FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています

「銭ゲバ」を見ていて、以前からちょっと気になっていたんですけど…
「そんなこと今頃気が付いたの?」と思われるかもしれませんが(汗)

 

カメラマンの迫さんが「ハート」と題して書いてくれたblogの中の意味が今頃はっきりわかったんです

今回銭ゲバでやろうとしてる事は心の揺れ動きを映像で大胆に表現していく事です。変なフレームの映像が多いと思いますが一つ一つ人の気持ちを表現しようと思っています。


この意味の答えがこれだと思うのです。
劇中で時々、意図的に手ぶれのようにカメラがゆらゆら~としてるシーンが出てくるんです。
以前から何気に気になってはいたんですけど、今日はっきり分かりました(多分)

この「ゆらゆら~」と手ぶれのように揺らめいているときってその時いる誰かの心理状態を表現しているようです。

特に伊豆屋のシーン…音楽や一見楽しそうなシーンに見えるけれど、よく見ると毎回かなりゆらゆら度が高いんです。あと、健蔵父ちゃんと風太郎のシーン、一瞬風太郎が?と思うんだけどどうも健蔵父ちゃんの方に何かあるようです。

自分が心理的に不安なことや、葛藤や疑念とか憎しみ?など良からぬことがある場合、この「ゆらゆら」とした画面になるようです。(実際具体的にどういう時にとは検証してないので確証出来ませんが…)

分かりやすいのは…7話のステーキを食べるシーン
風太郎が今までの事を話しだすとゆらゆらが始まります。風太郎のアップの時とスリーショットのとき画面は止まっていますが、茜や緑が映る時はゆらゆらしています。(風太郎が後ろ姿の時はゆらゆら~)
そして、緑が風太郎に「あなたは人間…」と話してる時は風太郎がかなり心理的に動揺してるようです(見た目は平気そうに見せていても画面がゆらゆら~していますから))

こういうのを意識しながら銭ゲバを見るともっと楽しめそうですよ。(あぁ、このシーンは誰かが動揺してるとか、葛藤してると本気とかそうじゃないんだとかわかりますよ)

多分まだまだいろいろ隠された何かがあるんだろうけど…(汗)

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .