FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています

こういうインタビューを見るとなぜだか一部の日本人は過剰に反応するんですよね。
ニンジャが日本固有のものだとかトンチンカンなうんちくを垂れたり、(そもそも忍者のことを当時ニンジャなんて言う人いなかったんですよね、日本国内だけでも様々な呼び名があったわけだから、それに忍者と同じ働きをしている人は中国にも朝鮮半島にもいたわけだから)まぁ映画も舞台は現代だから国籍に捉われることなんかもないわけで…全く関係ない。

あとこの翻訳のインタビューの言葉使いがなんだか偉そうだけど実際のRainは言葉づかいは丁寧なので誤解のないようにお願いします(あくまでも翻訳した人のフィーリングです)

中央日報001

 


これまで米ハリウッドに進出するというニュースを伝えた俳優は多かった。しかし、実際にメジャー市場にきちんと顔を出したスターは稀だった。女優チョン・ジヒョンが、日本、フランス、香港が共同制作した「ラスト・ブラッド」(Blood)に出演、韓国内と欧州、日本を経て米国でも公開されたものの反応はいまいちで、昨夏に公開された「G.I.ジョー」のイ・ビョンホンが助役を通じて強く印象付けたのがすべてだ。

これまで有名なハリウッドのメジャースタジオで、いわゆる「ワントップ」として出演した例がなかったが、今回、歌手で俳優のピ(Rain、チョン・ジフン)が「ニンジャ・アサシン」(Ninja Assassin)でスタートを切った。

「ニンジャ・ アサシン」は「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟監督と、ハリウッドの有名な制作者ジョエル・シルバーが制作し、「Vフォー・ヴェンデッタ」のジェイムズ・マクティーグ監督が演出を務めたアクション・ブロックバスターだ。ハリウッドのメジャースタジオ、ワーナーブラザースが配給を担当し、11月26日から米全域で約2800のスクリーンを通じ公開される予定だ。

--ハリウッド映画に主演した所感は。
「今回の作品はとにかくうまくいかなければいけない。『スピード・レーサー』はデビュー作品で助演だったため興行とは関係なく、個人的に踏み台となった作品だったとすれば、今回は、成功しなければ次回作品があり得ないという悲壮な覚悟で臨んだ。約1000億ウォン(約78億円)にのぼる映画で、単独主演したというのが今でも信じられない」。

--なぜウォシャウスキー兄弟監督が米国では無名も同然のピを選んだのだろうか。
「人生に3回のチャンスがあるというが、歌手でプロデューサーのパク・ジニョンさんと出会ったのが1回目だとしたら、ウォシャウスキー兄弟と出会ったのは2度目のチャンスといえる。『スピード・レーサー』のオーディションで“I Can Do It”を100回ほど叫んだと思う。自分のすべてを見せて、キャスティングされた。そして『スピード・レーサー』の撮影地でウォシャウスキー兄弟監督にばかり付きまとった。そのとき「ニンジャ・アサシン」のシナリオを見た。アクションスクールで習ったアクションを吐き出すかのように、すべてを見せてやった」。

--韓国の俳優としてニンジャ映画に拒否感はなかったか。
「あえて韓国的な色にこだわるわけではないが“悪の群れであるニンジャを殺すキラー役”ということで慰められた。ウォシャウスキー兄弟監督がよく知らずにいる韓国について教えることもあった。自然と韓国への理解を深めることができ、意図したわけではないが、劇中KBSテレビの時代劇や明成皇后の歴史に関連したセリフが入ることになった」。

--リック・ユン、レンダル・ドク・キム、ソン・カンなど意外と韓国系俳優が多いが。
「私が演じる雷蔵の子役と少年役はいずれも韓国の俳優だ。キャスティングにはやや寄与した。子役は“リトル東方神起”として有名になったユン・ソンウンで、少年役は新人グループ・Mブラックのメンバー、イ・ジュンだ。イ・ジュンには英語のセリフを教え、髪を切ってからオーディションに応じるようアドバイスした」。

--英語のセリフもきちんと消化できたようだが。
「最初は時々勉強していたが、わざとたくさんできる振りをしていた。ところが、ウォシャウスキー兄弟監督から“英語のセリフはそれで十分だから、表情を考えるように”といわれた後、数十回撮りなおすうちに英語にも慣れてきたようだ」。

--「ニンジァ・アサシン」の続編も撮るのか。
「今回の作品がうまくいけば可能だろう」(笑)。

--そのほかにもハリウッドの次回作品があると聞いているが。
「現在協議中だ。ヒーローについての物語だ。まだ契約書にサインしていないため何ともコメントできない。もう少し見守れば良い結果があるだろう」。

--今後のスケジュールは。
「10日にプロモーション活動を終えて、11日米国へ向かう。19日からはプレミア試写会とプロモーションが続く。インタビューもたくさん予定している。その後は、年末までアジアツアーに臨むが、香港・マレーシア・中国などで行い、12月18日に帰国する予定だ」。

文句を言いたいならRainに言うんじゃなくて日本人の俳優ももっと自国(日本の国や文化について)のアピールをしなさいといえばいいだけです。それは別に韓国人だからとかとか関係ないと思う。

単純にアピールしただけでその人たちが「はいはい」なんて言うほど甘い世界ではない。
それは彼自身が本当に自分をアピールする以上に努力をした結果であって、言うばかりだったらきっとニンジャアサシンの主役にも抜擢されてないし、ましてスピードレーサーやニンジャアサシンでの製作陣並びにスタッフが彼の母国に関するあれこれを作品に盛り込もうなんて思わないわけですよ。

配役に関しても「偉そうに…」と思う人がいるかもしれないけれど、これだってRainという人間を信頼しているからこそ「こいつが言うのなら大丈夫だろう」と思ったからだと思います。誰よりも頑張るRainが押している人材ならきっと頑張ってくれるだろうという…

観る前にどうこう言うよりもまず作品を見て評価してもらいたいですね。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .