感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
隣の家族は青く見える 第5話
2018.2.15放送

002_20180215135242d1b.jpg

妊活に取り組む奈々(深田恭子)と大器(松山ケンイチ)は、タイミング法から人工授精へのステップアップを決意する。それに合わせて奈々は、勤務先のダイビングスクールにシフトの変更を申し出た。だが、上司の倉持(寿大聡)から、他のスタッフから苦情がでると面倒だから急な変更はほどほどにするよう注意されてしまう。
.
渉(眞島秀和)は、三沢建築事務所からの独立を決意する。留美(橋本マナミ)は、渉のことを中傷した怪文書の件は誰も気にしていない、と言って引き留めようとした。すると渉は、あの一件が迷っていた自分の背中を押してくれたと思うことにする、と返す。

いつものように図書館で時間をつぶしていた真一郎(野間口徹)は、敷地内でダンスの練習をしていた中学生の中に、長女の優香(安藤美優)が混じっていることに気づく。

一方、ちひろ(高橋メアリージュン)は、奈々と朔(北村匠海)に引っ越しのあいさつをする。亮司(平山浩行)が引き取ることになった息子・亮太(和田庵)が、名古屋から上京する前に出ていくという。奈々は、本当にこのまま亮司と別れてもいいのか、とちひろに問いかけた。だがちひろは、亮司が何も言ってこないから仕方ないという。

そんなある日、深雪(真飛聖)は、学習塾から優香が来ていないという連絡を受ける。深雪は、優香を探しに行く為に、次女の萌香(古川凛)のことを奈々にみてもらうことに。萌香を預かることになった奈々と大器は……。
人工授精に関して大器は朋也さんと仕事しながらお話してるよ(笑)
「つまり、排卵日の1日前から2日前が人工授精日になるってことですか?」
「そう。問題は確定すんのが前日とか2日前ってことなんだよ。しかも、精子はとれたてじゃないと意味が無い」
「えっ⁉そうなんですか?」
「病院では1時間以内って言われてるけど、出来るだけ早い方が良いらしい。まぁ、前もって凍結しとくって方法もあるんだけど、夫婦そろって病院に行けるのが理想的だよな。でも、仕事あるからなかなかそうはいかない。」

奈々は職場でお仕事を休む話をしてるけど、最近、急なシフトチェンジが多いから店長も困ってる。本当のことを言えるといいんだろうけど、言ったらどうなるんだろう?

020_20180220153408ac6.jpg


「子供のいる人は、子どもの病気やケガとかで休まないといけない場合もあるから、本当は不妊治療してる人も、『今日は、精子取ってから出勤しま~す』とか、『今日は人工授精終わっから出勤しま~す』とか言える社会であるべきだと思うんだよ。子供いなくて欲しくもない人にとっちゃ迷惑だけの話かもしれないけど、助けが必要な時はお互い様って感覚が、もう少しあってもいいとおもうんだよなぁ」
「主任、なんか変わりましたね。妊活に前向きな夫って感じで、かっこいいです。奈々さんも心強いですね」
「何言ってんだよ。夫として当たり前のことをしてるだけだよ」(この時の大器の表情ったら(笑))

そんな話に夢中になってると、検証中のドローンが壁に激突しちゃったよ…

わたるんは今の仕事が終わる3か月後を目安についに独立を決めたみたいね。
留美さん、なんで独立するんだと、ポストの紙のことかって。
「いい機会かなって。(ポストや自宅に貼られていた中傷ビラに関して)それはそれで居心地が悪いんだよ。迷っていた僕の背中をあの怪文書が押してくれたって考えるようにするよ。そうすれば、犯人を恨む気持ちもわかない」

わたるんも根っから優しい人だよね。

深雪はテーブルコーディネイトしながら、そこにいる人たちに、コーポラティブハウスの住人のことを言いたい放題言ってるよ。
「ゲイカップル(わたさく)や子供嫌いのカップル(亮司とちひろ)、アライカップル(五十嵐家)みたいな特殊人たちはいなかったもの。夫は無職の役立たずになっちゃうし、はぁ、この家買ってから、ロクなことがないのよね~。」

アライとは…英語で「同盟、支援」を意味するallyが語源で、LGBT(レズビアン・ゲイ・ バイセクシュアル・トランスジェンダー)の当事者ではない人が、LGBTに代表される性的マイノリティを理解し支援するという考え方


って、社宅のマウンティングを云々言ってるけど、自分も今まさにマウンティングしてるだろうよ。っと、そこへ、奈々がやってきた。ラベンダーの鉢植えを持って来たみたいだけど、深雪は出なかった。
はぁ、なんか痛いねぇ~、やることがいちいち。お金払って人呼んで、リア充気取ってって。痛すぎる。
こういうインスタのコメントも、この人たちが書いたりしてるんだろうか?なんだかなぁ…
それにこんなことに32000円も払ってるの⁉アホくさぁ…なんか違うだろう。

真一郎はまた図書館ですね。そこで偶然見たのはなんと優香ちゃん。ダンスの練習してるのを見ちゃったよ。
でも、真一郎さんは優香ちゃんが楽しそうに踊ってる姿を見て感動。俄然自分も頑張ろうと思ったみたい。

そして、亮司の所も、いよいよ亮太が東京に来る日が決まったみたい。ちひろはそれまでに引っ越すからと。相変わらずお互いの本音は言えずじまいって感じ。気まずい雰囲気…

奈々は人工授精日を決めたけど、問題は大器の都合。自宅で採取しても時間制限やら色々大変そうだね。
そして晩、やっぱその日は本社会議があるから行けないって。
そして突然
「奈々さん!(奈々が振り返ってビックリ)見ての通り、ふんどしです。」
ってうか、一体いつから履いてんだよ!(笑)

「なんでふんどし?」

027_201802201535500c1.jpg


良い精子を採取するためにふんどしだとさ(笑)おかしいやろう。とはいえ、これは事実だったりするんですよね(笑)
精巣の温度が高いのは良くないそうで、通気性の良いトランクス、そしてその上に履くパンツもあまり締めつけたりタイトなものは良くないでそうです。あと、わにの肉を食べすぎると精子の生成が悪くなるです(毎日とか食べなければ問題ないだろうけど)
なかなか男性もいい精子をつくろうと思うと大変みたいです。

いつの間にか大器の知識が増えてるのに驚く奈々。しかし、上半身普通のシャツにふんどし姿で、大真面目に語る大器の姿が面白すぎる(笑)最高ですな。
「明日は完ぺきな精子を取りますので」ってすごい進化と会話だ(笑)

そして朝、しっかり大器の精子を持って病院へ行く奈々。
でも、そうだと、クリニックや病院は1時間以内で行ける場所じゃないと大変だね。
せっかく自宅で精子を採取しても間に合わないとかなっちゃうと無駄になっちゃうもんね。病院探しも大事だし大変だね。

大器は大事な会議だけど、奈々のことが心配。それを感じる朋也も気にかけてくれてる。
大器の精子も問題ないし、人工授精のタイミングは良いみたいですね。
大器も奈々も離れているけど、同じ気持ちでいるというのがよく表現されている良いシーンですよね。まさに一蓮托生(笑)

奈々から大器にメッセージ。ひとまず完了でホッとする大器。
夜…そっと奈々に寄り添う大器。

047_201802201537016e1.jpg


「今日の人工授精、で着床するかもしれないじゃん。だからこうしていたいなぁと思って。おやすみ」
同じ立場の人たちもきっとこんな感じなのかもしれませんね。

ちひろは今度の金曜日に引っ越すと奈々と朔に報告。
亮司にチャンスを挙げたのに全く反応なしだとちひろ。それは無理だって朔に言われた。
「男にそんなこと期待しちゃダメだって。男なんてプライドの高い小心者ばっかりなんだから、リスクのあること自分からやるわけないでしょ。より戻したいなら、女から言わなきゃ」

結局、面倒くさいのが恋愛なんだってさ。

「違う環境の人間同士が、心を通わせるなんて、そもそも無理なことしてるんだから。恋愛関係が続くこと自体、奇跡なんだよ。めんどくさいこと、些細な事を乗り越えて、それでもこの人とって思えた人たちだけが、奇跡の山恋愛を登頂できるんだ」

山繋がり?で、萌香ちゃんはお絵かき。家族で山登り?(願望なのかなぁ)
深雪は優香ちゃんの夏期講習の値段の高さに驚き(残りの貯えも厳しくなってきてるよ)、そこへ塾から電話が。
優香が塾に行ってないって。慌てて優香を探しに行く深雪。思わず奈々に萌香ちゃんを見てもらうことに。
萌香ちゃんも不安なのか深雪のスカートをぎゅっと握ってるね。

優香ちゃん、結局オーディションに行ったみたいね。
メンバーの1人がけがしたみたいで、その代わりに呼ばれたみたい。
そして塾から連絡が。慌てて塾へ向かう深雪。優香が到着した時にはそこにすでに深雪が。

萌香ちゃんは滑り台がお気に入りみたいです。奈々ちゃん悪戦苦闘中。
ジュースも自分で入れると言うけど、やっぱこぼれちゃった。なかなか大変だわこれは。
もうお転婆炸裂で、奈々はてんやわんや。そこへ大器が帰宅。大器が今度は遊び相手に。さすが大器、いろんなおもちゃで萌香ちゃんも楽しいそう。さすが子供の扱いに慣れてるね大器。

056_20180220154013d93.jpg


深雪と優香も帰宅。奈々に連絡。萌香ちゃんも五十嵐家で夕食中。
そこへ真一郎も帰宅。塾の前にどこに行っていたのかと問い詰める深雪。
思わず、真一郎は自分が優香を連れ出したと。なんでそんなことしたんだと攻め立てられ
「優香と過ごしたかったからだよ。こうでもしなきゃ、子どもたちとも時間作れないから」
「だからって、やって良い事と悪い事があるでしょ⁉」

深雪さんの心配もわかる、でも真一郎さん、優香ちゃん、萌香ちゃんの気持ちも感が他方がいいんじゃなかなとも思う。

「だったら俺にもう少し、子どもたちと過ごす時間をおくれよ!これじゃ何のために…」

人の話を聞かず、優香にも外出禁止令を出す始末。
萌香ちゃんは寝ちゃいました。2人で寝てる萌香ちゃんを見ながら、奈々自身は萌香ちゃんに振り回されて大変だったと。でも大器は子供の扱いがとてもうまいからきっといいパパになるだろうと言われるけど、笑顔の表情は複雑だね。そんな大器だけど奈々も良いママになるよって言われてテレて「相当やらかすママになりそう」って。

深雪が迎えに来た。優香ちゃんが無事でよかったという奈々に複雑な深雪。

2人になって
「疲れた?」
「うん。」
「子供欲しいって気持ちに変わりない?」
「ないよぉ!何言ってるの。」
「そっか。じゃあ、風呂入って寝ますか」

069_20180220154012921.jpg


って、今日は赤フンかい!(笑)大器は一体、何種類のふんどしを買っただろう?(そこかい!)

そしてオープニング。今日は亮司がシャッター押しました。おっ、亮太君も増えた、やっぱあの場所は亮太君の場所だったのね。

真一郎は別室で布団で寝ろと言われる始末。
「昔あんなことがあったのに」
それって、どういうこと?優香ちゃんになんかあったの?これからそれに関してのことも出てくるだろか?確かに深雪さんは優香ちゃんに対してとても干渉してるものね。下手したら毒母だよ。

「ちょっと聞くけど、受験は優香の意思なのか?」
「あの子はね、まだ10歳なの。まだまだ親の助言が必要な歳だし、今頑張っておけば、高校受験、大学受験で苦労しないで済むの。あの子の将来考えれば中学受験は最善の策なのよ」
「10歳の子供にも、意思があると、俺は思うけどね。」
「この10年、私1人に、子育てさせといて、よくそんな偉そうなことが言えるわね。あなたに何がわかるっていうの⁉あの子たちの事を一番考えているのはこのあたしだから。暇になったからって、急に口出さないで」

なんか言ってることおかしいよね深雪。真一郎は家族と一緒に居たかっただろう、海外赴任ばかりさせられて、どうやって子育て協力できるの?その言い方はひどいよね。真一郎がかわいそう。
優香は真一郎に謝るけど、どうして自分をかばったのかと聞く優香に、ダンスをしてるところを見たと。
パパは優香に賛成だって。父と娘の関係は良好みたいだね。受験したいかといわれても優香ちゃんはわかんないって。
大変だね子供も。でも真一郎さんが持ってるチラシ、ボランティアって書いてるということ収入はないよね?大丈夫?

BASEでアルバイトしてるのね朔(わたるんに紹介してもらったのかな?)。そこへ留美が来た。
あえてテーブル席に座る留美。
留美さん、朔の事、興信所で調べたみたいね。
やっぱり、あの貼り紙は留美の仕業だったんだ。
朔は施設で育ったんだ。わたるんの家に転がり込んだ理由ってなんだ?
なかなか手ごわい恋敵ですな留美さん。

わたるん、なんかサバサバ吹っ切れた感じだね。
朔が何か手伝えないかというんだけど、PCは使えないのね。朔は留美の言葉が、こういう場面でボディブローのようにきいてるのね。

そして奈々、リセットしちゃった?この表情は。
琴音から電話。破水したって、友達とカラオケに来てるみたいね。
聡子母ちゃんも、啓太にも連絡取れないみたいで奈々に助けを求めたみたい。

琴音ちゃん、緊急帝王切開になるみたい。そして不安な琴音が奈々に立ち会ってほしいと。
そこへ大器が来た。琴音の帝王切開が始まった。不安な琴音に声かけて、手を握る奈々。
大器も心配で、実家に電話してるけどやっぱ、誰も出ない。
ふと見たら、電話のメッセージが入ってる。に奈々がダメだったことを送っているのを見て、複雑な気持ちになる大器。
よりによってこんな時に、奈々がつらい思いしてるんじゃないかと心配なんだね。

084_2018022015422943a.jpg


そして無事赤ちゃんが生まれましたよ。女の子だって。
琴音も複雑なんだろうね多分。奈々の涙は悲しいとかじゃなくて、本当に無事に生まれてきた命に感動してるって感じだよね。

そこへやっと家族が到着。祭りの神輿担ぎをしていたと。そういうことね、だからきっと琴ちゃんも友人とカラオケに行ったら予想外の展開になっちゃったのね。そこへ出頭医と奈々がやってきた。
琴音ちゃんは、常位胎盤早期剥離により帝王切開で赤ちゃんを取り出さなくちゃならなくなったと。

常位胎盤早期剥離とは
何らかの原因で、赤ちゃんがまだお腹の中にいるうちに、胎盤が子宮の壁から剥がれてしまうこと。


奈々の表情に少し安心したのかな大器。
啓太は奈々に感謝感謝。奈々も赤ちゃんの誕生の瞬間に立ち会えてよかったと。
やはり大器の表情は複雑…

もう、啓太はじめ父ちゃん、母ちゃんは保育器に入ってる赤ちゃんを見て可愛い可愛いって。
デレデレ状態。素直に笑顔で喜べない大器。

奈々は琴音ちゃんの病室に。しかし、琴音もかなりの精神的にダメージ受けてるみたい。
「向こう(赤ちゃん)は会いたがってないよ。こんなひどい母親」
「琴ちゃん?」
「こんな早く外に出しちゃうなんて。母親失格じゃん」
「何言ってるの。ちょっと小さく生まれたけど、おそらく問題はないだろうって先生言ってたよ」
「私がいけないんだよ。妊娠も出産もみんな普通にやってることだからって、軽く考え過ぎていたのがいけないんだよ」
「今日、琴ちゃんの出産に立ち会わせてもらって、改めて思ったんだけどね、赤ちゃんの誕生って、本当に奇跡だなって。小さい頃は、大人になったら誰でもお母さんになれるものだと思ってた。だけど、実はそうじゃなくて、お腹の中に赤ちゃんが宿ることも、この世界に赤ちゃんが誕生することも、すくすく成長することも、みんな当たり前のように見えてるけど、本当一つ一つが奇跡だなぁって。琴ちゃんは今日、奇跡を一つ起こしたんだから、自信持ってほしいな。琴ちゃんは頑張ったよ。あとで赤ちゃんに会いに行こうね」

部屋に入れず、2人の話をドア越しに聞いてる聡子母ちゃん。多分、奈々ちゃんのこと何かわかったのかも。
そして、大器の所へ。

098_20180220154337d01.jpg


「もしかしてさ、奈々ちゃん子供のことでなんかつらいことしてる?そうなのね」
「年明けから不妊治療してる」
「はぁ…それならそうといってくれたらあんた、せかさなかったのにぃ」
「余計な心配かけたくなかったから」
「それなのに、琴音の出産に立ち会ってもらっちゃって、辛かっただろうに」
「正直、何で家だけって思うよ」
「…大器。あんたも辛い思いしてんだね」
「俺は良いんだよ。でも奈々は、肉体的にも精神的に負担がかかってるし、しかも、伊豆のお義母さんに治療反対されててさ」
「へ?」
「だから、母ちゃんはさ、知らないフリしてやってくんない?これ以上変なプレッシャーかけたくないからさ」
「わかった。だけど何であんたたちがこんな目に。はぁ…」

やっぱさすが大器の母ちゃんだ。でも、若干心配でもあるわ。琴ちゃんが赤ちゃんのことで何か言おうものならついつい言っちゃいそう。病院からの帰り、奈々の事、心配する大器だけど、奈々は良かったと。

008_20180220154501f6e.jpg


「リセットしてすぐ後に、出産の立ち合いだなんて、きつかったでしょ?」
「ううん。むしろ良かったと思ってる。出産の瞬間を見て感動して、やっぱり欲しいって、強く思えたから。それとね、必要以上に羨ましがる事を辞めたの。そりゃ、羨ましいよ。でも、羨ましがったところで、うちに赤ちゃんが来てくれる訳じゃないもんね。だから、こう思うことにしたの。私は妊娠出来ないわけじゃない。まだ妊娠してないだけなんだって」
「おっ⁉良いねそれ」
「良いでしょ?」
「うん。良い、賛成、大賛成」

さらに、前向きになってきたね良かった。

ちひろは出て行こうとしてる。でも、燃え上がっちゃってる。
そこへ大器たちが帰宅してきたけどなんか人影が…
イチャイチャしてる最中にピンポンが…慌てて出ると亮太が玄関にいた!
慌てる亮司とちひろ。とんでもない対面になっちゃった。五十嵐夫妻も複雑だ(笑)

ということで今回は終了。さて、ちひろは家を出るのか?真一郎も塾の講師するのかな?琴ちゃんも産後うつ?
でも、琴音ちゃんが否定的なことを言うと、聡子母ちゃん、奈々のことと板挟みになりそう。
まだまだ色々ありそうな感じですね。今回は朔の生い立ちが少しわかったね。わたるんのお手伝いをしてあげたいけど、学歴がない、PCなど使えないためにもどかしい気持ち、留美に言われた言葉もあるだけに切なかったね。

小宮山家もいろんな問題があるみたいで気になるね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .