感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
毎年恒例の日経エンターテイメントの「一番活躍しいたのは誰?男優・女優100人通信簿」

項目は
①「連続ドラマ」
②「映画」
③「CM」
④舞台や出版物などの「その他」
⑤「メディア露出」(スポーツ紙の記事検索数・雑誌のインタビュー掲載数・ミクシィの最大コミュニティの会員数)
の5ジャンル出演作のヒット数などを加味して100点満点とした。



2012.12.5記述
日経エンターテイメントNo.190(2013年1月号)より

「女優・男優100人お仕事通信簿2012年版」

002_20121205104640.jpg 

松山ケンイチ(A-30...27~32歳)
ドラマ   ★★★★
映画   ★★★
CM   ★★★★
その他  ★
メディア ★★★★
64点主演したNHK大河ドラマ『平清盛』は、視聴率低迷が取り沙汰されたが松山の演技には賞賛の声も。13年には初舞台への挑戦や三谷幸喜監督『清須会議』への出演も決まり、心機一転。

とりあえず今年もこのメンバーの中に名を連ねる事が出来たことにひと安心(笑)
気が付けばA-30になったのですね。さて、今年の通信簿の評価ですが…おぉ!昨年よりも評価がUPしています\(^o^)/
「平清盛」のあのマスコミから連日、視聴率叩きなどにあいながらも、俳優としての評価は全く落ちることなく、評価が高まっていると言うのは一体何なんでしょうね。(私はドラマ自体も本当に素晴らしいと思いますけど)
来年早々、実生活でも2児のパパになりますし、初舞台そして映画も決まってますます講師とも忙しい1年になる事でしょう。


2011.12.3記述

日経エンターテイメントNo.178(2012年1月号)より

「男優・女優100人2011年の通信簿」

GINZA002.jpg


松山ケンイチ(U-29...26~29歳)
ドラマ   --
映画   ★★★★★
CM    ★★★
その他  ★
メディア ★★★★★
56点小雪との結婚を発表した11年は映画に注力。『GANTZ』2作に『マイ・バック・ページ』、『うさぎドロップ』と主演作が続いた。12年のNHK大河『平清盛』で主演、期待が高まる。

今年からU-29の仲間入りです(笑)このグループは若手の活躍どころがわんさかいますからね。
まぁ今年も安定した点数なケンちゃんです(^_^)

ちなみにこのグループでの高得点は「嵐の櫻井翔」さんがなんと92点。次には「向井理」さんなど。
来年は大河もあるしどういう通信簿になるのか楽しみです♪

2010.12.5記述
日経エンターテイメントNo.166 (2011年1月号)より

「男優・女優100人2010年の通信簿」

フライングポストマン003

 
松山ケンイチ(U-25...25歳以下)

ドラマ    ★★
映画    ★★★
CM     ★★★
その他   ★
メディア ★★★
48点映画界の若きスター俳優。話題作『ノルウェイの森』が公開。ドラマはTBS開局記念作『99年の愛』に出演。11年は2部作『GANTZ』など5本の主演映画が大気中。

この年齢の高得点は佐藤健君です。やはり今年は「龍馬伝」などで素敵な演技を見せてくれてその後も映画ドラマに引っ張りだこですもんね~。ケンちゃんに関しての総評は「松山ケンイチは安定した働き。松山は映画の銃美期間で作品が少なく点数を落としたが、11年は既に5本の主演作公開が決定。2012年はNHK大河『平清盛』主演も発表されるなどそのポジションは確実なものといえる」と言う事でまぁ出演作がくすなかったのが点数を落としたとちゃんと評価されているので一安心です(笑)メディア出演が少なかった割の48点はなかなか良い評価だと思ってくださいね(笑)来年はぐぐっと良い評価を期待しましょう♪

2009.12.15記述
日経エンターテイメントNo.154 (2010年1月号)より

「男優・女優100人2009年の通信簿」

週刊朝日01 

 
松山ケンイチ(U-25…25歳以下)

ドラマ    ★★★★
映画    ★★★★
CM     ★★★
その他   ★
メディア ★★★★
64点映画を中心に活動。連ドラ「銭ゲバ」、映画「カムイ外伝」では、役柄によって容姿を自在に変える"カメレオン俳優"の本領を発揮。「PEPSI NEX」などCMも印象的だ。

このU-25で得点の高かったのが「水嶋ヒロ」さんで80点、以下三浦春馬、岡田将生、市原隼人、そしてケンイチという感じです。
CMとかもなんだかすごく露出しているように感じるけど実際は3社…あれ?角川文庫は?ちょっとぉ~日経エンターテイメントさん忘れないでよぉ~(ーー゛)

興味のある方は書店でご確認ください♪

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わたしからの通信簿あげます
ドラマ★★★★★
映画★★★★★
CM★★★★
メディア★★★★
その他-★(マイナス)
総合評価99点

今年は銭ゲバに始まって6月はウルミラで初の生マツ体験!
10月11月はカムイ外伝で映画館通い。
夏のドコモのCMでもっさりケンにおおいに笑っってバージョンアップ編でまさかの金髪ケンでどぎもを抜かれました。ペプシケンは直視できないほどの美男子に化けていながらなまり全開というそのギャップで世間のイケメン基準を覆すくらいのインパクトを与えました。
角川文庫のモノトーンCMは思索する青年の陰影をあますことなく体現し乙女たちを本屋へ殺到させました。
映画のキャンペーンで日本中を駆け回り、バラエティー番組でも素の松山ケンイチの魅力はお茶の間にただ漏れ状態でした。
ウニクロではモデルケンになってファッションショーでウォーキングを披露。
そして武道館でレノンの詩を朗読。

本当に今年もめいっぱい堪能させてくれました。百点満点をあげたい!
といいたいど、あのことだけマイナス2点とさせていただきました(ゴメン)笑
















































10月はカムイ詣

2009/12/16(水) 00:36 | URL | コップニ #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .