FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
「宮本から君へ」の映画化に関連する情報です。




映画『宮本から君へ』特報


最終更新日:2019.7.30


2019.7.30記述
シネマトゥディより


池松壮亮主演の映画『宮本から君へ』(9月27日公開)の主題歌が、エレファントカシマシのボーカル&ギター、宮本浩次書き下ろしによる「Do you remember?」に決定した。宮本自身のオファーにより横山健がギターとして参加している。併せて、写真家・佐内正史が撮影した宮本と横山の2ショット、そして主人公・宮本浩(池松)とヒロイン・中野靖子(蒼井優)を捉えた新たなポスタービジュアルも公開された。

ポスター001


 2018年4月クールに放送されたテレビ東京の連続ドラマ版に続き、新井英樹の同名漫画を映画化する本作。文具メーカーの熱血営業マン・宮本と、ドラマ版で彼の先輩(松山ケンイチ)の友人として登場した靖子を中心にした愛の物語が展開する。
.

宮本&横山


 漫画「宮本から君へ」の主人公の名前は宮本浩次から由来しており、ドラマ版ではエレファントカシマシの「Easy Go」が主題歌に用いられた。映画版では、ドラマ版に続きメガホンをとる真利子哲也監督が宮本に主題歌制作を依頼。宮本が自ら横山にギターをオファーした。デビュー時からエレファントカシマシのファンだったという横山はこれを快諾し、KEN BANDのベーシスト・Jun Gray、ソウル・フラワー・ユニオンのドラマーとしても知られるJah-Rahが加わり、楽曲が誕生した。なお、横山は2018年1月にWOWOWで放送された宮本の密着番組「ノンフィクションW エレファントカシマシ、宮本浩次」でナレーションを務めている。

 宮本は「Do you remember?」制作の経緯について、「真利子さんは、寡黙なんだけれども、体は冗舌で、どんなうたをつくってほしいか、彼を見ればいつでも一発でわかる! 映画『宮本から君へ』のはじめての打ち合わせで、真利子さんと話したときから、メロディがなりだした。真利子さんとオレはそういう意味では相性がいいと思います」とコメント。
.

 また、宮本はギターに横山を迎えた理由について「最高のロックギタリストだから。かつて、メトロックでまるで往年のハードロックのような重くて豪快なギター、時にデリケートで繊細なギターを縦横無尽に奏でながら、ピュアでまっすぐな声で歌っている男がいた。それが誰あろう横山健だった。唯一無二の存在感で本当にカッコよかった!」と語っている。

.

 ドラマ版に続き、柄本時生、星田英利、古舘寛治、松山ケンイチらが再集結するほか、新キャストとして、井浦新、一ノ瀬ワタル、ピエール瀧、佐藤二朗らが出演。靖子が元彼・裕二(井浦)と修羅場になった際、宮本が「この女は俺が守る」と誓い、恋人同士に。しかし、宮本が靖子を伴って真淵部長(ピエール瀧)と大野部長(佐藤)との飲み会に参加した矢先、試練に見舞われる。(編集部・石井百合子)


宮本と靖子の表情がとても素敵なポスター。
どんな楽曲に仕上がってるのかも気になりますが、やはり、この2人がいろんな試練を乗り越えていく姿を早く観たいです。


2019.7.10記述
映画.comより

「宮本から君へ」原作者・新井英樹氏描き下ろしビジュアル公開!

新井英樹氏描き下ろしビジュアル



 池松壮亮が主演する「宮本から君へ」から、原作者・新井英樹氏が主人公の宮本浩を描き下ろしたビジュアルが披露された。

本作は、1990~94年に講談社「モーニング」で連載されていた新井氏の同名漫画(全4巻)を、「ディストラクション・ベイビーズ」などの真利子哲也監督が映画化。文具メーカーの新人営業マンで、恋にも仕事にも不器用な宮本(池松)が成長していく姿を描き、その衝撃的な内容から“伝説の作品”と称されている。

2018年4月から原作前半を映像化したドラマ版が放送され、映画ではその後半部分をベースに、宮本とヒロイン・中野靖子(蒼井優)の前に立ちはだかる「究極の愛の試練」を2人が克服していく姿を追う。

公開されたビジュアルは、暑苦しいくらいの情熱が伝わるような、躍動感あふれる宮本が描かれている。7月12日から発売されるムビチケカードの特典である限定クリアファイルに使用され、宮本を演じる池松と表裏のデザインになっている。

「宮本から君へ」には、井浦新、一ノ瀬ワタル、柄本時生、星田英利、古舘寛治、ピエール瀧、佐藤二朗、松山ケンイチらが出演。9月27日から全国公開。


まだまだと思いながらも気が付けば9月も近づいてきてるんだよね~。
まぁ、今回はドラマに比べたらケンちゃんの出演シーンはあまり期待はしてないんだけど、宮本と靖子がどうなるのか楽しみにはしてる(笑)本当はドラマで見たいけれど、今回はさすがにドラマだと…ねぇ…しゃーないか。



2019.6.18記述
コミックナタリーより

蒼井優に絶叫プロポーズ!池松壮亮が熱量MAXで挑む『宮本から君へ』特報が到着

005_20190618083624a6f.jpg


愛しのアイリーン」などで知られる新井英樹の同名漫画を原作に、昨年4月にテレビ東京系列の「ドラマ25」枠で放送され大きな話題を集めたテレビドラマが待望の映画化となる『宮本から君へ』(9月27日公開)。このたび本作の特報が解禁され、ついに映画版のアツすぎる映像が初お披露目された。

本作は原作コミックの後半のエピソードをベースに、情熱だけは人一倍ある熱血営業マンの宮本と、ヒロインの中野靖子の前に立ちはだかる“究極の愛の試練”を2人が克服していく姿が描きだされていく。宮本を演じるのはドラマ版に引きつづき池松壮亮。さらに蒼井優や松山ケンイチ、柄本時生らおなじみの顔ぶれに加え、新たに井浦新ら豪華俳優陣が参戦。

このたび解禁された特報映像では、宮本が靖子に「2人で結婚しよう!」と迫るのに対し、激しい剣幕で一喝する靖子の姿から幕を開ける。そして2人の感情が激しくぶつかり合っていくなか、靖子の心に棲みつく元恋人の裕二や、伝説の決闘シーンの相手となる真淵拓馬の姿も…。

強烈なビンタを食らってもまっすぐな想いを向け続ける宮本。ドアに頭を打ち付け、戦い、走り、そして叫ぶ。ありとあらゆる感情を爆発させながらぶつけ合う、暑苦しくもせつない姿が存分に凝縮された特報映像に、本作への期待は高まるばかり。熱量MAXの宮本の生き様を、是非とも劇場で見届けてほしい!(Movie Walker・文/久保田 和馬)


特報拝見しましたが熱いですねぇ~宮本熱すぎますよ(笑)
そして、新さんがなんだか胡散臭い野郎です。今回は靖子に対して宮本の愛がどのくらい熱いのか、蒼井優ちゃんもかなり熱いです、この2人がどうなっていくのか、そしてドラマシリーズでおなじみのメンバーがどう絡んでいくのか楽しみです。


2019.5.30記述
映画ナタリーより

池松壮亮「宮本から君へ」公開日決定、新井英樹は手書きで「いききっちゃうんだ」

池松壮亮が主演、真利子哲也が監督を務める映画「宮本から君へ」の公開日が9月27日に決定。あわせてティザービジュアルが解禁され、原作者・新井英樹によるコメントが到着した。

新井の同名マンガを原作に、2018年4月から6月にかけてテレビドラマが放送された「宮本から君へ」。原作の後半部分を描く映画版では、池松演じる宮本浩と蒼井優扮する中野靖子が“究極の愛の試練”にさらされる。ビジュアルに用いられた宮本の写真は、写真家・佐内正史が撮り下ろしたもの。そして新井がキャッチコピー「いききっちゃうんだ」を手書きで執筆した。

新井は、初めて真利子と出会った日からドラマ化、映画化と続いた道のりを「まんま『宮本から君へ』でした」と振り返りつつ、「エネルギーに満ちた映画なんです! ゴツゴツした魂のかたまりの岩を勢いで積み上げ固めた爆弾のようです! 女のひとに向けた映画です! 25年前にボクが片付けられなかった『あのシーン』の顛末、ずっと残っていた心の罪の想いをボクのこどものような歳のふたりの演者が救済してくれました!! 理屈じゃ感動できないボクには最高の贈られ物でした!! 生きているってのは誰かから誰かへと想像もできない感情を生み出してくれます!! 『宮本から君へ』ぜひ劇場で確かめてみてください!!」と熱いコメントを寄せている。

「宮本から君へ」は全国でロードショー。ドラマ版キャストの柄本時生、星田英利、古舘寛治、松山ケンイチが続投し、新たに井浦新、一ノ瀬ワタル、ピエール瀧、佐藤二朗が出演する。※古舘寛治の舘は舎に官が正式表記

新井英樹 コメント
初めて真利子くんにあった日からいま、ここまでの道のりが、まんま「宮本から君へ」でした。「映像は『宮本』好きなひとを集めたい!」と語る彼に原作者のボクは「それはその想いだけで十分」と……ところが、そこに池松くんの熱が加わりさらにさらに演者・スタッフ・製作・音楽すべてにボクの想像を超えた熱情が噴き出しました。これ、「感謝」はおこがましいので関係者の皆さんの「歓び」になっていたなら幸せです。ボクにとって「ボクのものじゃなくなる!」って寂しさのない爽快感は「誰かのものになった!」嬉しさ、達成感と相まって最高のご馳走となりました。エネルギーに満ちた映画なんです! ゴツゴツした魂のかたまりの岩を勢いで積み上げ固めた爆弾のようです! 女のひとに向けた映画です! 25年前にボクが片付けられなかった「あのシーン」の顛末、ずっと残っていた心の罪の想いをボクのこどものような歳のふたりの演者が救済してくれました!! 理屈じゃ感動できないボクには最高の贈られ物でした!! 生きているってのは誰かから誰かへと想像もできない感情を生み出してくれます!! 『宮本から君へ』ぜひ劇場で確かめてみてください!!


映画は多分、ケンちゃんはそんなに登場しないとは思うけど、宮本がどう成長するのか気になるので楽しみにしています。ドラマもキャストが良かったしね。


 2019.5.16記述
映画.comより

池松壮亮主演「宮本から君へ」に井浦新&一ノ瀬ワタル&佐藤二朗!追撮なしで公開へ

002_201905160819545a4.jpg


 池松壮亮主演、真利子哲也監督で新井英樹氏の名作漫画を映画化する「宮本から君へ」に井浦新、一ノ瀬ワタル、佐藤二朗が出演していることがわかった。

1990~94年に講談社「モーニング」で連載されていた新井氏の同名漫画(全4巻)が原作。文具メーカーの新人営業マンで、恋にも仕事にも不器用な宮本浩が成長していく姿を描き、その衝撃的な内容から“伝説の作品”と称されている。2018年4月から原作前半を映像化したドラマ版が放送され、映画ではその後半部分を題材に宮本(池松)とヒロイン・中野靖子(蒼井優)の物語を紡ぐ。

井浦は、いまだ靖子の心にすみつく元恋人・風間裕二に扮する。奔放に振る舞うどうしようもない遊び人だが、宮本と靖子を結び付けていく重要キャラだ。「撮影時、この作品が放つ生命力あふれる熱量に吹き飛ばされまいと、全身全霊で現場にしがみついていた。その中心で苦しいほどのエネルギーを生み出している池松くんと蒼井さんのぶつかり合いは、まさに鬼神のごとく、そのすさまじさを余すことなく味わえたことが、大きな喜びでした。関わったシーンでの撮影では毎回がクライマックス、しかし初号を見たら始まりから終わりまで全編がクライマックスにみなぎっていた。なんてべらぼうな映画だ」とコメントを寄せている。

「キングダム」のタジフ役などで存在感を見せた元格闘家・一ノ瀬が、ファンの間で最も注目される真淵拓馬に扮する。体重を33キログラムも増量し、絶対に勝てそうにない肉体を作り上げ撮影に臨んでおり、「この作品を撮り終わったら死んでもいいと覚悟して挑んだ作品です。ありったけの魂を込めました」と並々ならぬ決意を明かした。

さらに今作には、麻薬取締法違反容疑で逮捕・起訴されたピエール瀧が出演していた。拓馬の父である真淵敬三を演じているが、製作委員会は「本作品の撮影は昨年9月29日~10月30日の期間に完了しております。事件発覚後、映画『宮本から君へ』製作委員会は幾度となく協議を重ねてまいりました。その結果、ピエール瀧氏は、今後も法律に従って裁定が下されることになり、それ以上の措置について、本作品が関与するものではないという結論に至り、製作委員会の総意として、本作品の改編・追加撮影を行わないまま、劇場公開することと致しました。議論を経ての結論であることをご理解頂ければ幸いに存じます」としている。

また新井氏の漫画の大ファンだという佐藤は、敬三の親友・大野平八郎役を担っている。「宮本から君へ」は、ほか松山ケンイチ、柄本時生、星田英利、古舘寛治らが共演し、今秋に全国で公開される。


おぉ、井浦新さんや佐藤二朗さん、それにピエール瀧さんなどが登場しますか。
ピエール瀧さんのシーンはそのまま上映するんですね。
原作は観てないけど、どうも今回はかなり靖子と宮本などハードなシーンがあるみたいだし、ケンちゃん演じる神保も独立してどうなっているのかも気になりますよね。新しいキャストも発表で楽しみになってきた。


2019.1.10記述
まんたんウェブより

<宮本から君へ>ドラマ版のキャストで映画化 池松壮亮「身も心もささげたつもり」

001_20190110083715bfc.jpg


俳優の池松壮亮さん主演の連続ドラマが昨年4月期に放送された、新井英樹さんの人気マンガ「宮本から君へ」が映画化され、今年秋に公開されることが10日、明らかになった。池松さんがドラマ版に続き主人公・宮本浩を演じ、ヒロインの中野靖子役を女優の蒼井優さんが続投。ドラマ版と同じく真利子哲也さんがメガホンをとり、脚本も担当する。
.

 「宮本から君へ」は、1990年代前半に多くの若者を魅了した新井さんの人気マンガ。文具メーカー「マルキタ」の新人社員で、恋と仕事に不器用な宮本浩が、営業マンとして、人間として成長していく青春ストーリー。ドラマ版では、宮本が営業マンとして奮闘する姿に焦点を置いたサラリーマン編が描かれた。
.

 映画は、宮本と靖子を中心に繰り広げられる“極限の人間賛歌”が描かれるエンターテインメント作品になるという。池松さん、蒼井さんのほか、松山ケンイチさん、柄本時生さん、星田英利さん、古舘寛治さんらドラマ版のキャストが再集結する。今後、映画版の新たなキャストが発表予定。映画の撮影は、昨年9月29日にクランクインし、10月30日にクランクアップした。
.

 池松さん、蒼井さん、真利子監督、原作者の新井さんのコメントは以下の通り(原文のまま)。
.

 ◇池松さんのコメント
.

 この原作が手元に来てから、随分と時間がたってしまったような気がします。ボロボロになるまで読みあさったこの偉大な原作の力をお借りして、時代の変わり目に強烈な人間賛歌を残すべく、身も心もささげたつもりです。蒼井さんとは「斬、」(2018年)から立て続けの共演となりますが、今度は宮本と靖子として、物語の中の人生の試練を共にする事が出来たと思っています。その存在にいつも救われました。そのほかキャストそれぞれの、抜群のアクトも楽しみにしていただければと思います。まだ仕上げ真っ最中でどうでるか分かりませんが、生きてゆく覚悟、信じる覚悟、そして人生を感じるような映画になるんではないかと期待しています。傲慢な男ですが、今秋、宮本からあなたへ、よろしくお願いします。

◇蒼井さんのコメント

 全身で感情をぶつけ合うシーンの連続だったため、撮影3日目には既にヘトヘトでした。こんなに早く疲弊した現場は初めてです。体力、集中力、瞬発力、そして声量が基本的にどのカットにも必要だったのですが、共演者の皆様といたわり合い、励まし合い、スタッフの皆様に助けていただき、なんとかクランクアップすることが出来ました。こんなに高カロリーな作品はなかなかないと思います。公開を楽しみにしていただければと思います。

 ◇真利子監督のコメント

 はじめて「宮本から君へ」の映画化に声かけられたのは2012年の夏。十代の頃から読みふけっていた新井英樹さんの原作に、二つ返事で引き受けました。ただ覚悟を決めたところでなかなか実現に及ばず、気づけば6年がたちました。これだけ時間がかかったのは生半可な気持ちで映画化するような原作ではないからで、集まるべくして集まったキャストとスタッフの面々。特に池松くんと蒼井さんのこの映画に対する意気込みたるや並大抵ではなくて、その芝居はさることながら、それぞれ歩んできた役者としての人生が重なる奇跡をみたと思える現場でした。平成最後の夏の終わりに池松壮亮蒼井優を中心に据えて「宮本から君へ」を撮影できたことが、この原作にとって最高の瞬間だったと断言できる映画になりました。

 ◇新井さんのコメント

 映画版『宮本から君へ』の最初の陣中見舞い

 ロケ現場となった王子・飛鳥山公園で池松くんとふたり、隠れタバコを喫(す)いに歩いていたときの会話

 ボク「『宮本から君へ』の映画では、オレ、ブン殴られたいんだよ」

 池松「俺もですよ」

 ドラマの「世界」を構築・けん引した宮本浩こと池松壮亮本人がそう言うか……と。ドラマ版で見た蒼井優さん扮(ふん)する中野靖子の輝きは驚きでした。全話通してもゲスト出演には思えない、違和感すら覚えるあの存在の力。写真家・佐内正史さんがドラマ版の打ち上げトークショーで放った名言「真利子には愛はあるけど情はない」(笑い)言い得て妙!! いや、真芯だ!! これ表現者として最強なんですよ!! この三人が原作の、ある意味本番パートで「自分こそが一番」と生命力バトルを繰り広げるってだけで胸が高鳴り「原作クソ喰らえ!!」と殴り倒されたがってるボクの夢をかなえてくれそうです!!

そう来ましたか…
映画かねぇ~。原作は読んでませんが、確かに今回の映画のエピはかなりハードな内容でドラマでは色々規制があって厳しいかもしれないとも思うと映画だとまだできることは広がるのかもしれない。でもそうなら思い切り振り切ってR指定も覚悟して作ってほしいなと思うけどね。

とりあえず、ケンちゃんがどんだけ登場するのか気になるところ。なにせ退職した後の物語になるだろうからね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .