FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
スポーツ報知より

堀北真希(21)が主演する映画「誰かが私にキスをした」(3月27日公開、ハンス・カノーザ監督)で、米在住の日米ハーフの女子高生シンガー、Kylee(カイリー=15)が主題歌と出演でダブルデビューする。

Kylee


Kyleeの 公式サイトはこちら



2010.3.21記述
HMV-Utatenよりインタビュー

関連ページの全文は
こちら

――いよいよ、メジャーデビューですよね!まず、音楽と出会ったきっかけを教えてください。
小さな頃から歌うことが大好きで、ディズニー映画を観ながら一緒に歌ったりしていました。ラジオから流れる曲に合わせて友達と歌いあったりもしていましたね。

――11歳にして、NBAの国歌斉唱もつとめたとか!歌手になろうと思ったきっかけは何ですか?
シンガーになろうと思ったのは、まさに11歳のときにNBAで国歌斉唱をしたときですね。 多くの人の前で歌った気持ちよさが忘れられず、歌手になりたいと思いました。

――普段、どんな曲が好きですか?日本の曲も聴かれますか?
ジャンルや洋楽・邦楽は関係なく、色んな音楽を聴きます。
ダンスものも聴きますし、ロックも聴きます。日本の音楽ももちろん聴きますよ。 宇多田ヒカルさんやCrystal Kayさんが大好きです。

――昨年、SUMMER SONICにも出演されたそうですね!どんなお気持ちですか?舞台裏でのエピソードなどもあればぜひ聞きたいです。
たくさんの世界中で活躍している憧れのアーティストたちと同じステージに立てたことが、とても嬉しかったし、夢のようでした。舞台裏は、せっかくのお祭りなので、バンドメンバーたちと大騒ぎしました。他のアーティストのライブを観たり、屋台でおいしいものを買ってたべたり。

――デビュー作「キミがいるから」について教えてください。
初めて恋に気付いたときの、もどかしい気持や切ない気持ちを歌ったラブソングです。恋をしているときの胸がギュっとなる感情を歌詞にもサウンドにも込めたので、共感してもらえたら嬉しいです。何度も聴いてほしい曲です。

――現在、アリゾナに在住のKyleeさん、今、学校で流行っていることはなんですか?
学校全体がということは無いのですが、私の周りではダンスが流行っています。学校の授業でダンスのクラスもありますし、学校以外でも友達の部屋で大音量で音楽をかけて踊るのはとっても楽しいです。

――これからどんなアーティストになりたいですか?
ジャンルにとらわれず、色んな歌を歌っていきたいですね。それから、日本語でももっと詞をかけるようになりたいし、曲作りもしたいです。あと、日本だけでなく海外でも活動ができるシンガーになりたいです。

――最後にこのページを見てくれている読者にメッセージをお願いします。
はじめまして!私も皆さんと同世代の15歳です。ティーンエイジャーの気持ちは日本でもアメリカでも、世界中どこでも変わらないと思うから、これからも同世代のみなさんに共感してもらえる曲を歌っていきたいと思っているので、よろしくお願いします!
2010.1.14記述
スポーツ報知より

11歳の時にNBA公式戦で国歌独唱を務めたという実力派。映画が国際色豊かなことからデビュー曲「キミがいるから」(3月24日発売)が主題歌に決定したほか、挿入歌も2曲担当。さらに、カノーザ監督が昨年、来日した際にカイリーのライブを訪問し、女優としての才能にも注目。急きょ堀北演じる主人公の学生が通うインターナショナルスクールの後輩生徒役で出演した。

 米国人の父と日本人の母の間に生まれ、現在アリゾナ州に暮らすカイリーは、NBAでの熱唱をきっかけに日本デビューが決定。昨年8月には日本最大級のロックフェス「サマーソニック」に史上最年少で出演。歌の実力ばかりでなく、高校の成績も優秀で「学業優秀学生」に選ばれたという。

 ダブルの抜てきにカイリーは「ハンス監督と歌のことやいろんなことを話し合ううち、まるで予想外な出演のオファーまでいただいたことも、すてきなサプライズでした。こうして母の祖国でもある日本でデビューできることが、とてもエキサイティング」と意気込んでいる。

すでにインディーズでアルバムなども出しているみたいですね♪(^-^)
映画の主題曲もどんな感じに仕上がっているのかも楽しみだけど、劇中でもホマキちゃんとの絡みも楽しみです。

ということですでに発売されているかこの曲をご紹介しておきます♪

 Kylee~VACANCY~

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .