FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています

 歌手で俳優のRAIN(ピ)が29日、「2009 RAIN ASIA TOUR IN JAPAN」アジアツアー」をさいたまスーパーアリーナでスタートさせた。


 RAINは約2年ぶりのツアーを前に、記者会見を行い、「今回、2年ぶりのツアーの最初の公演を日本で行うことになりうれしく思っている」と、その意気込みを語った。

004_20090830140420.jpg

 

久々のライブに緊張は、との問いに「緊張というより楽しいほうが先立っている。コンサートではあるがファンの皆さんと一緒に過ごす別の形ファンミーティングだと思っている。ファンの皆さんにどのように見せていくか、ステージをひっぱっていくかにポイントを置いている」とし、「これまでは、特殊効果や、パフォーマンスの過激な部分が見られてきたような気がするが、今回はシンプルに、私自身にフォーカスしたような自然で、余裕が出てきたRAINを見せたい。緊張というよりも、余裕を持って自ら楽しんでいる」と語った。


色んなコンセプトがあっていいんだもんね。派手な舞台もいいけれど、シンプルな舞台でパワフルなダンスナンバーの歌やそしてしっとりとしたバラード曲なども沢山歌ってほしいし、今回はそういう感じのコンサートなのかもしれません。この記者会見の中でRainがこんな風に言っています「いくら美味しいものでも実際食べてみないとそれが美味しいのかどうかわからないとおもいます。だからまず実際コンサートを見て判断して欲しい」って。あまりにグルメになり過ぎたファンたち、そして先入観が先に立ち目もくれない人たち、WTの時、初めてRainのコンサートを見た人に感想を聞いたことがあります。その人はマドンナやいろんな外国人の歌手のステージを見たことがある人で特にK-POPを聞いたりした事がない人でした。ドキドキしながら感想を聞くと「いやぁ、凄かったです。マドンナとかよりも良かった」と。嬉しかったですね本当に。今回のステージでもそういう感動をしてくれる人たちがいてくれると嬉しいです。

 久々のコンサートで、ダンスについての不安はないかとの質問に自分にとってダンスは人が手にはしを持つようなもの。15年間やってきて、さらにこの2年間トレーナーに付いてダンスレッスンをやってきたので、新しいダンステクニックを見てもらえると思う。この2年は映画を中心に活動してきたが、昨年秋には5枚目もアルバムもリリースして頑張ってきた。新しい姿と、皆さんが知っている姿を融合して、さらに楽しめるようなものを見せていこうと思っている。ダンスはテクニックよりも、自分自身がどれだけ楽しんでできるかが重要なので、今回も思いっきり楽しんで皆さんにお見せしたい」と自信を示した。


 今回のツアーに関しては「6カ月間準備をしてきた。以前は華麗、ダイナミックなパフォーマンスだったが、今回は、シンプルでモダンでクリーンな感じ。皆さんが楽しめるステージとアピールし、今後の予定としては中国、韓国、そしてアジアの国々でも公演を行う予定で、『ニンジャ・アサシン』が終わった後はヨーロッパ、アメリカにも行きたいと思っていると明かした。『ニンジャ・アサシン』公開時には、日本でファンイベントも計画しているとのことだ。

006_20090830141010.jpg

 
 また、ドラマ復帰に関しても触れ、「ドラマをやろうと思っている。大作より、共演者の皆さんと呼吸が合うような気軽な身軽なドラマを。秋に『ニンジャ・アサシン』が公開されるが、スケールが大きいものだっただけに、撮影がかなり大変だった。それだけに、軽い気持ちで軽快にできるようなものを探している。大作の話が多いが、気軽に楽しめるような恋愛ものなどに出たい。今2つぐらい気に入っているものがあるが、まだ確定には至っていない」との抱負を語った。


韓国でもドラマのオファーもあるみたいだけど、こればかりはどうなるかわからないからね…
アジアツアーとニンジャアサシンのプロモーション活動でドラマを撮影している時間や余裕が果たしてあるのだろうか…

でも、やはり演技している姿も見たいと本当にファンって欲深いものです(笑)

 最後には「忙しい日程で日本に来ることが多いが、いつも皆さんに応援してもらって感謝している。今後、もっと幅広い場所で活動すると思う。映画の公開もあるし、アルバムも予定している。これからも応援をよろしくお願いします」とファンにメッセージを残した。

いつも忙しいのに日本のフりァンのことを考えてくれて、そしてまぁ、下世話な話だけどほかのアジアの国では商品を作っても海賊版や違法DLなどの問題もあるというので、日本で色々アルバムを作ったりしてくれて、お金はかかるしプロモはなかったりしつつも、忙しい中でそれも彼なりの誠意だと思えば嬉しいものです。

色々Rain周辺ではいつもあらしが吹き荒れて私たちも吹き飛ばされそうになりながらもこれからもしがみついていくつもりです。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .