FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
「白い巨塔」第二夜
2019.5.23放送

001_2019052223531960e.jpg


財前五郎(岡田准一)は、誤診した医学部長・鵜飼裕次(松重豊)のメンツを保つため、教授の東貞蔵(寺尾聰)に膵神経内分泌腫瘍の患者の執刀を依頼する。いざ開腹してみると癒着が激しく、手術は長時間に及び、焦りと疲労で東は意識朦朧…。財前はそんな東の様子を冷ややかなまなざしで見つめていた。

 その時、東が誤って患者の動脈を傷つけてしまう。大量出血に騒然となる手術室の中で、一人ぼう然とする東…。財前は、術前CTの見落としを指摘し、まるで待っていたかのように手術を続行する。東の自尊心を粉々にした財前と、屈辱に耐えるしかない東…これで、教授選で対立しつつあった二人の決別が決定的なものとなる。また、この様子を見ていた里見脩二(松山ケンイチ)も、教授の座に固執するあまり、どんどん良心を失っていく同期の財前に複雑な思いを感じていた…。

 そんな中、教授選に向けての裏工作も激化していた。なんとしてでも財前を教授にしたい義父・財前又一(小林薫)は、鵜飼を取り込むために財力にものを言わせて暗躍。
 一方の東は、東都大学の船尾徹(椎名桔平)とともに、金沢国際大学の教授・菊川昇(筒井道隆)を教授選候補に擁立するため奔走していた。

 また、財前は票獲得のために、脳外科教授・野坂奈津美(市川実日子)に接近。ひょうひょうとどっちつかずの態度を続ける野坂だが、立候補者選考委員会で、財前と菊川のほかにもう一人候補を立てることを提案する。
 そして迎えた教授選の投票日――。突然、東が棄権を表明する。さらに得票数が過半数に満たず、後日改めて財前と菊川の決戦投票が行われることになる。

 黒い欲望が渦巻く教授選はさらに混沌を極め、裏工作も激化の一途をたどることに! 相変わらず真意のはっきりしない野坂、出世に目がくらんだ医局員たちの暴走…など、決選投票を前に財前の足元をすくう事態がぼっ発。しかし、これは波乱の幕開けでしかなく……さらに過酷な運命が財前を待ち受けているのだった…!


長時間の手術で披露で朦朧としてる東教授。出血が顔に飛んできてさあ大変な第二夜です。

東教授が呆然としてる中、財前が執刀交代、周囲の動揺はぱねぇですが、冷静に指示をする財前。
う~ん、高い技術があっても、やはり年齢にはかなわない?長時間のオペは神経も体力も使うみたいだから。
ただただ呆然としてる東教授。これはプライドズタズタやろうなぁ…

でもこれもすべて財前にとっては想定内の事だったみたいですね。初めからこうなることはわかっていたのに、東教授には情報を伝えてなかったみたいですね。悔しそうな東教授、財前の思惑を知った里見。

なんか柳原真剣なんだろうけど表情が面白すぎ…(笑)

007_201905291133270d6.jpg


無事、手術終了。東先生に一応お伺い立てる財前。何とか財前の鼻をへし折ってやろうと思っていたはずが、逆に自分がへし折られちゃいました。財前のあのふてぶてしい表情。見学していた人たちは拍手しているけど、財前の狙いがわかった里見だけは拍手してないんだよね。

複雑な気持ちで部屋を出る東教授を見送る里見。そして財前を見る。見学者の人たちの方を向いて「どうだ」って言いたげな表情の財前に、患者の命を駆け引きの道具のように扱った財前に対して軽蔑するようなまなざしだったね。手術室医いたメンバーもますます財前信者みたいになってる。

あちゃ~(>_<)お部屋で東先生点滴ですか…
そこへ、財前がやってきた。一応心配する(フリ?)財前に手を差し出す東だが
「満足かね。君には、品格がない。この難波大学教授には、なれない」

東教授もちょっと言いすぎるんじゃないと思ったりもするけれど、財前には相手をリスペクトする気持ちや患者を思いやる気持ち以上に、野心が前面に出すぎちゃってるんだろうね。若い頃から見てきたから、余計に東教授はがっかりしてしまってるんだろうなぁ。

でもそんな言葉は今の財前には馬の耳に念仏って感じですね。
「この間のクロスワードの答え、お分かりになりましたか?物事を始めたり終えたりするのに、適当な時期、答えは…潮時です。長時間のオペに耐える精神力も体力も失ったのに、その椅子にしがみついてる、あなたのことです。

こちらは引導を渡そうとしてるのか…そう言いながらも涙拭いて出て行く財前。
あぁ、東教授、ますます財前との仲が険悪になっちゃいましたよ。そして東都大の船尾に電話して東都大から難波大の教授選の人選を紹介してもらおうとしてる。完全に意地の張り合い突入ですな。

又一は岩田とともに早朝に鵜飼教授の自宅へ。
出勤前の忙しい時間に押しかけられて不機嫌な鵜飼教授だけど、又一を紹介されてあの絵を送った人ということもあるけど、教授選の事でこういうことがばれたら色々厄介なので若干困っていますね。あかん、鵜飼教授もこのおっさんたちに丸め込まれそうです。

財前は手術室の見学室で誰かのオペを観ています。脳外科の野坂教授のようです。
ん?メディカルツーリズムってやつですか?野坂教授は海外からのスぺ患が増えているらしい。情報収集にも余念がないわけね財前先生。こそこそせずに結構堂々と教授選の票集めをする財前。お互い腹の探り合いって感じですかね。美味しい餌をぶら下げておりますけど…

金沢国際大学の第一外科教授の菊川先生の講演に東教授と船尾教授が来ています。菊川を次期教授にしようとしているようです。のらりくらりと話をする船尾ですけど、菊川は今の病院での仕事に満足してるとやんわり断ってるだけどねぇ~引き下がらないわけです。あまりに拒否られるから最終兵器を繰り出す船尾教授。これはもはや命令みたいなものですよ。

財前はケイ子の勤めているBARに来ています。とりあえず鵜飼教授を取り込むことに成功したとご報告。
じゃあ杏氏かとケイ子にいわれて、まだその前に選考会があるんだって。今回は全国の大学病院から候補者を募ってるらしく意外と大変そうね。そこへ佃と安西がやってきた。そしてまたもケイ子にイタイところ突かれちゃってるよゴローちゃん(笑)

自分が教授になったら佃は講師、安西には医局長のポストを用意するって言われ、完全に財前の犬になりましたよこの2人。そんな財前たちと心配そうに見てるケイ子です。

菊川は東教授の自宅に招かれて食事をごちそうになっていますが、妻の政子が菊川にねほりはほり聞いております。もし教授になってからの生活の為の家探しを佐枝子に探してあげてという政子。この人は何か画策してるよ。仕事や医療に対しての実直さに少し佐枝子の表情も和らいだようです。

さて、医局では安西が佃に財前のために動いていることが東教授にばれたらと心配してる。改めて佃はこれは財前先生の為じゃなく、自分たちのために動くんだと。小物は小物なりに考えてるんだろうけど悲しいかなそこは小物だからねぇ~。

鵜飼教授の部屋では船尾教授からの推薦ということで菊川の履歴を手渡しました。東教授は満足そうにしゃべるけど、鵜飼教授は菊川の専門が気に入らないみたい。研究とかではお金にならないと。急に手のひら返しを始めた鵜飼に戸惑う東。
自分の部局だから自分に任せると言ったじゃないかという鵜飼の心変わりに怒る東、結局鵜飼は財前を推すことに。

そこに産婦人科の教授の葉山がやってきました。バツ悪いぃって感じの葉山教授。
葉山は完全に鵜飼教授派みたいですね。

そして始まった選考会。病理学科の大河内教授が委員長。
全国の候補から10名を絞り込み後日、選挙で決定するという段取り。公平無私な立場で選考し欲しいとのことで、候補者リストが配られる。オペが終わった財前のところに葉山先生がやってきて、最終候補者の情報を伝える。財前と菊川そして、もう1人葛西という財前の前任の准教授だった人物。推薦したのは野坂教授だった。

選考会の様子。
とりあえず財前と菊川の2人に絞られそうだが、葉山が菊川は船尾教授の紐付きだと意見。東派の今津教授はそういうことは関係ないというが、しつこく食い下がる葉山。
「私は東都大の関係者から、手術の技術も間違いないと聞いてるがね」と東。
すかさず鵜飼が嫌味交じりの発言をする。
「財前候補に関して、手術についての圧倒的な技術は認めたうえで、私はこれまで彼の傲慢勝失礼な言動を何度となく見てきました。そんな人物が果たして教授にふさわしいのでしょうか?」
「今津君、候補者の誹謗中傷はやめたまえよ。」
一連のやり取りを聞いていた野坂教授が笑いだしましたよ。議論があまり低レベルでと、どちらにも一長一短あるんだったら、残りの候補者から選んだらどうだとバッサリ。

夜、財前の自宅で報告&作戦会議。結局野坂教授の意見が反映されたみたいで、困っております。又一、鍋島、葉山、岩田などが集まっております。鍋島が教授選は議員選挙と違うので違反というのがないからやりたい放題だって、おいおい。

東も自宅で政子に色々聞かれちゃってます。大河内の持っている票を貰ったら苦労なく勝てるんだろうけど、それは財前派も同じ。しかし大河内の票はお金などでは動かないと葉山。さすがの五郎も大河内教授に金品を送るのは逆効果だと。とにかく投票権を持つ教授たちを調べて金の必要性があるのでそこを責める、そして五郎は選挙戦の間は目立ったことはするなと念押しする鍋島。

いつもの屋上へやってきた財前。そして又一も野坂教授のウィークポイントを鍋島に見つけてとお願いしております。
凄い、すでに何名かの教授のお金の問題を洗い出してる。金を渡すのも色々演技せなあかんらしい。大丈夫なのかい?

「うちの五郎が教授になれた暁には、おふたりにも実弾(金品)かまさせてもらいます」どんだけ金持ってるんだ又一(笑)
今のところ又一たちの予想では五郎8票、菊川3票ということになっております。

さて、医局の方では安西と佃、何やら考えていることがあるみたいですが、やはり及び腰なのは安西。そこへ里見がやってきました。なんか怒ってます?

012_20190530143735d1b.jpg


「佃先生。頼んでおいた例のカンファレンス待ってたんですけどどうしたんですか?(謝る佃と安西)カンファレンスをすっぽかすのはこれで2度目です。以前はこんなことなかったのにどうしたんですか?」
「里見。君が声を荒げるなんて、珍しいな、どうした」
「いや、佃先生と患者のことで」
必死に繕う佃。
「佃君は、僕の教授選で忙しいんだよ。もう暫くは許してやってくれ」
「医局員は、選挙に無関係だろ?彼らの仕事の妨げになるようなことはさせないでくれ。」
「医局員と教授選は、無関係じゃない。誰が教授になるかによって、自分の将来が決まる。だから佃君も安西君も進んで僕に手を貸してくれてるんだ。(里見先生の呆れ顔)」

今はこれ以上、話しても無駄という感じで部屋を出て行く里見。と同時に財前に平謝りする2人。
「医局員が教授選で仕事が手に付かないなんてそれこそいい話のタネになる。僕は、安心して明日を迎えられるのか…」
さらなるプレッシャーを与える財前。「頼むよ」
やばいね何考えてんだ佃先生。

又一からの電話でとりあえず、実弾ぶっこんで票とれそうなの併せて、五郎18票、菊川3票、葛西1票って読みを聞いて、ホッとした表情の五郎。
「明日は財前五郎教授の誕生や」と喜んでいる又一。ルンルン気分な財前、ばったり野坂と鉢合わせ。
時期教授は俺だと顔に出てると野坂に「勝ち馬に乗った方がいいんじゃないか?私は必ず勝ちますよ」
もう決まったかのような口ぶりと余裕ある表情の財前。
「あなたのそういうところが大嫌いなのよ」

そして投票が始まりました。無記名でナマを書いてもらうけれど、東が突然、棄権をすると言い出す。
「私は今から行われる投票によって、財前と葛西という愛弟子が争うのを直視できません。私自身は、そのどちらにも入れることが出来ず、だからと言って、学問的業績の上から、公平に見て、もっとも秀でている菊川教授を支持したいと思っても、これまた、二人の愛弟子を見殺しにして、他の大学の候補者に投票するわけにもいかず、したがって今回は、棄権し、この場を退席させていただきたい。」

何を突然言い出すのやら東教授。東派の今津は何言ってんだ?という表情。誰も意見もないみたいなので東は退席しちゃった。
「さすが、東教授立派だ」と大河内教授。部屋を出た東教授のしてやったりみたいなにやけた表情。何か考えがあっての行動なんだな。

東教授不在のまま、投票が始まりました。
財前は落ち着かない様子です。票は以外に割れているみたいですね。
医局に戻ってきた財前。がん患者の治療に関して他の医師から尋ねられ一見平然と答えるんだけど、やはりかなり結果が気になっていますね。

投票の結果は…財前12票、菊川11票、葛西7票ということで、過半数に満たなかったので規約によって葛西は落選ということで、次週残りの2人で決選投票に持ち込まれました。ブラインドが上がる様子で、終わったことがわかったけれど、結果の連絡で東教授が棄権したこと、あと多分決選投票になったことを知らされたはず。

今津教授が慌てて東教授の部屋にやってきました。そしてまずは結果報告から。東先生は菊川票17を見ていたのかぁ~みんなサバ読み過ぎじゃね?自分たちもこんな状態だ~財前派も同じだろうと。自分の作戦である程度票が追加される思惑は外れたみたいです。今頃気が付く今津教授(笑)計算だけど本心でもある。葛西票を何とか自分のところに取り込めないか野坂票の取り込みを何とかしないとです。

そして野坂派たちも次どちらに投票するか意見が分かれているようです。とりあえずじっくり様子を見て考えようと、どちらにもいい顔して最終的に決めればいいと野坂。なかなか強かですよね野坂教授。

結果が持ち越しとなってイライラしてる財前。帰宅する東教授を待っていたみたいですが
「そんなに私が憎いですか?私は、今まで多くの患者を助けてきました。でも、自分が苦しいときは誰も助けてくれない。ずっと信頼してきた東先生でさえ。私は生れては初めて、医者になってむなしいと思いましたよ。」
これは財前の本心なんだろうけど、それを聞いた東もきっと財前に対して、自分に対して同じような気持ちを持っているんじゃないかな。何も言わずその場を離れる。

やるせない気持ちを持ったままその場を走り去る財前。複雑な気持ちがあの走りに感じ取れました。そして向かうのはいつもの屋上?ケイ子に電話をかける財前。すっかり教授になった報告かと思ったら、再投票があると聞かされる。
「五郎ちゃん、相当恨まれているのね。折角婿入りしたのに、教授になれないんじゃ意味ないじゃない」
「わかってる。一人息子の俺が岡山を出る時、医者になるからには国立大の教授に登り詰めると決めてたしそのために一心にやってきた。」

ケイ子は機転を利かせて食事に誘う。そんなケイ子の言葉に少しホッとする。でも相当自他ともにプレッシャーを受けてるなぁ~、財前先生は。波止場で待ち合わせ。病院とは違ってチョット甘えた表情の五郎ちゃんですね。

022_2019053014583438a.jpg



「あなたが持ってるのは野望とバイタリティじゃないの?」そういうこと言ったらほら、また厳しい表情になっちゃうじゃない。
「俺があの白い巨塔の頂点に登り詰めるのを見せつけてやる」
一体誰に?誰に見せつけるの?東教授?自分に投票しなかった人たち?誰?

又一は相変わらず忙しいですね。葉山教授が野坂教授を接待しております。その話をふすま越しに様子伺っている又一です。美味しい餌をぶら下げられていますけど…即答できないと言われた瞬間、又一が登場!ビックリするよホンマ。

呆気にとられたまま又一のペースで話が進んでいきます。さぁどうする?野坂先生。
五郎が帰宅すると何故かそこに又一が、電気もつけずにいるから五郎もびっくり!
女に会ってたんかと言われて図星なだけに何も言えねぇ~。
自分は必死に頭下げて、おべっかして、お金も投入して頑張って、早く報告しようと思ってやってきたというのに、婿殿は女と何しとんねんって言う気持ちにはなるわな。

「五郎君が教授になり損ねたら、一巻の終わりや」
と言って帰っちゃったけど、むむむぅ…どないしろというんや、気だけ焦る財前。野坂教授のプロフィールを見てなにかおもいついたのかしら?

そして、佃と安西は金沢の菊川のところに来てる。菊川に関する怪文書を渡す。教授選を辞退してほしいと頭を下げる2人。もし、菊川が第一外科の教授になったとしても医局員は菊川に一切協力しないと。

夜、東教授の所に船尾教授から連絡があって、佃と安西が菊川のところに行ったことを報告。あぁ、なんとしたことを。東教授怒りが沸々しております。でもこれは財前が命令したわけじゃないんだけどね~明日怖いね。

そして次の日も同じようにオペを終える2人。「どうだコーヒーでも飲んで一服しないか」なんて東教授から声掛けられたら今の今なんか逆に怖いよね~。財前の表情も一瞬こわばってるし。って社食かい!そしていきなり佃と安西の不在理由を尋ねられる財前。2人とも病欠というのもおかしいと思わんか?そして2人が金沢に行って菊川に会っていたことを聞かされた財前もさすがにそれはないだろうという冗談でも言ってるのかという感じの反応だけど、あの怪文書が他の教授のところにも配られいるみたいです。

なんじゃこりゃ~というさすがに財前も驚きを隠せない。うろたえる財前に忠告をするんだけど、あくまでも医局員たちは自分を推していることを伝えようとするけど、一喝されちゃう。これも東教授がわざと、社食で衆人環視の中で財前のプライドをへし折ってやろうという魂胆なのか…。しかし相手も強かなものです。弱みは見せず自分は恥じることなんかないときっぱり。どっちもどっちですな。

「私と君との人間関係はどうやらこれで終わったようだな」

さて、怪文書を作ったのはあの2人、何とかせねばという感じですかね財前先生。
平謝りの2人に対し
「もう少し賢いと思っていたよ。(手でついてくるなという仕草)君たちのしたことは、僕が教授になっても、ならなくても、よ~く、覚えておく。」ああ、このままじゃこの2人はおしまいだね~。完全に行動が裏目に出た。

料亭では鵜飼教授、又一などが五郎の来るのを待っている。
重い空気が漂ってるねえ~。やはり金沢の件。自分の知らないところでこんなことになってと謝るんだけど、鵜飼教授は財前が先導したのかとご立腹。自分は知らなかったけれど、それもこれも自分のために行動してくれたことだからと土下座。

鵜飼教授としてはこれでもし大河内教授に知れたら票が一気に菊川に流れてしまうかもしれないことを懸念してる。かなり厳しいことを鵜飼教授から突き付けられる。葉山教授は野坂派は菊川派の方にもいい顔してるんじゃないかと。船尾教授が大阪に来て工作してるみたいだと。

船尾教授は、東邸に来て、色々言ってますねえ~。こちらも票トリに必死です。キーマンはやはり野坂派なんですよね。
あら?財前珍しい里見の家に来たよ。里見は自宅でも研究中。里見の部屋は研究に関する本や資料などが山積みで、財前も若干引き気味?そして、ちょうど財前が来たからと来なかったカンファレンスの資料を佃に渡して置いてほしいってファイルを渡す。

そのファイルを見て患者の名前を見たら見覚えのある名前。野坂教授の妹さん?
それはさておき、財前が来た理由は、

「疲れてるんだ、ひどくね。僕は教授になり損ねるかもしれない。医局、同窓会、医師会への働きかけが大変なんだ。」
「…いやだなぁ、そういう話は。」
「僕が佃と安西をけしかけて、金沢に行かせたという噂は聞いたか?もちろんデマだ。だが、そんな卑劣なことをしたというまま、教授選には挑めない。里見」
「僕にどうしろというんだ?」
「大河内教授に取りなしてくれ。君であれば、先生も話を聞いてくれる。」
「断る。本当にデマなら、自分で釈明すればいいだろう。」

039_201905301555563a0.jpg



「我関せず。研究第一の里見だって、6年後に鵜飼教授が定年退官するときに、外から教授が来る事になると慌てるさ。」
「いや。僕は無理をしたり、妙な画策をしたり、自分の良心を失ったりしてまで、教授になりたいとは思わない」

そんな2人のやり取りを聞いてる三知代。修二の出世欲のなさに複雑な思い。

もう見つめ合わないでぇ~、完全に恋人みたいやんかぁ~(>_<)ドキドキ。

「悪かったな。全くお門違いの話をしてしまったようだ」
帰っちゃいましたよ~

そんな修二を見て三知代
「わかるわ、財前さんの気持ち。あなたがいつか第一内科の教授となり、より立派な研究をすることが、私にとって、何より生き甲斐だから。」

意外と奥さんは出世欲があるんだよねぇ~。里見も自分の信念を貫こうとするのは難しいのかもしれないね。
まだも又一が五郎の家に来てる。お茶漬けかっ込んでいきなり「離婚や!」ってソファでうたた寝していた杏子がビックリして目が覚めちゃったよ。五郎が教授にならんかったら離婚やって。無茶言うな又一。自分がなりたいのは難波大学の教授の父親の肩書やと。杏子もやろと言われ「そうやけど…」という表情は暗い。結局財前はケイ子のお店に来てる。

自分がもし教授にならなかったらどうするって。
「人事なんて所詮つまらないもので決まるもの、残酷で滑稽なただの人間喜劇よ。動揺して頭抱えたからって、形成挽回には何の役にも立たないじゃない。そんな顔しないで男前が台無しよ五郎ちゃん。」

どんだけ寂しがりなんですか、財前五郎さん。好きな人のところに行っては相手の気持ちを知りたいのね。
ケイ子からパワーを貰って、里見に預かったカンファレンスのレジュメ見ながら野坂教授に連絡する財前。

今回は、いよいよ本格的になった教授選がメインで、各々の票の取り合いが何とも嫌らしく展開されていましたね。
まさに弱みに付け込んでという感じで。でも医局の2人の暴走もあって、財前は精神的にかなりしんどい状態だと思いますね。
その影響で内科の里見にも影響があって、珍しく怒っていましたね。

でも、財前は里見と話す時は顔を見て話したいのかな?見て欲しいのかな?つれない方向を向いていると自分に向くように仕向けてますよね。里見も知っていても、あえて何も言わない。言うことは多分財前にもわかっているだろうから。

最後の愛込み、野坂派の票をどう自分のところに持ってこれるかですね。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .