FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2010.10.7記述
COURRiER Japan「村上春樹『ノルウェイにて』」より

024_20101007212402.jpg



ビートルズの曲名を原型にしたベストセラー小説『ノルウェイの森』の映画化に取り組むことになったのは、アレンでもリンチでもなく、『夏至』や『青いパパイヤの香り』などの作品で知られるベトナム系フランス人の映画監督、トラン・アン・ユンだった。

彼から映画の話をもちかけられたのは2004年のことですが、そのあと彼はパリと東京で何度か会って話をしました。映画化を承諾したのは、何より、ぼくが彼の映画を素晴らしいと思っているから。

第二の理由としては、ベトナム人でフランスに住む彼が、どんな映画にするのか興味がありました。
僕は先日、完成作品を観ましたけど、映像は美しく、役者の演技は見事だと思いました。

と村上は語る。
欧州ではいつ公開されるのだろうか。
村上は肩をすくめ、日本では12月に公開されると言って微笑んだ。


脚本などを見て原作にないセリフなども村上さんが一部書いたりしたと言っていましたし、原作者が観て何よりうれしいのはなんと言っても「役者の演技は見事」色んな事を言う人がいたとしてもやはり村上氏が作品に対してそして演技者に対して満足してくれたという事実が何より一番嬉しい事じゃありません?
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .