FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
まんたんウェブより

008_20090923224148.jpg

 

 白土三平さんの名作マンガを映画化した「カムイ外伝」(崔洋一監督)の舞台あいさつが23日、新宿ピカデリーであり、主演の松山ケンイチさんと崔監督が出席。「シルバーウイーク」の5日間で全国27カ所で計31回にも上る舞台あいさつをこなした松山さんは「移動はばたばたしたりもしましたが、全国の皆さんに力をもらいました」と強行軍の疲れも見せず笑顔を見せた。

 「カムイ外伝」は、週刊少年サンデー(65~67年)やビッグコミック(82~87年)に連載された忍者マンガの傑作。忍びの世界に嫌気が差し「抜け忍」となったカムイ(松山さん)は、漁師の半兵衛(小林薫さん)を助けたことから家族に迎えられるが、半兵衛の妻スガル(小雪さん)は、カムイのかつての仲間で、抜け忍だった。カムイを追っ手と信じて疑わないスガルは、カムイに心を許さないものの、半兵衛の娘サヤカ(大後寿々花さん)と心を通わせたカムイは、穏やかな日々に幸せを感じていた。しかし、カムイを追う忍びの軍団がすぐそこまで迫っていた……というストーリー。

舞台あいさつは、19日の丸の内ピカデリーを皮切りに、北は北海道、南は福岡まで、5日間で全国27カ所を巡るもので、移動距離は計5302キロにも上った。崔監督は「長い期間だったけど、ここからが始まり」と舞台あいさつを振り返り、“男泣き”する一幕もあった。【立山夏行】


009_20090923224231.jpg

 

いつも思うんだけど、ケンイチの作品の全国プロモっていつも恐るべき距離を移動してるんだけど、他の作品とかってどうなの?なんだかギネスとかに登録できそうな気もするんだけど…(笑)

でも、崔監督の涙…本当にこの涙に報いるためにも頑張ったケンイチのためにも、その他のスタッフやキャストの頑張りのためにも必ず続編が作れるように感違いレビューを書いている人たちに負けないように私たちも頑張らなくてはなりませんね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です~~~~~~~~!!
監督がウルウルしてる~!!
はぁ~~・・・終わったんですね~。
監督もケンイチもお疲れ様だ~~!!
監督の感無量・・・わかるわかる、ウン、いい"息子”と一緒に回れてよかったね。
2部3部、待ってるぞ~~~~~!!
ううう・・・うるうるうる。。。。。
2009/09/23(水) 23:06 | URL | くろすけ #MgIxvhDQ[編集]
Re: お疲れ様です~~~~~~~~!!
くろすけさん

> 監督がウルウルしてる~!!

わかるね、ケンイチとそして来てくれた全国のファン、そして参加できなかったファンの気持ちと一緒に走り続けたんですもんね。

ケンイチも生放送やその他1人でのテレビ出演もよく頑張りましたし…

> はぁ~~・・・終わったんですね~。
> 監督もケンイチもお疲れ様だ~~!!
> 監督の感無量・・・わかるわかる、ウン、いい"息子”と一緒に回れてよかったね。
> 2部3部、待ってるぞ~~~~~!!
> ううう・・・うるうるうる。。。。。

本当に、この全貌をDVDが出るまで楽しみにして、とにかくまだまだ何度もカムイに会えるように頑張らなくては…(*^^)v
2009/09/23(水) 23:09 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
2回目観て来ました
私にとってもカムイは待ちに待った映画。
あまりにも待ち焦がれすぎて頭の中で勝手に映画を作ってしまってたのかもしれない。
最初見たときまっすぐ受け止めれないまま、ずっと悶々としてました。
今日は何も考えずに真っ白な状態で観てきました。
2回目でようやくケンイチと崔監督のカムイの世界に入り込めた気がしました。
原作のカムイをそのまま映画として成り立たせることは無理だったし
独立した映画としても十分その世界観は失われてないと納得しました。
3回目ではまた新しい感動に浸ってこようと思います。
2009/09/23(水) 23:16 | URL | コップニ #-[編集]
mayさん、こんばんは^^
ケンイチ君も監督もお疲れ様でした^^

35万人ということですがスクリーン数が分からないのでなんとも言えませんが順調な出足なんじゃないでしょうか^^
忍者者で時代劇、観る人をやや選ぶ作品なので十分善戦かなとも思います。
わたしは劇場で観るケンイチ君三作目ですが一番観る予感がしています^^

映画の批評は色々ありますが、作品の出来を一番評価しているのは他ならない白土三平さんだとパンフレットを読んで思いました^^
2009/09/23(水) 23:46 | URL | kiki #-[編集]
Re: 2回目観て来ました
コップニさん

> 私にとってもカムイは待ちに待った映画。
> あまりにも待ち焦がれすぎて頭の中で勝手に映画を作ってしまってたのかもしれない。

そういう人は多いと思います。
昔読んだり、アニメを見た人にとってもその昔の記憶のイメージで固定されている部分もあってそれぞれがそれぞれのカムイ像が出来上がっているだけに…

> 最初見たときまっすぐ受け止めれないまま、ずっと悶々としてました。

私は「スガルの島」のコミックを買って事前に読んだのですんなり物語に入ってみることができました(笑)

> 今日は何も考えずに真っ白な状態で観てきました。
> 2回目でようやくケンイチと崔監督のカムイの世界に入り込めた気がしました。
> 原作のカムイをそのまま映画として成り立たせることは無理だったし
> 独立した映画としても十分その世界観は失われてないと納得しました。

他の人にもこの作品を見るときにお願いしたいなと思うことがあって、マンガの実写として見るんじゃなくて漫画を見るつもりで見れば色んな事に関して全く違和感を感じないんですけどね。(漫画が動いているアニメーションじゃないけれどそういうイメージで見る、まぁ基本ケンイチの作品ってどれもそんな感じで観えてしまうんですけどね私は)

本当にグロいシーンは脚本でシュチエーションを変えたりしながらも原作のポイントはちゃんと抑えて(サヤカが世話焼いて半兵衛にたしなめられるシーンや、不動の鮫をブッタ斬るシーンやアグリの鮫との格闘のシーンなどなど・・・)この原作を読めばなるほど…そうきたかとおもいますけどね。

アフレコが多いという人もいますが、原作も常にカムイは自問自答を繰り返していますしねぇ~

しかし皆リピート早い!(汗)今週もう1回行く予定(明日行こうかなぁ…)
レビューもはやくUPしなくちゃいけないけど書きたいことが多すぎてまとまらないっす。

> 3回目ではまた新しい感動に浸ってこようと思います。
2009/09/23(水) 23:55 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
その通り!
kikiさん♪

> ケンイチ君も監督もお疲れ様でした^^

本当にお疲れ様でした<(_ _)>

> 35万人ということですがスクリーン数が分からないのでなんとも言えませんが順調な出足なんじゃないでしょうか^^

すでにリピーターもいますしね。

> 忍者者で時代劇、観る人をやや選ぶ作品なので十分善戦かなとも思います。
> わたしは劇場で観るケンイチ君三作目ですが一番観る予感がしています^^

そうなんだぁ~。
この作品はご近所で見れてますか?
沢山見て、いろいろみんなで語れるといいですよね♪

> 映画の批評は色々ありますが、作品の出来を一番評価しているのは他ならない白土三平さんだとパンフレットを読んで思いました^^

全くその通り!周囲がなんと言おうと生み出した原作者がケンイチを見てそして作品を見て「これこそ生きたカムイだ」という言葉がどれだけ悪評を言う人が言おうと関係ないですよね。銭ゲバのジョージ秋山先生の言葉をきっと白土先生もケンイチのカムイを見て同じことを感じだと思います。ファンが何を言おうともそれを裏切ったとしてもおもしろければそれが一番だって。

これから「ノルウェイの森」が公開される時もきっとこんなことは繰り返されるんだしね。
2009/09/24(木) 00:10 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .