅんらも参加。同舞台は、きょうから11月3日まで上演される。

いよいよ始まりましたね。今まさに初日の舞台が続いていますね。気になるところはやはり2役をどう見せてくれるのかですよね。
鳥が本当に斬新だっただけに、今回の風がどうなっているのかすごく気になります(笑)

写真見ただけでは、なかなかいい仕上がりではないでしょうか?
髑髏が入った着流し姿決ってますよね。でもひょうたんでの立ち回りは相手の人(髑髏党の人たち)当たったら痛そうだけど打大丈夫かしら?

お楽しみはやはり橋本じゅんさん演じる贋鉄斎ですよね。とにかく、鳥の池田さんの贋鉄斎が面白すぎちゃったからね。でもきっとじゅんさんだから期待大です。最高に楽しませてくれることと思います。これから観劇される皆様がうらやましい限り。椅子の背もたれが低そうなので、くれぐれも鑑賞時に前のめりになったりしないようにしてください(前のめりになると後ろの人が見えなくなるみたいなので)そして感想も是非聞かせてくださいませ。

そして風の座組の皆様がけがなどせず、千穐楽まで元気で駆け抜けていってください。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .