感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
音楽で楽しむ「誰キス」ワールド

2010.4.1(4.20追記)記述

「誰キス」の中で音楽も効果的でしたよね。
音楽のセレクトも原作者で脚本も手がけたガブリエルさんが担当しました。

詳しくは「誰キス」のパンフレットにハンスが楽曲について紹介してくれています。
原作の中でも映画の中でも何かあるたびにミライがナオミのために様々なミュージックミックスCDを作って渡していたのが印象的なんだけど、決して音楽が溢れているわけではないんですよね。

でもなんだかイメージ的に音楽が沢山ありそうな気がしてくるんです(笑)

セリフ一つ一つも音楽の一つ、音楽もセリフの一つ…そんな相乗効果が作品の中で表現されていると私は感じています。

 

022-1.jpg

 しかし、残念ながら現時点で「誰キス」のOSTというものは存在しません。

一応ハンスにも「OSTが欲しい」と日本それ以外のまだ公開されていない海外のファンたちからのラブコールにひょっとすると実現できるかもしれませんね。東映さんお願いします<(_ _)>

しかし…それじゃ寂しいじゃない?

ということでパンフレットを見てその楽曲をつべで探しました(自分の音楽用にはiTunesでDLしたりしておりますが)
とりあえず何度も鑑賞をしてこれである意味完璧に完成したと思っております(汗)
ハンスに見てもらったらお墨付きをもらえるかな?(^^ゞ

なーんて…「誰キス」の好きな皆さんがDVDの発売までの間「誰キス」ワールドに少しでも浸れる場所であれば良いかな?と思っております。 (まぁ私が一番のヘビロテな人間かもしれませんが)

ただし探しても見つけられなかった楽曲もあるので予めご了承ください(画質や音が悪いものも一部あり)


それでは以下(続きを読む)ネタばれあります

Wolf Parade -The Grey Estates
 

印象的なオープニングですよね、POPなサウンドとイヤーブックのクラス写真?撮影の様子を通してそれぞれのキャラクターの性格を紹介。疾走感のあるメロディがこれから始まる物語にワクワクします。



The Age of Rockets - Elephant & Castle


ミライが持って来てくれたMIXCDから。
記憶をなくしたナオミの何とも言えないもやもや感、足に地位が付いてないような浮遊感が感じられる1曲。
一度遮断された曲が再び流れだしナオミは自分の知らないナオミの足跡を探すシーンが印象的。



Silver Jews - Sometimes a Pony Gets Depressed 


記憶をなくしたナオミの登校初日、何事においても戸惑うことばかりで自分のロッカーの開け方もわからない。
周囲の人たちの目も気になりながらもそれどころじゃないという混乱ぶりとインターナショナルスクールの開放的な雰囲気とのコントラストが曲とマッチングしています。


Kylee - She wishes


長谷川先生(ミライのママでもある)の車で帰宅途中、何故自分がイヤーブックに夢中だったのかをミライに尋ねるシーンで車中のBGMとして流れている曲。


Kylee - On My Own


エースに誘われて行ったホームパーティ…でもエースは着いた途端ナオミをほったらかしにしてどこかに行ってしまった。
心細いナオミはエースを探すけれど人が多すぎてわからないし、ついつい手渡されたビールを飲んでしまう。
そんな時に流れているこの曲がとても良い感じで毎回TVモニターに映し出されるCG映像に目が行ってしまうんですけど…(笑)
最近ニッセンのCFの英語で歌うKyleeの声に慣れてきたのかこの曲もひょっとしてと思ったらやはり…でした♪

 The Weepies - Nobody Know Me At All


ナオミが衝動的に髪を切るシーン。
過去のナオミと決別して今の自分として生きていこうという決意の表れなのか…
ちょっと切ってみようと思ったら結局バッサリ…気持ちはスッキリ…?

Jay Reatard It Ain't Gonna Save Me


髪を切ったナオミを見て演劇部所属のアリスがスカウトします。
そしてミライに対して少し心痛みながらも演劇の練習と劇中の効果要のイメージ映像の撮影のためにユウジとユミと公園でロケ。ユウジがカメラを持ち走りまわりながら撮影している姿や演技指導をしている様子、それを楽しんでいるナオミの様子、しかし…(汗)



Plushgun - Just Impolite

ホームカミング・パーティーシーン。
後輩の写真のカメラを借りてテーブルの上で夢中でシャッターを切るナオミの様子とアイフレームと音楽の軽快なテンポが心地よいんです。ナオミ目線の写真がおもしろいです。



Jay Reatard - No Time

演劇部の 打ち上げパーティーで遅れてユウジがやってくるシーン。
「ハーイ、ハムレット」良いですね(笑)以前話したアルバイト先での上映会でファスビンダーの作品をするからナオミに来ないかと言って連絡先を手に書くユウジとその後それをユミとアリスがナオミとキャッキャしながら観ているのがやはりティーンエイジャーっぽいですよね(笑)




Joshua Radin - Winter
[MAD]Darekiss - winter(ナオミの誕生日の雪のシーンとwinterのメロディが劇中でも印象的ですね)

ナオミの誕生日、食事の後雪が降りだした。2人で学校の階段へ向かう、2人が出会った場所…
イヤーブックの部屋からゴミ箱の蓋を持ち出し2人でソリ遊びをするシーン、本編の中でもユウジが本当に屈託なく笑っているが楽しくもありでも切なくもあり…帰り道での2人の会話が微笑ましくもやはり切ない…

 



The Age of Rockets - Once We Were Monsters

クリスマス、ユウジの部屋でプレゼントを交換し合う2人。
ユウジは赤と黒の金魚とハート型の金魚蜂をナオミはクリスマスツリーをお互いプレゼント。
少しの間離れる2人が名残惜しむかのようにキスをする、Winterもこの曲も2人のシーンの曲はとても奇麗だけどとても切ない。

 

The Age of Rockets - Avada Kedavra

フォト・ワークショップの課題のためにユウジが大量のカメラを持って学校の階段でタイマーを使ったり、瞬間的に撮影したりしている時に流れる曲。カメラの収める瞬間瞬間のショットと音楽がとてもマッチしています。そしてこの後ナオミは記憶を取り戻すことに・・・。

The Age of Rockets - Stitches To Show Something's Missing

階段を上っていくミライの姿を見てナオミの記憶が戻り、フォトワークショップの課題の説明をしている時に流れている曲。  

 

Griffin House - Better Than Love


ユウジのためにLAに向かったナオミだけど結局何もできず、帰路につくことに。帰りの飛行機の中でミライにもらったMIXCDを見るナオミ、記憶をなくす前のナオミ(すでに記憶が戻っているので何もかもわかる)、記憶をなくしてからのナオミ、ミライのナオミに対する思いをしみじみ感じるナオミ…。

The Theater Fire - These Tears Could Rust A Train

ナオミのお願いでしぶしぶミライがユウジのいる長野の療養所に向かう時流れている曲。



The Mountain Goats - Woke Up New

長野から戻ってきたナオミとミライの食事シーン。
ナオミの記憶が戻った事実に戸惑うミライ…2人の中が親密になることでそれまでの関係が変わってしまうのではという思いが結果的にナオミが階段から転倒してしまうことになったりその後ナオミがユウジを好きになったりイヤーブックをやめてしまったのではと気持ちを吐露する。お互いがお互いを知り尽くしているゆえにその関係が恋愛関係によって変化することが嫌だったはずが…。


The Weepies - Riga Girls

エースがナオミにテニスのパートナーの申し込みにきた。戸惑うナオミだが了承する。
エースの厳しい指導?の成果もあって勘を取り戻していくナオミ。
ナオミと別れてもミライとはまた違うナオミの一面を知っているエースらしい言葉と記憶をなくしたことでその直前にすでに2人の気持ちの擦れ違いがあったことが少なからずエースはまた元に戻るのではと思っていたことやいろんな事を「ゴメンナサイ」とナオミにいうシーンはスポーツマンらしくもあり、ナオミのことを知るBFとしての優しさが感じられるシーンで、爽やかに感じました。



The Weepies Slow Pony Home

無理をしてミライが肺炎で入院してしまった、そんなミライがナオミにイヤーブックの仕事を引き受けてほしいと、ナオミじゃないと出来ないと…ミライの指示を受けならがイヤーブックの最後の追い込み作業に勤しむナオミ。そしてついにそのイヤーブックが完成しました。


Joshua Radin - You've Got Growin' Up To Do

アリサ・リサとパパの結婚式、ナオミはアリサ・リサの専属カメラマンとして大忙し。夕日を浴びての結婚式や楽しいパーティの様子があいフレームを通して観客にもそのアットホームな雰囲気が伝わってくるシーン。病室のミライにも素直に自分の気持ちを伝えるナオミ。なんだか初々しい2人の雰囲気と曲がすごくマッチングしているんじゃないかなって思います。

 

Joshua Radin - Brand New Day


You've Got Growin' Up To Do の曲の途中から卒業式のシーンに場面展開して行き、ナオミは卒業生の記念写真の撮影に忙しい。色んな事があった1年あまり、厭味なことを言われたり色々あったけど今日は卒業生も先生たちもみんな笑顔、そんなところにユウジがやってきた。表情も穏やかででも少し照れくさそうな表情なお互いだけど、記念写真を撮ったり、2人の出会いのきっかけのカメラでナオミは今のユウジを写真に撮った。

記憶をなくしたとき、ナオミがしたように今度はミライがナオミを驚かせる、2人の思い出の階段を力強くうでをくんで歩く姿が晴々しい、そしてこの曲もそんなナオミの過去と未来を語っているかのように「キミがいるから」と入れ替わっていく…。


Kylee - キミがいるから(youtubeにデータなし)

この曲を聴くとナオミそのものを感じるんですよね。
ナオミも色んな事を感じ、経験し、少しずつ大人になっていくんだろうなとか、…
エンドロール最後にハンスの名前がロールされるんじゃなくて青空にディレクター・ハンス・カノーザと出てくるのもハンスらしいというか…(笑)

そして…あの再びのエンディング、でも今回は…(笑)


探せない楽曲や楽曲をリンクできないものもありますが、これを見て聞いて「もう1回あらためて誰キスを見てみたくなった」とか思ってくれると嬉しいし、OSTは発売されないのでこちらで少しでもお楽しみいただければと思います♪

 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すごーーーい!
今1曲目を聞いています。すぐに映画の場面が浮かんできました。確かに、この映画では、音楽が決して過度に使われておらず、それでいてとても印象に残る使い方だなーと思いました。

海外のファンは、とりあえず映画が出てからのお楽しみ♪ な感じでいいかもしれないですね♪
あるいは、あえて曲を知っていただいて、「これはどんな場面で使われるんだろう??」というワクワクを感じてもらうのも一つの宣伝方法かも?

サントラがもし出たら、ほんとうに欲しいと思う海外のファンは買うかも。まだ映画が公開されていなくても。

時間見つけてもう一度見に行きたいです。
(^^)

p.s.うちのパソコン古いので、YouTube系はだいぶ最近動きが遅くなってきました(泣)
2010/04/01(木) 22:56 | URL | mieko #-[編集]
Re: すごーーーい!
hi,mieko(って何でアメリカンな挨拶なんだ?アハハ)

> 今1曲目を聞いています。すぐに映画の場面が浮かんできました。確かに、この映画では、音楽が決して過度に使われておらず、それでいてとても印象に残る使い方だなーと思いました。

んだ、んだ♪(ってどこの人間だあんた(>_<))
言葉の代わりに曲があるというシーンも沢山あるしね~

> 海外のファンは、とりあえず映画が出てからのお楽しみ♪ な感じでいいかもしれないですね♪

もう、海外のファンは大変ですよね。ハンスにお願いしまくりで…1カ国でも沢山の国で公開されるといいよね本当に。

> あるいは、あえて曲を知っていただいて、「これはどんな場面で使われるんだろう??」というワクワクを感じてもらうのも一つの宣伝方法かも?

期待値高いよね~。でも前もって曲だけ聴いていると映画を見た時また違う感動があるかもしれないよね。「あぁ、この曲はこのシーンでかぁ」なんて具合に。

> サントラがもし出たら、ほんとうに欲しいと思う海外のファンは買うかも。まだ映画が公開されていなくても。

わたしも欲しいもん♪でもその時は必ず誰かがライナーノーツ書いてね(海外とかないじゃない?解説、日本人でもガブリエルでもハンスでもいいから)

> 時間見つけてもう一度見に行きたいです。

あと何回見れるかなぁ~カムイは9回見たけどいつまで上映してくれるかが問題だから…。
2010/04/02(金) 15:30 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
ステキ
やっと昨日行きました。
そうそう、とっても音楽が気になりましたよ~。
ミライがセレクトしたって感じでとってもいいですよね~。

私はカムイは4回しか見れなかったので誰キスは何回見れるか?こっちもいつまで上映かが問題です(笑)

でもでもでも、以外にケンイチが出ている時間が短かったのがなんとも言えませんよ。
2010/04/03(土) 12:17 | URL | yuko #CrPVpPxI[編集]
Re: ステキ
yukoさん

> やっと昨日行きました。
> そうそう、とっても音楽が気になりましたよ~。
> ミライがセレクトしたって感じでとってもいいですよね~。

少し懐かしくもあり、でもだからと言って古臭くもなく、とても効果的でした。
最近のケンちゃんの作品は偶然なのかどうかわからないけれど、音楽を前面にという感じの作品じゃないので(私が感じた感じなので)あとで「音楽いつ流れていたっけ?」と思ってしまう(それだけ作品に集中しているかな?)

盛り上げるためにやたら音楽を多用する作品もあるけど、ナオミの心情をよく音楽で表現できてるなと思います。

> 私はカムイは4回しか見れなかったので誰キスは何回見れるか?こっちもいつまで上映かが問題です(笑)

ですよね。なるべく見れるときに見とかなきゃと思っちゃうし、2時間が本当にあっという間に感じちゃうんですよね。

> でもでもでも、以外にケンイチが出ている時間が短かったのがなんとも言えませんよ。

そうですか?(笑)でも、結局見終わった後思い出されるのはユウジのシーンじゃないですか?(^^ゞ
2010/04/06(火) 11:22 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
ありがとうございます
私は、サントラ出たら買おう!と意気込んでいました。でも、出る予定ないんですね・・・。

シーンと合っている曲がたくさんで、どの曲もすごい好きでした。はじめから終わりまで!
Yahooレビューとか読んでても曲が良かったとか
書かれてるの、いくつかありましたよ!
K&Rさんにこんな風にまとめて頂けて本当にうれしいです。感謝です。映画のシーンが蘇ります!
本当に本当にありがとうございます☆
2010/04/11(日) 16:22 | URL | なお #ffrl57rc[編集]
Re: ありがとうございます
なおさん

> 私は、サントラ出たら買おう!と意気込んでいました。でも、出る予定ないんですね・・・。

こちらの要望はハンス監督に伝えていますし監督も意欲的ではあります。
ようやく日本・LAからNYCに戻ったばかりのハンスですのでこれからガブリエルに滞在中のことやOSTに関することも話をすることと思いますので、希望を持っていましょう(笑)

> シーンと合っている曲がたくさんで、どの曲もすごい好きでした。はじめから終わりまで!
> Yahooレビューとか読んでても曲が良かったとか書かれてるの、いくつかありましたよ!

本当に、それぞれのシーンが丹にBGMなどではなくて映像やせりふとリンクするある意味音楽も映画の伏線として成立してると思います。

> K&Rさんにこんな風にまとめて頂けて本当にうれしいです。感謝です。映画のシーンが蘇ります!
> 本当に本当にありがとうございます☆

まだあいまいな順序の部分もあるのでこれからもちまちまと更新していこうかなと思っていますのでよろしく♪(笑)
2010/04/11(日) 22:04 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
効果
コンニチハ!

誰キスまた行ってきましたよ~

音楽の効果も今回はより楽しめました。
場面もより深く思い出せるのはテンション上がります。
音により敏感にさせて頂きました
2010/04/13(火) 09:33 | URL | ちゃちゃ #-[編集]
Re: 効果
ちゃちゃさん♪

> 誰キスまた行ってきましたよ~

うちの近所のあの劇場ですか?違うところかな?

> 音楽の効果も今回はより楽しめました。
> 場面もより深く思い出せるのはテンション上がります。
> 音により敏感にさせて頂きました

今このトピがとっちらかった状態なんで…(汗)
今日、6回目の鑑賞に行く予定です(次に近いあのシネコンに)

音楽を中心に(前回もだけど)チェックしてくるのでそうしたらかなり曲順などもちゃんとソートできるようになると思うのでしばしお待ちを…(笑)
2010/04/13(火) 10:24 | URL | K&;R #hTYNULE6[編集]
こんにちは!
K&Rさん、私のサイトへのコメントありがとうございます。
東京の郊外で、なんとか新生活スタートさせました!人が多いです・・。
そして、ほーんとにこの並び順ありがとうございます。
好きな曲がたくさんあるので、itunesで買ったり、CD買いそうです。
今は「Brand New Day」が特に好きです。

もちろん、誰キスのサントラが出たら買いますが笑

家族にも聴かせてます。家族は映画は鑑賞してないですが、
曲がいっぱい良いの入ってる!とノリノリになってくれました!

本当に感謝です。ありがとうございます~。
2010/04/19(月) 14:12 | URL | なお #ffrl57rc[編集]
Re: こんにちは!
なおさん♪

> K&Rさん、私のサイトへのコメントありがとうございます。

挨拶しようと何度もサイトにお邪魔しながらなかなかコメントできずだったので…(汗)

> 東京の郊外で、なんとか新生活スタートさせました!人が多いです・・。

環境が変わるのでいろいろ体調には気を付けてくださいませ。

> そして、ほーんとにこの並び順ありがとうございます。
> 好きな曲がたくさんあるので、itunesで買ったり、CD買いそうです。

劇中でいいなと思う曲が探してもないというものもあるのが残念ですが…
itunes(日本のサイト)にもない曲とかもあるのでなかなか大変ですが(笑)
DVDやOSTが出るまではこちらでお楽しみください<(_ _)>

> 今は「Brand New Day」が特に好きです。

私も大好きです♪ハンスも好きだって言っていました(笑)
この映画のすべてを表現しているような1曲ですしね。

> もちろん、誰キスのサントラが出たら買いますが笑

出るといいよね~♪

> 家族にも聴かせてます。家族は映画は鑑賞してないですが、
> 曲がいっぱい良いの入ってる!とノリノリになってくれました!

映画を見てなくても曲だけでも本当に老若男女楽しめる楽曲だと思います。
流行りではない長く聞ける楽曲ばかりだし…。

> 本当に感謝です。ありがとうございます~。

こちらこそ、またいつでも遊びに来てください。
また映画など気がついたことなどがあればぜひそちらの方のコメントも頂けると嬉しいです♪
2010/04/19(月) 15:05 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
うれしくてまたコメントさせていただきました。
度々のコメント、もうしわけありません。
ハンス監督もこの曲好きなんですね!
なんか、勝手に親近感沸きますし、めっちゃうれしいです~。
前作?「カンバセーションズ」は大人の雰囲気だったから、
「カンバセーションズ」の音楽はここまで印象的ではなかったです。

こんなふうに、ダイレクトにハンス監督とコミュニケーションとって頂いて、
こんな深い情報をいただけて感激です・・・。
ありがとうございます。
2010/04/19(月) 16:39 | URL | なお #ffrl57rc[編集]
Re: タイトルなし
なおさん♪

> うれしくてまたコメントさせていただきました。

いえいえ、こちらこそ嬉しいです(^・^)

> 度々のコメント、もうしわけありません。

とんでもない、大歓迎です♪

> ハンス監督もこの曲好きなんですね!
> なんか、勝手に親近感沸きますし、めっちゃうれしいです~。

この作品全体を表現しいてるような曲ですもんね。(わからない人にはわからないし気になった人にはたまらない1曲ですよね)

> 前作?「カンバセーションズ」は大人の雰囲気だったから、
> 「カンバセーションズ」の音楽はここまで印象的ではなかったです。

意外に音楽があるにもかかわらず決して出しゃばらず、そうしながらもしっかりその時々のシーンに時に言葉の代わりだったり、内面的な部分をすごく効果的に表現しているというのか…それがミライのセレクトだったりして、さすが原作と脚本を手がけたガブリエルが選曲しただけのことありますって感じですよね。

> こんなふうに、ダイレクトにハンス監督とコミュニケーションとって頂いて、
> こんな深い情報をいただけて感激です・・・。
> ありがとうございます。

いえいえ、今はほかの作品も色々気になるけれどやはりできる限りこの作品を見る機会がある限り劇場に行って何度も見てお行きたいなって思っています♪
2010/04/20(火) 12:54 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
ありがとうございます
すごいですね~~~
職人技です!ありがとうございます!
わたしは、iPodなどのハイテク機器がないので(笑)、家でこのYouTubeで楽しみたいと思います。

映画、こちらでは今週で終わりの所が多いです。
時間的にもう行けそうにないので、文庫本とパンフレットとYouTubeで、DVDが出るまで乗り切りたいです!
(^^)
2010/04/21(水) 19:53 | URL | mieko #-[編集]
Re: ありがとうございます
miekoさん♪

> わたしは、iPodなどのハイテク機器がないので(笑)、家でこのYouTubeで楽しみたいと思います。

ぜひ楽しんでください(トピは下に流れていくかもしれませんが時々上にあげるようにしますね)

> 映画、こちらでは今週で終わりの所が多いです。

でも1ヶ月…まぁまぁ健闘したと思います。
私ももう1回くらい行きたいんだけど…

> 時間的にもう行けそうにないので、文庫本とパンフレットとYouTubeで、DVDが出るまで乗り切りたいです!
> (^^)

そうそう、音楽と本などをおかずにDVD発売まで乗り切らねば…
(その間ケンちゃんの作品の公開もないし…いろんなDVDを見たりして)
向こうで色々まだまだ厚く語りましょう♪
2010/04/22(木) 16:33 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .