感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2018.3.2記述
J.SPA!より

007_20180302094156294.jpg


大河ドラマや映画でふんどし姿を披露し、話題になった菅田将暉が、日本ふんどし協会主催のベストフンドシストアワードを受賞しました。凛々しい肉体に白いふんどしに対して「ごちそうさま」なんて声も。

 そこで今回、女子SPA!では、ドラマ・映画などの役柄でふんどしを着用したことがある、または日常生活でふんどし着用経験のある有名人をピックアップし、30代40代女性に「ふんどしが似合う男性」を聞いてみました(※)。さて、女性が選ぶ、ふんどしが似合う芸能人にはどんな人たちがランクインしているでしょうか?

これらの男性は、ふんどし着用経験のある有名人です。その中で特に「ふんどしが似合う」と感じる有名人を下から選んでください(複数回答)


1位 菅田将暉 33.50%
2位 鈴木亮平 33%
3位 松山ケンイチ 23.5%
4位 山田孝之 19%
5位 ダチョウ倶楽部上島竜兵 16%
5位 菅原文太 16%
7位 古田新太 13%
7位 本木雅弘 13%
9位 安田大サーカス団長安田 11%
10位 とにかく明るい安村 9%
10位 東出昌大 9%
10位 大沢たかお 9%


 10位から4位をみてみると俳優に混じって、芸人の姿がちらほら。普段からパンツ一丁になることが多い人たちがランクインしているようです。

 俳優陣をみてみると、ドラマ『JIN―仁―』でふんどし拷問シーンが話題になった大沢たかおが10位にランクイン。2011年のことなので、7年も前のこと! それでも、まだ多くの人の印象に残っているようです。

 もっと昔に披露されたふんどし姿が、今だに多くの人たちの印象に残っている俳優さんも。

 数ある若手イケメンを押しのけて5位にラインクインした故・菅原文太は、映画『トラック野郎』シリーズでふんどし姿を披露。1970年代後半の映画シリーズですが、40年経った今も多くの人の心にふんどし姿が残っているようです。

 本木雅弘は『坂の上の雲』でもふんどしを披露していますが、アラフォー以上の人は1992年に公開された『シコふんじゃった。』でのまわし姿も印象に残っているのかも。

 逆にわりと最近のふんどし姿で10位以内に食い込んできたのは、山田孝之。昨年放送されたスペシャルドラマ『破獄(はごく)』では、なんと-10度の網走でふんどし一丁に。「キレそうでした」とコメントしていまいたが、いやはや、よくご無事でしたね…。

 ちなみに7位の古田新太は、2013年のドラマ『押忍!!ふんどし部!』にふんどし部OBとして出演。見事、ベストフンドシスト賞2013を受賞しています。

 続いて3位から1位を見てみましょう。

◆3位 松山ケンイチ 23.5%

 1月からスタートした『隣の家族は青く見える』。リアルな妊活を描いていると話題になったこちらのドラマの中で、ふんどし姿を披露した松山ケンイチが3位にランクイン。

 以前『カムイ外伝』ではふんどし姿、『珍遊記』では全裸を披露していましたが、今回はだいぶ様相が違いましたね。

 妊娠のため、精子に良かれとふんどしになる松ケンが、Twitterでも話題に。ここまで妊活に協力してくれる旦那様が現実にいたら、ほんと、心強いですよねー!


◆2位 鈴木亮平 33%

 これまで『俺物語!』では推定120キロとされた主人公・剛田猛男を、『HK 変態仮面』では鋼のような筋肉ボディを披露してきた、肉体改造俳優・鈴木亮平。

 今年の大河ドラマ『西郷どん』でもがっちりとしたボディにふんどしという姿を披露し、そのお尻に熱狂する女子が多発! 近年の大河ドラマでは、イケメン男子に注目が集まっていますが、しっかりその流れに乗ったようです。

 最後に気になる1位をチェック!

◆1位 菅田将暉 33.50%

 やはり1位は、ふんどし姿が話題の菅田将暉に。でも鈴木亮平とのポイント見ると、わずかな差! どちらのふんどし姿も多くの女子の印象に残っているようです。

 彼がふんどし姿を初披露したのは、意外にも昨年公開の映画『帝一の國』とのこと。

 出演男子がふんどし姿で和太鼓をたたく姿は、印象的なシーンになっており、映画『帝一の國』はフンドシストアワード2017の作品賞を受賞。このシーンに登場した他のメンバーの当ランキング順位は、野村周平13位(8.5%)、間宮祥太朗17位(7%)、志尊淳25位(3%)、鈴木勝大29位(2%)になりました。

 さらに昨年は大河ドラマ『おんな城主 直虎』にも出演。こちらで披露したふんどし姿も、多くの女心を鷲づかみに。

 ちなみに、3年連続フンドシストアワード受賞で殿堂入りした、いとうせいこうは15位(7.5%)で、勝俣州和と同率という結果になりました。

 きりりと締まった肉体とふんどしの組み合わせは、いつの時代も日本女子の心を「うっとり」させてしまうもの。これからもどんどんドラマや映画で、イケメンのふんどし姿を披露していただきたいものです。

※【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代40代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2018年2月日
有効回答者数:30才から49才 女性200名
<TEXT/山田朝子>


あはは~3位ですかぁ。西郷どんに負けましたか…(比べてる場合じゃないだろう)
時代劇とかではない、現代劇中でワイシャツ姿での下がふんどし姿ですからね斬新です。
ドラマではもういきなり奈々ちゃんが振り向いたらふんどし姿だったけど、ノベライズでは買ってきたふんどしを履き替えて奈々に見せていました(笑)堂々とふんどし姿を見せている大器なのでエロ要素はありませんがカムイの時とはまた違って(あちらは結構ドキドキしましたが)キュートでしたよね。

皆のインパクトと支持があってよかったですわ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .