FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
「宮本から君へ」第6話
2018.5.11(金)放送


031_20191002150409b5d.jpg


マルキタを辞める神保和夫(松山ケンイチ)から宮本浩(池松壮亮)への仕事の引継ぎが進むにつれ、宮本は神保の営業マンとしてのすごさを感じていた。仕事ができない今の自分を変えたいと思っていた宮本は、神保についていく決意をする。そんなある日、宮本は神保から飲みの誘いを受ける。待ち合わせの居酒屋へ向かうと、そこには神保と共に独立して新会社を立ち上げる、中野靖子(蒼井優)ら仲間が集まっていた。
名刺を作ったみたい?その1枚を見ながら田島は相変わらずな口ぶりに宮本も「自分には似合わないなぁ~」って。
神保さんからの引継ぎも、神保さんに対する顧客の信頼度の半端なさに落ち込んでるけど、そんな神保さんに対しても言いたい放題な田島(笑)

「俺の笑顔なんて引きつり笑いだもんなぁ~」
そして宮本は神保と引き継ぎで営業回りなんだけど、あくまでも引継ぎではなくて、コンビとしてきているというスタンスで相手さんとやり取りをしてほしいと神保さん。

「宮本ぉ~、おはようじゃなくて”まいど”だぞ。それから”まるきた”じゃなくて、”みやもと”だ。買ってもらうのは会社じゃない、お前だ。」
そう神保さんに背中を押され、精いっぱいの声で「まいど!みやもとです!」を声をかけております。

神保さんの事を「ち〇ぽかずお」なんて言われながらニコニコ笑顔で挨拶する神保さん。
神保は単に仕事だけのお付き合いではなくて、その人それぞれの家庭の事情なども把握して、美濃が奥さんの体調が悪いという話に適切な病院を紹介してらしく、具合がよくなったと大喜びで話しています。そんな様子を隣で精いっぱいの笑顔で聞いている宮本(笑)

営業部のデスクに着いたらまたも「まいど!みやもとです」と一声。
ここでもやはり神保さんに対してだけ返事が…早々に安達さんから仕事の話と神保。若干居心地悪そうな宮本です。

ワカムラ文具経由で、ていこう製薬の別製の仕事の話が来ているそうだけど、指定ではなくて競合の形だとのこと。
止め金具式のクリアファイル1万冊。これはかなり魅力的な話ですよね。

間髪入れず、安達に新しい名刺を渡そうとする宮本。神保さんもナイスアシスト。
しかし、すでに安達さんの耳には神保が引き継ぎのために宮本と来ていることも知られています。
「安達さん、その時は真っ先に言いますよ~」なんてとぼけた感じで言う神保。

「神保さん。安達さんには辞めること、言った方がよくないですか?」
「あの人は、俺の営業の最初の壁だった人だ。とにかく俺、安達さんには嫌われてなぁ~」
さっきの2人の姿を見てるので、神保の言葉に戸惑う宮本。
「そうだなぁ。だから辞めることは余計言えないだろう。俺は仕事に情が入るのが嫌でな。そんな甘ったれた関係になりたくない。」
「俺なんか、仕事のこだわりどころか、笑顔も出来ないからなぁ。」

束の間の一息の後
「神保さん、一つ聞いてもいいですか?仕事辞める理由って何ですか?もしよかったら」
「俺はもうすぐ、28だ。背伸びなしに30が見えてくる。30は、男が動かなくなる理由になる。そういうことだ」

ん~、多分宮本はわからないだろうね。視聴者もわからないだろうな(笑)

甲田美紗子の夢を見て、若干落ち込み気味な宮本?
それを払しょくするかのように笑顔の練習をしてみる。
女々しい自分を替えたいと思うので、自分なりに神保さんに言われた「まいど、みやもとです」をひたすら練習です。
会社では、神保さんが使っていたアタッシュケースを貰う宮本。モチベーションUPするよねぇ~。例えお下がりだとしても。

なんかまた自分勝手な掟を作る宮本だけど大丈夫?半年間は自分から商売の話をしないって、営業マンとしてそれは如何なものかと思いますけど…なんか違うんじゃない?

今日は宮本1人でハタダに向かうようです。
前回のように明るく大きな声で「まいど!みやもとです」と声を出す宮本、美濃さんに「今日は1人か」と言われわちゃわちゃかまってもらっているところに、益戸がやってきた。

事務所に移動した宮本は、社員の人たちと雑談しながらのリサーチ活動に励んでいます。
突然「神保」と言われとっさに返事をしてしまう宮本。益戸がわざとやらかした。

「ごめん、ジョークだから」という益戸に
「どういうことですか?」
神保に笑顔を教えてもらっているんだろうと益戸…そこへ安達が帰社。
ひとまず流れが変わってよかったけど、益戸も含め話を聞く事に。

ていこう製薬の件に関して
・クリアファイル1万冊
・表表紙にていこう製薬のロゴ
・その裏にポケットを作って新薬のパンフレットを入れられるようにする
・大きさは4版
・止め金具式30連結
来週頭までにサンプルと見積もりを安達さんのところまで持って行く。安達さんは宮本に優しく声掛けしてくれます。
さりげなく、さっきの名前の件をこれ見よがしに安達さんに言いながら益戸に投げかけております。
犬猿の仲と言われ、益戸に対して「僕は猿です。」と宣戦布告ですかね。

ハタダの仕事が終わって、神保に電話報告。
神保に褒められて面食らう宮本。そして神保から飲み会のお誘いが。
上野で待ち合わせをして向かった居酒屋には男女3人が神保が来るのを待っていました。
「宮本、俺、この連中と独立するから」

なんだか、楽しそうな神保とお仲間たち。
楽しいひと時が終わって、お開きとなりました。宮本と靖子は同じ方向なので、みんなと別れる。
靖子が神保さんは変わったと言われ興味津々な宮本。

「仕事がつまんなくて愚痴ばっかりこぼしてね、私もよく腹立てたもんよ。」
「へぇ~。そんな神保さん、全然想像つかない」
「そんな人が5年経って会社作っちゃうんだから不思議よね」
「中野さんの一言で」

照れる靖子。と2人ではしゃいでいると突然、靖子のヒールが折れちゃいました。
宮本にもう片方のヒールも折ってとお願い、戸惑いながら必死で折る宮本。

「神保さんの猿真似かぁ~。面白い言い方ね。」
「なんか、今はその方法しか見つかんなくて。」
「今はってことは、神保さんみたいに会社作りたいの?」
「いや、そういうことじゃなくて。恥ずかしい話今自分自身なくしちゃってて。」

完全に靖子のペースに振り回されている宮本。
ふと見ると粗大ごみの中に自転車発見!でも靖子は嘘か本当かわからないけど自転車運転できないから
宮本に運転しろと促している。そしてやはり警察に見つかっちゃうけど、もう止まることはできない、どんどんスピードを上げて走る宮本と靖子。しかしやはりゴミはゴミでした。その夜は楽しい別れとなりました。

翌日。宮本が出社したらすでに神保が出社していました。すでにていこう製薬の仕事の件で動いているみたいです。
そして出社そうそう、ワタヌキ文具へ。営業部の綿貫部長、神保が「たぬき」といった意味が少しわかった気がした宮本。

すでに益戸が手を回している感じです。胡散臭いおっさですね。
話をしているとやって来ました益戸が。遅れたお詫びに封筒を渡し、綿貫に昼食をご一緒にと、綿貫は神保にも声掛けるが「忙しいだろうから」と益戸。

益戸が部屋からいなくなると
「甘いんだよ、神保。俺ら、ガキ相手に商売してるんじゃねえだろう。ま、そこにそういうの1人その類のもんが混ざってるけどな」
言いたいこと言いますなぁ~嫌味な奴ですねまったくイチイチ。

綿貫の机の上に封筒は消え、自分の名刺だけはそのまま残されているのを見て、何とも言えない気分になる宮本なのでした。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .