FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
昨日、やほーレビューの中にこの記事について「崔監督が宣戦布告!」と題してレビューを書いているのを見て気になって検索しようとしたらニュースで上がってきました。

生き抜け!崔洋一監督!って感じです
映画『カムイ外伝』を朝日新聞紙上で「仕立てが大味」と評した映画評論家に対して、同作の崔洋一監督が「売られたケンカは買う!」と中日新聞で反論した。

 映画『カムイ外伝』でカムイは、忍びの世界から抜け出し、“抜け忍”として逃亡生活を続ける過程で小さな集落にたどり着く。カムイは漁師の半兵衛の家に身を寄せるうち、娘のサヤカがカムイに憧れをいだき、何かとカムイを気遣いはじめる。しかし、サヤカに想いを寄せ、サヤカの父、半兵衛からも容認されている漁師の吉人がその様子に激しく嫉妬し、さまざまな愛憎が交錯しだす。

 このくだりを9月11日付けの朝日新聞紙上にて映画評論家の秋山登氏が「(略)仕立てが大味なのが気になる。カムイがサヤカに熱をあげる青年がいるのに気づかない不用意ぶりは解せない(略)」と評したのが事の発端だ。

 これに対し10月1日付けの中日新聞で崔監督は、「秋山さん、本当に映画を観ていたのですか」と映画評論家にいきなり真っ向から挑戦的。崔監督は「カムイと(サヤカを含む)半兵衛一家の夕餉を感情むき出しに覗き込む吉人に、苦渋と違和感の表情を見せるカムイの芝居を明らかに見落としている」と指摘し、「カムイの孤独がさっぱり伝わってこない」との評に、「勘違いしている」とばっさり。崔監督はカムイと同じ抜け忍のスルガとの体を張った対決に、カムイの孤独との戦いを描いたのを読み取っていない秋山氏を非難した。

 しかも、このコラムの最後には、映画配給会社や宣伝に携わる人たちに影響力を持つ秋山氏ではあるがその判断が本当に正しいのか、ともとれる書き方で結んであり、かなり挑発的な内容になっている。崔監督の怒りはこれで収まってはおらず、秋山氏に言いたいことは、次回のコラムに持ち越すらしい。


実際どういうふうなことが書かれているのかわからないけれど、監督が立腹するほどだから相当なんだろうね。

ここに書かれている内容から憶測しても本当にまるでやほーのレビュー書いている人と変わらないレベルですよね(;一_一)
日本人は考える力、創造する力すらなくしてしまいつつあるんだろうか…

つーか、私みたいな人間にこんなこと言われるか?マジで。
とにかく、某勘違い女コラムニストといい、この秋山さんとやらにしても全く作品の本質を理解してないというかできないのか?あきれるばかりです。

私は崔監督を応援しますよ!
本当に苦しんで作った作品をあまりの見当違いなことを書かれたらその影響は膨大ですからね。
良い作品を貶めるようなことをするなら断固として戦う!

崔監督、応援しています頑張ってください!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
エイエイオーーー!
崔監督はいまでこそ日本映画協会の会長ですが、
権威とかしきたりに対し何も臆することなく戦う熱き無頼漢なんです。
いままでも何度も批評家たちに論戦を繰り広げてきました。
こうして今、これまでの数々の的外れなレビューにまっこうから戦いの狼煙をあげてくれたです。
監督の雄叫びはカムイを愛するみんなに勇気をくれました。
そうだ!勝負はこれからじゃーー!!
2009/10/02(金) 12:22 | URL | コップニ #-[編集]
Re: エイエイオーーー!
コップニさん

> 崔監督はいまでこそ日本映画協会の会長ですが、
> 権威とかしきたりに対し何も臆することなく戦う熱き無頼漢なんです。

なんだか今ね、ケンイチが「カムイに負けた」だからまたやりたいという気持ちのようにこんなことを書く人たちに対して本当に「悔しい」気持ちがいっぱいです。

> いままでも何度も批評家たちに論戦を繰り広げてきました。
> こうして今、これまでの数々の的外れなレビューにまっこうから戦いの狼煙をあげてくれたです。
> 監督の雄叫びはカムイを愛するみんなに勇気をくれました。
> そうだ!勝負はこれからじゃーー!!

そう、こんな人たちに屈しちゃいけない、ぜったいカムイを成功させて続編も作ってもらいたい。
カムイをこれからも見続けていきたい。ケンイチが崔監督が納得できるまで私たちも付いていくよね

そして馬鹿なレビューなんて吹き飛ばすように自分が伝えたいこと感じたことはどんどん書いていきたい。頑張ろう!理解してくれる人はたくさんいるから!
2009/10/02(金) 12:54 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
崔監督、頑張れ~~~~!!
やっぱ、監督はじめ関係者って評価が気になってアレコレ見てたりするのでしょうね。
あまりの勘違いレビューの多さには監督ならずとも関係者は心も痛むし、苦労と汗の滲んだ作品をここまでバカにされては声をあげる前に意気消沈しちゃいますよね。

当の評論家氏のレビューは読んでないですが、とにもかくにも映画を楽しめるヒトであれば、けなすような、監督を怒らせるような酷いレビューは出てくるハズもないと思うのですよ。 ずいぶん持ち上げられて、力のある、地位もある評論家氏のようですが、このヒト実は実は、そんな地位にあぐらかいて、観もせずにえらそうに評価たれてるヤツだったと! 
困りますよ~絶対多いはず、こんなヘボ評論家みならって(いっぱしの評論家ぶって)、ちゃんと観もしないで憶測で勘違い悪評レビューたれながしてるヤツら!! こういうヒト達って、もう映画が最初っから楽しめなくなってるヒト達なんじゃないかしら? 評論する資格なんかないでしょ~!

崔監督も我慢がならなかったんでしょうね~。 よくぞ、声をあげてくださいましたよ。 言わせておくばかりじゃね~、俳優やスタッフたちの苦労が忍びなかった(アレ?駄洒落じゃないよ)のでしょうね。 まっとうな評価されないと、報われないっていうか・・・もう哀しくなっちゃいますよね。

崔監督、私もケンイチファンじゃなくて観に行ったとしても、観たあとコレは好きになったと思いますよ、映画も、カムイケンイチも。(ただケンイチファンの欲目で好きってんじゃないからね!) 監督、どこまでも応援しますからね~~!! 負けるな!!


(どちらも原文読みたいけど、まだWEBにのってないんですかね~?検索しても出てこないな~。
評論家氏のは予測はつくけど。)
2009/10/02(金) 19:14 | URL | くろすけ #MgIxvhDQ[編集]
やっぱり熱いひとだ
なにを言われても聞こえてないふりをする人もいる。
それがかっこいいことだとおもってるんだよね。
相手にしてないって態度をとることがね。
心の中ではちがうって思ってるのに。

崔監督は、黙っていられないタイプなのね。
正しいと思ったことは相手にちゃんと言う!
それって、相手に対してもとても誠実な態度だと
おもう。
見当ちがいのことをいわれて、自分のことは
まだしも、作品を一緒に作り上げてきた
スタッフや、大切な役者さんたちまで否定される
なんて、親分肌の監督には我慢できなかったのでしょう。

なんて熱いひとなんだ!

親分!あっしもついていきますぜー!!



2009/10/02(金) 23:19 | URL | 熱情 #mQop/nM.[編集]
Re: 崔監督、頑張れ~~~~!!
くろすけさん

> やっぱ、監督はじめ関係者って評価が気になってアレコレ見てたりするのでしょうね。

だって、横浜監督なんかやほーレビュー見て一喜一憂してるんだもんね。
可愛いけれど、きになるでしょう?ケンイチも多分見てるよ。いつもそういうこと言うじゃない?(笑)

> あまりの勘違いレビューの多さには監督ならずとも関係者は心も痛むし、苦労と汗の滲んだ作品をここまでバカにされては声をあげる前に意気消沈しちゃいますよね。

なんだか高レビューを書く人間がおかしいみたいな感じに思われるんだもんね。
本当に悔しい…

> 当の評論家氏のレビューは読んでないですが、とにもかくにも映画を楽しめるヒトであれば、けなすような、監督を怒らせるような酷いレビューは出てくるハズもないと思うのですよ。 

L図書でまろうさぎさんが朝日新聞の記事をUPしてくださっていますので一読してどう思うかL図書でもいいのでコメント書いてください。

> 崔監督も我慢がならなかったんでしょうね~。 よくぞ、声をあげてくださいましたよ。 言わせておくばかりじゃね~、俳優やスタッフたちの苦労が忍びなかった(アレ?駄洒落じゃないよ)のでしょうね。 まっとうな評価されないと、報われないっていうか・・・もう哀しくなっちゃいますよね。

キネマ旬報での中でも気になることを書いているのでそれもまた機会があれば紹介したいと思っています。

> 崔監督、私もケンイチファンじゃなくて観に行ったとしても、観たあとコレは好きになったと思いますよ、映画も、カムイケンイチも。(ただケンイチファンの欲目で好きってんじゃないからね!) 監督、どこまでも応援しますからね~~!! 負けるな!!

人それぞれ作品の好みもあるので一概にどうこうといいたくはないけれどあまりにもひどすぎるだけに…私もケンイチの作品だからとか関係なく(結果的にケンイチがカムイを演じているだけで)原作と見比べても面白く(という表現はおかしい?)出来ていると思うけどね。(所詮完璧なんてありえないもん)

2009/10/03(土) 13:04 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
Re: やっぱり熱いひとだ
熱情さん

> 崔監督は、黙っていられないタイプなのね。
> 正しいと思ったことは相手にちゃんと言う!

崔監督が督版の最後に「生き抜くということは自分と違う相手と向き合うことだ」って。


> それって、相手に対してもとても誠実な態度だと
> おもう。

もしお互いが同じことを言いたくても表現が違うとそれを見た人たちもまた違う考えを持ってしまう。
それが本当にいいことなのか?

崔監督はきっと「もしお互い言いたいことがあるのならお互いが理解できるように話しましょう」といいたのかもしれません。誰かがいつも感じていることをあえて自分から投げかけているのかもしれません。

だってそこで逃げたりあきらめたら何のためのこの「カムイ外伝」という作品があるのかという根本的には問題になるから・・・

私たちも自分たちが感じたことを表現出来る勇気をもらわないといけないね。
2009/10/03(土) 13:22 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .