FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
隣の家族は青く見える 第7話
2018.3.1放送




区役所を訪れた奈々(深田恭子)は、真一郎(野間口徹)と出会う。そこで奈々は、彼がボランティア塾講師の仕事を始めたことを知る。

家計が苦しくなった深雪(真飛聖)は実家に母親の百合恵(多岐川裕美)の元に金の無心に行く。
その帰り道、深雪は、大器(松山ケンイチ)が女性の住むマンションに入っていくところを目撃し、大器が浮気をしているのではと、奈々に話してしまう……。

奈々と大器、初めての大ケンカ。一方、ちひろ(高橋メアリージュン)は、亮太(和田庵)をめぐって亮司(平山浩行)と口論になってしまう。そして、小宮山家でも夫婦のバトルが繰り広げられ……。部屋を飛び出した男3人が向かった先で、女vs男の本音がぶつかり合う!!!
.
渉(眞島秀和)にふさわしい男になると決意した朔(北村匠海)は、高卒認定試験に向けてこっそり勉強を続けていた。そんなある日、渉を訪ねて母親のふみ(田島令子)がやってくる。突然、コーポラティブハウスを訪ねてきた、ふみを朔は、仕事で外出中の渉に代わって彼女を部屋に迎え入れた。ふたりが同棲していることをバレないようにする朔だったが……。

それぞれの家族の問題が爆発して、大波乱の展開へ!!!


遊園地デートでストレス発散中の五十嵐夫妻。これは大器の提案だなきっと。
どんな時でも、全力で奈々を嫌なことから忘れさせてあげたいと、全力で楽しませようと頑張る大器なのです。
大器くじで1等当たってデカい白くまゲット。

006_201803080935144e0.jpg


そして昼食にビール。戸惑う奈々に「リセットしたら気持ちも1回リセットするって約束でしょ」と、とにかく奈々のことを思う大器。そしていつもの「乾杯!」今日の大器はとことん、奈々に妊活のことを忘れさせて楽しもうという計画なんだね。
「こういうところ子供がいれば来たんだろうけどね」ああ、地雷踏んでしまった大器…
奈々は気にしなくて言ってるんだけど、大器すごく気にしてるみたい。ふと、周囲を見渡しても家族連れが多い。
普段だったら子供が好きな大器が、凄く暗い表情になってる。まだ食事も終わってないのに、この状況をいまは自分も見たくないし、奈々にも見せたくないからか、そそくさと立ち去ろうとするので奈々ちゃんが慌てちゃってる。

クリニックでは、先生から人工授精から体外受精へのステップアップを進められる奈々。
体外受精を受ける人には説明会の参加を促してるのか。どこでもそうなのかな?
その後、区役所にやってきた奈々。おっ、不妊治療の助成金の申請をするんだ。助成金出るといいよね。

真一郎ボさん、ボランティアの仕事充実してるみたい?評判良いみたいですね。
そこで、バッタリ奈々と会ってしまった。中学生にボランティアで勉強教えているんだと言っちゃいました。
そして、ついに・・・以前五十嵐家で話した同僚とは実は自分のことだと言っちゃった。
職探ししたけど、やりたい事が見つからず、ようやく見つけたのがボランティア教師。
「でも、深雪が知ったら、ことですけどね。彼女が求めているのはやりがいを持って働いてい夫なんかじゃなくて、大金を稼いで来る夫ですから」
「話してみないとわからないんじゃないですか?」
「いやぁ…わかります。結婚した当初は、同じ未来を見てたはずなんですけどねぇ~」

今日のテーマはこれかな?おなじ目的を見ていたはずなのに少しずつ何かが変わっていくという感じ…

そして深雪さん、怖い顔して通帳見てるよ…って、残金96000円って!!!!これこの前と同じ通帳?
こんなん心荒むよぉ~。かなり追い込まれているよ。真一郎の定期を切り崩すのか?
どうやら自分の実家でお金を借りようとやってきたいみたいだけど、いつもの雰囲気とは違うね深雪さん。
話を切り出そうとしたら、お母さんが、海外赴任してる息子?の話を始めたよ。
深雪にとってはこんな話は自分がみじめで出来の悪い娘だと言われていると思ってるんだろうかね。
お兄さんは同じ海外勤務でもアメリカとか華々しい感じがするけど、深雪の旦那は東南アジアって小馬鹿にしてるのか?
実は真一郎が会社辞めたこと言えずにいる深雪。一流企業に勤めてるならお金の心配は無いでしょうとトドメを刺された。
これじゃお金かりられないな。無理無理…

「優香ちゃん受かるといいわね。あなたは受験に失敗したところから、人生狂ってしまったから。それで今日は?急に訪ねてきて」

どうもこのお母さんが今の深雪を形成してるんだな。そして執拗に優香に私立中学に入れようとこだわるのも、結局お母さんに認めてもらいたいという気持ちからなんだろうね。もしこれで優香が私立(名門が大事)に落ちたら「やっぱりあなただと無理だったのよ」みたいなこと言われちゃうんだろうね。お兄さんの子供たちとも比べられてるんだろうな。この呪縛から解き放たれないと深雪は報われないね。

014_20180308093856acb.jpg


結局、お金も借られず、慣れないパンプスで足は痛いわ踏んだり蹴ったりの帰る途中、大器があのマンションに入っていくのを置く激しちゃった。やばい…女性に招き入れられてはいるとこともしっかり見られて。一番見られたらアカンやつに見られたなぁ・・・これは良いネタつかんだとばかりに、先ほどの落ち込みはどこへやらルンルンスキップで帰っていったぞ。

奈々は、仕事シフトと体外受精のスケジュール表を見てため息。先日店長に言われたことがかなりこたえてるね。今のままだと、仕事の方も厳しいだろうね、かといって辞めると収入なくなるから治療費捻出できずに終わりだしなぁ…

そこへ深雪がまたもお菓子のお裾分けという名目でやってきたぞ。
そして、早速、大器が浮気してるんじゃないかと奈々に話とる。
でも、意外と奈々はおもちゃのデザイナーとか仕事関係じゃないかってうろたえたりしない深雪残念。しかし

「でもね、浮気って、妊娠中とか、子育て中とか、妻が大変な時に限ってするって、聞くじゃない」
「そうなんですかぁ~」
「うん。そうらしいから、妊活中も気を付けた方が良いわよ」

おいおい、煽るなよ~。若干不安になってるジャマイカスルメイカ、深雪の思惑通りのリアクションしちゃ、奈々ちゃん、だめよ~ダメダメ。そして言いたいことだけ言って帰っちゃった。
職場での大器も、どよ~んとしてる。おもちゃに視線が行ってない上の空で、亀もすれ違い…今の奈々と大器もすれ違っちゃってるのかなあぁ…

おっ、先日の三箇条が早速額縁に入れて飾られてるよ。そして、朔はわたるんがいない間に勉強中。っとそこへ、わたるんが帰ってき。そそくさと勉強道具を隠しております。でも、1人で勉強って難しくないかい?朔ちゃんの学習能力がどの程度かわからないので何とも言えないけど。

わたるん、仕事上手くいって上機嫌。独立して不安だったけど、お客さんが喜んでくれると自信になるって。
そんな嬉しそうなわたるんに朔は自分もわたるんにふさわしい男になると。
朔は今の間までいいと言われ、朔としては不本意。朔は朔なりにわたるんの役に立ちたいんだよね。

「そういうのやめてよ。俺、ペットじゃないし、ヒモになる気もないし。そりゃ、最初は、バイトもクビになって、家賃も払えなくなって、どうしようもなく転がり込んで来たよ。でも、わたるんに面倒見てもらおうと思ってないし、好きだから、一緒に居たいからきてんだし、今はおんぶに抱っこだけど、俺も勉強して就職もして、何年かかるかわからないけど、いつかわかるんと対等に付き合いたいと思ってるんだ」

留美さんの言葉と朔の言葉で、今までそうやって生きてきていたのかもしれないことはうかがい知れます。最初はわたるんに対しても過去の男性たちのようなことをしようと思ったかもしれないけれど、きっと今まで策と付き合った人たちとは違ったんだろうね。それが朔を買えたんだろうね。わたるんは、優しすぎてちょっと難しいけど、朔がいる今が幸せだと、結局ラブラブなのです。

優香は下校しようとしたが、忘れ物をとりに教室へ。亮太がスマホが見当たらないと探してる。仕方ないので一緒に探すことに。理教室になる問うことで理科の授業があったということで理科室に行ったら、無事見つかりました。亮太珍しく、メチャ喜んでる。そして、一緒に帰宅。ダンスをしてることは深雪には内緒にしていてとお願いする優香。亮太も優香のダンスカッコいいって。そこへ深雪が声をかける。深雪が怖い…

大器は自宅で仕事してるけど、なんだか表情は険しい。「こどもが笑えば、おとなも笑う」でも、今の大器は笑えない。
奈々はそろそろ体外受精に移りたいと淡々と話をしてるけど、大器、もうやめないかって。

「あとは自然に任せよう」
「なんで?ここまで頑張って来たのに。体外受精にトライしないで辞めちゃうの?」
「もう、十分頑張ったって。体外受精って人工授精よりも奈々に負担かかんじゃん。肉体的にも精神的にも追い込まれるのは目に見えてるよ」
「そんなの平気だよ。とっくに覚悟は出来てる」
「俺は、平気じゃない!覚悟も出来てない。」
「なんで大ちゃんって、いつもそうなの?子どもが好きって嘘?子どもが欲しいっていうのも嘘?」
「嘘じゃないよ」
「じゃあ、なんでステップアップするたびに色々理由を付けて反対するの?わたしもう、反対されるの嫌なんだけど」
「おれだって嫌だよ!辛そうにしてる奈々を見るのも嫌だし、辛いの我慢してる奈々を見て見ぬふりしてるのも嫌なんだよ!」
「…だから浮気してるの?」


035_201803080943031ae.jpg


「えっ⁉う・う・浮気?俺が⁉何俺?マジで言ってんの?ちょっと待ってよ。浮気なんてするわけないでしょう。ねぇ、奈々。こんなけんかをすんのも不妊治療のせいだよ。口開いたら治療の話ばっかりさ、毎月排卵に合わせて体調管理に気ぃ配っって、お互い余裕ないから、気持ちの入ったセックスなんてもうずっとしてないよ。生理予定日の前後も会話なくなって、リセットした後はお互い平気なフリして次のスケジュールの予定淡々と組んでさ。これで本当に夫婦って言えんの⁉」
「何言ってんの?夫婦だからやってこれたんじゃない。夫婦じゃなかったら、ここまで頑張れてないよ。とっくの昔に諦めてたよ」

大器の方がかなり心の余裕がなくなってきてるよね。目もうつろだし…奈々の気持ちも大器の気持ちもわかるよね。

ちひろんところは、亮太の籍問題。亮太がまだ母親の姓のままがいいと言われて転籍に躊躇してる亮司にちひろはイライラ。
二の足踏む亮司に
「何でそんなに臆病なの?」
「臆病?」
「うん。姓が変わったからって、お母さんの思い出が消えちゃうわけじゃないんだよ。いつか名古屋のお祖母ちゃんが亡くなったら、どうせ転籍しなきゃならないんだよ」

あくまでも、亮司は亮太を子供としてみてないけど、ちひろは亮太のことを1人の人間としてみて亮司に意見してるよね。
亮司にしてもわかっているんだろうけど、亮太に対して負い目みたいなものを感じているのか、結局言葉でよりもきっかけづくりのために手っ取り早く、彼が好きそうなものを買い与えてコミュニケーションを図ろうとしてるんだろうけど、それもどうかな?だよね。真意を疲れた亮司はおもわず

「これは俺と亮司の問題だ!俺たち家族のことに口出さないでくれ!」

あちゃー、亮司アウト!絶対に言っちゃいけないこと言った、それはダメ、言ってはダメ。
つい口が滑ったなんて言われてダメです。思っていても口に出しちゃダメ。

小宮山家では、就職先を不動産会社に伝えないといけないから必要書類に書いてと深雪に言われる真一郎。機嫌が良い深雪に意を決した真一郎。

うぉっ、ボランティアだと言った。やりがいがあるって。何眠たいこと言っとんねんって感じで深雪は笑うけど、真一郎は本気。
さぁ、怖いぞ!深雪は、優香の塾のお金や、ローンなど生活はどうするんだと。
退職金の残りで何とかといわれてももう無いよ。真一郎は後悔したくないし、ボランティア以外にも仕事は別に持つと言ってるけど、なかなか難しそうだよね。って、お金貰える塾の講師とかのあてはないの?深雪いいたい放題。
真一郎に勝手すぎると言うけど、深雪さん、あんたも同じだと思うけどね。あくまでも自分が働くという考えはないのかしら?というかそもそも、無理なのかなぁ?

そして、それぞれの男連中(わたさく以外)は家を出ちゃった。玄関で鉢合わせ、そのまま流れで昼から飲みに行こうだって。

本日は真一郎さんがシャッター押したけどポジションに戻れなかった(笑)

奈々は共有スペースに。朔は勉強中・・・
何でも話せる2人。今、わたるんの役に立ちたいから高卒認定の試験のために猛勉強中だと。奈々ちゃんに勉強教えてもらおうと思ってるみたいけど、自分は無理だけど家庭教師のあてはあると奈々。多分、真一郎さんだよね(笑)そこへちひろも合流ということで、いつもの女子会が始まりました。

皆、それぞれを褒め称えてる。
ちひろは慣れない子供との生活に疲れてる(笑)そして深雪は子供2人もいるのに綺麗にしててすごいなぁと。でもあくまでもちひろはお母さんじゃないと。

奈々はなんでそんなに子供が欲しいのかと聞かれ、
「う~ん、なんでだろうなぁ。自分でも何でこんなに欲しいのわからない。ただ、子どもがいない未来は考えられなかったんだよね」
「幸せな子ども時代だったんだね、奈々ちゃんは」
「えっ⁉」
「そうだね。羨ましい」
「羨ましい…」
「みんながみんな、子ども時代が幸せだと限らないからね」

ちひろも、子供時代にいろんなことがあったのかもしれないね。確かに子供を作らないということもいろんな思いと決断とかありますからね。そこに深雪がやってきて一気に緊迫ムード。

藪から棒に何を言うかと思ったら、ちひろに向かって、優香の成績が落ちたのは亮太のせいだと言いがかり。このままだと受験に影響が出るから優香にはかかわらないでと釘を刺しますけど、ちひろにしたら聞き捨てならないよね。一方的なことばかり言われてさ。

「うちの亮太のせいで、お宅の娘さんの成績が下がったっていう証拠があんのか聞いてんのよ!」

始まった。バトルが。朔はすっかり楽しんでる。奈々は朔に助けを求めてるけどダメだね。もっとやれやれ~って感じですから。
でもそんな、深雪とちひろのやり取りを見てる亮太。ちひろが「うちの亮太」と言いながら、自分を信じてくれていることを時間してるって感じで嬉しそうな表情をしてるように見えますよね。

一方の男子会は、「いがらし」で飲んでるのかい!そして飲んでるお酒のラベルは「やって野郎」って(笑)
開店前だけど、聡子母ちゃん「たまには愚痴の一つも言いいたい時もありますよね」と上に言ってると言いながら、絶対聞いてるよね、耳ダンボにして(笑)

0100.jpg 


良いお母さんだと亮司の言葉に、大器ったら外面だけは良いから話がそちら方向へ…

「外面を語らせたら、うちの嫁の右に出る者はいませんよ。嫁がね、インスタやってんですよ。まぁ~いかにも幸せって写真載せてますけど、全部嘘ですから。本当に幸せならいいですよ、とことん自慢したらいいですよ。幸せでもないのに、幸せぶってどうすんだって話ですよ。見栄なんか張ったところで虚しいだけじゃないか!」
「わかるなぁ~。うちのも幸せじゃないのに、幸せそうにしてんですよ!絶対イラついてるはずなのに、ぶつけてこないんですよ!むしろ俺に気ぃ使って、ニコニコしてんですよ!俺はそれが嫌なんですよ!」
「五十嵐さんの奥さんは幸せでしょう?」
「いいえ!絶対幸せなんかじゃありません!」

そこ胸張って言われてもねぇ(笑)しかしこの表情最高ですよね~。

「どや顔で断言されても」
「じゃあ幸せなのは川村さんとこだけか…」
「何バカなこと言ってんですか。息子を引き取ったんですよ。ちひろは自分の子どもですら欲しくないって言ってたのに、あろうことか前妻の子ですよ。幸せなわけないじゃないですか…」
「確かに複雑な状況ですよね」
「俺だって、申し訳ないと思ってます。でもね、俺は父親なんですよ。母親が亡くなった以上、あいつを亮太を守ってやれるのは俺しかいないんです。それをちひろは全然わかってないんです!ただでさえ、離婚で辛い思いをさせたのに、母親に死なれ、知らない土地に連れてこられて、亮太のことを考えると不憫で・・(T_T)」

あらら~、亮司泣きだしたよ~。奈々も泣けるといいんだろうなとつぶやく大器に「ああ」と真一郎の妙に納得した言葉が気になる大器。

「えっ、小宮山さんなんか知ってんですか?」
ってまさに大器「やって野郎」な状態ですぞ(笑)
直接は聞いてけど、落ちた本見ちゃってるからね。

034_20180308094642792.jpg


飛躍した大器は「男でもいるんですか⁉」んなわけないでしょうよ(笑)
取っ組み合いになりそうな(と言っても大器が一方的なんだけど)感じを止めたのは聡子母ちゃん。
叱られる大器たち。

「そんなすれ違いがおきるのは、あんたが奈々ちゃんの気持ちに寄り添ってあげてない証拠!」
結局ボコボコに言われ男子会はシュンとしてお開きとなりましたとさ(笑)
聡子母ちゃんの「ガルルル~ゥ」最高です。

朔が焼き芋買って家路に向かってると、わたるんのお母さんに声をかけられる。
でも今、わたるんは現場に行って留守だと言うと、家で待つと言われ、焦る朔。部屋の中の愛の痕跡を消そうとするけど、あの三箇条を見られてしまった(>_<)OMG!

ばれた・・・そこへわたるんがこちらも焼きいも持参で帰宅。お母さんがいて驚くわたるん。お母さんは自分にわかるように説明しろと言われちゃった。さて、どうする?わたるん。

わたるんは、ゲイだといっちゃった。女性に興味が無いって。
でも見た目も言葉遣いも普通じゃないとお母さんに、ゲイにも色んな人がいるんだと、わたるん。
自分を責めるお母さんに、誰のせいでもないし、ゲイは病気ではないとわたるん。
同性を好きになるなんて普通じゃないとお母さんに、普通って何なんだろうとわたるん。
きっとそういう風に言うわれることもわかっていただろうし、そういう風に聞くのも嫌だったんだろうね、わたるん。

そして、自分は今、朔と恋愛関係だと。この先も付き合っていくと迷わず言った。よういった!
年の若い男性と付き合ってことを受け入れられないお母さんは、早く目を覚ましてなんて言ってます。
自分は正気だと。そして、自分の好きな人を否定される事がこんなに悲しいことだと今の今まで知らなかった。カミングアウトしてよかったと。

望んでいたこととはいえ、実際、お母さんとわたるんの悲しい表情を見て朔も今まで経験したことのない親子のやり取りを複雑な思いで見てるね。これもまた自分がいなければとか思ってないか心配です。、出ていくお母さんを引き留めようとする朔に「やめろ。焼き芋食べよう」とわたるん。優しい声を朔に懸けるのを見るとウルウルしてきた。

帰宅した男子会のメンツだけど、あれ?真一郎は寝袋で共有スペースで寝ると。大丈夫か?心配して大器は家で泊まればというんだけど、

「でも、我々の生活はそもそも贅沢すぎるんです。人間は本来、寒さと雨風をしのげる場所さえあれば生きていけるはずなんです」
「寒さも、雨風もしのげないと思うけど…」

0105.jpg



「どうか僕のことは気にせず、あったか~いお家へお帰り下さい。僕はここで寝酒(今度はカップ酒「はみ出し野郎」って。確かにテントから2/3ははみ出してるけど)飲んで寝ますんで」

呆れている2人。
亮司帰宅。ちひろは疲れて寝てます・・・ってフリ。
亮太と一緒に寝る亮司。亮太はちひろと仲直りしないのかって、そして、自分のせいで喧嘩されるのいやだって。
そして、何で自分の母親と離婚したんだと。お母さんがある日、ロンドンで仕事がしたいと言い出して、でも、お父さんは、ロンドンに行くのは無理だと。そうしたら亮太と2人で行くと言い出して喧嘩ばかりになったと。一番考えないといけなかったのは亮太のことなのにお母さんもお父さんも自分のことばかり考えていたと。

「仲直りしたの?」
「ちひろと結婚すると決めた時、久し振りに電話したんだ、お母さんに」
「そしたら?」
「喜んでくれたよ。今度は大事にしなさいよって」
「それがお母さんの遺言なら、守らないとだめじゃん」

良い事言うね亮太。そして、ちひろの方へ行けとばかりに枕を遠ざけるなんぞ大人だね。きっとその前に、昼間のちひろの言葉もあったのかな?ちひろもその言葉を聞いているしね。そしてちひろの隣で寝る亮司。

テントで寝てる真一郎、やっぱり寒そうじゃん(笑)そこへ「みっともないから家で寝て」と迎えに来たよ深雪。

五十嵐家は、大器はソファで寝てる。なかなか寝付けない2人。奈々が大器に声かける。
今日ずっと考えてた。なんでこんなに子供が欲しいのか。考えたところでこれといった理由は無かった。
はじめて会った時、大器に自分の子供を生んでくださいと言われて、嫌な気持ちより暖かい気持ちになって、思えばあの時から始まっていた、大器と家族を作ることを。

068_20180308095305323.jpg


「ねぇ、大ちゃん。まだ辞めたくないよ。だって辞める理由が見つからないもん。まだ登れる山を、理由なく降りることなんてできないよ。今やめたら絶対後悔する。」
「つらくないの?」
「つらいよ。ゴールが見えないし、リセットする度にくじけそうになる。赤ちゃんを見かける度、妊婦さとすれ違う度に、何で私には出来ないの?どうしてうちには来てくれないの?って思っちゃう。でも、まだ諦めたくないよ。我慢できなくなったら言うから。もう辞めたいって。正直に言うから」
「…奈々は強えなぁ~」
「強くなんかないよ」
「…奈々にさ、内緒にしてたことがあるんだ。(何?)実は少し前から、カウンセリングに通っててさ。(カウンセリング?)うん。人工授精の結果が出るたんびに落ち込んで、一人で奈々を支えていく自信がなくてさ。朋也に紹介してもらったカウンセラーの所に通ってたんだ。でもまあ、話聞いてもらうと、一時的には楽になるけど、答えなんか出るわけなくてさ。やっぱりどんなにきつくても逃げないで、ふたりのことはふたりで話し合わないと、ダメなんだよな」

いや、でもそれも大事なことだと思うよ。しかし朋也さんは人脈も広いし、知識も豊富なのに婚活上手くいかないのね(笑)
朋也みたいな部下がいて、大器は良いよ。特にこういう話はカウンセリングで話すのは良いと思う。大事なのは聞くことじゃなくて、一見無駄話のようなことだとしても、話すことで自分自身整理できることもあって、カウンセリングはそういう場だったりしますからね。

奈々は深雪さんか聞いたマンションの女性はカウンセラーだとわかりました。
大器はそんな根も葉もないことを奈々に吹き込んだ人は誰だと憤慨してるけど、深雪さんとは奈々はやっぱり言わないんだね。

「まだ俺の事信じてくれる?」
「当り前じゃない。わたしには大ちゃんしかいないもん」
「俺にだって奈々しかいないよ」

思いっきり奈々を抱きしめる大器。

089_201803080953071d0.jpg


「待って、ちゃんとキスして」
この前、ちひろに言われたもんね~。この時の大器の優しい表情がたまらなくいいよね。

奈々の職場。来月のシフトに関してのミーティング、さて奈々どうする?
「あの、私不妊治療してるんです」言ったよついに。
店長、なんで黙っていたんだと、やっぱいい店長だ。
スタッフは複雑みたいだけどこれで一つ心配なくなったね。

そして、今日は2人で体外受精の説明会に参加してるみたい。


098_20180308095307569.jpg



説明を聞く2人が綺麗。さりげなく奈々の背中に手を置いたり、手を握って説明を真剣に聞く大器と奈々の姿が良い。
さていよいよ・・・

いやぁ、それぞれクライマックスに向けて頑張ってますね。
どうなるのか次回も目が離せないですね。
そしてやっぱ大器はカウンセリングに通っていたのね。あの顔は相当ヤバかったもんね。
さて、コーポラティブハウスのメンバーも来週はいろんな展開が待っていそうだね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .