FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
小雪さんが出演する、2020年4月放送予定連続ドラマW「鉄の骨」関連情報です。


ポスター001

<ストーリー>
中堅建設会社入社4年目の若手社員・富島平太(神木隆之介)は、不器用ながらも建設現場を愛する実直な男。そんな平太がある日突然、畑違いの「業務部」へ異動を命じられる。そこは公共事業などの大口案件の受注を担当する、「談合部」と揶揄される部署だった。くたびれた顔の部長や、粗野で男くさい先輩、泰然自若とした女性の先輩、切れ者で腹の底が見えない常務らとともに2000億円規模の公共工事の受注を目指す平太は、やがて談合を取り仕切る業界のフィクサーとの交流を深め、欲望やしがらみを目の当たりにする。

談合は“必要悪”なのか―。平太は“理想”と“現実”の間でもがきながらも会社の命運を握る仕事にやりがいを見いだしていく。一方、入札は大胆な技術革新に成功した平太たちがリードするが、そこに老練なライバル社の幹部たちが立ちはだかる。さらに大物政治家の官製談合を追う検察特捜部も動き出し、やがて平太にも捜査の手が伸びる。果たして入札のゆくえは、そして会社と平太の運命は…。



主演・神木隆之介(富島平太役)
初の池井戸潤、原作ドラマで主演を演じられることについて

まず、あの池井戸潤さん作品に出させて頂くことを大変光栄に思っています。
「鉄の骨」は、とても人気のある作品で、ファンの方もたくさんいらっしゃると思うので、プレッシャーを感じていますが、それと同時に、どんなドラマになるのか今からとても楽しみです!

脚本を読まれた際の印象

建設業界の専門用語も多かったので、少し難しい印象も受けましたが、とても面白かったです! 会社組織の中で働いた経験のない僕からしたら、色々なしがらみや圧力、それぞれの正義があったりと、社会で働いている方々は本当に大変なんだな…と思いました。

視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。

社会の中で戦う主人公を、繊細かつ時に刃の様な鋭さを持って、演じられたらいいなと思っています。この小説のファンの方にも、少しでも認めてもらえるよう、精一杯頑張りますので、ぜひ見てください!



原作者・池井戸潤
今からちょうど10年前に「空飛ぶタイヤ」が“連続ドラマW”で僕の初の映像化作品となりました。そして今回、奇しくも10年前に刊行した「鉄の骨」をドラマ化いただけることに運命を感じると共に大変嬉しく思います。出演者の皆さんの迫真の演技に期待しています。


内野聖陽(尾形総司役)
なかなか硬派の渋い作品ですが、談合にかかわる男たちの生き様をリアリティーを強く掘り下げて演じていけたらと思っています。


中村獅童(西田吾郎役)
今までに会社員の役はあまり演じたことがないのですが、新鮮な建設業界を舞台に、新しい役柄と出会えたことが嬉しいです。また、池井戸さんの作品に出演させていただくのは初めてなので、今回機会をいただけたことはとても有難いです。今から撮影を楽しみにしています。


土屋太鳳(野村萌役)
池井戸作品は女優としての背中を押していただいた存在ですので「鉄の骨」を機にまた一歩踏み出せたらと思いますし、WOWOWさんの現場に再び参加出来ることも大きな喜びです。キャスト陣の素晴らしさにプレッシャーを感じつつも喜びがはみ出しそう!毒と真実の渦の中で「女性の持つある意味での骨太さ」を表現したいと思います。


柴田恭平(三橋萬造役)
大手ゼネコンの顧問でありながら談合を調整する[三橋萬造]それぞれの利益がからみあうなかやさしさと冷酷さを合わせもつ魅力的な人物です。興奮をおさえながら静かに演じられたらと思っています。内野さん、神木君との初共演、とても楽しみです。


石丸幹二(内藤肇役)
池井戸先生はいつも、緻密なリサーチに基づいて、層を重ねるように物語を積み上げていかれます。だから、内も外もリアリティー重視で役作りをせねば、その世界観から弾かれてしまう。これまで、様々な業種の様々な役職を演じて参りましたが、幸いにも身近にその業界のビジネスマンがいて、事前に話を聞くことができました。が、さすがに今回は、周りに東京地検特捜部の人間はいない!さて、どうしたものかと思う日々です。


向井 理(園田俊一役)
「アキラとあきら」以来の池井戸さん原作。制作陣も同じとあって、またこの組に参加できて光栄です。池井戸さんの作品は元々骨格がしっかりしているだけでなく人間関係や登場人物の描写がとてもリアル。台本を読む時にすでに面白く、出来上がった作品がとても期待できるものです。どのような作品になるか、今から楽しみにしています。

小雪(柴田理彩役)
初めての池井戸潤さん原作の作品にお声がけいただき嬉しかったです。建設会社の談合問題を取り巻く人間模様、談合は必要悪なのかなど、これまで深く向き合ったことのない問題にこの作品を通して考えさせられました。今から撮影がとても楽しみです。「鉄の骨」是非、皆様にも楽しんでいただけたらと思います。


「鉄の骨」公式サイトはこちら

最終更新日:2020.2.28


2020.2.28記述
まんたんウェブより

神木隆之介:主演連ドラ「鉄の骨」ポスタービジュアル 土屋太鳳、向井理らとキリッとした表情

ポスター001



 俳優の神木隆之介さん主演で、4月18日から放送されるWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 鉄の骨」のポスタービジュアルが2月28日、公開された。ポスターは光が差し込む爽やかな空色を背景に、主人公の富島平太(神木さん)をはじめ、尾形総司(内野聖陽さん)、西田吾郎(中村獅童さん)、野村萌(土屋太鳳さん)、三橋萬造(柴田恭兵さん)、内藤肇(石丸幹二さん)、園田俊一(向井理さん)、柴田理彩(小雪さん)がキリッとした表情を見せている。「いまを生きる、すべての人へ捧(ささ)ぐ」というキャッチコピーが添えられている。

 ドラマは、発行部数60万部を超える人気作家・池井戸潤さんの小説「鉄の骨」(講談社文庫)が原作。中堅建築会社の若手社員が奮闘する姿と「談合」は“必要悪”かというテーマを描く社会派エンターテインメント作品。

 中堅建設会社入社4年目の若手社員、平太が突然、業務部へ異動を命じられる。そこは公共事業などの大口案件の受注を担当し「談合部」と揶揄(やゆ)される部署だった。個性的な同僚たちに囲まれ、2000億円規模の公共工事の受注を目指す平太は、やがて談合を取り仕切る業界のフィクサーとの交流を深め、欲望やしがらみを目の当たりにする……というストーリー。

 ドラマは全5話で、4月18日から毎週土曜午後10時にWOWOWプライムで放送。第1話は無料放送。


原作読んでないのでどんなドラマになるのか、池井戸作品だから今回も見どころはあるんだろうけど…


2020.2.14記述
映画ナタリーより

神木隆之介の主演ドラマ「鉄の骨」に皆川猿時、橋本良亮、小手伸也、西岡徳馬


002_202002141523467e8.jpg


WOWOWプライムで放送される「連続ドラマW 鉄の骨」の出演者が新たに発表された。

池井戸潤の小説をもとにした本作では、中堅建設会社入社4年目の若手社員・富島平太の奮闘を通して談合の是非を問う。神木隆之介が平太に扮し、中村獅童、土屋太鳳、小雪、柴田恭兵、向井理、石丸幹二、内野聖陽が出演。鈴木浩介と北野隆が監督、前川洋一が脚本を担当する。

今回明らかになったキャストは10名。皆川猿時が工事現場の所長・永山徹夫、宮川一朗太が業務部長・兼松巌夫、木下ほうかが御曹司・松田篤を演じる。また、東京地検特捜部の検事・北原慎司役に長谷川朝晴、事務官の嶋野一郎役に橋本良亮(A.B.C-Z)、トキタ土建の社長・山本誠司役に小手伸也、猪田組の常務・岸原貴之役に利重剛、真延建設の営業部長・長岡昇役に六角精児がキャスティングされた。そして宮崎美子が平太の母・富島八重子、西岡徳馬が道路族の大物議員・城山和彦に扮する。

「連続ドラマW 鉄の骨」は4月18日に放送スタート。毎週土曜22時よりオンエアとなる。


一気に登場人物の発表になりましたね。
一体どんなドラマになるのか要チェックです。



2019.12.25記述
映画ナタリーより

内野聖陽、中村獅童、土屋太鳳、柴田恭兵が神木隆之介の主演ドラマ「鉄の骨」に出演

神木隆之介が主演する「連続ドラマW 鉄の骨」に内野聖陽、中村獅童、土屋太鳳、柴田恭兵、石丸幹二、向井理、小雪が出演することがわかった。

池井戸潤の小説をもとにした本作では、中堅建設会社入社4年目の若手社員・富島平太の奮闘を通して談合の是非を問う。平太を神木が演じ、「連続ドラマW アキラとあきら」でもタッグを組んだ鈴木浩介と前川洋一がそれぞれ監督と脚本を担当した。

平太の上司である常務取締役・尾形総司役で内野、業務部次長・西田吾郎役で中村、業務部の紅一点・柴田理彩役で小雪が出演。また平太の恋人で白水銀行に勤める野村萌を土屋、 萌の上司であり融資課の課長代理・園田俊一を向井、談合を裏で取り仕切るフィクサー・三橋萬造を柴田、そして官製談合を追う東京地検特捜部の副部長・内藤肇を石丸が演じる。

内野は「なかなか硬派の渋い作品ですが、談合にかかわる男たちの生き様をリアリティーを強く掘り下げて演じていけたらと思っています」とコメント。中村は「会社員の役はあまり演じたことがないのですが、新鮮な建設業界を舞台に、新しい役柄と出会えたことが嬉しいです」と述べている。

「連続ドラマW 鉄の骨」はWOWOWプライムで4月にスタートする予定。毎週土曜22時より放送される。


小雪さん、トップリーグに続き次回のお仕事もwowowさんですか。
なかなかキャストも面白そうです。

これから撮影だとしたら、ケンちゃんも映画の撮影入ってるだろうから、大変かなぁ~。
またバリバリキャリアな感じのキャラなんだろうか…
取り合えず楽しみが増えた。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .