FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
隣の家族は青く見える 第8話
2018.3.8放送

002_2018030810014332a.jpg

奈々(深田恭子)と大器(松山ケンイチ)は、大器の実家が営む焼き鳥店『いがらし』を訪れる。その際、琴音(伊藤沙莉)は、娘の真奈を保育園に入れて職場復帰するつもりだと奈々たちに話した。すると聡子(高畑淳子)は、まだ早過ぎると怒り出し、琴音と大ゲンカになってしまう。

帰宅した奈々と大器は、浮気騒動の前のように仲睦まじい関係を取り戻していた。

朔(北村匠海)は、真一郎(野間口徹)がボランティアで講師を務めている塾で、中学生に交じって勉強を始める。

渉(眞島秀和)は、母親のふみ(田島令子)にゲイであることをカミングアウトしたものの理解されず、それ以降、ふみからの電話を無視し続けていた。朔は、そんな渉のことが心配でならない。
.
一方、ちひろ(高橋メアリ-ジュン)は、亮司(平山浩行)の息子・亮太(和田庵)が、もうすぐ誕生日だと知り、亮太の為にケーキを作ることを決意する。料理が苦手なちひろは、奈々にケーキ作りを手伝ってもらうように頼む。

そんな中、片岡医師(伊藤かずえ)のクリニックを訪れた奈々は……。


ひとまず、奈々と大器の仲は元通りということで、今日はいがらしで家族と食事。どうやら琴ちゃんは真奈ちゃんが1歳になったら職場復帰するらしい。その準備のためにミルクも混合に切り替えているみたいで、聡子母ちゃんは大反対。そもそも、啓太といがらしを継ぐはずなのにと健作父ちゃんビックリだけど、将来的には考えているけど今は、4人みんながいがらしで仕事するよりも、外からの経済的にも良いんじゃないかと琴音。そうなると当然、真奈ちゃんは保育園に預けることになるからね。母と娘のバトルがはじまり、男性陣は楚々とその場から遠いところで固まりながら飲食しております(笑)しかしどっちにもつけない奈々ちゃんポツネンと可哀相だよぉ。

012_201803131429426d9.jpg


そんなこんなで、帰宅。大器がふとテーブルみるとそこにペン型の注射器発見で慌てふためいております。しかし驚きながらもズボンを脱ぐ様子って、マジ普通だよね(笑)なかなかほかのドラマでここまで普通に帰宅してすぐ服脱ぐ人いないもんね(洋服を着替えるために)そして、気になったのは下着だよねぇ~。果たしてふんどしか変わったか…やはりふんどし着用してるね。どうやら本当はふんどしを付けるとか書いてなかったみたいだけど、ケンちゃんが、5話の後も大器は精子を守るためにふんどしを履き続けているという風にしたかったと。ナイスです(笑)

これは、排卵誘発のためのものらしく、病院でもしてくれるけど、自家注射でもいいみたいで、奈々は自家注射を選択したみたいね。病院だと毎日注射に通わないといけないもんね。ペンタイプは痛くないからというけど、ビビる大器にペン(注射)しようとする奈々。

「だけどこれ1本、約3回分で27500円」
「高いぃ~よぉ~」
「卵が育たなかったら、追加だからねぇ。体外受精1回30万でしょ」
「がんばりますぅ…」
「頼りにしてます」

そして打とうとするんだけど

「失敗したらダメだから、笑わせないでね」
「んなことするかい!」

笑わさないでと言われても大器の顔が笑わせる。

「笑わせてるじゃない」
「どこが!」
「あっちでしてくる」
「だめだめ!俺も見る!見るべきだ!」
「じゃあ、笑わせないでよ」
「わかった」

026_20180313142944253.jpg


と言いながらも大器が痛そうじゃない(笑)1型の糖尿病の人はこのペンタイプの注射を使っていますけどね。
そして、奈々のお腹に向かって「卵、大きくなれぇ~」って、お願い?暗示?というよりも、どう見ても、なんだか呪いみたいになってるぞ。

「大ちゃん、もういいから服着て。風邪引くよ」
「はい」

そうだよ、結局下半身ふんどし一丁だよ(笑)
体外受精の予定のため、シフトについて店長と相談。暫くは実技は外れて学科の方をお願いされる。「妊活に冷えはよくない。早くママになってよ」って店長やたら詳しいし、サポートしてくれるね。

真一郎さん、朔もやっぱここで勉強してるんだね。結構いい感じに進んでいるみたいじゃない?
すると、ほかの塾生に年齢を聞かれる朔ちゃん、21歳と言うと(頑張るるのが遅くねぇ」とからかわれるけど、そこは真一郎が人生何をするのも遅いということはないんだと、フォローしてくれました。思わず真一郎に拍手する朔。

女子会ではちひろが苦手な料理にチャレンジしてるみたい。作ったハンバーグが評判良かったから3日続けて作ったとか微笑ましいね。そして偶然、亮太がもうすぐ誕生日ということがわかってサプライズでケーキを手作りしたいって。奈々も全力で手伝うって。

そこへ優香と亮太が帰宅。スマホの一件から結構仲良くしてるみたいね。他の人には言えない事でも同級生だし同じコーポラティブハウスの住民同士だしね良い事だよね。
優香、ダンスがしたいけどお母さんが許さないと言うけど、亮太は自分の人生は自分が決めることだろうと。死んだ母のことをはなす。

「ずっと考えてんだ。お母さんはやりたいことやって死んだのかなって」
これはかなり優香の背中を押したかも?

帰宅して、優香は深雪に、受験を辞めたいという。自分は公立中学に行きたいと。猛烈に反対する深雪に、優香は私立は行きたくない、ダンスがしたいと言っちゃった。でも深雪は、今辞めたら今までのことが無駄になる。ダンスなんかして何の役に立つのと。
優香ちゃん頑張っ言った。思わず外に飛び出した優香を追いかける深雪。

「これは私の人生だよ!ママの人生じゃない!ママの言う通りにして後悔するのは嫌なの!」

娘にまで旦那と同じこと言われちゃったよ深雪。

「生意気言うんじゃないの!」と思わず手を挙げた深雪の手を取るちひろ。

「子供をストレスのはけ口にしないで」と。きっとちひろも子供の頃、辛い目に遭ったんだろうね。

一方、わたさくは、ラブラブムード。でもあれからどうやらお母さんからの電話を無視してるみたいね、わたるん。
朔はもう1度話し合った方が良いというけど、これ以上傷つきたくないとわたるん。めずらしく、朔にちょっかいかけてるよ。なんかかわいいね~2人とも(笑)

041_2018031314350426d.jpg


大器、考え事。朋也心配してるけど、治療のことじゃなくて、アウトレットモールの仕事を自分がしてもいいのかなと。
「妊活始めるまでは、独身者も既婚者も、子どもがいる家族もいない加須kも皆共存出来ると思ってた。大人のメインの店に、子ども連れてくる人がいてもそんな目くじら立てないで良いじゃんって思ってた。でも今は、子連れがメインターゲットの施設に奈々を連れていく自信ないんだよ。俺がしてきたことは、ただの綺麗事だったのかもしれねぇなぁ」

う~ん、大器も大変だね。妊活を通して何気なかったことに罪悪感を感じ始めちゃったのかな。
色んな考え方があるからそれをうまく仕事に行かせていけると最高なんだけどね。

奈々の職場もやはり若いスタッフ同士が、仕事のことで迷惑だと話していまsね。
「妊娠とか、不妊とか、文句言うとこっちが悪者みたいになるしさ」
「子供関係のことってさ、配慮されて当然みたいな空気あるよね」
「子供作るのも、欲しいのも勝手だけど…」
087.jpg


うわっ!店長がダッシュで彼女たちの所へやってきたよ。
「お前らさ、ちょっと想像力足りないよ。お前らだって、いつ妊娠したり、不妊治療したりすることになる、かわかんないんだぞ。今、その立場じゃないからって、同僚のフォローしてやるくらいの気持ちの余裕もてなのかよ」

そうか、実は店長も不妊治療で子供を授かった経験者だったんだ。24歳から8年かかったって。
そうだよね。今の彼女たちからしてみたら、妊娠したり不妊治療したりされると、自分たちに仕事の負担が増えることばかり考えちゃうからそれはそれでしんどいだろうけど、人間まさにいつどうなるかわからないわけで、妊娠や不妊だけじゃなくて、事故に遭ったり、怪我したり、病気したりと、今みたいに自由でいられる保証なんてどこにもない。そういう想像力がないのは残念でしかない。

「人生にはさ、周りの協力ないと出来ない事ってあるだよ。だから協力してやってよ。頼むよ」

でもこの店長の元で仕事をしたら、彼女たちが結婚して妊娠や不妊治療をすることになっても絶対協力してくれるだろうね。その時までわからないのかもしれないけど。

クリニックで奈々は卵胞の発育状況を調べてもらっています。検査の結果は順調みたいです。2日後に採卵することになりました。
やはり、大器は仕事抜けられないみたいですね。奈々は1人でも大丈夫だというけど、大器は心配でならないみたです。
だからって最終的に朔ちゃんに付き添ってもらおうかなんて、そりゃ安心かもしれないけどさぁ(笑)

そして、ちひろの家に、なぜか深雪が。ケーキ作りは、やはり深雪の方がうまいから、先日の話もあるし、ということで奈々が声かけたみたい。大丈夫か?まぁ、それはそれだね。

深雪も意外にサバサバしてて、それぞれにテキパキと支持しております。
なんか楽しそうな深雪さん。今までで一番イキイキしてるような気がするなぁ。
ちひろ、ネイリストなのに意外と不器用?(笑)
もう、ちひろも奈々も深雪の手際の良さに見惚れて「プロのパティシエみたい」って。
「本気にしちゃうから」
「本気です」

088_20180313144445190.jpg


思わず、手が止まる深雪
「病気よね。あんまり褒められた経験がないから、褒められたら疑っちゃうのよ。兄に比べて私は、出来が悪くて。両親の期待に全く応えられない子供だったの。小学受験にも、中学受験にも失敗して、褒められた記憶もない。でもね、子どもが出来たとき、初めて喜んでくれて、ようやく、両親に認めてもらえたって思った。子どもは私にとっては、両親と私を繋いでくれた、魔法の架け橋みたいな存在で。だから、つい、人にも子ども作れ作れって、勧めてしまうのよ。子どもたちがいなかったら、私は、今以上に空っぽだったから」

やっぱりそういうことだったのね。でも今までそんなことはなせる人すらいなかったのかもしれないだけに、良かったのかもしれね。はにかみながら話す深雪さんは心で泣いているに見えました。

何で?そんなに媚びる必要ないじゃないってちひろ。毒親なんて自分から縁を切ればいいって。
自分は切ったって。ちひろも母親に毎晩殴られていたって。だから子供を作らないことを選んだと。

「じゃあ、子供を作らないって理由は、子供が嫌いだからじゃなかったんだね」
「あたしみたいな育て方された人間が、良い母親になれるわけないから。産んだはいいけど、愛してあげられませんでしたじゃ、子供が可哀相だしね。(亮太との関係について)お互い、他人って意識してるから、なんとかなってるだと思う。でも、母親を失ったという意味では、同じだから。だからあの子がSOSを出した時には、傍にいてあげたいなと思ってる」
「それで十分だと思う」
「十分過ぎよ…ちなみにその薄力粉も入れ過ぎね」

(>_<)アチャー!
女性陣も少しそれぞれのことがわかって良い感じ。今日は深雪がシャッター押しました。って取り合えず大人全員押したよ?
あと2回どうなるの?子供たちがそれぞれ押すのかしら?それも楽しみだね。

さて、奈々の採卵が始まった。不安だよねやっぱ。培養士の方がやってきて、たまごが5個取れましたと。そして受精。上手く行くといいよね。明日、再度確認のため来院ということだけど診察室から出るとそこに、聡子母ちゃんが来てくれた。大器が頼んでくれたみたいね。戸惑いながらも、なんだかホッとした表情の奈々ちゃん。

聡子母ちゃん、大はりきりです。帰宅後も奈々にゆっくりしてもらうために、あくまでも動かさないように努めようと持参のお菓子とお茶でのんびり。ちなみに前回はザクロ茶、今回はコーン茶(笑)

090_2018031314555243e.jpg



「奈々ちゃん、もうちょっと甘えてよ。今がそんな時代じゃないってことはよくわかってんのよ。だけど、私は奈々ちゃんのことも、啓ちゃん(琴ちゃんの旦那さん)のことも、本当の家族と思ってるから。家族ってさ、もっと言いたいこと言ったり、甘えたりしていい存在だと思うのよ。折角近くにいるんだし、もうちょっと甘えてよ。だめ?」
「ありがとうございます。今日、本当は1人で心細かったんで、お義母さんが待っててくれて、すごく嬉しかったんです。これからもう少し、甘えたり、思ったこと言ったりしますね。じゃあ早速なんですけど、お義母さんの下にあるシャツなんですけど、アイロンかけたばっかりなので、横に置いてもらってもいいですか?」

あはは~なんじゃそりゃ(笑)でもさすが大器のお母ちゃんだ。でその後、琴ちゃんとは口きいてないって。かなり怒っております(笑)

そしてクリニックへ。とりあえず順調みたいで、5個のうち、2個の卵子が受精したみたいです。ここから良い卵が育ったら子宮に胚移植しましょうと。早速、大器に報告。嬉しそうな大器久し振りだわ。

亮司とちひろ。ちひろは亮司に明日早く帰ってきてねと。
そして翌日、最後の仕上げも完成しちひろ大満足。そこへ、亮太が帰宅。まずはクラッカーでおめでとう。戸惑う亮太に、作ったケーキを見せると、亮太思わずひっくり返した。あまりの理不尽さに思わず怒るちひろ。
人の善意を無駄にすることに腹を立てるちひろに、めでたくなんかない。実は今日は亮太の誕生日でもあるけど、お母さんの命日でもあったらしい。それを聞いてショックを受けるちひと。

出ていく亮太を追いかけて、全力で謝るちひろ。ちょうど亮司も帰ってきたけど、事の次第がわからないのでボーゼン。

「要らないって言ったんだ。いつも忙しくて、僕の誕生日も、仕事で一緒に居られないっていうから。お母さんなんか…別に要らないって言っちゃったんだ。でも、もう謝れない。お母さんのこと、傷つけたのに…」
「…大丈夫。お母さんはそんなこと気にしてない」
「なんでわかんだよ!ちひろにお母さんの気持ちなんかわかるわけないじゃん!」
「わかるよ!亮太のお父さんとお母さんはね、2にんとも、亮太と暮らしたくて、何年も親の権利を争ったんだよ!それぐらい、2人とも亮太のことを愛してた。そうやって、やっと亮太と暮らす権利を手に入れたお母さんが、寂しさの裏返しで言った言葉を本気にするわけないじゃんか!…悔しかったと思うよ。亮太を残して死ぬのは…無念だったと思う…最後の最期まで亮太の事、心配で、心配で仕方なかったと思う」

良かったね亮太くん。お母さんの気持ち、そして自分の気持ちをちゃんと理解してくれる人がいてくれて。素敵な人だよねちひろ。良い家族になるよ絶対。

そして五十嵐家。いよいよ明日は移植当日。大器お落ち着きないね。
「ドキドキすんな」
「うん。今日は早めに寝ることにするね」
「俺もそうするわ」
「お母さんもそうするわ」


057_20180313145736269.jpg


って!コントか~い!(笑)思わず大器じゃなくても突っ込むわ。
大器の家に聡子母ちゃん明日のこともあって、お泊りするみたい。でも大器としては近所に住んでるのに何で泊まるかとブツブツ(笑)そんなやり取りの中でも、奈々のちょっとした体調の変化にも気遣う聡子母ちゃん。誘発剤の影響でお腹がはってるみたいだって。ほらぁ~、また大器が不安そうな顔してる。

「なんていい子なんだろう…それに比べて!」
「なんだよ」
「大器じゃない!琴音のことよ!」

奈々、琴ちゃんと話をしたみたい。
琴ちゃんは琴ちゃんなりに考えているんだよね。健作父ちゃんと聡子母ちゃんに怒られることは承知で。いつも働いて子供の相手をしてあげられなかったと聡子母ちゃんが自分たちに負い目を感じてること。でも琴ちゃんにしたら、そんな両親を見て育って、楽しく好きな仕事をしてる姿が誇らしかったり、尊敬したりしていたから、自分もそうしたいんだって。

聡子母ちゃん、涙涙。さりげなくティッシュを渡す大器(笑)だけど、今日もやっぱりひたすら、全力で食べてる大器(笑)
奈々も色々考えることがあったと。いろんなことを理解出来たら理想だけどなかなかそうもいかないんだよね。

「専業主婦の子がいい子に育つ訳でもければ、働いている家の子が、愛情不足で育つ訳でもないもんね」
真奈ちゃんの面倒は聡子母ちゃんと啓ちゃん(なんでやねん!)が見るからって。まぁ、背たろうてお店出ればいいじゃん。

「事情が変わったり、立場が変わったりしたら、言うことややることが変わるのは当然なのよ」
「えっ⁉」
「そうですよね。私も最近、職場で同じようなことを思ったんです。もし、自分にすんなり赤ちゃんが出来ていたら、不妊治療してる人の気持ちを理解できたかなって」
「自分と違う立場の人の人や、違う事情を抱えた人のことも理解して、思いやることが出来たら、理想的だけど、実際は自分がその立場になってみたり、事情聴いたりしてみないと、わからないことだらけよねぇ」
「…そうだなぁ…そうだよな」

きっと、この前のモールの仕事のこと考えてんだろうね。

深雪も色々考えてるんだろうね。真一郎は定期の通帳を探すけど解約されてて深雪に尋ねる。通帳を見るけど残高が残り少ない。家の家計の事情を聞く真一郎。

一方的に攻められる深雪
「受験辞めてダンスするって…あなたと同じ。人生後悔したくないのは誰だってそうよ!私はずっと後悔の連続だった。だから同じ後悔を娘にはさせたくなくて、必死で勉強させてきた。この家だって、あなたが家族のために頑張ってくれてると思ってたから、必死で守ってきた。あなたがあなたの人生を謳歌するのは自由よ。でも、私の人生は…私の人生は一体どこにあるのよ」

真一郎はすまないと。そして知り合いから塾の講師と事務仕事をすることになったから最低限の収入は確保できるみたい。ホッとする深雪だけど、真一郎さん離婚しようって!!!!なんでそうなる?真一郎が子供を引き取るから深雪は自分のやりたいことをしていいと。さてどうする?どうなる?でも、深雪が子供引き取るのは厳しいよね。いや、そういう問題じゃないだろう。

朔ちゃんも受験当日なのね。どうするの?わたるんに言うの?というか、わたるんは全部お見通しだった(笑)朝食は、かつ丼。お守りまで準備してくれてて、やっぱラブラブ~♪いいパートナーだよね。

いよいよ、奈々も胚移植。大器も気が気でない。仕事に集中できないし、聡子母ちゃんも神頼み、入れ違いでわたるんも朔の受験が無事終わるようにお願いに。その後ろで聡子母ちゃん、さらにお参りしてる(笑)
朔ちゃんがんばれ!

亮司と亮太は仲良くゲーム中、ちひろ、すごい!ケーキ作り直した。そして亮太の感想も「うまい」だって、よかったよね。また一つ、家族になっていくように見えますよ。

真一郎も変わらず、子供たちに勉強を教えてる、確かに活き活きしてて楽しそう。でも家族の事は気にしてるんだけどね。
買い物から帰った深雪、うそっ!離婚届が…ダメだよこれは絶対。深雪が心配だ。

奈々も無事にそして移植が終わって、10日後…クリニックにて
どうなったのか、不安な表情の奈々。今日も大器はお仕事休めなかったね。診察室にて先生は、妊娠反応が出てるって。おめでたですって\(^o^)/とはいえ、まだまだ油断できないぞ。でも奈々もまだ実感がないって表情だよね。大器にどう伝えようかとか色々考えちゃうよね。

そして、大器が帰宅しました。
「大ちゃん、出来たの。赤ちゃんできたの」

082_201803131459179cb.jpg


嬉しさのあまり奈々に抱き着く大器だけど「圧迫したらマズいか」って(笑)「大丈夫」と奈々の一言に改めましてハグする大器。

「でも、まだ手放しで喜べる状態じゃないから、みんなには…」

どこまでも気を遣う大器だけど、まだ油断できないからね。
無事に生まれてくるまでは。

家族らしくなっていく亮司とちひろと亮太、朔の試験の結果も気になるけど、小宮山家がどうなるのか心配だし、奈々の体も心配です。ラストまであと少し、4家族がどうなるのか、それぞれが納得いく結末だといいな。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .