FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2010.10.28記述
リアルライブより

やはり共演は男


全文はこちら

話題作『ノルウェイの森』の公開を12月に控え、この映画で共演の恋多き女優・菊地凛子とベッドシーンに挑んだ松山ケンイチ。今までベッドシーンはおろかキスシーンもあんまり無かった松山だけにファンは期待したいところ。『ノルウェイの森』公開以降も、二宮和也とのW主演SFアクション大作『GANTZ』、『マイ・バック・ページ』、『うさぎドロップ』、『僕達急行 A列車で行こう』と、主演映画ばかり次々公開が予定され、2011年の松山ケンイチはますます安定した人気続きそうだ。

いやいや、そういうイメージなのかしらね?(笑)
デビュー当時は結構チャラ男な感じの役もしていたし、他の同年代の男優さんとさほど変わらないと思いますが…
この書いているライターさんがどの程度、ケンイチの作品を見ているのかということもありますがねぇ…。

 『ノルウェイの森』の公開前に、松山は久々にドラマに出演し露出が上がっている。橋田壽賀子脚本のTBS開局60周年記念ドラマ『JAPANESE AMERICANS』で泉ピン子演じる女性・ともの次男、次郎を演じるため、泉とともに普段はあまり出演しないバラエティ番組『ぴったんこカンカン』(10月22日放送)に姿をあらわした。松山自身の故郷である青森県の郷土料理の店「跳人」(神田)に来た安住アナと大泉洋をねぶたまつりの跳人のふん装で母のピン子(設定)と力いっぱい踊るという趣向。のち一行は橋田の家にもおしかけるのだが、芸達者で年上の安住と大泉と泉にトークはまかせて肝心の松ケンはほとんどしゃべらない。でも素直なので可愛がられるというまさかの世渡り上手ぶりを発揮。人気者ほど自己主張が望まれる芸能界においてこれはめずらしい。

しゃべらないと言えば最初に出てきていたつよぽんの方がもっとしゃべってなかったですけど…(汗)というかしゃべるすきを与えない大泉さんとぴったん子さんと安住さんの間で話すタイミングがつかめなかったようで可哀想だったです。

ケンイチはまぁ、いつもと変わらず、良いとぼけっぷりでチャーミングでした♪でもそれって世渡り上手ぶりって思われるのはなんだか計算高いようなイメージに見えたのかなぁ~?あくまでもケンイチの人柄が周囲をああいう雰囲気にしてくれるんだと思うんだけどね。橋田先生にもピン子さんにも可愛がってもらったのが伝わってくる放送でしたけどね(笑)

 松山は『GANTZ』(2011年新春、春公開予定)でジャニーズの二宮和也(嵐)と、鉄道オタクを演じる『僕達急行 A列車で行こう』(2011年秋公開予定)で瑛太とW主演。『デスノート』シリーズで共演した藤原竜也が主演した『カイジ 人生逆転ゲーム』では友情出演なのに劇中ほとんど登場していた。主役級なのに決して共演者を食わないのでこれらの仕事が成立する。派手そうに見えて都会に染まらない純朴な田舎青年を主張している所も相手を油断させるのかもしれない。そして2011年はまさにそんな松山の出演映画の公開がめじろおしだ。

「カイジ」殆どじゃないんですけどね~、でもそう感じられるくらいインパクトを感じたのでしょうねこの方は。
そうおもってもらえることはうれしいんですけどね(汗)だから油断させてるとか…まぁしてやられているわけなのは確かだけど(爆)

 そして夏にもう1本、人気少女漫画原作の映画『うさぎドロップ』で育児に追われる若い男性演じる松山。共演子役には「告白」や日本テレビ系ドラマ「mother」で話題を呼んだ芦田愛菜がキャスティングされ、こちらも話題を呼びそうだ。今年の春に堀北真希とW主演した「誰かが私にキスをした」(ハンス・カノーザ:監督)というラブコメ作品で大惨敗を記してしまった松山ケンイチ。『ノルウェイの森』以降の出演作には恋愛モノが無い。やっぱり松山ケンの
共演者やスタッフは子どもかオバサン(泉ピン子・橋田壽賀子)か「男」の方が相性がいいのか。

これはちょっと解せないです。自分の作品の理解力がない事を作品がこけたとか失敗したとかそんな風に言ってもらいたくないです。私は「誰キス」も素晴らしい作品だったと思うし、好きな作品の1つですから、作品の良さを理解してもらえないのは本当に残念です。

本人がいわゆる若い子たちがたくさん出演するような作品、偏ったジャンルの作品に出演しないからこのライターさんにとってはそういうイメージの結論になるのでしょうかね。褒めてんだか貶してんだか…(ーー゛)

まぁ、男同士でも、子供相手でも、恋愛作品でも結果的に松山ケンイチという俳優は魅力があるということですよね。(どういうまとめなんだ?自分(>_<))

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .