感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2018.2.5記述
シネマトゥディより

0137.jpg



1日に放送された深田恭子主演の連続ドラマ「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系・毎週木曜夜10時~)第3話で、深田演じる不妊治療に耐えてきた奈々が号泣する場面があり、不妊治療中の女性たちの深い共感を誘うとともに、奈々を支える夫・大器(松山ケンイチ)の包容力に感動する声が多く寄せられている。

 注目を浴びているのは第3話の終盤、妊娠の可能性が浮上するも哀しい結果となり落ち込む奈々を大器が慰める場面。土曜日の朝、大器は「まだ寝ていたい」と布団から出ない奈々を無理やり起こし外出。子宝や安産にご利益のあるという「お胎内神社」へと連れ出す。道中、スマートフォンで写真を撮りながら「奈々ってかわいいよね、やっぱり」と褒め、穴に落ちたときにはユーモラスなリアクション。参拝するときには子供を授かることを切に願っているのか、真剣な表情で長々と手を合わせる。そんな大器の思いやりに、奈々もいつしか笑顔に。
.
 夜には大器がお好み焼きを手作り(ソース、マヨネーズをかける動作が鮮やか!)、妊活のためにアルコールを絶っていた奈々に「たまには全部忘れてビール飲む」と乾杯。いたれりつくせりの大器に、奈々は「大ちゃんに言ってないことがある……」と、大器の実家で起きた出来事を打ち明ける。

 大器の妹・琴音(伊藤沙莉)の初めての胎動に皆が盛り上がっている中、自分だけが喜べず、不妊治療を始めてから段々嫌な人間になっているような気がすると涙を流す奈々を、「いいんだよ、奈々。いいところも悪いところもあるのが人間。琴の妊娠を喜べなくて当然」「向こうは作る予定もなかったのに何の苦労もなく妊娠して、こっちはこんなに必死に頑張っているのにできないんだから。それで喜んでいたらお人好しを通り越してバカだよ。いつか俺たちのところにも絶対きてくれる」と励まし、奈々の気持ちを真摯に受け止めていた。そんな頼もしい大器に、「大ちゃんの対応や包容力素晴らしいです」「だいちゃんの優しさに涙でた~」「松ケン演じる大器、本当にナチュラルで旦那さんとして最高に素敵です」「大器みたいな旦那さん、理想です」と絶賛の声が続々。
.

 妊活がうまくいかず情緒不安定になる女性の心情をリアルに表現したこのシーンは、「こんな助け合える夫婦って素敵だなと思っていつも見てます」「このシーン泣けました」「ラストとても感動しました。素敵な夫婦すぎる」と多くの視聴者の琴線に触れ、高い評価を受けている。(編集部・石井百合子)



まぁ、普通夫婦ってそんなもんだろうと思うけど、そうじゃない人たちが多いということなんだろうね。
ケンちゃん自身も、いつも奥様に感謝して、会話を大切にしようと頑張っている人だから、大器と重なる部分あるかもしれませんね。同じように子供が欲しくて、頑張っていても、そこは男性と女性感じ方が違うのは当然。だからこそ、夫婦の中での会話を大事にしていかないといけないと思う所、妊活する目的がおかしくなってきちゃうと思います。

といっても、私は足の障害のことなどがあって、子供はあきらめたけどね。まぁ、来世ではバンバン産みたいものです(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .