感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
隣の家族は青く見える 第6話
2018.2.22放送

001_2018022204402971a.jpg 

奈々(深田恭子)と大器(松山ケンイチ)のもとに、聡子(高畑淳子)や健作(春海四方)と一緒にお宮参りに行っていた琴音(伊藤沙莉)夫婦がやってきた。琴音の娘・真奈を抱かせてもらい、思わず涙ぐむ奈々。大器から不妊治療のことを打ち明けられていた聡子は、そんな奈々の姿を見ていられない。

ちひろ(高橋メアリージュン)は、亮司(平山浩行)の息子・亮太(和田庵)と上手くコミュニケーションが取れずにいた。肝心の亮司は親バカ状態で、毎週のように亮太におもちゃを買い与えていた。

深雪(真飛聖)は、受験を控えた長女・優香(安藤美優)の成績が落ちていることを知る。深雪は、学習塾の個別指導を増やすことにするが……。

一方、朔(北村匠海)は、渉(眞島秀和)のために何かをしたい、という思いが空回りし、失敗続きだった。渉は、気持ちは嬉しいが得意じゃないことはする必要がない、と朔に告げる。

そんな折、渉は、母親のふみ(田島令子)が骨折しても連絡すらしてこなかったことを知り、久しぶりに実家を訪れることにする。朔は、事務所の後輩のふりをする、といって半ば強引に渉について行く。

奈々は、リセットする度に落ち込みながらも、その思いをひとりで抱えて明るく振る舞っていた。大器は、そんな奈々に対して何もしてあげられないことに悩み……。

五十嵐家と糸川家、みんなで大器の家に訪問。どうやらお宮参りの帰りに来たみたいで、珍しく健作父ちゃんもスーツ姿で奈々にかっこいいと言われまんざらでもない様子?

お祝いの膳を奈々が用意してくれたみたいね。啓太さん、もう我が子にメロメロでスマホには娘の写真だらけでも全部泣いちゃってる(笑)

しかし、聡子母ちゃんが奈々ちゃんにお礼を言ったり、会話をしてる時でも、何故だかひたすら食べてる大器。
そして、ビールに口を付けたら、「あれ?これノンアルじゃない」と驚く。そうだね、最近奈々に付き合って妊活のためにノンアルに変えてるんだよね。「今日はお祝いだから」と奈々が気を利かせてビールを用意してくれたみたいだね。何も知らない健作父ちゃんは「酒やめてるのか?」って。それを聞いて複雑な心境の聡子母ちゃんなのです。「ちょっと太って来たから」とごまかす大器だけど、琴ちゃんに「どこが?」なんて言われる始末。「おめえも飲んでないじゃねえか」ってそれはダメよ授乳してるんだし。

006_201802271600415a2.jpg 

健作父ちゃんに色々言われる聡子母ちゃんだけど「母親ってのはね自己犠牲の塊なの!」聡子母ちゃんと琴ちゃんの攻撃男性陣ションボリ…

話を遮るように大器が真奈ちゃんの名前の由来を聞いた。ハワイの言葉で「奇跡」という意味なんだって。意外といい名前だよね。変なキラキラネームじゃなくて。ハワイが好きとかそういうのではなくて、出産後に奈々から言われた「奇跡」という言葉にちなんだ名前を付けたかったんだって、漢字の1字も奈々からもらったって。奈々は素直に嬉しいというけど、そんな話や奈々を見てると聡子母ちゃんいたたまれない雰囲気だし、なんか大器も終始さえない表情と態度だよね。

そんな話をしてると真奈ちゃんお目覚め。さあてんやわんや。
でも、琴ちゃん、猛ダッシュで真奈ちゃんの元へ。未だ啓太も健作父ちゃんも琴ちゃんから真奈ちゃんを、ろくに抱かせてもらえないらしい。離れてたから傍にいたいんじゃないかという言葉に

「違うよ。お父さんや啓太に抱かせないのは、ばい菌に見えるからだよ。赤ちゃんって、けがれがないでしょ、この子の顔だけこうしてみてると、綺麗で、可愛くて、ピュアな物しか感じないんだけど、ふと顔上げて、お父さんや啓太の顔を見ると、なんかもうでかいし、汚いし、不潔に見えて仕方ないの。」

身も蓋も無いことを…

「触られたくなって思うんだもん、しょうがないじゃん。動物的な本能だよ。はい」

って除菌シートを渡す琴ちゃん…ちょっと過敏になり過ぎじゃないかな?それはそれで心配だ。

男たちに抱かせないのはばい菌に見えてくるからだって。大丈夫かい?奈々は男性陣をフォロー。出産後はホルモンバランスも崩れたりするからと、奈々に言われて聡子母ちゃん精一杯反応返すけどぎこちない(笑)なんかさっきから見てても大器はこの話の中に入らないようにしてるのか?ずっと食べて、話を聞かないようにしてるって感じがしてならないんですけど。

でも、奈々はピュアでけがれがないから抱いてあげてって。嬉しそうに真奈ちゃんを抱く奈々に対して、聡子母ちゃんと大器は複雑な表情。ふと見せる奈々の切ない表情を見て、聡子母ちゃんいたたまれなくて大器を屋上に連れて行けと誘う。
もう知らんふりなんて、我慢出来ないんですよね。

017_2018022715581128e.jpg



「無理。奈々ちゃんと同じ空間にいる緊張感に耐えられない。だって真奈抱いた時の顔見た?涙ぐんでたよ」
「元々涙もろいから」
「そういう問題じゃないでしょ!今、どんな状況?」
「4回目の人工授精の結果待ち」
「へっ⁉ってことはあんた、3回失敗したってこと?なんで言わないの!わかってたら今日寄ったりしなかったのに」
「奈々はお宮参りも行こうかってって言ってたくらいだから、真奈ちゃんにも会いたかったんだと思うよ。たださ、タイミング法から数えると、もう、かなりの数失敗してるから。いつもあんな風に明るく振舞ってるけど、内心はかなり弱ってるよ」
「当り前じゃないの!あんた、ちゃんと支えてあげてんでしょうね。」
「…俺は俺なりにやってるよ」
「はぁ…代わってあげられるもんなら、代わってあげたいわ」

奈々ちゃんのことも心配だけど、大器もかなりしんどそうだね。

なんか、しんみりした朝…大器は務めて明るく振舞うように頑張ってるけど…
妙にテンション高めで、朝食を褒めちぎる
「これ、ぜったいうまいやつやん!」ってあーたどこの人やねん(笑)
カロリー高い分は野球で消費するって。どうやら本日、大器は会社の部門別野球大会?に参加するらしい。

030_20180227160411e6f.jpg


帽子のマークが「企」って(笑)そして野球をしたことがないって、大丈夫なのか?
そして張り切った感じで家を出る大器。ちなみにユニフォームの背番号は「7」って奈々ちゃんという意味かな♪

わたるんも、独立したんだね。クライアントと打ち合わせ中みたいだけど…朔はわたるんのために料理を作ろうとしてるみたいだけど、どうもうまくいかないみたいね。わたるん、まず朔を心配してくれる、本当に大切なんだね朔の事。でも、朔も、そんなわたるんに、自分もなにかしてあげたいと色々家事茶令してるみたいだけど、どうもダメみたい。
でも、やっぱわたるんは優しい

「どうしたの?今日は。家事は得意じゃないでしょ。気持ちは嬉しいけど、得意じゃないことを無理してすることないから。朔は、朔のしたいことしてて。ね」

羨ましい限り。そんなこと言われたことないわ。1%出来なくても99%出来ないみたいに言われたりすることはあってもね。
でも朔は、きっと留美の言葉がずっと引っかかってるんだね。忙しそうにしてるわたるんに、自分がのんびりしてていいのかなって。

ちひろも、結局残ってるのね。2人のベッドルームだったところを亮太が使ってるのね。
ちひろなりに亮太とコミュニケーションを持とうと試みてるけど、なかなか厳しい感じですね。亮司もどこ行ったか分からないし、と思ったら、なんかまたおもちゃ買ってきてるよ!ほいでもって、ちひろのことアウトオブ眼中だし。そりゃとひろじゃなくても怒るよね。亮太を甘やかしすぎだとちひろ。この生活、もう2か月か…でも、今回の事はちひろに感謝してるって。へぇ、ちひろお仕事家でしてるんだ。ちょっとクールダウンなちひろ。せっかくいいムードになってるのに亮太に邪魔された。はぁ、ちひろも受難だね。

すっかり、ちひろと奈々、朔3人はすっかりお話仲間になってる。
ムカムカを奈々と朔にぶちまけるちひろ(笑)

「子供ができると夫婦関係変わるって言うけど本当なんだね」
もう、ちひろの言葉が止まらない(笑)
「そんな夢がなくなるようなこと言わないでよ。うちはこれから子供作るのに」
「キスする瞬間に突き飛ばされてみなよ!夢なんか一瞬にして消え去るから」
「そういえばうち、最近キスしなくなったかも…結婚するといちいちキスとかしなくてよくなるんだよね。お互いがいることに安心するっていうか…」
「カップルなんて安心したら終わりでしょ?それもあってウチは事実婚にしたんだから」
「じゃあ…うち、終わってるかも?」
「いや、奈々ちゃんと大さんはラブラブじゃん!その点、同性同士は結婚できないから不安しかない」
「朔ちゃんとこもさ、事実婚だと思えばいいんじゃない?」
「選択して事実婚なのと、事実婚しか選択しかできないのは違うよ。俺は出来れば婚姻届けみたいな、拘束力のあるのが欲しいんだよね。だってさ、どんなに好きあっててもさ、例えば喧嘩した勢いで別れようってなっても、その日に終わることが出来るわけじゃん。でも、婚姻届け出してれば、役所に離婚届を取りにって、名前や住所書い足りして、保証人のサインも貰わないといけないわけでしょ?単なる続きだけど、1日でやるのは難しいし、やってるうちに冷静になるよね。一時の感情だけで別れないように、敢えてそうしてると思うんだよね」
「なるほどねぇ~。婚姻届けなんて、子持ちのカップルだけに必要なものだと思ってたけど、そういう効力もあるんだね」
「同性同士のカップルもにも婚姻届け出せるようになったらいいのにね」
「まぁ、日本じゃ難しいかな…」

確かに、朔の言うことも頷けるよね。結婚制度というのはあえて面倒くさいようにできてるんだよね。それは、早々に別れないように覚悟を持つという意味合いもあるのかもね。

そんな話をしてるところへ深雪がやってきたけど、そそくさと出て行っちゃった。
「こういう家って、隣人同士仲がいいと最高だけどさ、悪いと最悪だね」

確かに。だから余計お互いの家の事情など知っておかないといけないと思うんだよね。いざという時に助け合わないといけないだろうし。こんなところでご近所トラブルなんぞになったらもう地獄だよね。

深雪のお出かけ先は、優香ちゃんの塾で模試の結果など面談、最近、成績が下がってるみたいで(ダンスの練習が影響してるのかな?)、このままだと志望校のランクを下げないといけないと言われ焦る深雪。そしてできることは自宅の勉強時間を増やすか、塾のコマ数を増やすかといわれ有無も言わずそうするみたいだけど、通帳100万無かったのに、大丈夫なの?
さて、優香ちゃんはダンスの練習頑張ってる。それをこっそり動画で撮影してる人物が…亮太?えっ?優香と亮太って同じクラスなんだ!でも何で撮影してるの?って、真一郎ったら、すっかりみんなに差し入れとかしてる。仕事の件、優香知ってるの?
オーディション、優香は受けられないのかと先輩たち。どうやら滑り止めの試験日と重なってるらしいと聞かされる真一郎。死亡してる学校にダンス部はあるのか?そもそも、公立の中学に行けば先輩たちと同じ学校で、ダンス出来るのにって。でも、先輩たちも優香の才能は認めながらも、家庭の事情も理解してくれているのは良いよね。あとは優香がどう決断するのかにかかってるよね。

真一郎も複雑。いつか深雪に言わないといけない事なんだろうけど難しいだろうね、タイミングがね。

どよーん…またリセットですか奈々ちゃん(T_T)
察した大器もいたたまれないね、気まずい感じ、奈々ちゃん泣いちゃってるね。

今回のOPはちひろがシャッター押してますね。

ん?朔、受験票って…高認受けるの?そこへわたるんが実家に行くと。どうやら、お母さんが骨折したらしい。一緒に行きたいと朔。戸惑いながらも「じゃぁ」って甘い声出してるよわたるん(笑)

奈々ちゃん、お仕事、やっぱ大変なんじゃないこの仕事。店長、仕事のシフト、プールに入れないかと、そしていよいよ言われた、「やる気ないなら辞めてもいい」と。最近、やる気が感じられないとか、職場のスタッフが妊娠したみたいで、実習に入れないからっていわれて、奈々も辛そう。もう、相談した方が良いんじゃない?じゃないと誤解されて傷ついて、リセットして傷ついて奈々ちゃんボロボロになるんじゃないかと心配だよ。

040_20180227160901c83.jpg


大器の会社では上司が部下を叱咤してる。
それを横目で見る朋也と大器
「努力しても手に入らないもんもあるつーの」外回りに行く大器に朋也も付いて行く。しかし、表情がさえないね大器。

わたるん、実家に到着。
母子の会話をじーっと見てる朔。きっと朔にはこういう景色経験したことないんだろうね。興味津々って顔ですね。
わたるんは朔のことを独立してから、仕事の手伝いをしてもらってるんだと。ケガの具合がよくなるまでわたるんの家に来るかというけど、お母さんはわたるんが結婚してくれることをあきらめてないと言われ複雑…でも、もしお母さんがわたるんの家に行くとなると、朔はどうなる?朔は行くところがなくなるよね。どういうつもりで言ったのか気になるよね朔としては。

返って来たけど、やっぱ、ご機嫌ななめな朔。わたるんに「残酷だよ」って。
「何年待っても、孫の顔見れないって正直に言ったらいいじゃん。期待させてるだけ可愛そうだよ」

でもわたるんは一生親に言うつもりないって。
「わたるんは恥ずかしいと思ってるんでしょ?自分がゲイだってこと。だから隠してるんだ。世間にも親にもわたるんが一番ゲイに偏見持ってんじゃん」
「偏見なんか持ってない!俺の家族のことは、お前にはわかんないんだよ!」

はい、わたるん、NGワードを言っちゃった。世の中で一番言われたくない言葉の中の一つだ「〇〇にわかんない」ってやつ。
だから何?って思う。自分の都合が悪くなると無意識に出ちゃうワードだよね。相手を思いやってるようで実は自分が傷つきたくない場合に言われワードのように思う。

こんな風に、家族のことを言われて一番傷つくのは朔。朔のことを大事に思うなら、そういうつもりでなくても言ってはいけない言葉だよわたるん。

ちひろは家でお仕事中。こちらも亮太の距離感はなかなか縮まらずって感じですね。真一郎は夜、1人でおかず温めております。そして起きてきた深雪にようやくやりたい仕事が見つかったというけど、言う前に深雪は優香の塾のお金の話題。で、結局、ボランティアだということも言えず。チーーーン!(笑)

わたるんは慌てふためいてる。BASEに電話。あっ、朔が帰ってないのかって…メチャ焦ってるよわたるん。
そして朔は…あはは、五十嵐家にいるよ!
愚痴を奈々に聞いてもらってる(笑)今日はいつものビールじゃない。あっノンアルコールビールか?
って、大器いないの?

いつになく超ネガティブな朔ちゃん。奈々との会話がまるで女子会トークだね(笑)姉と妹って感じ。
自分はわたるんの疫病神だって言っちゃって。いつもの朔らしくない。いつまでも留美の呪縛に縛られてるね。
わたるんに言われてないのならいいんじゃないかって奈々。
窓から見えるわたるん。滑稽なほど心配してるね。

一筆書けって(笑)喧嘩しても勢いで別れないとか、電話に出るとか、わたるんは本当に朔が好きだもんね。
やれやれって、しかし、大器えらい遅いぞ!もう深夜1時過ぎとるぞ。とおもったら、いがらしで朋也と飲んでるやん。
って、ノンアルかい!(笑)でもたくさん飲めば若干は酔うだろうお酒弱い人だとしたら。朋也にそろそろ帰ろうと言われるけど
何で付いて来たんだよって…

049_2018022716102684e.jpg


「ぼく、主任の気持ちわかるんです」
「はぁ?お前に俺の気持ちなんかわかってたまるかってんだよ」
「わかりますよ。まぁ、ぼくの場合は妊活じゃなくて、婚活ですけど。でも、上手くいかなくて悩んでるのは同じなんで」
「えっ⁉何?お前婚活してんの?」
「はい。ぼく、早く結婚して、主任のとこみたいな夫婦になりたいんです」
「俺らみたいに?(はい)なりたいの?(はい)ほんとに?(本当です)何回やっても結果出なくて、妻はひとりで抱え込んで、夫はそれ知ってんのに何にも出来ないで。でも、表面上、平気そうに振舞ってる夫婦にか?」
「あっ…妊活クライシスってって言葉知ってます?(ああっ⁉)殆どの場合は、夫婦の妊活に対する温度差が原因でなることが多いらしいんですけど、まじめに妊活に取り組み過ぎたカップルも陥ることがあるんです。今の主任とこは、そういう…時期なんじゃないでようか。なんか、ストレス発散できる方法とかあったらいいんですけど」

こんだけ色々勉強してるのに朋也さん、いい人見つかないのね。大器も自己嫌悪とストレス溜まってるね。

奈々は、この前のお祝いの時に撮影した写真をもっていがらしへ。しかし、琴ちゃんがパニック。どうやら、真奈ちゃんが熱でてるみたいで、啓太もてんやわんや。聡子母ちゃんは気にすることないと言われるけど、聞く耳持たず。でも、どうやら、単に着せすぎだったみたい。琴音ちゃんまた自己嫌悪…

「無理!やっぱりわたし、お母さんになんかなれない」
「何言ってんの」
「疲れてんだと思います。真奈が入院してる間も数時間毎に、搾乳してひひすら母乳届けてたから」

優しいね啓太君。

「そうだね。この2か月、本当に一生懸命やってた。えらかった。でも、母親ってのはそんなものなの。あんた、夜寝てただけマシなのよ。普通は夜泣きや、授乳で出産直後からロクに寝られない日が何か月も続くんだから。赤ちゃん産んだら、皆がやってることなんだから、あんたにだって出来ないわけないよ」
「わたしには無理!だって…こんなに早く母親になんかなりたくなかったもん」

聡子母ちゃん、この言葉は奈々に聞かせたくなかったよね。思わず

「じゃあ、なんで作ったの!責任持てないなら、子どもなんか作っちゃダメでしょ」
「しょうがないじゃない!出来ちゃったんだから!わたしだって、子どもなんか欲しくなかったよ!子どもなんか産みたくなかったよ!」

さすがにこの言葉には聡子母ちゃん我慢ならず、琴ちゃんを平手打ちしちゃった。
奈々に絶対聞かせたくなかったんだよね。

「そんなこと言うもんじゃないの!世の中にはね、赤ちゃん欲しくたって、出来ない人もいるんだよ。そういう人に対して、あんたが今言った言葉がどれだけ残酷で、無神経で…ひどい言葉か!謝んなさい!」
「…誰によ」
「良いから、謝んなさい!真奈にも…真奈にも謝んなさい!」

珍しい聡子母ちゃんの怒り具合から、琴ちゃんも察したみたい?
少し落ち着いて、改めて写真を見て喜んでる聡子母ちゃん。奈々の前で務めて明るく振舞おうと頑張ってるね。

「お義母さん…いつからご存じだったんですか?ご存じなんですよね。私が不妊治療してること」
「病院でね…琴音と話してる時、ピンときちゃったの。黙っとくつもりだったのにごめんね<(_ _)>」
「謝るのは私の方です。お義母さんと、お義父さんが楽しみにしてくれてるのに、なかなか授かれなくて」
「良いのよ!私たちの事なんか気にしなくって」
「でも…もう4回もダメだったんです。人工授精…わたし…もしかしたら一生子供は…」
「やめてよ、奈々ちゃん。そりゃ、奈々ちゃんと大器の子供が出来た嬉しいと思ってた。でも、わたしも父さんも奈々ちゃんの事、大好きなのよ。奈々ちゃんが大器のお嫁さんになってくれて本当に良かったと思ってんの。だから、子供が出来ようが出来まいが、そんなことどうだっていいの。あんたたちが幸せに暮らしていたらそれでいいのよ」
「お義母さん」
「知らなかったとはいえ、プレッシャーになるようなこと言ったりして、ほんと、ごめんね。もう、私たちのために頑張って作ろうなんて考えないでね」

065_20180227161757213.jpg


「…すいません…すいません…」
「謝んないでよ、奈々ちゃん。お願いよ!」

「お母さん、いつからご存じだったんですか?」
「病院でね。黙っておくつもりだったのにごめんね」

琴ちゃん、聡子母ちゃんが言った言葉とか、奈々ちゃんのこととか思って今の自分が幸せなんだと考えてるのかな?
落ち込んでるけど、優しい啓太が傍にいて、本当にいい旦那さんじゃない。

亮太はお母さんの声をずっと聴いてるんだ。きっと、この後に事故にあったんだろうね。だからスマホを置こうとしたちひろに対してもあんな態度と口調になったのかな?亮太も自分がいなかったらお母さんがこんな事故に遭わなかったのかもとか思ってるのかも。

帰ってきたら、家にサンドバックが置いてあるよ(笑)
大器は会社の倉庫から持って帰ってきた。ストレス発散に良いんじゃないかって。

070_2018022716193677f.jpg


「駄目だったあ!」
「えっ?」
「…人工授精、また駄目だった…」
「…そうか」
「…いつか必ず、授かれるなら、いくらでも努力するし、いくらでも頑張れるんだけどなぁ。まるで、終わりの見えない迷路だよね…お風呂入ってくるね」

大器にはどうすることもできないものね。サンドバックを一撃。で、スマホで何か見てる?メール?
そして、外回りの帰り、どこに行くの大器?ん?ここは…誰?この女性!!!!!
この思わせぶりな最後を何とかしてくださーーーーーい!

ということで、来週はさらに波乱な展開になってるみたい。
しかし、気になるあの女性は何者?大器のことだから、浮気を思わせておいて実は、同じように妊活経験者の女性などが部屋の中に他にもいて色々経験段など聞いているのかもと思いたい!(うまく子供が授かった人や、途中で妊活を辞めた人とか色々な人たち)またはカウンセリングとか?それに、お金大丈夫なのかしら?五十嵐家の家計が心配だったりもする今日この頃なのです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .