感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
泰安郡庁の関係者がみたRainとは
韓国・泰安市の重油流出除去作業のボランティアなどを統括していた泰安郡庁の関係者が感じたRainの姿とは

重油ボランティア001

事故の経緯
【2007年12月9日 AFP】(一部修正)韓国西岸沖合で、はしけが香港船籍のタンカーに衝突し積荷の原油が流出した事故で9日、軍とボランティア数千人が原油除去作業を行った。

「Hebei Spirit」(14万7000トン)の乗組員は3つあるコンテナの残り1つから原油をポンプでくみ出し原油の流出を止めたが、1万トン以上が黄海に流出し、韓国史上最悪の石油流出事故となった。

 現場は首都ソウル(Seoul)から南西120キロの泰安(Taean)で、周辺地域には「災難事態」が宣言された。海岸や養殖業者などは大きな被害を受けた。

 舟艇90隻と飛行機6機も出動し、約6600人が海面に浮かんだり砂浜に打ち上げられたりした原油の回収作業に追われた。海岸では警察や軍隊、ボランティアが原油で汚れた砂をゴムのプールにため、そこから運び出すなどの作業を行っている。

 聯合(Yonhap)ニュースによると、海洋警察庁海洋汚染管理局は、原油の流出量が多いため封じ込めは難航しているが、現在の潮や風の向きや速度から大きな被害拡大はないとの見通しを示した。

 地元当局は9日、原油が漂着した泰安の海岸の範囲は全さ17キロ、幅10メートルに上り、地域の445か所のカキやアワビなど魚介類の養殖場が原油流出の被害から立ち直るのに何年かかるか分からないと述べた。被害についての公式発表はまだ出されていない。

 一方、姜武賢(Kang Moo-Hyun)海洋水産相は、17-20キロにわたり砂浜に原油が付着したり海底に沈んだりするなど深刻な汚染が観察されており、流出量の規模から除去作業には少なくとも2か月かかりとの見方を示し、「魚介類が生き延びたとしても、しばらくは出荷できないだろう」と述べ、「原油が海岸に漂着するのを防止するために必要な措置をとる」と明言した。

 Euihangriや万里浦(Mallipo)沿岸でも、原油のにおいが報告されている。(c)AFP

2011.10.27記述
2008.1.18記述mixi日記より転載

「率直なところ、これまでボランティアのため泰安に来た芸能人の中には、それらしく真似事しかしなかった人も時々目に付いた。でもRainは頑張っていた。あの日はとても寒かったが、作業中に手が冷たくなると口に手を当てて温めていた様子に、非常に好感が持てた」

 泰安郡庁の関係者が、今月16日に歌手Rainが行ったボランティア活動の様子について語った。

 Rainは今月14日に米国から帰国。旅の疲れを癒す間もないまま、16日午前に父親と所属事務所の社員20人とともに、原油流出事故で油だらけの忠清南道泰安へ向かった。

 泰安郡庁関係者によると、Rainはこの日午前11時ごろ現地に到着し、午後3時までおよそ4時間作業を行ったという。

 Rainのボランティア活動を最初からそばで見つめていた郡庁関係者は「Rainさんは最初から人の目に付かないように車の中で作業服を着て出てきた。自分のせいで作業が行われている海岸の雰囲気が乱れないように気遣っていた」と語った。

 同氏は「Rainさんは臨時に設置されたテントで仲間たちとカップ麺で簡単に昼食を済ませた。寒さのため同行した仲間たちがぐずぐずしていると、“早く始めよう”と先頭に立って励ましていた。Rainさんのボランティア活動には本当の真心を感じることができた」と伝えた。

 この日はマイナス10度という強烈な寒さの上に、油から出たタールが岩に凍り付いて除去作業も大変だった。Rainは郡庁関係者に「なかなか落ちないですね」と笑顔で語りかけ、「次に来たときはもっとがんばります。必ずまた来ます」と話しかけてきたという。

 Rainはこの日のボランティア活動以外にも、泰安住民のために3億ウォン(約3400万円)分の防寒服とミネラルウォーターを寄付した。


先日、鍵部隊の方の話を読んでいるとやはりこの時のことと同じだと思いました(笑)
この頃もとても忙しくアメリカから戻ってすぐ位にお父様や事務所のスタッフたちと朝早くから現地に向かったと思います。
結局時間的に長く出来なかった(なんだかこの日天気も悪く、この年一番の寒さだったんだよね確か)

こういうファンとかではない関係者などから見聞きする姿こそ彼の姿だし軍でもそんな頑張りが周囲の人たちをも単なる芸能人じゃないんだと思ってくれたんですね。

ケンちゃんも「うさぎドロップ」の撮影の時にSABU監督が「見てるところでは子供と遊んだりする人はいるけど松山くんは本当にずーっと相手をしていた」と感心していましたよね。震災ボランティアでも偶然同じ場所でボランティアをしていた一般の人に「一所懸命作業していた」と。そういうことも思い出したりしました(笑)

でも気になるのは「それらしく真似る(ボランティア作業してる風)」とか「訓練になると医務隊に行く」芸能人の人たちですかねぇ~(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .