FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています

映画「GANTZ」Part1の公開は1/29(土)、Part2の公開は4/23(土)です!

公式サイトはチマチマと更新をしているので定期的チエックしてみてください。
 

公式サイトTOP画像

いつ『GANTZ』からの情報が入るかわからないから皆様も定期的に公式サイトをチェックしてくださいね♪ 

公式サイトへGO!

携帯サイトもオープンしました
メニュー→テレビ→日本テレビ→映画→GANTZ

関連しいてるかどうかわかりませんが原作者の奥浩哉先生のblogが出来たようです(奥様がベースを作ってくれたそうです)あと奥先生のスタジオのHPも出来たようです。

奥浩哉先生のBLOGへはこちらから
奥浩哉STUDIOKUの公式サイトへは
こちらから

gantz_movieのツイッター


最終更新日:2011.1.28

2011.1.28記述

シネマホリッlク



2011.1.25記述


2011.1.24ごめん屋



2011.1.22ズムサタ



2011.1.21記述
シネマガ



TSUTAYA RECORDS × GANTZ キャンペーン
ツタヤコラボキャンペーン


キャンペーンの詳細や応募に関してはこちらでご確認願います

2011.1.11記述
GANTZツイッターより

「GANTZ PART2」の前売り情報を。
前売り券は1月29日から発売開始です。
先着特典はA5クリアファイル2枚セット!


2011.1.3記述
GANTZ 大ヒット祈願しりとり大会


吉高ちゃん、ナイスボケっぷり!
GANTZでは珍しくまっちゃんがボケになるのか?(ニノが突っ込みをしてくれるだろうから)と思っていたけど、吉高ちゃんがいましたかぁ~(笑)なるほどそうきたかって感じです…。
 
これからのプロモもこんな感じで展開するのかしら?
ニノの感じがちょっとクレジットカードのCFみたいとも思ったりもしなくもないけど…(爆)

あのまっちゃんの「…なんで?吉高さんなんで…」グッジョブです(*^^)v

2010.12.5記述

最新予告編


ズームインスーパー

めざましテレビ


2010.11.30記述

二宮&松ケンを近所の劇場に呼び寄せろ!!『GANTZ』争奪戦開催決定!Part2への招待もアリ!

欧米でも高い人気を誇る奥浩哉の人気コミックを、2部作で映像化したSFアクション超大作『GANTZ』で、2010年12月1日から、2011年1月23日24時まで、主演の二宮和也と松山ケンイチの二人を最寄りの劇場に“召還”できる「GANTZ争奪戦」が開催されることがわかった。二宮と松山の二人が訪れるのは、見事争奪戦で1位に輝いた劇場のみとなるが、1位から100位までの劇場には1月29日以降、主演の二人の“手形”入りスペシャルポスターが掲出され、そのほか点数ランキング上位100名の参加者には、2011年4月23日に公開されるPart2の完成披露試写会への招待も。1位の劇場となれば、北は北海道から南は沖縄までどこの劇場であっても、二宮と松山の二人が来てくれるということなので、ファンには見逃せない戦いとなりそうだ。

 本作は、謎の球体“GANTZ”に召還され、異形の“星人”と呼ばれる敵との戦いを強いられた若者の苦悩を描いた作品。そんなストーリーもあってか、主演の二宮と松山を“召還”できるうれしいキャンペーンが開催されることとなった。2010年12月1日から2011年1月23日24時までの期間中、劇場に掲出されているキャンペーンポスターのQRコードを読み込み、「GANTZ争奪戦」の特設ページにアクセスするだけと参加方法も簡単(Android携帯、iPhoneの場合は「GANTZ movie」アプリのダウンロードが必要)。二人を舞台あいさつに呼びたい劇場のQRコードを読み込んだら、その劇場と参加者に点数が加えられるという仕組みだ。劇場のQRコードは1日1回読み込むことができ、1人何回でも読み込むことができるので、毎日劇場に通えば、それだけ点数を集めることができる。そのほか、原作コミック、雑誌、ウェブサイトなどさまざまな場所にキャンペーン用のQRコードが掲載される予定なので、GANTZ情報をこまめにチェックする必要もありそうだ。

 また、原作や映画の「GANTZ」の世界と同様に「100てんめにゅ~」が設けられている本キャンペーン。集めた点数が「100てん」貯まると好きな劇場に点数を転送できるという「めにゅ~」になっており、原作コミック、雑誌、ウェブサイトなどから入手した点数を転送することができる。期間中の54日間、毎日劇場に通いつめたファンの中では、この「隠れQRコード」ともいうべきポイントを集めることがキーとなってきそう。とはいえ地域のチームワークが必要なこのキャンペーン。この冬、あなたとあなたの住む地域の二宮、松山に対する愛が試される!? 栄冠を手にする劇場はどこになるのか、かなりの激戦となることは必至の争奪戦の開幕だ。

映画『GANTZ』は2011年1月29日、映画『GANTZ Part2』(仮題)は2011年4月23日全国公開

確かに燃えるイベントかもしれませんが…おばちゃんにはとてもとても…(汗)
それに田舎のシネコンだしねぇ(ーー゛)東京の都会の劇場にかなわないでしょう。
でも、来てくれる来てもらえない関係なく、イベントとして映画を盛り上げる意味では大いに楽しみたいなと思っております。
(基本携帯サイト利用しないようにしてるからなぁ…)


2010.11.18記述
ORICONSTYLEより

二宮&松ケンW主演映画『GANTZ』の写真集が発売

嵐の二宮和也と松山ケンイチが主演する映画『GANTZ』のオフィシャル写真集が2011年1月21日に発売されることが決定した。

 『GANTZ』は『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載されている奥 浩哉による人気漫画。地下鉄の下敷きになり死んでしまったはずの主人公たちが、部屋に佇む謎の物体“GANTZ”の指示により、否応なしに“星人”たちとの戦いに巻き込まれていく物語で、ミステリアスなストーリー展開と独特な世界観で数多くのファンを獲得している。本作はそのマンガの世界や主人公たちの身にまとうガンツスーツなどを忠実に再現。総製作費40億円をかけた話題作になっている。

 今回発売が決定したオフィシャルビジュアルブックは、『GANTZ』の世界を追求したスペシャル特写やオフショットのほか、この本でしか読めない二宮と松山の1万字にものぼるロングインタビューも掲載される予定。映画『GANTZ』は1月29日の公開となる。

地下鉄の下敷きになって死ぬんじゃないんですけどぉ…(ーー゛)
地下鉄に衝突して死ぬんですぅ…玄野なんか首チョンパになっちゃってますぅ~加藤は…わからないっす。
でも、この首チョンパになっている自分の事を案外シュールに見ている玄野が面白い?(人の首写メ撮ってんんじゃねーよ、みたいな(笑))映画ではそういうシーン絶対ないんだろうなぁ…。

ビジュアルブック


内容紹介
二宮和也、松山ケンイチ。人気・実力とも超トップクラスの二人が、1月29日公開の映画『GANTZ』でついに共演!
主演二人を始めとするキャストの魅力がふんだんに詰まったオフショットや、映画の世界観を追求したスペシャル特写、この本でしか読めない二宮和也と松山ケンイチの1万字ロングインタビューなど大充実のコンテンツでお届けする、映画『GANTZ』のオフィシャル写真集。

登録情報
単行本(ソフトカバー): 96ページ
出版社: 集英社 (2011/1/21)
言語 日本語
ISBN-10: 4087805921
ISBN-13: 978-4087805925
発売日: 2011/1/21



2010.11.19(金)第2巻発売
『GANTZ/OSAKA』
3ヶ月連続刊行!大量書き下ろし追加!!

大阪002 

本がでかいので迫力もあるし、重いけど文庫コミックサイズだとごちゃごちゃした感じに見えるものも大きいのでよりじっくり読み込むことができるんですよね~。2巻もどこまで描かれていて、追筆部分があるのかどうか楽しみです♪

2010.10.2記述



2010.9.16記述
週刊ヤングジャンプ42特大号より
YJ42特大号



コミック新刊情報


2010.9.17(水)第1巻発売発売
『GANTZ/OSAKA』
3ヶ月連続刊行!大量書き下ろし追加!!
大惨劇の大阪編が大型版で登場。

2010.9.17発売!
『GANTZ』29巻
壊滅していく世界を眼前にしつつ生き残りを賭けて多恵と共に移動を始めた玄野。避難場所と決めたホテルでの安息も束の間、すぐに敵の強襲を受けてしまう。多恵を守ろうと抗う玄野だが、終わったはずのガンツの転送が突然始まり見慣れぬ場所に降り立つことに。そこには日本中のガンツチームが集結し、敵母艦への反撃の準備が進んでいた。人類の反逆が始まる。

29巻


2010.8.20記述
コミックナタリーより

原作関連ですが…

奥浩哉、仏建築家とコラボの巨大「GANTZ」イラスト展示

イラスト展001
奥浩哉×フォスティノのコラボイラストイメージ。(C)Hiroya Oku/Shueisha

「GANTZ」奥浩哉と、在仏の気鋭建築家ディディエ・フィウザ・フォスティノがコラボレートした大型イラストが、8月26日よりメゾンエルメスにて開催される「ディディエ・フィウザ・フォスティノ展」にて展示される。

今回のコラボレートは、「GANTZ」を愛読するフォスティノからの熱烈なオファーのもと実現。展示されるイラストはフォスティノが製作したハンドアーキテクチャと「GANTZ」の世界がシンクロする作品となる模様。イラストは2200mm×2990mmという巨大サイズの出力版で展示されるので、「GANTZ」特有の臨場感を味わえそうだ。

なお今後、週刊ヤングジャンプ特設サイトでは、展覧会の様子や対談などが掲載されるとのこと。ファンは期待して待っていよう。

ディディエ・フィウザ・フォスティノ 「Agnosian Fields」展

会期:2010年8月26日(木)~11月23日(祝)
時間:11:00~20:00(日曜~19:00)※入場は閉館30分前まで 
会場:メゾンエルメス8Fフォーラム
住所:東京都中央区銀座5-4-1
入場料:無料主催:エルメス財団


ヤングジャンプ公式サイトGANTZイベント関連情報はこちら
ART iT アートイット:日英バイリンガルの現代アート情報ポータルサイトより
「ディディエ・フィウザ・フォスティノ展」情報は
こちら

関東にお住まいの皆様、銀座にお越しの際にはちょっと見に行ってみてはいかがでしょうか?
大きなパネルで見る奥先生のイラスト(上記のポスター)をご覧になってみては?

あと、特設ページも豆にチェックしておかねばなりませんね。
GANTZぼちぼちエンジンかかってきましたね~♪ワクワク

2010.8.13記述
ホリプロ公式に「映画 「GANTZ」製作報告会見 舞台裏」動画UPされています。



やはり、仕込みの為のあの衣装(笑)
ファンの反応をたのしんでいるのか?モジャさん(^_^;)

2010.8.5記述
映画.comより

二宮和也&松山ケンイチ、互いを絶賛 会見をファン2000人に生中継

201085パブリックビューイング001


「嵐」の二宮和也と松山ケンイチのダブル主演で、人気漫画を映画化する「GANTZ」の製作会見が8月5日、都内のホテルで行われ、二宮と松山をはじめ、共演の吉高由里子、本郷奏多、夏菜、山田孝之、佐藤信介監督らが出席した。

同作は、製作費40億円以上を投じたSFアクション大作で、死んだはずの人間が黒いナゾの球体「GANTZ」に召還され、異形の「星人」との戦いを強いられる姿を前後編の2部作構成で描く。原作コミックは累計発行部数1100万部を超え、スピード感あふれるアクション描写などでヨーロッパを中心に海外でも人気を集めている。

主人公の玄野を演じる二宮は、「風の噂で映画化されると聞いてうれしかったのですが、自分が出演すると聞いてちょっと悲しくなった。だって、GANTZファンの友だちと好き勝手に話せなくなるじゃないですか」と述懐。それでも、「気になったのは、『加藤を誰が演じるの?』ということ。そうしたら、松山さんで考えていると聞いたので、『松山さんなら、ぜひやらせてもらいたい』と答えました」と明かした。

一方の松山は、「二宮さんからそういうお言葉をいただいて光栄です。僕も玄野は二宮さんしかいないだろうと思っていました」と話し、思わずニヤリ。自らが演じるキャラクターについては、「弟をひとりぼっちにできないという原作の描写に、ひとりで読んでは涙していた。加藤役なら、ぜひやりたいと思いました」ときっぱりと話した。

質疑応答での話題の中心になったのは、1着50万円するといわれているGANTZスーツについてだ。二宮は、「待ち時間が長かったので、スーツを着ない設定の人も試着して遊んだりしていた。それは吉高さんです」と暴露。吉高は、「何で言うの!? みんなが帰ってシメシメと思い着てみたら、二宮さんがまだ残っていたんです。着てみたら思ったよりエロいな……と恥ずかしくなり、ただちに脱ぎました」と釈明していた。

この日の会見の様子は、ファン2000人を招待した日比谷野外音楽堂へ生中継し、異例の“パブリック・ビューイング”を実施。原作ファンだけでなく、二宮と松山のファンも結集し、炎天下の同所は熱気ムンムンだった。

「GANTZ」は、2011年1月と春、前後編2部作として全国で公開。

吉高ちゃん、お茶目だね~。ニノのGANTZスーツ着てたの?他の女優さんが着用してるやつだろうね?
しかし、ケンイチの今日の装いもえらくシック過ぎません?
まぁ、彼なりに舞台挨拶の時などはなるべく正装でと思っているので…他のメンバー(吉高ちゃんもシックな感じですね)男性陣の服装が気になりますがこれは映像でチックですね(笑)とりあえずは一報です。

2010.7.31記述

公式サイトニュース更新です

GANTZツイッター始めました!

お待たせしました!遂にGANTZツイッター始めました!!
私佐藤Pだけでなく、宣伝チームもガンガン情報を上げていきますので、お楽しみに!8月5日の会見についても、当日の模様はもちろん準備のところから、宣伝チームが呟いてくれると思うので、お楽しみに!私も小ネタ中心にいろいろつぶやかせてもらいます!                                     佐藤P

gantz_movieのツイッター

ツイッターをしている方は是非フォーローして映画を盛り上げましょう(*^^)v





2010.7.27記述
松フリ・ぴーす様情報(ありがとうございます)

劇場にフライヤーが登場しはじめているようです。

フライヤー表
フライヤー表



フライヤー裏
フライヤー裏


2010.7.23記述


製作報告会見決定!

映画「GANTZ」政策報告会見が決定しました!
そして、会見の模様を別会場に生中継します。
その前代未聞のパブリックビューイングのお客様を大募集!

申し込み並びに詳細は公式サイトのNEWSで確認してください


2010.7.17記述

公式サイトリニューアル!
TOPページの新しいビジュアルに加え、特報とブログパーツを追加しました。
TRAILER,DOWNLOADをご覧ください。




2010.7.7記述
GANTZ公式サイトのニュース更新されています 

映画『GANTZ』、フランスに上陸!岸本恵役の夏菜GANTZスーツを世界に披露!

ジャパンエキスポにて夏菜ちゃん


2011年新春と春に前後編の2部作で公開予定の映画『GANTZ』が、フランスにて現地時間7月1日から4日まで開催された「Japan Expo」で、前編で鍵を握る岸本恵を演じた夏菜が、GANTZスーツを一般客の前で初披露! 主演の二宮和也、松山ケンイチより応援コメントも届けられ、フランスはもとより世界中から押し寄せたファンを熱狂させた。

 この「Japan Expo」に、二宮は「会場にも原作ファンの方がたくさんいらっしゃると思いますが、僕もその一人なので、玄野計役をやらせていただくと決まったときはすごくうれしかったことを覚えております。この映画にかかわったすべての人たちが原作の大ファンです。尊敬していた作品を一つ一つ実写化していき、映画版『GANTZ』といいますか、新説“GANTZ”ができあがったのではないかと思います。ぜひとも楽しみにしていただきたいと思います。また皆様と、映画館で会えたらと思います」とコメント。また、松山は、「GANTZの撮影は映像を見てもらうとわかる通り、スーツや武器など本当に漫画に忠実で、僕も実際に着てみたり使ってみたりしましたが、その世界に入り込めるようなリアルなものでした。常に夜の撮影で、そのような所もまたちょっと変わった世界観で面白いかと思います。本当にトレビアンな作品です! 皆さん楽しみにしていてください」とまさに本作の期待が高まる、自信たっぷりの応援コメントを寄せた。

 本作の原作は既刊28巻で累計1,100万部の超人気SFアクションコミック。死んだはずの人間が「GANTZ」に召還され、「星人」と戦うことになるという独創的な設定とスピード感あふれるアクション描写で、日本だけでなく、ヨーロッパを中心とした日本カルチャー好きの若者たちにカリスマ的な人気を誇っている。

 今回のイベント敢行は、その人気を受けて実現したもの。東京ドーム2つ分の広大なイベントスペースに約17万人が来場した「Japan Expo」において、トークイベントで、会場に用意された約300席は開演30分以上前に満席にし、サイン会でも、予定していた200枚のサイン用チラシがすぐになくるほどの大盛況を見せた。また、本編のプロモーション映像を流すと、集まったファンたちはスクリーンに釘付けになり、映像が終わると、大きな歓声と拍手が起こり、自作でGANTZスーツを作成し、夏菜に直接熱烈なGANTZ愛をアピールしたファンもいたという。

 『GANTZ』はヨーロッパではフランス・オランダ・ドイツなど続々と配給が決まっており、今回のイベントは、世界中の「GANTZ」ファンのさらなる期待を高めるものとなった。


GANTZの公式サイトのニュースにも佐藤Pが更新されていたけど、ニノのファンがかなり来ていたいみたいですねぇ~(笑)

へぇ~コメント流れたんだぁ…みたいなぁ~。
海外宣伝部隊の夏菜ちゃん、GANTZスーツを着てサイン会お疲れ様でした。またニノにラジオで言われるのかしら?「まぁいいや…俺とまっちゃんは国内宣伝部隊で頑張る」と(爆)

ネギ星人の親玉(シルエットだけ)と田中星人(あの田中星人は人間?CG?はっきり映ってないからわかりにくいなぁ)原作と同じようになるのかはたまた違う展開になるのか?気になるなぁ~

ジャパンエキスポ、奥先生も参加されたので会場ではどんな感じだったのか先生の感想も聞きたいものです(笑)

ヨーロッパ凄いですね~人気が(笑)
日本と同時に公開するのか?はたまたそのあとなのかその辺も非常に気になりますね。



2010.7.3記述
GANTZ公式サイトのニュース更新されています 

(抜粋)
そして本日(7/1)発売の週刊ヤングジャンプ31号も注目です。
(中略)
そして、巻頭グラビアから連続しての映画情報ページでは、遂にあの星人の姿が…。
今お見せできる限界のカットをヤンジャンだけに出しました。

人間の鮮血と星人の黒い血、赤と黒に染まる加藤が、恐怖におののく姿はまさに激しさと美しさが同居しています。ぜひご覧ください!

そして、私は夏菜とジャパンエキスポに参加するためにパリに行ってきます。
ジャパンエキスポの情報は来週報道されますので、そちらもお楽しみに!!
佐藤P

おぉ!佐藤Pと夏菜ちゃんがフランスに行っているんですね~(笑)
奥先生も行っていらっしゃるみたいだし合流して一緒に活動しているのかな?

またニノに「夏菜またフランス行ってるのかぁ…」なんて言われるのかしら?
黒い影の前の加藤…さてあの星人との対面、どうなる加藤!(汗)

週明けのズームインを要チェックなのかしらねぇ。



2010.6.30記述
GANTZ公式サイトのニュース更新されています 

公式サイトニュースより一部抜粋
(中略)
そして映画本編は編集仕上げの真っ最中です。
まだCGは完成度10%にも届かず、効果音も、もちろん音楽も入ってない状態ですが、既にメチャメチャ面白いです。

現場での特撮も大迫力ですし、なにより役者陣の芝居が素晴らしく、物語にグイグイ引き込まれます。(手前味噌でスミマセン)来月くらいから、映像でも少しずつその片鱗をお見せできると思いますが、今月は雑誌特集でお楽しみいただければと。

間もなく、WEB関連ももう少しバーjy0おオンアップしていきますので、そちらもお楽しみに!!

佐藤P

あはは~手前味噌ですかぁ(笑)
まぁ制作サイドは自分が手がけているんですから当然でしょう(^・^)
でも、それを読んで過度に期待しすぎるファンや、自らハードルを上げてしまうファン達がいるので気を付けないといけないですよね。

特に原作のファンもいるだけに…。

でも雑誌の特集記事かなり楽しみです♪
映像の方も東京だけでなく少しでも日本中で見れるとうれしいのですが…(汗)




2010.5.20記述
GANTZ公式サイトのニュース更新されています 

 
2010.5.19記述 

コミック新刊情報

2010.5.19同時発売!

『GANTZ』28巻
世界中の空が赤く染まり、カタストロフィが迫り来る。アメリカを一瞬に壊滅させた未知の存在とは…?
知らぬ者は言葉さえ失い、知る者はただ備える。人類の存亡を掛けた最終局面が、28巻より始まる。
GANTZ28.jpg 

28巻にニノとケンちゃんの写真(上半身)と映画の紹介の帯が付いていますよ~♪
めちゃかっこいいので本屋さんに行った時には是非チェックしてみてくださいませ(*^^)v


『GANTZ/ MINUS』
玄野・加藤が地下鉄事故に逢うよりも前に、ガンツのミッションを戦っていた若者たちの物語。
そこには西と和泉の姿も…。
本編1話に連なる負の連鎖を描く、奥浩哉原案の公式ストーリー。
和泉離脱を描く書きおろしミッション収録!
GANTZMINUS.jpg 

28巻は平積みで置いてあるんだけど、「GANTZ/MINUS」の方は入荷数が少ないのか朝一に行ってもすでに購入者ありでGETん出来ずで会社の帰りに行った店舗でも在庫はなくて家周辺の支店に在庫確認してもらって何とかいつも行く店の中の1つにあることが分かってGETん出来ました=3

コミックではなくて小説なんですよ(笑)でも登場人物の紹介や場面イラストなどもあるので文字でも十分楽しめそうです。
コミックを読んでいる人なら和泉などのキャラもわかっているだろうしね。
ここで初めて登場する人物(ある意味主人公みたいな感じ?)が出てきますがまだ読み始めたばかりなのでどういう経緯でGANTZ部屋に来たのかなどわかりません(多分これからだと思います)楽しみです♪


大惨劇の大阪編が大型版で登場
『GANTZ/OSAKA』
今秋発売予定(価格未定)
50ページに及ぶ加筆を加え、雑誌サイズのB5判新装幀で大阪編のみ刊行!
全3巻予定
奥浩哉先生画像許可していただきありがとうございます<(_ _)> 
ぬらりひょんとかとちゃん

ぬぉお!(>◇<)
これもまた…気になるじゃないですかぁ~。大阪編かなり長いですからミッションのシーン途中かなり飛ばして読んじゃいました(一応目は通してますがゆっくりと見てないっす…奥先生またまた、ごめんなさい(>_<))でもこのミッションは東京組が突然大阪に転送されて、大阪組のメンバーの個性的かつミッションをゲーム感覚として考えているのか…かなりその辺で色々ありますよね。かとうちゃんが久しぶりにリーダーで頑張るミッションですけど、大阪組のメンバーに「偽善者星人」とか言われちゃう始末。

でも読み応えアリのミッションだからこれも買いかな…(でもB5サイズはでかいなぁ…)



2010.5.6記述 
ダ・ヴィンチ6月号GANTZ特集より

コミック新刊情報
2010.5.19同時発売!
『GANTZ』28巻
世界中の空が赤く染まり、カタストロフィが迫り来る。アメリカを一瞬に壊滅させた未知の存在とは…?
知らぬ者は言葉さえ失い、知る者はただ備える。人類の存亡を掛けた最終局面が、28巻より始まる。

『GANTZ/ MINUS』
玄野・加藤が地下鉄事故に逢うよりも前に、ガンツのミッションを戦っていた若者たちの物語。
そこには西と和泉の姿も…。
本編1話に連なる負の連鎖を描く、奥浩哉原案の公式ストーリー。
和泉離脱を描く書きおろしミッション収録!

…これはかなり期待しちゃいます。全巻コンプリートは無理だけど(奥先生ごめんなさい)これは買うかもしれないなぁ~。
和泉や西が初めてGANTZ部屋に来た時のこととかもあるのかな?それとももうすでにミッションに突入してるところから始まるのかなぁ~、どちらにしても興味深い、原作を読んでいる人には気になっている内容だと思います♪ひょっとすると師匠も…?


2010.5.14記述 

公式サイトNEWS更新されていますのでチェックよろしく!

日刊スポーツ・報知新聞に「GANTZ」スーツ姿並びにポスター記事あり(まずは一報)

2010514スポーツ報知002
スポーツ報知より
嵐・二宮&松ケンW主演映画「GANTZ」世界進出!

 人気グループ「嵐」の二宮和也(26)、俳優の松山ケンイチ(25)がダブル主演する2部作「GANTZ」(佐藤信介監督、前編・2011年新春、後編・同春公開)が、世界進出することが確実になった。

 完成前で試写を行っていないが、すでにシンガポールでの公開が決定。世界13か国・地域、45社以上からの問い合わせが殺到し、海外でもヒットした映画「デスノート」(06年)の2倍以上の盛況だ。最大の要因は原作コミックが米、仏など欧米を中心に高い人気を誇っていること。米映画「硫黄島からの手紙」(06年、クリント・イーストウッド監督)に出演した二宮、「デスノート」に出演、村上春樹氏の世界的ベストセラー小説を映画化した「ノルウェイの森」(12月11日公開、トラン・アン・ユン監督)に主演する松山という2人の実績も追い風になっている。

 12日開幕の第63回カンヌ国際映画祭のマーケットでは、4分間の同映画のプロモーション映像を公開。製作元の日本テレビによると現地ブースでの反応は上々。映画祭期間中、どれだけ世界のバイヤーたちと契約を結べるか注目だ。


 原作は00年から週刊ヤングジャンプに連載中の人気漫画。死んだはずの人間が黒い謎の球体「GANTZ」に召還され、異形の「星人」と呼ばれる敵との戦いを強いられる物語。

 二宮、松山が戦いのときに装着する“ガンツスーツ姿”を初披露された。伸縮自由の特殊素材を使った1着50万円以上の特注衣装で、同局の佐藤貴博プロデューサーは「剛の松ケン、柔の二宮。素材が薄く生傷が絶えなかったが、身体能力の高さでカバーした」。原作ファンの山田孝之(26)がガンツを追う謎の男役で出演することも決まった。

2010514スポーツ報知001

シネマトゥデイより
二宮和也と松山ケンイチのダブル主演で前後編2部作での実写映画化が決まっている映画『GANTZ』が、現在フランスで開催されている第63回カンヌフィルムマーケットに出品されており各国より問い合わせが殺到していると配給元の東宝が明らかにした。

 本作は週刊ヤングジャンプ(集英社)で2000年7月から連載開始され、累計1,100万部を超える爆発的人気を誇る超人気SFアクション・コミック「GANTZ」を映像化したもので、その人気の高さと独特のビジュアルから海外人気の高さもうなずける。
 オファーが来ているのは欧米・欧州などからは、アメリカ、イギリス、オーストラリア、フランス、ドイツ、イタリア、スペインの19社からで、特にアメリカ、イギリスからはリメイクの問い合わせも来ているとのこと。また原作コミックが人気の高いフランスからは問い合わせ多数。アジアからも韓国、香港、台湾、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシアなどから26社の問い合わせがあったらしい。
 この数は、海外人気の高かった『 DEATH NOTE デスノート』の2倍の数に上るという。現在、撮影を終え、ポストプロダクションに移り、11月ごろに前編が完成予定。2011年新春と春に前後編2部作で公開する。

少しでもたくさんの国が買い付けてくれて公開されることを望みます。
リメイクについては、版権を買ったとしてもキャスティングが難しいかもしれませんね。
だって結局、デスノートにしてもDMCにしてもリメイク権を持っててもそれに準ずるキャストが決まらないからいつまでもリメイクの話が上がっても立ち消えちゃうの繰り返しですからね(笑)

東宝さんも力を入れてもっとアピールしてたくさん売ってきてくださいよ、ホント。

松フリ情報より どれみ様が動画をUPしてくださいました(本当に感謝します)





2010.4.25記述
GANTZ公式サイトニュースより抜粋

4月上旬にGANTZ撮影はオールアップして、現在編集作業中です。
すでに始まっているCG合成と合わせて、撮影以上に長い仕上げ作業になりますが、すでに面白く、凄い映画となってきていますので、お楽しみに!

二宮君演じる玄野や、松ケン演じる加藤の勇姿を早くお見せしたいのですが、やはり出来るだけ完璧な状態で観てもらいたいので、ちょっとお待たせすることになってしまいますが、来月くらいから、少しづつお見せできそうなので、待っててくださいね!
佐藤P


来月からまたいろんな情報がうこしずつわかってくるのを期待しつつでもまだ半年先だもんね公開まで長いなぁ…(ーー゛)

2010.4.22記述
ザテレビジョンより

GANTZクランクアップ写真(ニノ、佐藤監督、ケンイチ、吉高由里子ちゃん)

GANTZクランクアップ 

ニノはメロンパンから解放されて、今は何を一体毎日食べているのだろうか?(笑)

監督も編集作業頑張ってください、佐藤PD(もう佐藤だらけでややこしや~)いわく前篇は本作に忠実な感じで「ねぎ星人」「田中星人」とか出てくるみたいだけど後半はオリジナルな展開になっているらしいから気になります(コミック連載も今、最後の戦いが始まってるしどちらも気になります)

ケンちゃんもすぐ「JA(ジャパニーズアメリカンズ)」の撮影に入って橋田先生の長台詞に悪戦苦闘してるかな?
しかし…写真の手に持っている日本刀はなんぞや?(゜.゜)


2010.3.24記述
【映画】映画「GANTZ」情報 (関東地区限定)

GANTZ最新メイキング映像による、特別インフォマーシャル放送決定!
昨年11月から始まったGANTZの撮影も間もなくオールアップを迎えようとしています。
日本映画の枠を超える大スケールの撮影も事故なく進み、キャスト陣も充実の素晴らしい演技を魅せてくれています。

映画本編の完成映像は、この凄まじい実写映像にさらにCG合成を積み重ねていきますので、まだまだ先となってしまいます。そこで、メイキング映像だけでの編集ですが1分間の特別インフォマーシャルを作成しました。GANTZの雰囲気を少しでも感じていただけたらと思います。


映画『GANTZ』特別インフォマーシャル(「日テレムービー 最新情報!」)
3月25日(木) 26時43分~
『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』(日本テレビ/関東地区)
         *番組エンディング付近で放送

4月8日、4月22日の『バーン・ノーティス~』放送分でも再放送します。 (関東地区にお住まいの皆様要チェックです)
関東地区だけで、かなり深夜ではありますが、ぜひご覧いただけたらと思います。 佐藤P



 かとうちゃのGZNTZスーツ姿チョロっと見えるけどくらいし後姿だし(最初に出たやつじゃないシーン)くそぉー(笑)
あの書かれている文字を見るとひょっとするとアニメ版と似た展開なのか?
「あばれんぼう星人・おこりんぼ星人」が山場になるとかなのか?(汗)
でも、前篇後編とあるからこれだけで前後篇を引っ張るのはしんどいだろうしな(笑)



2010.3.19記述

ホリプロ公式フォトギャラリーより
クランクアップで監督から花束を受け取るケンイチ

クランクアップ




2010.2.5記述
「シネマガ」にてGANTZ情報放送!
2/5(金)深夜2:05~日テレ(だけ)にて「GANTZ」の最新情報をお伝えします。
今後も「シネマガ」に手最新情報を放送していきますので、お楽しみに!!
どれみさまが動画UPしてくださいました(ありがとうございます)




2010.1.28記述
西丈一郎役に本郷奏多さんがキャスティング
『最凶の最年少、西丈一郎を本郷奏多さんが演じます』

黒飴ちゃん(大阪組はGANTZのことを「黒飴ちゃん」と呼ぶ)おせーんだよ!(笑)

シネマトゥデイの記事はこちら

西役本郷君


発売中のYMにも2PでGANTZ最新情報で西丈一郎こと本郷君の別ショットが紹介されています♪

やはり、年齢設定は高校生に引き上げですか…
となると…やはり田中星人も出てくることになるよね~。
加藤と玄野とのファーストコンタクトのシーンは楽しみだな(笑)

来週はいよいよ巨乳こと岸本恵のキャスト発表です。
まぁ、岸本は演技力云々よりもビジュアル重視だな…必須条件は「巨乳」「ショートヘア」「弱々」。
浮かんでくる人がいないんだなぁ~(ーー゛)

2010.1.25記述
スポーツ報知より

小島多恵役に吉高由里子さんがキャスティング。

シネマトゥデイの記事内容はこちら

多恵役吉高さん

 

2010.1.22記述
松フリさん情報より

YJ、脱力系警察ギャグ新連載。次号実写版GANTZ続報も

全文はこちら

1月28日発売の次号週刊ヤングジャンプ9号では、奥浩哉「GANTZ」の実写映画化情報の続報を掲載。現在玄野計を二ノ宮和也、加藤勝を松山ケンイチが演じることは報じられているが、次号では西丈一郎と小島多恵のキャストが発表される。

これは要チェックですよね~φ(..)メモメモ


2009.12.29記述
TVnavi2010年2月号より ニノのインタビュー

『GANTZ』の映画化の話を聞いたとき、単純に好きな作品が映画化されるって嬉しかった。
原作を読んで映画化は難しいだろうって思っていたから映画化に踏み切った大人たちに感謝したい。
その後自分がやるって聞いて正直迷いましたけど、松山(ケンイチ)君がやるかも知れないって聞いたときに、一緒にやりたいな、と。

なんか「DMC」の時の李監督とか細田君みたいだよね(笑)まるで他人事のように思っていたら自分に白羽の矢が立てられて嬉しい反面作品を理解しているだけに「オレ?」って感じだったのかな?でも「どうしよう」と思った時に相手役(というのか?)がケンイチかも知れないと聞いてモチベーションあげるなんてなんだか嬉しいよね。ニノとケンイチの共演って結構色んな人が今まで待ち望んでいただけにその共演がまさか『GANTZ』だなんてねぇ(笑)

『GANTZ』の世界は、マニアックというか、アングラというか。ああいう系統はすごい好き。
ただ、映画化するときにあのままマニアックに展開することはすごく簡単だと思うけど、それをどれだけメジャーに持ち上げるかという作業でしょうね、一番大変なのは。

DMCもそうだけど、言葉のマジック(見ている人をそう言っているように聞こえる錯覚させるテクニック)や銭ゲバや人セクのように視覚的のマジック(直接的に殺人とか極端な暴力的なシーンはないのにいかにもグロく、残忍に感じたり、エロいシーンがなくてもエロく感じるテクニック)などを屈指してあの生々しさやエロさをどこまで表現するんだろう?

あれをあのままやっちゃって、わかる人だけでいい、とかではなく子どもも大人も観られる環境を作った上で、どれだけエンターテイメント性を作るかというのが大変なところです。

監督やプロデューサーとはこのシーンは絶対ほしいとか、ここが好き、ということを話し合いました。
松ケンと俺もそうだし、『GANTZ』好きな人が集まっているから、既にモチベーションが一個のってる感じです。

GANTZ好きが集まってんだか?私には大人たちがどうやればケンイチとお仕事ができるのかと考えたとしか思えない(笑)佐藤Pとニノも「黄色い涙」だっけ?でお仕事したことあるから以前から是非ケンイチと一緒にと色々計画していたのかもね~(鶏が先か卵がさきかみたいな?)と思いたい!(爆)


2009.11.5記述
日経エンターテイメントNo.153より

早耳!新作ニュース [二宮和也と松山ケンイチが人気SFマンガの実写映画でW主演]

00年、『ヤングジャンプ』(集英社)で連載開始、コミック累計1000万部という人気SFマンガ「GANTZ(ガンツ)」が二宮和也と松山ケンイチのW主演で実写映画化される。

前後編で、公開は11正月と春を予定。

一度は死んだ人たちが、黒い謎の球体=ガンツの指令で、得体の知れない"星人"との闘いを強いられ、彼らを倒さなければ生き残れない、というストーリー。

嵐のメンバーでハリウッド映画『硫黄島からの手紙』で俳優として評価を高めた二宮、『デスノート』シリーズのLをはじめ、『ノルウェイの森』も控える松山と、若手演技派の代表格ともいえる2人が、"極限状況"に追い込まれるというわけだ。

プロデュースは、『デスノート』『20世紀少年』と、原作もののシリーズ映画でヒットを飛ばす日テレが担当。ハードなアクションや最新CG映像など、見どころ満載の映画となりそうだ。

日経エンタ―底面とno153001

加藤本当に優しいよね~、自分が電車に轢かれそうな状況でも弟に届ける傘の心配したり(そんなことしてる場合じゃないだろうと突っ込みを入れたくなる)玄野のことを気にかけたり、なんで今その状況でそんなことを言ってる場合じゃないだろうにと思わせる反面、玄野は…ったくって感じですが、ニノがそんな玄野をどう演じるのかも楽しみだし、ケンイチの加藤もイメージできそうだけどすんごく楽しみ。

エロ描写はどうなるんだろうか…?


2009.10.8記述

 「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載され、コミックス累計1000万部の人気SFマンガ「GANTZ(ガンツ)」を、二宮和也さんと松山ケンイチさんのダブル主演で映画化することが8日、明らかとなった。前後編の2作構成で、2011年冬と春に全国東宝系ロードショー公開される。

 「ガンツ」は、奥浩哉さんが00年7月から同誌で連載しており、黒い謎の球体に呼び出され、異形の「星人」との闘いを強いられる人間たちの姿を描いたSFアクション。映画は、玄野計(くろの・けい=二宮さん)と加藤(松山さん)が、星人=敵を殺さなければ脱出できないという状況に追い込まれる。生き抜くことを選択する玄野と、暴力に支配された世界を嫌悪し、戦いを否定する加藤は激しく対立するが、極限状況の中で同じ答えを導き出す……というハードなストーリー。前編は基本的に原作に沿う形で、後編では2人の主人公が決断する究極の選択を描き、オリジナルの結末になるという。

 製作は、フルCGアニメ「ホッタラケの島」や映画「砂時計」の佐藤信介監督と、映画「20世紀少年」の渡辺雄介さんが脚本、映画「デスノート」の佐藤貴博さんのプロデュースで、劇場版アニメ「サマーウォーズ」の「デジタルフロンティア」がCG制作を担当する。

 二宮さんは、アイドルグループ「嵐」のメンバーで、クリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」に出演、その演技で世界的な評価を受けた。今回、屈折した男を演じる二宮さんは「大好きな作品に出られるだけで幸です。この作品は、僕に人間の愚かで傲慢(ごうまん)な部分を教えてくれました。光が影を作るのではなく、影が存在したくて光をつくり出す的な。その矛盾が愛を生み出すんだと。まぁ…一言で言うとマニアックです(笑い)」と意気込む。

 松山さんは、映画「デスノート」シリーズのL役でブレーク。その後も「デトロイト・メタル・シティ」や「カムイ外伝」など話題作に主演し、村上春樹さん原作の「ノルウェイの森」の主演も決定している。正義感が強く、貧しいながらも必死に生きる加藤を演じる松山さんは「エンターテインメントではありますが、描いているテーマは傷つけ合うことの無意味さです。この作品は斬新で、大胆なところがたくさんあって、そんな新しい映画に挑戦しようと思います」と語っている。

二宮と松山は初共演。劇中では剣や銃を使ったアクションを披露し、2人が剣で対決するシーンも登場する。佐藤貴博プロデューサーは2人の起用理由を「玄野は可愛らしく、加藤は怖そうだけど心根の優しい男。外見が原作と似ていることに加え実力、人気を考慮した」と説明する

 二宮は「硫黄島からの手紙」以来約3年ぶりの映画出演。原作の大ファンで「人間の愚かでごう慢な部分を教えてくれた作品。光が影をつくるのではなく、影が存在したくて光をつくり出す的な…」と、その独創的な世界観にはまっている様子。初のアクションに加え、巨乳好きの役どころで、全裸の女性に絡まれるシーンもあるなど、新境地への挑戦となりそうだ。

 一方、松山は「斬新で大胆なところがたくさんある、そんな新しい映画に挑戦しようと思います」と抱負。加圧トレによるマッチョな肉体づくりに励んでいる。

 来月、都内でクランクイン。年齢制限のない一般映画として公開するため、残虐性は抑えられるものの、原作の世界観は尊重。町が破壊されるなどの戦闘シーンは2000カット以上のCGを使って表現される。製作の日本テレビでは「デスノート」「20世紀少年」に続く超大作と位置づけ、日本映画としては最大規模の計40億円超の製作費をつぎ込む。

 ≪さて結末は…≫原作で主人公の2人は高校生だったが、映画では玄野は就職活動中の大学4年生、加藤は小学生の弟を養いながら働く22歳という設定。物語は、小学校時代の幼なじみの2人が偶然、地下鉄ホームで再会。加藤が線路上に転落した酔っぱらいを助けようとし、手を貸した玄野とともに電車にひかれたところから始まる。漫画は現在も連載中だが、映画は前後編で完結。結末は完全オリジナルとなる。

11年の1~2月に前編、同年4~5月に後編の公開を目指す。

佐藤PD(笑)やる気満々ですね~
まさに夢のタッグが実現するとは…

それにこの2人をW主演するということは世界公開も当然視野に入れているんだろうし…。

カトウの弟役が斉藤隆成君だったらもうサイコー!なんだけどなぁ…(凄いコラボになるよねそうだったら)他のキャスティングも楽しみだね

最近役作りで体を大きくしているというような話をしていたのはこの作品のためだったんだね。
ほいでもって、それも関連して小雪さんと一緒にジムに通っていたりするのね~。

アクションシーンのためにテニスやら、ジムに通って…
1人でするより誰か一緒にする方が継続するだろうし、小雪さんがケンイチのために何かとお付き合いしてくれているわけですね。 (と私は考えているんですけどね)

ニノのホンワカした感じだけど結構身体能力あるし、負けず嫌いだし、演技のとらまえ方は違うけれど彼もケンイチも自分を消して役になりきれる俳優だからなんだか楽しみです。

佐藤PDだからケンイチもまたいろいろキャラに関してやいろんな事を遠慮せずにコミュニケーションとれそうだね。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
めまぐるしいね
この前ラジオで次の映画に向けて身体を太くしてるって言ってたのはこれだったのね。
佐藤Pで2部作かあ。20世紀少年の路線を狙ってるんでしょうか。加藤のビジュアルが剃りこみのオールバックってちょっと微妙なんですけど・・でもこんなに矢継ぎ早に映画に出るけど、希望としては年1度の大作と単館系の小作品、TVドラマ1作くらいのペースでじっくりやってほしんだけどね。
人気があるからって出まくって消耗されないようにフムフムさんお願いします。
カイジに笑う警官、ナクシタキオク、ノル森が続くけど、
忘れちゃいけない、いまはカムイでしょ!
まだカムイは戦ってるんだからーー!!(ぜいぜい)
2009/10/08(木) 11:04 | URL | コップニ #-[編集]
期待と安心
mayさん こんにちわ~
お久しぶりにこちらにお邪魔します

次々と新しい作品情報が入りますね
アクションもあり、ってことで「カムイ外伝」の時のケガを思い出し
心配でもあったんですが、佐藤プロデューサーが関わっていると知り
ホッとしましたし、またタッグを組める!と嬉しくなりました。

テレビ局絡みは宣伝に関しては心配ないでしょうし
不安要素が少ないのは良いことだわと安心してます

さて、最近の松山さん
いかにも芸能人らしいゴシップ記事(決してスキャンダルでは無いです)に
別に隠れて会っている訳でもなく普通に生活している姿を撮られて
勝手に騒がれても…って気持ちでしょう

仕事仲間の独身男女がお付き合いしてるのは
至極自然に思えますが…ねえ?(笑)

私達ファンって 「私の気持ちをどうしてくれるのよ!」
って感情を持ってしまうんですよね
だからこそファン、なんですけど。
そんな想いを受け止めてくれ、とは言いませんが
知っていては欲しいと切望します
(^-^)
2009/10/08(木) 12:16 | URL | メイ・ユー・シュー #-[編集]
Re: めまぐるしいね
コップニさん

> この前ラジオで次の映画に向けて身体を太くしてるって言ってたのはこれだったのね。

私たちの知らぬところでいつもさりげなく次の作品の情報を話していたりするケンイチなんですけどね(笑)

> 佐藤Pで2部作かあ。20世紀少年の路線を狙ってるんでしょうか。

物語が長いから1作だけではまとめられないというのもあるんだろうね。
上映時間も長くしたら子供たちが飽きて観れないというのもあるだろうから色々考えて結局2部作とかにという感じになるんだろうね。

>でもこんなに矢継ぎ早に映画に出るけど、希望としては年1度の大作と単館系の小作品、TVドラマ1作くらいのペースでじっくりやってほしんだけどね。

でも、他の俳優さんに比べたらケンイチはまだゆっくりしている方だと思うよ。
作品かぶらないようにフムフムさんはじめ皆が配慮してくれているし、あれもこれもできない俳優だって理解してくれているのは本当にありがたい。映画よりドラマの方が大変だと思うしね。準備期間が少ないし撮影もハードだしね。

> 人気があるからって出まくって消耗されないようにフムフムさんお願いします。

大丈夫だと思うよ(^・^)

> カイジに笑う警官、ナクシタキオク、ノル森が続くけど、
> 忘れちゃいけない、いまはカムイでしょ!
> まだカムイは戦ってるんだからーー!!(ぜいぜい)

でもケンイチはもうGANTZに向けてがんばって貰わないといけないから、わたしたちはカムイがんばります(カイジも頑張りますアハハ)
2009/10/08(木) 12:49 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
Re: 期待と安心
メイさん、こんにちは

> 次々と新しい作品情報が入りますね

台風どころじゃないですね(笑)

> アクションもあり、ってことで「カムイ外伝」の時のケガを思い出し
> 心配でもあったんですが、佐藤プロデューサーが関わっていると知り
> ホッとしましたし、またタッグを組める!と嬉しくなりました。

撮影が始まったらまた、たかひろ君と一緒にいる時間が増えて小雪さん焼きもち焼かないでくださいっって感じ?(笑)

> テレビ局絡みは宣伝に関しては心配ないでしょうし
> 不安要素が少ないのは良いことだわと安心してます

もうどんな撮影現場になるんだか…

> さて、最近の松山さん
> いかにも芸能人らしいゴシップ記事(決してスキャンダルでは無いです)に
> 別に隠れて会っている訳でもなく普通に生活している姿を撮られて
> 勝手に騒がれても…って気持ちでしょう

別に騒ぎ立てるようなことでもないんだけど…
本人芸能人という意識が低いからなんだろうけど…(それってダメ?)

> 仕事仲間の独身男女がお付き合いしてるのは
> 至極自然に思えますが…ねえ?(笑)

あっちで乗馬に来ていたという話を聞いても微笑ましいなと思うし、カムイという作品が2人とっても本当に色々私たちが想像出来ないくらい色んな思いのある作品なんだなって感じたな。
2人でカムイで共演した馬に会いに行って乗っている姿って楽しそうだしいい感じだなぁって。

> 私達ファンって 「私の気持ちをどうしてくれるのよ!」
> って感情を持ってしまうんですよね

そういう人が多いんだろうね。好きな人を取られるという感覚なんだろうね。

> だからこそファン、なんですけど。

まぁ、それは人それぞれだから何とも言えませんが(私はそういうファンじゃないからわかんないけど)

> そんな想いを受け止めてくれ、とは言いませんが
> 知っていては欲しいと切望します
> (^-^)

知っていてもどうしようもないだろうね。
言っても騒がれるし、言わなくても騒がれるし、そうでもそうじゃなくても結果的に騒がれ続けることには違いないんだから。

多分、ケンイチにはいろんな人が周囲にいるからそういう人たちからも色々アドバイス受けているはず。
だから騒ぎたい人は騒げばいいし、嫌いになる人は嫌いになればいいし、そうして淘汰されていけばいいんじゃないかな?

そういうケンイチの心情を受け止めることもファンだと私は思っているんだけどね。
2009/10/08(木) 13:00 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
マッチョなマツよ^^
そうか~
だから体きたえてたんだね、しかも加圧で。

なんだか、想像できないなあ。
でも、Rainもあんななったし、ケンちゃんどうですかね。

なったらなったで、そうかそうか、がんばったね、
よしよしとなるだろうし。
わいは受け止めますよん。

うぃきでGANZ検索したけど、ほんと、おもしろそうだね。
これはもしかしたら、DMC以来の面白いギャグが
見れるかもしれない。

田中星人とか、ねぎ星人とか・・・
ケンイチとニノの化けっぷりも楽しみ。

うれしい情報ありがとう、mayさん。
2009/10/08(木) 19:17 | URL | 熱情 #mQop/nM.[編集]
楽しみじゃ~~~!!
朝からこのニュース目にして、もうワクワクでした。
めちゃめちゃ楽しみや~~~!

ニノちゃんとW主演てのもスゴイ!! さぞかし舞台挨拶付き試写会はすごい競争率だろうね。 
"硫黄島~”は私まだ観てないんだよね。観ておこうかな。。ニノちゃんの出演作でグッとくるやつに出会ってないから(ってか、観れてないから。いえ、観てるものもあるよ。)、観てみようかな。(ちょっと前のTVドラマ・2時間くらいのヤツも観そびれたんだよな~)

ケンちゃんは原作の絵からすると、オールバックだよね。オ~ルバックか・・・(想像・・むほ・・)
役柄はカムイにも通じそうな・・・。
弟役、斉藤隆成君いいね~~!!だったら、いいね。 ん?でももうけっこう大きいんじゃ? 他に誰かいるかな・・・ウ~ム。
想像ふくらみますね~~!!

今日、ブクオフ・他、中古本置いてるとこ見てきたけど、ブクオフのは"1"からあったけど、もう100円(50円!)にしてもいいくらいのもう古いヤツ(くろくなってきてる~)なのに、新古本と同じ値段で買わなかった。(人気コミックだからなのかな??ま、でないと映画化されんよな) ちょっと立ち読み。けっこうグロいシーンもありそうな。でも面白そうで、原作もやっぱ読んでみたいです。

2009/10/08(木) 19:37 | URL | くろすけ #MgIxvhDQ[編集]
Re: マッチョなマツよ^^
熱情さん♪

> そうか~
> だから体きたえてたんだね、しかも加圧で。

ジムに行って、テニスして、乗馬して、いろいろ頑張っているんだね。
本当に大変だよね俳優って職業…普通じゃできないよね。

> なんだか、想像できないなあ。
> でも、Rainもあんななったし、ケンちゃんどうですかね。

いやぁ、あんなにマッチョにならんで欲しい(ーー゛)

> なったらなったで、そうかそうか、がんばったね、
> よしよしとなるだろうし。
> わいは受け止めますよん。

身体のラインがくっきりのスーツ着るんでしょ?(笑)
原作かなりエログロいみたいだけどそれを一般観覧の等級でということはどうするんだろう?

> うぃきでGANZ検索したけど、ほんと、おもしろそうだね。
> これはもしかしたら、DMC以来の面白いギャグが
> 見れるかもしれない。

つべでアニメバージョンが見れるみたいよ(笑)
コミックレンタルにあるかな?

> 田中星人とか、ねぎ星人とか・・・
> ケンイチとニノの化けっぷりも楽しみ。

ニノ女性絡み作品少ないからどうなるんだろうなぁ…(笑)
ケンイチ、オールバックなのかなぁ…(笑)
2009/10/08(木) 22:39 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
マッチョ待った!!
私もあんまりマッチョにならんで欲しいっす。
カムイ2部もやらなきゃだし!! カムイは少年ぽさがないとね~~!!

さっき検索してみてたら、もともとの原作ファンは、アニメは絵が雑でいかん!っつてるヒトもいた。でもアニメのファンももちろんいるだろうし、実写になると、またいろいろいわれるんだろうけど、演技派2人ですから~~!!面白いに決まってる!!
あぁ待ち遠しいな~。。
2009/10/08(木) 23:53 | URL | くろすけ #MgIxvhDQ[編集]
Re: マッチョ待った!!
くろすけさん

> 私もあんまりマッチョにならんで欲しいっす。
> カムイ2部もやらなきゃだし!! カムイは少年ぽさがないとね~~!!

あはは~基本的にマッチョって苦手なんですよね私(ーー゛)

> さっき検索してみてたら、もともとの原作ファンは、アニメは絵が雑でいかん!

かなりエログロ満載の作品みたいだけど、だからカムイとかでどんびきしてるファンは絶対みれないんじゃないかといってる人は多い。でも一般等級の上映目指すらしいからかなりそういうハードなエロいシーンとか(玄野君担当)グロいシーンは割愛されるのかな?原作ファンはそれが不満になるみたいね。

あのエログロさがないとあの作品の世界観は伝わらないらしい?(笑)

一体どうなるのかまずは楽しみだね~。
2009/10/09(金) 10:58 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
なんでジュエリーアワードなん?
あたらしい情報のケンイチの写真、
ジュエリーアワードのじゃないですか。
なんで???
笑かしてもろた~

これで左薬指にダイヤ光ったらもうもうもう・・・
ニノはニノでなんかやさぐれた写真だし、
なんだかおかしいね(笑)
2009/11/05(木) 23:05 | URL | 熱情 #mQop/nM.[編集]
Re: なんでジュエリーアワードなん?
熱情さん

> あたらしい情報のケンイチの写真、
> ジュエリーアワードのじゃないですか。

そうなんだよね~。
2箇所とも微妙に角度は違うんだけど(2人とも)同じ時に撮影されたもの
なんでなんだろうね~他に色々写真あるだろうに(>_<)

> これで左薬指にダイヤ光ったらもうもうもう・・・
> ニノはニノでなんかやさぐれた写真だし、

ニノ、やさぐれてる?(笑)
撮影どんな感じになってるんだろうね~
他のキャスト情報キボンヌ♪
2009/11/06(金) 12:03 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
今月号のシネマスクエアにもちょこっと出てたよ。ケンイチは公式の写真。アハハ。
でもさ~、新しく雑誌に載ってたっつても、だいたい知ってるような~・・アニメもみちまったしな~、他のキャスト情報とか新しい写真とか~(!!)出して欲しいよね~!
2009/11/06(金) 18:43 | URL | くろすけ #MgIxvhDQ[編集]
Re: タイトルなし
くろすけさん

> でもさ~、新しく雑誌に載ってたっつても、だいたい知ってるような~・・アニメもみちまったしな~、他のキャスト情報とか新しい写真とか~(!!)出して欲しいよね~!

まだまだ先なんだからゆっくり楽しまないと…(笑)
来週には「笑う警官」も公開だしぃ~

ケンイチも撮影に入っているだろうからしばらくは表に出てくることもないだろうし、私たちもその間勝手に盛り上がってなけりゃアハハ~。
2009/11/06(金) 21:22 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
加藤、コッチむいて
GANTZスーツケンちゃんの後姿が~たくましいわ~~~
萌え~ ぽわ~~~ん(*´ェ`*)・・・
2010/01/01(金) 12:17 | URL | くろすけ #MgIxvhDQ[編集]
Re: 加藤、コッチむいて
くろすけさん

> GANTZスーツケンちゃんの後姿が~たくましいわ~~~
> 萌え~ ぽわ~~~ん(*´ェ`*)・・・

このチラリズムのニノを見てからTVに映るニノもキャラクターに見えてきた(笑)
…でもやっぱ加藤…加藤の後姿…

GANTZの撮影が入ってからケンイチの写真を見るとなんだかとても不思議な気持ちになってくるんですよ。何がというのではないんだけど、本当に不思議な感覚。

色んな写真と見比べるんだけど本当に同じようなポージングでも表情でもなんか違うんだよね。これってファンじゃないとわからないのかしら?他の人はおなじみにえるんだろうか?

いや、ファンじゃないときも感じていたからそんなわけはないはず…
でもあの加藤の後姿…妄想列車が頭の中で暴走中…(爆)
2010/01/05(火) 13:58 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
キャスティング
>西丈一郎役に本郷奏多さん
お~! マジ予想してました!当たったど~!
(って、まだ”?”かな・・・公式サイトGANTZが「あしたもてめえ達にはっぴょうがあります」と言ってるから、それか~?)
K-20のあの意地悪小林少年をもっときつくしたらバッチリ? カナタくん合ってると思うな~。”青い鳥”の悩める中学生もよかったけどね。
2010/01/27(水) 20:32 | URL | くろすけ #MgIxvhDQ[編集]
Re: キャスティング
くろすけさん♪

> >西丈一郎役に本郷奏多さん
> お~! マジ予想してました!当たったど~!

でも、西って中坊だもんねぇ~まぁ、玄野と加藤が高校生から大学生に年齢設定上がっているから西も高校生という設定でもいいのかもしれないけど、やはり中坊に意味があるかな?(本郷君中坊の役まだ大丈夫かな?(笑))

> (って、まだ”?”かな・・・公式サイトGANTZが「あしたもてめえ達にはっぴょうがあります」と言ってるから、それか~?)

もう、GANTZふざけてるよね~。もう少し日本語まともに書けよつーの。(笑)

田口トモロヲさんが気になって仕方ない。山田雅史とかかな?(最初に出てくるメンバーでああいう眼鏡のと言えばそれくらいしか思いつかない…)
2010/01/27(水) 21:09 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .