FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
古くは「NANA」、そして新しくは「ノルウェイの森」で共演した玉鉄こと玉山鉄二さんが感じた松山ケンイチとは
2010.5.2記述
+act. vol.27 interview with 山田孝之×玉山鉄二より

--玉山さんって論理的、山田さんは感覚的なんですね。

うん。役者って本当に2パターンに分かれると思う。
一緒にやってみたら、松ケンも本当に憑依型だと思った。あいつもセリフとか覚えてこないし。

役作りや演技に関しての話の中で玉鉄は台本も色分けしてその時々で感じたことを書いたりして台本が汚いけれど山田さんは奇麗だよねそういうことしないよねという話の流れの中でのこの文章。

ケンイチ本人も「台本開けて台詞覚えようとするとすぐ寝ちゃう」とか「現場で覚えます」とか言っていましたよね。
セリフはその場ででも、それ以外の準備は周到に頑張っているわけですね。(笑)

山田さんも撮影では監督の言われたことに対してあまり口出さすまず受け入れるということで、玉山さんの方が頑固だといわれて玉鉄も認めておられるようですね。演技のアプローチや表現の方法は違えども、そういう人たちが一つの目標に向かって素敵な作品を生み出してくれているのって興味ありますよね。

ノルウェイの森の公開間近になるとまたいろんな話が聞けるといいです。山田さんとも「GANTZ」での共演もあるしそちらも話も聞かせてくれるのを楽しみにしたいですね(^_-)-☆
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .