FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています

昨日韓国で行われたRainのファンミーティングでRainが成功論についてこんなことを話していたそうです。

 
ファンたちからのプレゼント、デビュー7周年記念のケーキの前で…013_20090727114141.jpg

 

 

 

歌手で俳優のRain(ピ)が“成功の道”に対する率直な考えを打ち明けた。

26日午後、ソウル市東大門区の慶煕大学平和の殿堂で、Rainはグルーバルファンミーティング「2009 Rain`s global Fan Meeting in Seoul 'Rain Theater」を開催。ファンミーティングには日本、香港、中国、タイ、台湾などアジア各国のファンが詰め掛けた。

Rainは「失敗を恐れたら、何もできないようだ。歌手としてデビューした時、一度出たが名前も残せず消えて、傷ついたらどうしようかと考えた」と述べ、「しかし僕が次に傷を受けることを恐れてためらっていたら、今の僕はいなかっただろう」と語った。

「失敗をするたび、成功に少しずつ近づいていってる気がする。本を読んでも、成功した人は失敗して成功をつかんだケースが多かった」とし、「失敗をすればするほど、次に失敗する確率が少なくなるようだ」と語った。

 またRainは、20代に対する深い考えも明かした。

「20代はプレゼントだ。苦痛の中で一生懸命過ごせば、30-50代は楽になるだろう。甘い20代を楽しんでしまったら、30代後半から苦痛が始まるのではないか」とし、「20代にすべてやってみて、30代は力強くなって自分の家族や友人の面倒をみてあげることができると思う」と伝えた。

もっと自分のことを考えていいのに…
まぁ、それがチョンジフンという人だから仕方ないか…(笑)

先日、ニンジャアサシンの試写を見たときエンドクレジットの最初に自分の名前が出てくるのを見て本当に感激して涙がこみ上げてきたって…

サイボーグの時も初めての作品だからとあえて先輩方の後ろにクジレットしてもらい、スピードレーサーの時もやはり、お願いして先輩方を先にクレジットしてもらい真田さんの後ろにクレジットを入れてもらった人が、今度こそ本当に自分が主役だという作品で一番最初にクレジットが出てくるのを見ると嬉しいよね。

多分、私たちファンもみんな感慨深い思い出となる作品になると思います。

そして、いつももっと頑張っていくために、敢えてアンチ記事や書き込みを探してみていたりするらしい(まぁ以前からそんなこと言っておりますが…)言われれば言われるほど「もっと頑張ってやる!」と思えるのならいいけれど、あまり無理だけはしないでほしいね。

私もいつもRainのそんな言葉に励まされて頑張ろうと思って日々生活してるよ~。
これからコンサート(参加しないけど納得してるから大丈夫だよ)もあるし、そして映画のプロモーションでまた世界を飛び回らないといけないし、くれぐれも体調には気を付けて無理しすぎずに(練習しすぎるとすぐお肌のコンディションが悪くなるし、唇に熱の花とかできちゃうんだから)楽しく過ごしてほしい。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .