FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
今日仕事終わって行ってきました。唐十郎版 映画「銭ゲバ」。

オープニングから妙に軽快な音楽が…♪「銭ゲバぁ~銭ゲバぁ~♪」作詞はジョージ秋山先生だった(笑)

唐版銭ゲバポスター

唐十郎さんの風太郎はなんだかケンイチと違う意味で可愛く思った(爆)
かなり「ズラ、ズラ」言っています(笑)でもなかなか好きでしたね唐さんの発する「~ズラ」のセリフ(爆)
この作品公開時30歳だから29歳くらいの時になるのかしら実際は…。

全体的には原作の漫画に副った内容でしたが…
所々、字幕で「女が好きズラ」とか「銭が欲しいズラ」みたいなのが出てきます(笑)

兄丸(あにまる)家の食卓での夕食シーンのステーキが固そうだったのが…
ドラマのステーキの方が柔らかくておいしそうだったことは確か(爆)

しかし…三枝子さん(ドラマでは緑の役割になる)タカビー過ぎ!
原作も最初はとても優しい人なのに最初からタカビーな女。
そして無防備過ぎ!

風太郎と2人でクルージングしてる場合じゃないだろう…それに2人しかいないのにトップレスで日光浴&シースルーブラウスって…いくら部屋に鍵をかけても風太郎じゃなくてもぶち破って入ってくるだろう(爆)

オオカミにもなりますわよ~。

副社長時代の風太郎の服が黄色って…中のベストは赤って…どうよ。

美枝子が姿を消して、正美が自殺して、美枝子が風太郎との子供を産んで戻ってきて、公害問題が起きて…

子供を殺して、美枝子も殺して…さてさてどうなるか…と思ったら…
「チッ 泣くのはよしやがれ銭ゲバよ…完」

えっ!それで終わり?マジで?なんで?おもわず見にきた観客の失笑がチラホラ…。それはないよ~風太郎!(>_<)

ひょっとして、当初、続編をつくるつもりだったとか?
じゃないと、あの終わり方の辻褄があわないというか納得できないと思うけどね。これから知事選に出て拳銃自殺でエンディングになるはずなのに、この状態のエンディングだと何が言いたいのかわかんないよ?
単なる人殺しの映画という印象だけになる。


「公害はウンコだ」発言はあったけど、それ以降のお札ばら撒きシーンも、小畑純子ちゃんも出てこないし、替え玉事件もないし、風太郎の逮捕もないし、政界話もないし秋遊之助も出てこないし、結構重要なシーンが抜けているのがね~残念でならない。

ドラマを見た人も原作を見てる人もこれじゃ「あれ?途中で終わっちゃったよ(苦笑)」消化不良な状態だけど、そんなでも…唐十郎の「蒲郡風太郎」はかなり魅力的ではあったし、脳裏に焼き付いておりますね。
あのオープニングソングも…(笑)
(今発売されてる原作の上巻の3/2位までの話しか映画化されてない)

演技もドラマの(というか今の俳優さんたち?)方が表現力があるように感じた(もちろん、映画は映画で悪くはないけど)

まぁ、映画とドラマは同じ作品でも違うからね~でも見比べると絶対面白い。そして映画の最後はみんなで「そりゃないよ~風太郎」と言いましょう(笑)。

風太郎が作詞した歌(ケンイチが隆成君やスタッフに送った銭ゲバTシャツに書かれている文)も劇中(後半部分&エンディング)に流れていた。

<上映> 3月26日(木)から3月31日(火)までの夜のみ限定 3/26(木)・27(金) =18:55 3/28(土)・29(日) =20:50(~22:25) 3/30(月) 休映 3/31(火)=20:50(~22:25) 料金:当日のみ=一般・学生:1,000円均一 *但しRCS会員・RCS滋賀会員は800円

みなみ会館地図

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .