FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
宮本から君へ 第1話
2018.4.6放送


006_20180407041451189.jpg


文具メーカー・マルキタの営業マンになった宮本浩(池松壮亮)は、未熟で営業スマイルひとつできず、自分が社会で生きていく意味を悩んでいた。そんな宮本は通勤途中、駅のホームで一目ぼれしたトヨサン自動車の受付嬢・甲田美沙子(華村あすか)に声をかけるタイミングをうかがっていた。甲田は、宮本 の同期である田島薫(柄本時生)が「次元が違う」と言うほどの美人。意を決して、宮本は駅のホームで甲田に声をかける…。



いきなり朝会で関西弁…と思ったら、本社は大阪やねんね(笑)
古舘さんの関西弁がベタすぎて…(汗)
宮本は文具会社のマルキの新入社員。毎朝通勤時に気になる女性がいるようですが声をなかなかかけられないようです。
でも、視線が不審者ですよ(笑)

営業に行っても、どうもタイミングが悪いみたいで、店舗の人におちょくられたりして、なかなかうまくいかないようです。
見た目、完全にストーカーですよ、宮本。
折角話しかけられるチャンスがあっても、うまく声がかけられず残念無念_| ̄|○

上司と飲み会で愚痴る宮本。
酔っぱらったら饒舌になるのね。同期の田島と仲いいんだか悪いんだかわかんないよね。
そしてまた今日も告白出来ずなのか?と田島が思っていたら突然、
「僕の…僕の名前は宮本浩です」
「…はい」

相変わらず、営業活動に励む宮本だけど、なかなかうまく行きませんが、私生活の方はその後無事、甲田美紗子さんと仲良くなって朝の通勤では話がはずんでいるようです。美紗子からの提案…一体何だろう?ニヤニヤが止まらないよ宮本(笑)

合コンのセッティングをお願いされたみたいで、小田課長に話したらもうあっという間に田島の耳に…
そして同期3人で参加しようとやる気満々のようです。なんか色々計画を立てておりますが大丈夫か?
前の彼女と同じ香りを付けてる美紗子に朝から悶々となってどうする宮本(笑)

そして決戦の日…お店に到着。
裕奈ちゃんは何か宮本が気になっているみたいです。
田島さん、関西人マルコメなトーク…そして仕切り大丈夫かい?
裕奈ちゃんに話しかける宮本だけど、ドリンクまき散らし過ぎですよ。
美紗子がフォローするけど、宮本のスーツのポッケに田島が入れたコンドームが宙を舞い…
フルーツポンチの中に…
「フルーツポンチの中に僕の気持ちが浮かんでいた…」
ひょえぇ~、この状況一体どうなるんだよ?

って、30分だからあっという間。原作は読んだことないのでよくわからないです。
いろんなことに青い宮本、これから一体どうなっていくのか楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .