FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
映画「BLUE ブルー」関連情報
2021年4月9日公開予定、映画「BLUE ブルー」関連情報です


ポスター001


■ 松山ケンイチ コメント
吉田監督の作品は言語化できない映画言語だと感じていましたが、今回の脚本もそうでした。この脚本を読んだ時の感動を表現する言葉が今でも見つかりません。瓜田は、自分の培ってきた全てを他人になんの躊躇もなく差し出すことができる人です。敗者は勝者を作り想いを繋ぎます。またその勝者はいつか敗者となり次の勝者を作り繋ぎます。自分は次の世代に何を繋いでいくのか考えさせられました。

■ 木村文乃 コメント
ずっと素敵だなと思う作品を作られている吉田監督とのお仕事のチャンスに、これは面白くなるぞ、とマネージャーさんと喜んだことを覚えています。一途で真っ直ぐでどうしようもない、そんな“男”と言う存在をとても愛おしく思う映画が出来ました。

■ 柄本時生 コメント
肉体を使う仕事をほとんどしたことが無かったので楽しかったです。ここまでボクサーを描かれた本はないのかなと。。
ボクシング以外無いんだと言われている感じがしました。静かに起きる衝動を是非。

■ 東出昌大 コメント
4人のボクサーの人生が映っていました。
教訓めいた事も、下手したら感動すらも、お届け出来ないかも知れません。
しかし、紛れもない事実として、人生を賭けて戦う人々が映っていたこの映画を、私は愛おしく思います。


映画『BLUE/ブルー』予告編

「BLUE ブルー」公式サイトはこちら

最終更新日:2021.4.10



2021.4.10記述

#56松山ケンイチさん​ 瓜田と自分の共通点と人生観を変えた出会い『BLUE/ブルー』|新・伊藤さとりと映画な仲間たち


さとりさんのインタビューはいつも安心して見られます。
やはり、長くお付き合いしているのでインタビューの内容でもファンが聞きたい部分をちゃんとポイントとして聞いてくれるし、
ケンちゃんも安心してはなしが出来ているように思います。

特にガチャガチャで「無人島に持って行くとしたら」の答えが即答で「妻」って(笑)本当は家族と言いたかったけど1つと言われたら(物じゃないけど)妻だって、良いねぇ~夫婦円満が家族円満の基本ですもんね♪

あと、崔監督の事も怖い顔してるけどキューピット(笑)本当にそうですもんね。崔監督が居なければ今の幸せはないわけで(笑)
良いインタビューでした。



松山ケンイチ主演『BLUE ブルー』𠮷田恵輔監督が語る!!結果を残せなかった人々に捧げる映画 活弁シネマ倶楽部#154


こちらの動画は公開の時リアルで観ていましたけど、瓜田と小川と千佳の関係を「あだち充感を出してみた」って監督面白かった(笑)こちらも是非ご覧ください。

2021.3.19記述
M-ON!PRESSより

「距離取れよ!」映画『BLUE/ブルー』松山ケンイチが、ソーシャルディスタンスを呼びかける劇場用マナー広告公開

劇場用マナー広告では、竹原ピストルが歌う映画『BLUE/ブルー』主題歌「きーぷ、うぉーきんぐ!!」も爽やかにフィーチャー!
映画『BLUE/ブルー』が4月9日より新宿バルト9他にて全国公開される。



松山ケンイチ主演『BLUE/ブルー』4.9(Fri.) |映画鑑賞マナーのお願い


主演は、演技派俳優として確固たる地位を築く松山ケンイチ。情熱はあっても才能がなく、試合には勝てない主人公・瓜田を熱演している。同じジムに所属する、強さと才能をあわせ持つ後輩・小川を演じるのは東出昌大。固い友情で結ばれながら、瓜田が憧れと嫉妬を抱くライバルとして存在感を発揮している。また、モテるために始めたボクシングにのめり込んでいく新人・楢崎に柄本時生。この3人は『聖の青春』以来5年ぶりの顔合わせとなった。

ヒロインは、吉田監督作品への出演を熱望した木村文乃が務め、瓜田の初恋の人でありながら、今は小川の婚約者という、ふたりの間で揺れる千佳を演じる。理想と現実の間で悩みながら生きる登場人物たちの姿と、夢に焦がれた葛藤だらけの青春の日々。監督・脚本は吉田恵輔。
※「吉田恵輔」の「吉」は、つちよしが正式表記。

そして、映画『BLUE/ブルー』の劇場公開に先駆けて、このたび、本作の映像を使用した劇場用“マナー広告”が完成!

劇中のボクシングにまつわるシーンをユニークに繋ぎ合わせたもので、登場するのは瓜田(松山ケンイチ)、小川(東出昌大)、楢崎(柄本時生)の、同じジムに通う3人組。

*携帯電話で対戦相手の過去映像を覗き込む瓜田と小川の姿に「携帯の電源はOFF!」
*パンチングボールをひたむきに打ち続ける瓜田の映像に「前の席を殴らないで!」

さらに、

*生まれて初めてのマウスピースをはめる楢崎に「マウスピースではなくマスク!」
*小川の試合で相手と「距離取れよ!」と声を上げる瓜田の映像に「劇場から出るときはソーシャルディスタンス!」

など、コロナ禍におけるマナー喚起も展開されていく。

本映像は、本日3月19日より、映画『BLUE /ブルー』公開予定のT・ジョイ系列の映画館にて上映される予定だ。


また、マナー広告でフィーチャーされている、竹原ピストルが歌う主題歌「きーぷ、うぉーきんぐ!!」のミュージックビデオ(『BLUE/ブルー』Ver.)も完成!

映画『BLUE/ブルー』の本編映像がふんだんに使用され、平凡と非凡、恋と友情、あこがれと嫉妬など複雑な感情を胸に秘め、理想と現実の狭間でもがきながらも、挑戦し続ける登場人物たちの姿が映し出されていく。

まさに挑戦者への応援歌として、竹原ピストルが彼らにエールを送る胸アツな内容だ。

なお、学生時代にボクシングを行っていたという竹原ピストルだが、今回のミュージックビデオにはセコンドに立つ竹原の姿も! ファンは要チェックだ。

リリース情報
2021.03.17 ON SALE
竹原ピストル
DIGITAL SINGLE「きーぷ、うぉーきんぐ!!」

映画情報
『BLUE/ブルー』
4月9日(金)より新宿バルト9他にて全国公開
出演:松山ケンイチ 木村文乃 柄本時生 / 東出昌大
監督・脚本・殺陣指導:吉田恵輔
主題歌:竹原ピストル「きーぷ、うぉーきんぐ!!」
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(C)2021『BLUE/ブルー』製作委員会


なかなか面白い仕上がり、映画館で観れるかなぁ~(笑)
「マウスピースじゃなくてマスク」ってそう来ましたかぁって感じです(^O^)
皆さんもくれぐれも鑑賞マナーを守って楽しく映画鑑賞しましょう。




2021.3.12記述
シネマトゥディより

松山ケンイチ×木村文乃×東出昌大の三角関係が切ない…『BLUE』新カット


008_2021031200281293f.jpg


 松山ケンイチが主演を務める映画『BLUE/ブルー』(4月9日公開)から、切ない三角関係の模様を捉えた新カットが公開された。

 『ヒメアノ~ル』『犬猿』などの吉田恵輔監督が、30年以上続けてきたボクシングを題材に自ら脚本も手掛けた本作。脚本に惚れ込んだ松山が約2年もの間じっくりと役づくりを行い、誰よりもボクシングを愛しているが、どれだけ努力しても負けてばかりの主人公・瓜田を演じる。

 瓜田と同じジムに所属する、ライバルで後輩の小川にふんするのは東出昌大。そんな小川の婚約者であるヒロイン・千佳役を木村文乃が務める。実は千佳は瓜田にとって初恋の人で、強さや恋といった自分が欲しいものを全部持っている小川に、瓜田は複雑な思いを抱え続けていた。ところが、ある出来事をきっかけに瓜田が二人の前でその思いを吐き出してしまい、彼らの関係が変化しはじめることに……。

 新たに公開された場面写真では、千佳が試合に負けた瓜田を励ます姿や、婚約中の小川と千佳の食卓風景などが確認できる。なかには、三人が夜道で佇む意味深なシーンもあり、それぞれの思いが交錯する切ない三角関係が、どんな結末を迎えるのか気になるところだ。(編集部・吉田唯)

明日から(いや今日か)「ブレイブ」が公開になりますが、プロモはほぼ(舞台挨拶は登場するみたいだけど)若手に任せているみたいで、やはり本命は「ブルー」ですね。テレビのプロモ一体どうなるのか気になりますよねえ~。(ボクらの時代希望します(笑))




2021.2.2記述
シネマトゥディより

松山ケンイチ主演『BLUE/ブルー』予告編公開 主題歌は竹原ピストル!

松山ケンイチがボクサーにふんする主演映画『BLUE/ブルー』の公開日が4月9日に決定。併せて予告編が公開され、主題歌に竹原ピストル書き下ろしによる「きーぷ、うぉーきんぐ!!」が起用されたことが明らかになった。

 本作は、『ヒメアノ~ル』『犬猿』などの吉田恵輔監督(「吉」は「つちよし」が正式表記)が、30年以上続けてきたボクシングを題材に、自ら脚本を書き上げ、三者三様のボクサーを描く青春映画。情熱はあっても才能が無く試合に勝てない主人公・瓜田に、脚本に惚れ込み約2年にわたって役作りに臨んだ松山ケンイチ。同じジムに所属する、カリスマ的な才能を持つ後輩・小川に東出昌大、モテるために始めたボクシングにのめり込んでいく新人・楢崎に柄本時生。瓜田の初恋の人でありながら、今は小川の婚約者であるヒロイン・千佳に木村文乃がふんする。

 予告編は、瓜田が千佳の手にバンテージを巻く穏やかなシーンからスタート。瓜田がボクシングを始めたきっかけがそこで浮かび上がり、「ボクシングを始めたこと後悔してる?」と千佳に聞かれた瓜田が「後悔してないよ……でも」と言葉を濁す。瓜田、小川、楢崎それぞれのボクサーとしての生きざまが映し出され、後半では瓜田が小川に「お前が負ける事祈ってたよ」とショッキングな言葉を吐く。

 松山と東出は、実在の棋士にふんした2016年公開の映画『聖の青春』に続いてライバルの設定で共演。殺陣指導も担った吉田監督は“ボクサー版『トキワ荘の青春』”を目指し、「流した涙や汗、すべての報われなかった努力に花束を渡したい気持ちで作った」という。(編集部・石井百合子)

ポスター見て公開日が4/9みたいですね。3月にブレイブで4月にブルー、これは大忙しになりそう…
あとはコロナの動向次第という感じですかねえ~。
清盛の撮影中の時に玉木さんがボクシングジムに通っているというのを聞いてケンちゃんも始めたとか言っていたことがあったね。若い時期にもドラマでボクシングしたり(ボクシングよりも銭湯のシーンがインパクトあり過ぎて…(;^_^A)

でっくんと時生君そして文乃さんとの共演もメチャ嬉しい。
予告編、一体でっくんはどうなるの?色々気になるねぇ~公開待ち遠しいっす。




2020.12.8記述
映画ナタリーより

松山ケンイチ主演のボクシング映画が4月公開!共演に木村文乃、柄本時生、東出昌大

「ヒメアノ~ル」「愛しのアイリーン」などで知られる吉田恵輔の新作「BLUE/ブルー」が、4月より東京・新宿バルト9ほか全国で公開。松山ケンイチが主演を務め、木村文乃、柄本時生、東出昌大が脇を固める。

ボクシングのリングにおいてランキング下位の挑戦者が立つ青コーナー。本作は、そんな青コーナーに立って闘い続ける若者たちの姿を描いたボクシング映画だ。主人公は人一倍ボクシングに情熱を注ぎながら、負け続きのボクサー・瓜田。彼を取り囲むのは、抜群のセンスを持つジムの後輩・小川、好きな女性のためにボクシングを始めた新人・楢崎、そして瓜田の初恋の人で小川の婚約者である千佳という面々だ。複雑な思いを抱えた4人それぞれの物語が紡がれる。

脚本に惚れ込み、2年掛けて役を作り込んだ松山が瓜田を演じたほか、千佳に木村、楢崎に柄本、小川に東出が扮した。吉田は8年の構想を経て、自ら脚本を執筆。中学生の頃から30年近くボクシングを続ける経験者でもあり、撮影では殺陣指導も兼任した。「何箇所もジムを渡り歩き、沢山のボクサーと出会い、見送っていきました。そんな自分だからこそ描ける、名もなきボクサー達に花束を渡すような作品を作ったつもりです」と語っている。キャスト陣によるコメントは下記の通り。

※吉田恵輔の「吉」は「つちよし」が正式表記

「みおつくし料理帖」の時もかなり痩せていたし、「ブレイブ」の信長様もすっきりしたお顔していたけど、この役作りの為だったのかな?(でも今はまた普通の体形に戻っているみたいに見えるけどね)そして共演者、良いね良いね、でっくんと久し振りの共演だね。あと時生君や木村文乃さんなど共演したことある人がいるというのはなんだか嬉しいし撮影も楽しかったんじゃないかなぁ~。

知らない間にも色々撮影してくれているのがわかってファンとしてはホッとしましたね。



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
いつも情報ありがとうございます
こんにちは、mayさん。

またまた楽しみが増えました。
冬が始まったばかりなのに春が待ち遠しいです。
シュッとしたケンイチ君は、はぁ~・・・カッコいいなぁ♪
2020/12/08(火) 15:14 | URL | kei #-[編集]
Re: いつも情報ありがとうございます
Keiさんこんにちは<(_ _)>

> またまた楽しみが増えました。
> 冬が始まったばかりなのに春が待ち遠しいです。
> シュッとしたケンイチ君は、はぁ~・・・カッコいいなぁ♪

ほんに、ほんに(^O^)
昨日、2回目の「ホテルローヤル」に行ってきました。10日が最終ということで
慌てて行ってきました。

肉体を酷使するのは心配ではありますが、まぁその辺は奥様が考えてくれていると思うので大丈夫だとは思うけれど。
何の時だったかなぁ…見たときに手が凄く気になっててどうしたんだろうと思っていたけど、多分ボクシングをしてい
たからだと腑に落ちました。

「聖の青春」のトリオ再び(笑)
どんな作品になるのか楽しみがまた増えましたね。(3月はブレイブ、4月はBLUEですね、春が待ち遠しい)

2020/12/09(水) 10:26 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
早く松ケンの信長がみた~い
こんばんは
ま~すごいですね、年末からたてつづけではないですか
楽しみが続きますね

話は変わりますが「ホテルローヤル」が宮崎では、まだなんです
19日からですよ、しかも、少し小さな映画館(-_-)
「みをつくし料理帳」は2回見ました。
ラジオに「たった1分の松ケンを見るためにまた、見に行きます」と投稿したら、招待券が当たりまして、ただで見に行けました
「ブレイブ」?
これはエキストラ募集していたので応募しようかと思っていましたが、あしがると高校生なので諦めました(ToT)

「こもりびと」
こんな役をして嫌だなあと、思いましたが見いってしまいました。やっぱり松ケン、引き付けるものがありますね

ちまたではまだまだ大変な状態ですが早く大阪に行きたいと思っています

すみません文章を書くのが下手でメチャクチャ

そちらは都会で大変だと思いますがコロナに気をつけてください
2020/12/09(水) 19:42 | URL | よう子 #/pdu0RA.[編集]
Re: 早く松ケンの信長がみた~い
よう子さん、こんにちは<(_ _)>

> ま~すごいですね、年末からたてつづけではないですか
> 楽しみが続きますね

何とか来年もドラマやスクリーンでケンちゃんを観ることができるので一安心ですよね(笑)


> 話は変わりますが「ホテルローヤル」が宮崎では、まだなんです
> 19日からですよ、しかも、少し小さな映画館(-_-)

これからなんですね。関西は今秋でほぼ公開終了みたいです。
基本的に鬼滅の刃以外の作品はコロナの関係で長々上映できないのかなぁ~厳しいです
(と言っても「鬼滅の刃」も本当に凄く良い作品ですから)

> 「みをつくし料理帳」は2回見ました。
> ラジオに「たった1分の松ケンを見るためにまた、見に行きます」と投稿したら、招待券が当たりまして、ただで見に行けました

おぉ!ラジオにメッセージ書いて良かったじゃないですかぁ~。
本当はもう1回観たかったんだけど…。

> 「ブレイブ」?
> これはエキストラ募集していたので応募しようかと思っていましたが、あしがると高校生なので諦めました(ToT)

あはは~。なかなか女性のエキストラとかなさそうだしあっても高校生役とかだろうからね。
ケンちゃんに会えるかどうかもわからないし、スクリーンで作品を楽しみましょう♪


> 「こもりびと」
> こんな役をして嫌だなあと、思いましたが見いってしまいました。やっぱり松ケン、引き付けるものがありますね

どうなるのか毎回ドキドキでしたけど、とても良かったですよね。
Twitterなどでも本当にケンちゃんの演技が良かったというコメントが多くて嬉しいですよね。

今は「日本沈没」の撮影しているんじゃないでしょうか。
(これならエキストラ沢山募集とかあるかもしれませんけど、コロナ禍ですからねえ。
ドラマや映画の撮影も本当に大変そうですよね。

> ちまたではまだまだ大変な状態ですが早く大阪に行きたいと思っています

今、大阪もまた危険なので、当分は来阪はむりでしょうね。
我が家も特定疾患持ちがいるのでGoTo関連は利用できず、仕事以外はほぼ自粛(映画鑑賞は安全だから行きますけど)
って感じです。

お互い体には気を付けながらケンちゃんを応援しましょうね~。
2020/12/12(土) 09:11 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .