感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
落語家・笑福亭鶴瓶からみたRain
ご夫婦揃ってRainのファンと公言してくださっている鶴瓶師匠が何故Rainが好きなのかその訳は…

鶴瓶師匠 


2011.10.24記述

2007.06.08 テレビ東京系列「きらきらアフロ」より抜粋

一方、韓流の歌手・Rain(ピ)のコンサートに行ってきたという鶴瓶。
近くの席の客から借りた“赤いアフロ”のカツラを被り、最前列で盛り上がっていたところ、予想だにしないことが起こったという。

「コンサートのDVD撮ってはったみたいやねん。最前列の客を撮るカメラが、前をザーッと通り過ぎてんけど、(カメラマンが)俺に気づいたんやろな。フッと止まって、また戻ってきてん!」。

こうして、“赤いアフロ”で熱狂するオトナ気ない姿は、しっかりと映像に記録されることに。
「RainのDVD出たら、俺が映ってるかもしれん」と恥ずかしそうにうつむく鶴瓶に、松嶋は大笑いし…。

2007東京ドーム 


このときのOA面白かったですよ~。客席の女性たちとの掛け合いも「ピ知らん?」とかね(笑)
確かにその後DVDの中に鶴瓶師匠らしき人が写っています(笑)
このときはアリーナにSMAPの草さんやその他木村さん以外のメンバー(木村さんはこの日確かカンヌ映画祭のあとモナコグランプリの見学に行っていたと思う)が観に来ていたりその他芸能人が来ていたみたいです。(私はわからなかったけど)


2006.10.29MBSラジオ「ヤングタウン」放送の中から抜粋

私、この前ちょっとピの…ピRain…Rainご存知?このRainがとても凄いんですよ。(ヤンタンガールズがRainの事を全く知らないみたいで話が噛み合わず必死で説明する鶴瓶師匠)、Rainこれは素晴らしいんです…(まだ全然わからなくて更に説明する)Rainという韓国のスターです。

これはもう…えっ?ピってわからない?(まだわかってないので更に説明するが)ピ、Rainです、韓国のスターです。(スタッフに)誰かピのCD持ってきてください。どこかにあるでしょう?(スタッフが探しに行く)もの凄いkingなんですよking(西さんが「キングレコードらしいですよ」鶴瓶師匠はこの番組でkingと呼ばれています)僕も何かあったらキングレコードから(CD)出そうかなと思っているんですよ(冗談です)

韓国のとても凄い、韓国の歌手で、歌手と言うか俳優ですよ。私が「人でなしの愛(このろくでなしの愛)」を見て、彼に完全に惚れて、そして私の妻と一緒にいつも泣きながら2時間みて寝るぐらいの身体の悪い事をしていたんですよ。

ウワァと泣きながら(西さんが「確かに身体に悪そうですね」)身体に悪いと言いながら16話まで見させてもらいましたが、そのピにこの間会えると言うことで(全員が「ヘェ!」)まぁ、息子が友達だということで、と言うか友達というより回り回って息子をプロデュースした人とピをプロデュースした人が同じだったのものですから、それで会えるという事で前から2列目(で見ていた目撃談あり)だったんですけど楽屋に来てくださいと言うことで、私はピの為に花をバーン!と贈り、お寿司をバーン!と贈りですねもうダーン!ですよ。

韓国のプロモーターの人もいました。(スタッフがCDを探して持ってきました)さぁ、これですよピ!これ、この顔ですよ(と女性レギュラーに見せる)これですよ、もの凄い良いですよ(女性陣たち「ひゃ、カッコイイ」)カッコイイよ、(女性陣の1人「なんか幼いベビーフェイス」)笑ったらとっても可愛らしいんですよ。

それで私の奥さんもどうしてもピに、今まであんなこと言ったことない、私の奥さん55年(2006年当時)生きてきてあんな姿見たことないですよ(西さんが「どういうことですか?」)いや、その人に、憧れの人に会えるというのは、あの、言ったらそんな人もいなかったんですよ全然。歌手の人で憧れというのも一切、キャーと言った事もないし、ただピだけは違うと言う事になった雰囲気が。(西さんが「そうですか、それは何と言うかヨン様とかそういう」)まぁ(ファン層が)もう少し若い人が多い好きな人は、ご年配の方もいますが。

(中略)

それで会いましたがカッコイイ!(西さん「カッコイイですか」)もうカッコイイ、これねもう言います、出会った!
そしてその方は私は目上の方を称える為に手をグッとあてて握手をするんです(西さん「胸に手をあてるんですよね」)そう胸に手をあてて握手してくれるんです。カッコイイでしょう?背が高い186ぐらいある(本当は185cm)でがっちりしてて、そして握手しました、私も言えば日本のスターですからしっかり握手しましたよ、そして通訳を通して色々話をしました。

お寿司届いたか?(冗談です本当は聞いててません)向こう(Rainは)壁(心を閉ざしたりしない)がないんです。
カリスマ性はあっても壁を見せない、これが素晴らしい。どうですか(その場の人たちに聞く)大概ね、カリスマがあって壁出す、シャッターを下ろす人はいます。カリスマだと言いながら、そんな人は全然駄目です。(
途中違う話題になるので省略)

Rainのお父様よりも年上の(2006年当時:鶴瓶師匠は55歳)それも男性がこれほどまでにRainの事をカッコイイ、可愛い、そして歌手としての評価もさることながら俳優として認めてくれているのは本当に嬉しいです。鶴瓶師匠も皆Rainの話しをしてるときは嬉しそうに話してくれるんですよ.。

鶴瓶師匠は日本の若手の俳優さん(妻夫木聡さん)やSMAPなどのメンバーともとても仲良しですし、妻夫木さんなども大阪に来たときには鶴瓶師匠の家に泊まりに行く事もあるそうで、それでも奥さんはそんな人たちに目もくれずRainを好きでいてくださるなんてありがたいです。

時々思いもしない時に突然鶴瓶師匠の口からRainの名前が出てくる事があるのでドキドキしてしまう時があります。
そしてきっとケンちゃんにも同じような感覚を持ってくださっているのではないかと思うんです。
ケンちゃんと鶴瓶師匠とのトーク聞いてみたいし師匠が感じた松山ケンイチの印象を知りたいです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .