FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『聖☆おにいさん』関連情報
ドラマ『聖☆おにいさん』関連情報です



中村光コメント(原作者)

今回のキャスティング、とてもワクワクしています。松山さんのアガペー溢れるお顔と、染谷さんのアルカイックスマイルが見られるのを、今から楽しみにしています。


松山ケンイチ(イエス役)コメント

福田さんがキリスト役の事は熟知してるので色々聞いて頑張りたいなと思っています。


染谷将太(ブッダ役)コメント

いつか実写でみたいなと思っていた「聖☆おにいさん」にまさか参加するとは思ってもみませんでした。しかも、ブッダ役で。そして福田監督と山田さんという黄金コンビの企画に参加出来るとは、心が激しく踊ります。松山さん演じるジーザスとどんな掛け合いになるのか、想像するだけでニヤケてしまうのは俺だけでしょうか? まだ撮影もしていないのに、皆様に届ける日が楽しみでなりません。


山田孝之(製作総指揮)コメント

松山さんをイエスに、染谷さんをブッダに、想像しただけでも失禁しそうです。(少し出てますが)既に悟りを感じさせるお二方の存在感は正にブッダとイエス。日頃の激務に追われる天界での生活から離れ、下界での生活をごゆるりとお過ごし頂きたく思いますが演出は福田雄一監督ですのでタダでは済まないことは容易に想像できます。アーメン。


福田雄一(監督・脚本)

今まで何度も何度も出演をお願いして叶わなかった松山くんと染谷くんで、連載当初から念願だったこの原作を実写化出来ることが、ただただ幸せです! こんな幸せな作品を任せてくれた山田孝之プロデューサーに感謝します! 全力でユルく臨みます!





「聖☆おにいさん」公式サイトはこちら

最終更新日:2018.8.23



2018.8.23記述
聖☆お兄さん公式より

期間限定で劇場公開が決定しました。
公開日は10月12日(金)より、イオンシネマ43劇場と原作のご当地劇場・立川シネマシティにて2週間限定の上映を予定しております。上映劇場は劇場情報をご確認ください。

劇場一覧はこちら

これは、嬉しい情報。ピッコマTV見れないから諦めたけれど、限定2週間の劇場公開、とはいえ、家の近所のイオンシネマでの上映はないので、少し遠出せねばならないけれど、行けなくもないので何とか上映期間中に行きたいなぁ…みなさまもまずは近所の劇場かどうか確認してみてくださいませね~♪


2018.7.25記述
cinemacafenetより

佐藤二朗、「聖☆おにいさん」で医者役「染谷から奪って俺がつけたろか」

007_20180725213251373.jpg



中村光の大人気ギャグ漫画を、俳優・山田孝之が製作総指揮、監督&脚本を福田雄一が務め実写化する「聖☆おにいさん」。この度、福田作品常連の俳優・佐藤二朗が出演することが明らかになった。


松山ケンイチと染谷将太がイエスとブッダ役で出演し、株式会社カカオジャパンが手がける新たな動画配信サービス「ピッコマTV」にて配信が決定している本作。

配信スタートに先立ち公開された宣伝用のオリジナルVR映像は、3日間でなんと50万PVを超え、日に日に注目が集まっているが、そんな中、本日早朝に公式SNSにて“誰かはわからない出演キャスト”からコメントとキャラクターシルエットビジュアルが発表。

ファンからは「モザイク意味があるのかしら」「シルエット丸分かり(笑)」「隠れてないwww」といったコメントが寄せられており、佐藤二朗だと確信する声が多く挙げられていたが、今回、正式に“医者役”で佐藤さんの出演が発表された。

佐藤二朗コメント
今回、私は高熱でうなされるブッダを問診する町医者の役で出演しております。ブッダを問診しながら、なぜか、特別な感情と申しますか、なんと申しますか、主に、頭部に、具体的には、ブッダの頭の、あの、例の、ボツボツに、こう、 なんでしょう、懐かしさ、みたいな感情が溢れ、よほど染谷から奪って俺がつけたろか、という欲求を抑えるのが大変でした。それが撮影の一番の思ひ出でございます。


ほかにも、原作では度々登場している主人公2人が暮らすアパートの大家役で、女優であり作家としても活動する山野海が出演することも明らかになった。


「聖☆おにいさん」は2018年秋、ピッコマTVにて配信予定。


もう、朝からモザイク付きの画像が出てきていたけど、どう見ても仏(ほとけ=佐藤二朗)だろうが!ってわかっておりました。
シッタールダと仏(同じなんだけど)の対面(笑)サイコーではないか(笑)もう、この3人の好き勝手な演技を想像するだけで百済面白くなりそうな予感がする(でも、ピッコマ観れないだろうな…(T_T))



2018.7.7記述
ブックバンより

「聖☆おにいさん」実写化 松山ケンイチの「イエスすぎる」ビジュアルに絶賛の声

005_20180707220326615.jpg


7月3日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『聖☆おにいさん(15)』が獲得した。
第2位は『七つの大罪(32)』。第3位は『ゴールデンカムイ(14)』となった。

1位となった「聖☆おにいさん」は今秋動画配信サービスで実写ドラマ化が予定されている。ブッダとイエス・キリストが東京・立川のアパートで暮らす日常が描かれるこの作品。ドラマではブッダを染谷将太さん、イエスを松山ケンイチさんが演じ、制作総指揮は山田孝之さん。監督はテレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズや映画「銀魂」などの福田雄一さんが務める。現在公式サイトでは染谷さんと松山さんがブッダとイエスに扮したビジュアルが掲載されている。また二人のアパートのなかにいるような映像が楽しめる「VR特報映像」も公開されている。SNSでは漫画原作の実写化といえば危惧する声があがるのが定番の反応だが、今回公開されたビジュアルを見たファンからは「マツケン、イエスすぎる」「似すぎててヤバイ」と絶賛の声があがっている。


1位『聖☆おにいさん(15)』中村光[著](講談社)

兄・カインが弟・アベルに手をかけたと言われる「人類最初の殺人事件」は冤罪だった!? 何十世紀も経た今、真実が暴かれる! そして、イエスの父さんは練りに練った新作落語『最後の晩餐』を初披露。漁師兄弟に大天使達、初登場・主婦の守護聖人も加わり、イエスとブッダの立川ライフは今日もにぎやか! (講談社ウェブサイトより)



全文はこちら

ようやく、公式サイト出来ましたね(笑)
ピッコマ登録してないからリアルで観れないけど、これからコンテンツが増えるだろうからそれを楽しみにしておきます(汗)
いずれどこかで放送されるか、DVDになるのかを待つしかないなぁ…加入者増えるんだろうかねぇ~。
でも、ケンちゃんのイエスなかなか好評で何よりなのです(笑)



2018.6.20記述
映画.comより

松山ケンイチ&染谷将太が神々しい…実写「聖☆おにいさん」ビジュアル&VR映像披露

004_20180620224833e01.jpg



 中村光氏の人気漫画を実写ドラマ化する「聖☆おにいさん」のビジュアルと宣伝オリジナル映像が、このほどお披露目された。松山ケンイチ演じる神の子・イエス、染谷将太扮する目覚めた人・ブッダの“神々しい姿”が確認できる。

2006年からコミック誌「モーニング・ツー」(講談社刊)で連載されている「聖☆おにいさん」は、09年度「このマンガがすごい!オトコ編」第1位、第13回手塚治虫文化賞短編賞を受賞し、累計発行部数1600万部を記録した異色のギャグ漫画。無事世紀末を終えた聖人イエスとブッダが、東京・立川でアパートをルームシェアリングしながら、下界のバカンスを満喫しているという設定が話題を呼び、13年には、森山未來と星野源を声優に迎えたアニメーション映画として劇場公開された。実写ドラマ版は、俳優の山田孝之が製作総指揮を務め、「銀魂2 掟は破るためにこそある」(8月17日公開)も控える福田雄一が監督&脚本を担当する。

「神ing soon…」というコピーが添えられたビジュアルは、イエスとブッダが朝の食卓を囲む“ゆる~い日常”を活写したもの。ブッダの螺髪(らほつ)、イエスが付けたいばらの冠、「シッダールタ」「ジーザス」と印字された2人のTシャツ、ちらりと見える金ピカの仏像など、原作ファンであればニヤリとしてしまう再現度の高さだ。あまりに完成度が高すぎるため、製作陣は「これはどこからか、お叱りをうけるのではないか!」と戦々恐々としているようだ。

本編には収録されない宣伝オリジナル映像(https://www.youtube.com/watch?v=L2P9ASb0uWo)は、福田監督が初挑戦したVR作品で、松山と染谷によるアドリブ芝居を切りとっている。イエスとブッダが部屋に現れたゴキブリに右往左往するさまを描いており、「殺生はNGだから!」「窓開けたら他の家族が帰ってくるじゃない!」という即興のセリフがユニーク。なお一部の書店では、6月22日の原作単行本15巻(講談社刊)発売に合わせ、特製デザインのVRスコープを購入特典として配布する。

実写ドラマ「聖☆おにいさん」は、今秋に「ピッコマTV」で配信される。


VRで観てないので画面が歪んでおりましたが、楽しそうにやってくれているじゃありません?
ブッダひどくない?(笑)殺生NGとか言いながらイエスの靴下投げ捨てるなんて(笑)最高です。アハハ~
ビジュアルもばっちりだし。でも、問題はピッコマ…多分そのままだと見れないからなぁ~。
みんなピッコマ契約するのかなぁ…勘違いしてる人が多いみたいですけど、映画ではありません。配信サイト(コミック系)での配信にないrますのでおまちがいのないように。



2018.4.17記述
コミックナタリーより

実写ドラマ「聖☆おにいさん」は今夏始動の配信サービス・ピッコマTVで配信

20180417「ピッコマ」初の事業発表会001


中村光原作による実写ドラマ「聖☆おにいさん」が、今夏リリースされるカカオジャパンの新サービス「ピッコマTV」にて配信されることが決定した。

これは本日4月17日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われたピッコマの事業発表会「ピッコマものがたり2018」にて発表されたもの。イベントに登壇した金在龍社長は、「新しいビジネスモデルで、映像や作品を好きになる機会を作りたい」と「ピッコマTV」誕生の理由を語り、マンガが原作になっているドラマ、アニメを中心に配信していくことを明かした。

イベントではドラマの製作総指揮を務める山田孝之、監督・脚本の福田雄一、イエス役の松山ケンイチ、ブッダ役の染谷将太からのメッセージVTRも上映。山田は「今回、配信という形でピッコマさんに決まりました。金社長から、どういう思いで(ピッコマを)作ってきたかをお聞きしたのですが、非常に熱があるし、原作者やものを作っている人へのリスペクトが感じられた。ビジネスとしてだけではなく、いいものをいい形で提供して、皆さんに喜んでもらうためにどうしたらいいかを考えている、一緒に仕事したいと思うような人でした」と語る。

またドラマの「聖☆おにいさん」は1話が短い時間で構成されることにも触れ「(アプリで)観やすい作りになっているので、そこも合ってるなと思います。僕は電車で観てもらいたい」とコメント。福田は「1話を短く作りたいと言ったのは僕のわがまま。でも、それを受け止めていただいて。ドラマにもいろんな形があっていいと思うので、新しい形で楽しんでもらえれば」と述べた。

「聖☆おにいさん」は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごすブッダとイエスのコンビを描いたコメディ。2007年よりモーニング・ツー(講談社)にて連載され、2013年には森山未來がイエス役、星野源がブッダ役で声優を務めたアニメ映画も公開された。


これはどういう形で放送されるんだろう?ニコ動とかabemaTVみたいな感じの配信になるのかな?
まだまだよくわからないので注目しとかないといけないね。1話短いということはこの作品向きなのかもね。
VTRではまだ普通の姿の2人ですけど(笑)




2018.4.7記述
福田監督のTwitterより

20180407クランクイン


聖⭐︎おにいさん、クランクインしました‼️
ちょっと、松山くんと染谷くんがビジュアル、演技ともにハマり過ぎて、逆に大丈夫かな?と思うレベルです😅
まだまだそのビジュアルは発表出来ないので、とりあえず山田孝之プロデューサーと😁


いよいよですね。
一体どんなビジュアルになってるのかな?きっと2人ともノリノリ何だろうなぁ~。
演技とかもどう面白く見せようかと監督や山田Pとかとあれこれ話し合ってそう。これはメインキングとかも面白そう。
リアルタイムでの視聴は多分できそうにないから…



2018.2.20記述
cinemaCafénetより

実写「聖☆おにいさん」松山ケンイチ&染谷将太、イエスとブッダ役に決定!



俳優・山田孝之が製作総指揮、『銀魂』の福田雄一が監督・脚本を担い、中村光の人気漫画「聖☆おにいさん」を実写化するドラマで、主人公のイエスとブッダをそれぞれ松山ケンイチ、染谷将太が演じることが明らかになった。同作は2018年、新たに立ち上がる動画配信サービスにて配信予定。山田は「松山さんをイエスに、染谷さんをブッダに、想像しただけでも失禁しそうです。(少し出てますが)」とコメントしている。

 累計発行部数1,600万部を誇る「聖☆おにいさん」は、アニメ化・実写化された「荒川アンダーザブリッジ」でも知られる中村によるギャグ漫画。2006年から「モーニング・ツー」(講談社)で連載中。東京・立川のアパートで、イエスとブッダがルームシェアリングしながら下界のバカンスを満喫するさまを描く。
.

 イエス役の松山は「福田さんがキリスト役のことは熟知してるので色々聞いて頑張りたいなと思っています」と気合十分。一方、ブッダ役の染谷も「いつか実写で見たいなと思っていた『聖☆おにいさん』にまさか参加するとは思ってもみませんでした。しかも、ブッタ役で。そして福田監督と山田さんという黄金コンビの企画に参加できるとは、心が激しく踊ります」と喜ぶと、「松山さん演じるジーザスとどんな掛け合いになるのか、想像するだけでニヤケてしまうのは俺だけでしょうか? まだ撮影もしていないのに、皆様に届ける日が楽しみでなりません」と興奮気味に語った。
.
 そんな二人のキャスティングについて、山田は「すでに悟りを感じさせるお二方の存在感は正にブッダとイエス」と称し、「日頃の激務に追われる天界での生活から離れ、下界での生活をごゆるりとお過ごしいただきたく思いますが演出は福田雄一監督ですのでタダでは済まないことは容易に想像できます。アーメン」と独特のコメント。
.
 また、原作者の中村も「今回のキャスティング、とてもワクワクしています。松山さんのアガペーあふれるお顔と、染谷さんのアルカイックスマイルが見られるのを、今から楽しみにしています」と期待の声を寄せた。(編集部・小山美咲)

実写化の一報が出てから時間経ってどないなったんかなぁと思っていたんだけど、ようやく発表になったと思ったら、ケンちゃんがイエスを演じる事に。

実写の話題が出た時にケンちゃんにどちらでもいいから演じて欲しいなと思っていたのでこれは嬉しい。山田さんに感謝です。
ブッダに染谷君、「聖の青春」からの共演ってこちらも偶然にも「聖」繋がりじゃない?(笑)
もう、いっそのこと、イエスのセリフは下北弁でもいいんじゃない?意外と面白いかも?

福田監督、サンディに言わせれば「他のもん作っとらんと、ヨシヒコ作れ」といつも言ってる(笑)
いつだったか、海外に向かう飛行機の中で「聖の青春」を見てケンちゃんと仕事師隊みたいなつぶやきしてたけど実現しましたね。さて、山田×福田となれば、どんなゆる~くて、おバカな作品が出来上がるのか楽しみなんだけどぉ…

問題は、ドラマだけど、動画配信サービスそれも新しいというのが引っ掛かります。
とりあえずそれに加入しないと、ドラマを観ることはできない。でもその後でひょっとすると地上波のどこかの局が放送してくれる可能性はあるのかなぁ…(希望します)

あとは円盤発売を待つことになるのか…これからの情報も気になるところですね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .