感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
隣の家族は青く見える 第4話
2018.2.8放送



奈々(深田恭子)は、担当医の片岡(伊藤かずえ)から、人工授精へのステップアップを勧められる。

奈々が自宅に戻ると、大器(松山ケンイチ)の母・聡子(高畑淳子)が来ていた。聡子は、体に良いというジュースや冷え予防の靴下と一緒に、いくつもの子宝グッズを持参し、奈々を困惑させる。
.
渉(眞島秀和)は、朔(北村匠海)から、留美(橋本マナミ)のことをいつまでだますつもりなのかと問われる。女性の好意を利用して自分のセクシャリティをカモフラージュするのは最低だというのだ。渉は、朔の言葉に同意するものの、ゲイであることを必死に隠して生きてきた自分は今さら変えられない、と答える。

同じころ、ちひろ(高橋メアリージュン)は、引っ越しに備えて荷造りを始めていた。それを見た亮司(平山浩行)はショックを受けるが、彼女を引き止めることができない。
.
仕事を終えて帰宅した大器は、棚に並んだ子宝グッズの数々を見てあ然となる。その際、奈々は、人工授精を勧められたことを大器に告げた。すると大器は、理屈ではわかっていても抵抗感があると言い出す。

一方、深雪(真飛聖)は、次女の誕生会の招待状を持って五十嵐家を訪れる。そこで深雪は、ちひろや渉たちと仲直りもしたいので、招待状を渡してほしい、と奈々に頼む。

そんな折、奈々の母・春枝(原日出子)が伊豆から上京してくる。奈々は、不妊治療のことを春枝に打ち明けるが……。

クリニックで先生に妊娠の兆候が想像妊娠だったんだろうかと報告数奈々。
「想像妊娠というものは、医学的にはあり得ません。今回、月経が遅れたのは、排卵がいつもの周期よりも遅かったからでしょう。」
ホッとすると同時に、がっかりな感じの奈々。
そして、タイミング法から人工授精にステップアップしてはと先生。戸惑う奈々。自分だけの意見ではどうにもならないからね。

010_201802151327187b5.jpg


大器はミーティング中。新作のおもちゃの素材についてあれこれ。大器は天然木を押してるみたいですが、やはり強度とコスト面だとプラステックと上司。大器も頑張るけど、そこに朋也さん
「自然に触れさせた方がいいなら公園に連れて行った方がよくないですか?」
究極なことを言われちゃいました大器。とにかく大器としてはなるべく自然素材にこだわりたいと。
今回のテーマの伏線でもあるんですね。天然(自然)と人工的なものというのは。

奈々が帰ると、聡子母ちゃんがウロウロ。タケノコのお裾分け…というのは口実で、実は、あれこれ子宝グッズ持参。
ザクロジュース…女性の体にいいんだって。
冷え取り靴下…女の人は、体を冷やすのが一番良くないから、琴音ちゃんも愛用とか。
コウノトリキティちゃんのストラップ…自転車のキーにでもつけてと(さりげなく子宝が授かるようにと)
さるぼぼ、マトローシカなど人形などなど(子宝関連)
木村さんが描いたご利益のあるイラスト(木村さんって誰?)

聡子母ちゃんに不妊治療の本を見られないように隠す奈々。有難いけどちょっと期待されても困るよね。

わたるんは夕食作り。
玉には2人で外食とかしたいという朔なんだけどね。
イチャイチャしながらも、わたるんは留美さんが自分に好意を持ってることに気が付いてないのに驚く朔。
そして、きつい一言。
「…凄く話しやすい子で、好意があると気付いたのはつい最近なんだよ。でも…そうだな、俺は最低だ。」
「落ち込む暇があったら、さっさとやめるんだね。」
「朔はさ、悩んだことないの?自分がゲイだってこと。」
「(笑)ないわけないじゃん!でも、隠したことは一度もないよ。」
「ほんとに?」
「(うなずく)自分から言うことはないけど、聞かれたらそうだと答えてきた。おかげで小さい頃は、良くからかわれたけどね。」
「からかわれた?差別されたの間違いだろう?」
「差別じゃないよ。誰だって小さい頃は、自分と違うものは排除しようとするでしょ?それって当たり前なんだよ。まだ、自分と他人が違うって認識が出来てないだから。だから、差別じゃなくて、区別なんだよ。ゲイとして生きやすい世の中なのかっていうと、微妙だよね。世の中のほとんどの人が、ゲイって存在を、自分とは全く関係のないファンタジーか何かだと思ってる。けど、たった一度の人生なのに、自分を偽って生きるの、むなしくない?」

朔の言う通りだよね。性的マジョリティだけじゃなくて、見た目にわからない障害を持つ人たち、いわゆる弱者と呼ばれる人たちも、LGBTの人たちと同じように、無知で無理解で区別と差別の違いが判らずに、当事者の人たちにとって生きにくいのは同じですね。みんななにがしか、持っているものを隠したりして、自分でマウンティングをして非難したりしていたりするよね。

朔はわたるんよりもずっと年下なのに、考え方が成熟してるよね。

「ガチガチの常識と、価値観に縛られた人たちだから。親が生きているうちは、カミングアウトしないことが、親孝行だと思ってきたんだけどね。」

必死に隠してきたから今更変えられない。これは朔は黙っていられないよね。わたるんはそれでいいかもしれないけど朔はどうなるの?

「外食すら堂々とできない関係でいろっていうの?」
「わかんないんだよ、俺もどうしたらいいのか。こんなふうに、ちゃんと向き合ったことないからさ。」
「ちゃんと向き合ってくれてるんだぁ」

もう結局ラブラブなんだからぁ~。

亮司んところは、ちひろは家を出る準備を着々と進めてる。本当は傍にいて欲しいのに素直に言い出せない亮司。
台詞のちょっとしたところなどで季節の移ろいを表現しているんだね。

帰宅した大器は、聡子母ちゃんの持ってきた安産グッズを呆れてる(笑)
「これって有名だもん、木村さん」
って、知らんやろう木村さん(笑)

014_2018021513272010b.jpg


「誰だよぉ~(笑)」ほんま、ほんま。
「こんなもんで出来たら苦労しないっーの」そしてもらったものをどこかへしまっちゃった。

不妊治療のことを両方の母親に言った方がいいかというけど、大器は聡子母ちゃんには言わない方がいいって。
そして、人工授精へのステップアップのすすめられたことを大器に言うけど、やはり、抵抗を感じる大器。

「第三者の手が加わるっていうのがなぁ…」
「…でも、先生言っていたんだけど、人工授精って聞くとすごく人工的なものを想像しちゃうけど、実際には、自然妊娠に近い方法だって言ってたよ」
「いや、これもちらっとは調べたよ。確実に精子を卵子に到達させようという方法なんでしょ?でもなぁ、理屈ではわかってんだけど、なんか抵抗あるんだよなぁ~。」
「結論出るまで、治療はしばらくお休みさせてもらうことにしたから。ゆっくり考えよう」

一人でどんどん進められる問題じゃないし、でも、ゆっくりといっても、すでにリミット過ぎてるから、のんびりともしれいられないよね。

夕食の準備しようとするのは良いけど、大器が思わず木村さんを踏みそうになって、大変なことに(笑)
とそこへ、深雪と萌香ちゃんが共有スペースで誕生日パーティーをするからとカードを持ってきた。
そして自分で渡すのをためらってる深雪は、わたるんと、ちひろの所にもカードを奈々から渡してほしいと。気まづいからって。
いいように奈々を使うんじゃないよ深雪さん。

そして、ダイビングスクールに奈々のお母さんがやってきた。
そしてカニのお土産(笑)同窓会のために五十嵐家にお泊りなんだって。

さりげなく、不妊治療を始めたことをお母さんに言う奈々だけど、反対される。
「ダメよ!お母さんは反対よ。そこまでして子供作る必要がどこにあるの?」

大器帰って来たけど気まずくて家に入れない。

「そこまでって…」
「奈々。今は出産して、子育てするだけが人生じゃない。あなたには、仕事だってあるし、大器さんみたいな優しい旦那様と結婚してこんな素敵なお家まで買ったんだもの。もう十分幸せでしょ。」
「どして?不妊治療の何がそんなにダメなの?」
「子どもは自然に任せるのが良いに決まってるからよ。それに、人工授精がダメだったら、次は体外受精でしょ?うちの子は体外受精で生まれましたって人に言える?」
「言えるよ。なんで?なのがそんなにいけないの?」
「あなたまだ何もわかってないのよぉ。」
「なにが?私はお母さんの言ってるの事の方がわからない…」
「じゃあもし、いじめられたらどうする?生まれた子が、自然に生まれたんじゃないことを理由にいじめられたらどうする?そうなっても後悔しないって言える?」
「そんなの、いじめる方がどうかしてるよ。ただの偏見じゃない」
「偏見があるのが世の中ってもんなの。

お母さんの言うこともわかるし、奈々の言うこともわかる。大器もおなじだろうね。どちらの言葉も間違っちゃいないって。
家に入りにくい空気…

「そんな世の中間違ってる」

何も知らないふりをして元気に大器帰宅。でも、なんか空々しい(笑)一所懸命明るく振舞う大器。

わたるんは長谷部さんと夕食。
自分との未来に期待しないで欲しいと。結婚願望がないという風に言ってる。

030_201802151331190f4.jpg


奈々は複雑。大器はグロッキー(笑)
お疲れ様、大ちゃんですね。
「でも、お義父さん、ナイスだったん。カニの身を取るのに必死でしゃべんなくてもそこまで不自然じゃなかったじゃん。」
「そうだね。でもお母さんも大ちゃんも反対じゃ、諦めるしかないかな…」
「えっ⁉」
「だって、始めたら大変になるのは目に見えてるし、家族の誰かに反対されてまで、不妊治療ってするもんじゃないんだよ」

確かにね。本当に難しい問題です。

今回は、わたるんがシャッター押しました。ミチルや深雪さんの表情、何に驚いてるんだろうね(笑)

奈々と深雪さんは誕生日パーティーの準備中。着々と進んでる。
珍しく、琴音ちゃんが大器を呼び出してる。何かといえば、突然

042_2018021513342806e.jpg


「お兄は、自然分娩にこだわる?もしもさ、奈々さんが赤ちゃん産む時、何か問題が起きて、緊急で帝王切開することになったとして、お兄は自然分娩じゃ泣くことに抵抗ある?」
「全然。母ちゃんと子供が無事だったらなんだっていいよ」
「でしょ?啓太に痛いの嫌だから、無痛分娩にしたいって言ったら、『自然分娩じゃないと子供に愛情が湧かないんじゃないか?』って言い出して」
「はぁ?なにそれ。ただの偏見じゃん」
「そう!それ。啓太ってまさに偏見の塊でさ。無痛分娩や帝王切開で産んでも、愛情深い人は愛情深いし、自然分娩で産んでも、虐待する人はするって言ってんのに、全然理解しないの。お兄から言ってやってよ」
「なんで俺が言うんだよ、自分で言えよ!」
「自然神話に憑りつかれている人に言ってもなかなか納得しないんだって」
「自然神話?」
「いるじゃん!なんでも自然が一番っていう人。友達にもさ、赤ちゃんは母乳で育て無きゃダメとか。妊娠は自然妊娠じゃないとダメとか、うるさいのがいるの。そりゃ、何でも自然が良いにこしたことはないんだろうけど、母乳で育てたくても、育てられない人だっているし、不妊治療しなきゃ、赤ちゃん授かれない人だっているわけじゃん。そういう人たちの気持ちも全く考えないのに、自然自然ってどうかと思うんだよね」

048_20180215133430d47.jpg


妊娠してる人間も色々大変。琴音ちゃんの話に思いあたる節があるので大器自身も複雑。
まぁ、松山ケンイチとしては、実体験としては奥様の無痛分娩や、乳腺炎などいろいろ経験してるのでよくわかりますよね。
琴音ちゃんの言葉の一つ一つに対して耳が痛い部分がある大器なのです。そして適当に注文して出てきたのはオーガニックのジュース(スムージー?)皮肉か(笑)

奈々は、飾りつけに必要なテープを買った帰りに図書館へ。
で偶然ぶつかったのがなんと、真一郎だった。奈々は不妊治療関係の書籍を借りに来たみたい。
真一郎も適当にごまかしたけど困ったなぁ。でも人工授精の本の表紙を見たので、五十嵐家の事情少しわかったのかも?

奈々が帰ると、家の前にわたるんがゲイだって張り紙がたくさん貼られてて、深雪は奈々に問い詰める。
一体だれが言いふらした?

五十嵐夫妻はわたるんのところへ。
謝罪と事情を説明するわたるん。
朔と暮らし始めてから自分の気持ちにも変化があったけれど、この貼り紙で現実に引き戻されたと。

051_20180215133755e9c.jpg


「知らないか怖いんじゃないでしょうか。知ってしまえばなんてことない事を、知らないってことだけで敬遠する事ってあると思うです。」
「そうですね。でも、本音を言えば、ほっといて欲しいんですよ。別に受け入れてくれなくてもいいから、そっとしておいてくれと。朔はそれが気に入らないみたいですけどね。」

珍しく奈々が帰宅しても怒りが収まらないみたいです。
「許せない。どんな理由があったにせよ、あんなやり方で人を傷つけるなんて、卑怯者のやることだよ!」

大器は慰めるけど、怒りは収まらないみたいね。
「奈々が言ってたように、知らないから怖いんだよ。」
「知らない事、知ろうともしないで、批判だけするなんて最低!」

奈々の言葉に同調しながらも、自分の気持ちでもあるのかな大器。
そして、人工授精の本を見つけた大器。

翌朝、会社に出勤のわたるんだけど、こちらにも同じような文面が送り付けられてるみたい。
一体誰?留美さんも気にする場というけどいたたまれないわたるん。

057_20180215133912c7e.jpg


そして帰宅するわたるんだけど、そこにはまた違う貼り紙が…
怒るわたるんに、今日のは朔が貼ったって。
「攻撃は最大の防御って言うでしょ?わかったらもう1回貼ってきて」

自分は静かに暮らしたいとわたるん。自分がゲイだと知られたくなかったと。
少なくても会社の人には、一生隠しておきたかった。
難しいなぁ…わたるん。

「僕たち出会わなければよかったね」
「今更出会ってなかったことになんか出来ないよ。したくない」
ベッドに寝てる朔によりそうわたるん。好き同士なのにね。

さて、誕生日パーティー当日。深雪はパーティーじゃなくて、緊急の住民会議を開きたと。
ということで、問題はわたるんのこと。朔とお付き合いしてることを言及する深雪。

奈々は、誰と住むかは自由だと。
大騒ぎすることじゃないと亮司、深雪は「子供たちに悪い影響が」と。
ちひろと奈々はなんでと。

「普通とか普通じゃないとかそういう表現やめません?これ美味いっすね」
「そもそもこんなことに大騒ぎすることかなぁ~。別に目くじら立てるようなことじゃないでしょ」
「あなたたちには子供がいないからわからないんだわ!とにかく今のままじゃ、このコーポラティブハウス自体が好奇の目で見られてしまうし、子どもの教育上も良くないと思うんです。」
「子どもの教育上って。」
「本当に、申し訳ありませんでした。皆さんのご迷惑ならない形を考えますので、今日の所は…」
「早急に対処をお願いします」
「対処って何?出てけってこと?」
「そんなぁ。朔ちゃんたちは悪いことしてるみたいじゃないですか」
「じゃあ、子どもになんて説明すればいいのよ!うちの子はまだ小学生なのよ!学校でも家でも人は大きくなったら、結婚して子供を産むものだと教えているのに、そうじゃない人もいるなんて事、どうやって理解させればいいのよ」
「そうですよね。むしろ小宮山さんの考えが大多数なんだと思います。僕達、のような性的少数派は隠れてひっそりと暮らすべきなのかもしれません」
「そんなのおかしいです。みんな同じ人間なのに、堂々と暮らせる人とそうじゃな人がいるなんておかしいです。人は誰だって、自分が望む幸せを手に入れようとする権利があるはずです。」

008_20180215134103055.jpg 


奈々の言葉を聞いて色々考えている大器…あれ⁉朔が大器をバックハグ。
大器は戸惑い、深雪は驚き、ほかは唖然…わたるんはやきもち?

「感動しちゃったんだよ、奈々ちゃんに。だから本当は奈々ちゃんを抱きしめたいところなんだけど、でも、そんなことしたら、奈々ちゃんのことが大好きな大さんが発狂しちゃうでしょ?だから代わりに大さんを抱きしめた」

他のメンバーは朔の行為に和んだけど、やはり奈々は深雪が気になるみたい。
ちひろは、だんだん、ここの人たちが好きになってきたと。それが口実に、亮司はちひろはここにいて自分が出て行こうかと。
いやそうじゃないでしょ?ちひろが本当に言って欲しいことって。

深雪は萌香ちゃんに謝ってる。優香ちゃんは真一郎さんとゲームで楽しんでおりますが、優香ちゃんには厳しい深雪。厳しい態度は真一郎にも。

「みんな色んな悩みを抱えているってことだよ。うちだってバレたら言われるぞ。夫は失業してるのに妻はブランド物のバッグ買ったり、豪華なランチ会して見栄張ってるって」
「ちょっと、あなた、私のインスタ見てるの!」
「そりゃ、見てるよ。それしかわが家で起きてる出来事を知る手立てがないんだから」
「勝手に見ないでよ!いやらし」
「なんだよそれ。全世界に公開しておいて、俺だけ見るなっていうのかよ。でもまあ、広瀬さんは俺が無職だって知ってるのに、一言も言ってこないところは出来た人だよな」
「それ、どういうこと?」
「広瀬さんは、この家の設計士だぞ。不動産会社に伝えたんだから当然、広瀬さんは知ってるだろう。」
「やだ、ウソでしょ?えっ、もうヤダ。えっ、どうしよう…」

真一郎さん、五十嵐家のことは言わなかったね。
言い過ぎたんじゃないかと奈々は自己嫌悪気味…大器自信も自分の思いを話そうとするけど、お義母さんが戻ってきた。
またも話すタイミング外しちゃったね。

077_2018021513425794b.jpg


今回もも大器のお風呂シーン有難う♪でも、このところ、大器自身もいろんなことがあっただけに悩んでるよね。
お母さん、不妊治療の事、孫に会いたいけど、それ以上に娘が大事なんだと。
奈々にとってはお母さんみたいな母になるのが夢だったと。
お母さんは奈々みたいに仕事を持てたらよかったと。所詮、人間は、自分にないもの欲しがるものなのかもしれませんね。

母娘、並んで寝ながら
「…ごめんね。普通に妊娠できる体に産んであげられなくて」
「やめて。お母さんのせいじゃないから。お母さんが責任感じることじゃないから」
「親はね、自分の子供の苦しんでいる姿を見るのが一番つらいの。子供には幸せでいて欲しの」

嬉し言葉だけど、呪いの言葉でもあるなと思う。
奈々にとって、幸せって何だろう…子供がいないことは不幸せなことなのかな?
きっと、この岡さんの言葉を奈々自身も色々考えるんだろうね。

朝、大器お目覚め。って寝癖が凄い(笑)
「チョット夜更かししちゃって」ってお昼まで寝てたのかい(笑)
でも、すでにお義母が岐路に付いたと言われ、パジャマのまんま、お義母さんを追いかける大器。なんとかお義母さんに追いついた。お義母さんもパジャマのままでやってきた大器を見てビックリ。
布団を片付ける奈々、あるものが目に入った。

086_201802151346040d8.jpg


「お義母さん、もう1度人工授精の事、考えていただけませんか?賛成してほしいってわけじゃなくて、知ってもらえるだけでいいんです。これ(レジュメを渡す)、人工授精と体外受精の資料です。実は僕も、反対だったんです。でも、良く知らなかったんで、まず、知ることから始めようって調べてみました。」

奈々は押し入れに置いてるPCと自分が借りてきた本を見つける。PCには、人工授精などの資料が出てくる。本には気になる部分にそれぞれ色分けで書き込みがされている。「ちょっと夜更かし」の原因はこの資料を夜通し作っていたんだと。そしてそれをきっと、お母さんに渡しに行ったんだと。

「一晩だったんで、少ないんでけど、これ見ていただいたところで、奈々を心配する気持ちは変わらないと思います。ただ、奈々がやっていることは、不幸になろうとしてやっていることじゃなくて、幸せになろうとしてやっていることだけは、知ってもらいたいんです。お母さんに理解されてないことをするのは、奈々も辛いと思うんで、だからお願いします。これ、読んでいただけませんか?」


091_20180215134443b42.jpg



大器がどんな気持ちで、遅くまで自分のために勉強して、資料を作っていたのか想像する奈々。
お母さんも前向きに考えてくれるみたいでホッとする大器。

「大器さん。どうか奈々こと、よろしくお願いします。」
「はい。まかしてください。」

やっぱいい旦那様だね大器は。お義母さんもきっと、こんな素敵な旦那様の子供を欲しいと思う奈々ちゃんの思いを理解できたかもしれないし、奈々も大器の気持ちと自分が本当に幸せだと思う涙なんだな。きっとこれからは今までとはまた違った気持ちで治療に向かえそうだよね。

一方、聡子母ちゃんはため息ばかり…最近奈々が来ないから寂しいみたい?
といってると、やってきた奈々。実家の母のお土産を持ってきた。
そして、子宝グッズを気に入ってるんだとあのコウノトリキティちゃんを見せる。お父さんたち「ほらみろ」ってな感じ。

あら?聡子母ちゃんから貰った子宝グッズコーナーが出来てるよ(笑)。そして2人でお出かけ前、大器、木村さんのイラストに手を合わせてる(笑)。で、結局木村さんって誰?
おっ、さりげなくペアルック(スカートとパンツの色合わせとか)


0107.jpg 


2人でクリニックに来たんだ。先生に今後の治療に関してどうしますかと聞かれるけど、この時まだ大器は一歩引いて座っていたけど、決意を決めたみたいで奈々の隣に並んで座り直したね。改めて、人工授精の治療をお願いする奈々。

さぁ、次の段階入った不妊治療。でもこれから金銭面でも大変だと思います。節約生活をしてる五十嵐夫妻。大丈夫かしら?
そして、わたるんもハウスの人たちにも知られてしまって、深雪がとにかく嫌悪感丸出し、さてどうなる?
ちひろと亮司も今回のわたるんと朔の一件で、個々の生活も結構楽しいと言い出したけど、亮太の件は中途半端な感じだし、次回気になりますね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .