感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2009.9.10記述
Cinema★cinema【Back shot story 】より

cinemacinemano20003_20090910100846.jpg

 
 

この日は1日取材だったという松山ケンイチさんは疲れも見せず、時に熱く、時に真摯に考えながらインタビューに答えてくれました。
しかし実は一番語ってたのが、本誌共通質問で語っていた森田芳光監督の映画話だったのはここだけの秘密(笑)。

【食が印象的な映画】

森田監督の作品はすべて好きで、常に時代に敏感でさまざまな要素を題材にした先鋭的な作品ばかりなのがすごい。

そういう意味で、現代を代表する監督の1人だと感じています。個人的には06年の「間宮兄弟」で、エンディングロールの際、往年のコントのように「たらい」が落ちてくるところなんて最高です。役者となったからには一度は「たらい」を落とされたいと本気で思っています(笑)

cinemacinemano20004.jpg

 

ってあーた、コメディアンじゃなくて俳優なんだけど…たらいを落とされたいって(笑)
「サウスバウンド」の警官役、後半からの出番だったけど、ホンワカしててトヨエツさんとのキャラとのバランスが絶妙でした。

飄々としてて、でも最後はトヨエツたちを助けてあげるのが何とも殺伐としそうなシーンにスパイスを添えているんですよね。(他の仲間とのコンビネーションであの家族を助けてあげるのは)

椿三十郎の伊織もすごく一途で必死感があるのにそれが絶妙にコミカルに感じれるんですよね。

きっと小雪さんが出演した「わたし出すわ」についても色々小雪さんから話も聞いたりしていたことでしょうしね。

「家族ゲーム」本当にあの一列になった食卓のシーンは面白いし、ストーリーも面白かった、松田優作がああいう雰囲気の作品でああいう家庭教師の役をしたのも初めてだったんじゃないかな?子供ながらに衝撃的でした(笑)

ドタバタコメディ作品とかをもっとやりたいのかな?
いや、シリアスの中での一瞬の「クスッ」としたシーンを狙う奴だな、うぬというやつは(笑) 
 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
けほほ~
「間宮兄弟」のたらい、うらやましかったんだね~

おいしい!
って思ってんだね~
やっぱり、つぼは心得ているからこそ、
コメディのセンスがキラリと光るんだね!

いつか、でっかいの落としてもらってくださいね^^
2009/09/12(土) 21:43 | URL | 熱情 #mQop/nM.[編集]
Re: けほほ~
熱情さん

> 「間宮兄弟」のたらい、うらやましかったんだね~

「パコと魔法の絵本」では妻夫木さんも頭からたらい落とされていましたからね(笑)

> おいしい!
> って思ってんだね~

ふふふっ

> いつか、でっかいの落としてもらってくださいね^^

アハハ~おもいきりベタなコメディをひとつお願いしたいもんですね(^-^)
2009/09/13(日) 19:54 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .