FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
JTBCドラマ「スケッチ」関連情報
RAIN主演ドラマ「スケッチ」の関連情報です

001_20180411083530cc3.jpg



決められた未来を変えるために孤軍奮闘する者たちの運命を描いた捜査アクションドラマだ。強力班のエース刑事、そして3日以内に起きる未来を絵にスケッチすることのできる女性刑事が組んで希代の殺人魔を追う。

最終更新日:2018.4.11

2018.4.11記述
OSENより

‘スケッチ’チョン・ジフンXイ・ドンゴンXイ・ソンビンXチョン・ジニョン、台本読み合わせ公開‘緊張感’

002_20180411083529c65.jpg

俳優チョン・ジフンとイ・ドンゴンの復帰作で話題を集めているドラマ「スケッチ」が緊張感のある中、台本読み合わせの現場を公開した。

5月放映予定のJTBC新しい金土ドラマ「スケッチ」(脚本カンヒョンジョン、演出イムテオ)は決められた未来を変えるために苦労している人の話を盛り込んだ捜査アクションドラマ。恋人を失った殺人エース刑事と3日以内に起きる未来を絵にスケッチすることのできる女刑事が一緒に協力捜査を広げ殺人事件を追う。

去る3月、ソウル上岩洞JTBC本社で行われた「スケッチ」台本練習現場にイムテオ監督と脚本家のカンヒョンジョンをはじめ、チョン・ジフン、イ・ドンゴン、イソンビン、チョン・ジニョン、カンシンイル、イムファヨウンなど主要出演陣が参加した。「スケッチ」の演出を引き受けたイムテオ監督は「楽しい撮影現場になったら良いだろう。今日の読み合わせも軽く、気楽に準備してやれたらいい」とリラックスした雰囲気を造成したまま台本練習を開始した。

台本練習現場は「ジャンルものだけれど、リアルな話を盛り込んだ作品 "というイムテオ監督の言葉のように、現実にあるような事件と未来を「スケッチ」という新鮮な予知能力を素材に開始から強烈な没入感をプレゼントした。また、事件の展開と同じくらい速くキャラクターになりきってる俳優たちの熱演が続いた。

まず殺人課のエース刑事、ガンドンスを演じる台本読み合わせを導いたチョン・ジフン。愛する恋人との結婚を夢見た彼は婚約者の死を予想しても守れなかった男の深い後悔と悲しみを表わした。イ・ドンゴンが演じる特殊戦司令部軍曹キム・ドジンも妻とお腹の子供を失った男。短く切った髪に強烈な変身を知らせたイ・ドンゴンは暴漢の襲撃によって幸せだった日々を根こそぎ失われた一人の男の復讐を表現した。愛する人を失ったが、他の選択をすることになる二人の男の対立は、緊張感を引き上げた。

未来を描く刑事ユシヒョン役を演じたイソンビンは予知能力を活用して、スケッチの中の死を防ぐ東奔西走するシヒョンをダイナミックに表現した。彼女の特別な予知能力は作品の中の事件と重なり、非現実的な素材と現実的な事件のシナジーを期待するようにした。チョン・ジニョンは、シヒョンより強力な予知能力を持つ謎た人物ジャンテジュンを演じ、登場だけでも劇の流れを左右し重量感ある演技で現場を圧倒した。ディテールにこだわった演技で、善悪を規定することができないジャンテジュンという人物に魅力を加えた。

またチョン・ジフン、イソンビンと蝶プロジェクトという特別チームを組んですることができ、死亡を狭めていくカンシンイルとイムファヨウンの存在感も目立った。蝶チームのゼネラルマネージャームンジェヒョンのカンシンイルはインジャハムとカリスマを同時に見せてチームの支えのような存在を描いた。蝶チームの技術サポート担当オヨンシム役を演じたイムファヨウンはチームに必要な情報を誰よりも早く見つける能力者であると同時に、県を心から大切に心配している姉のような姿を同時に見せて蝶のチームが作っていくケミを期待させた。

制作陣は「愛する女性の死という残酷な状況を向き合った二人の男と周辺人物たちの熱演が強力な没入度をプレゼント一時も緊張を緩めることができなかった」と話しており、「細かな話に派手なアクションまで加わって完成度の高いドラマが誕生するある。初放送まで多くの期待お願いする "と伝えた。

一方、JTBC金土ドラマ「スケッチ」は「エア・シティ」、「タンポポ家族」、「相棒」、「ユナの距離」イムテオ監督が演出を引き受けて、ドラマ「別巡検シーズン3」、「身分をスムギョラ」、映画「王様の事件手帳」のカンヒョンジン作家が執筆する。「ご飯によく買ってはきれいなお姉さん」の後続で5月に放送される予定だ。

「サンドゥ」からもう15年ですかぁ~
ドンゴンさん、最近見てる時代劇ドラマであの燕山君(ヨンサングンを演じてるんですよね~。
2人の絡みがどうなるのか楽しみでもありますが、ジフンさんにはまたサンドゥのようなドラマしてほしいなぁ…
あと、時代劇も希望します…(笑)
日本で見れるのはいつになることやらですが…(汗)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .