感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2010.11.4記述

021_20101105235523.jpg

物語

長吉(中井貴一)がアメリカに渡ってから28年後、嫁のとも(泉ピン子)と必死に働き、ついに自分の農場を持つまでになっていた。そして、4人の子宝にも恵まれ、家庭を育んでいた。それは、日本では決して叶うことのない夢であり、裕福とはいえないまでも楽園のような場所であった。

時に、日米関係の悪化が日系移民への差別に拍車をかけていた1940年、18歳になった長男・一郎(草剛)は、日本人の権利を守りたいと、アメリカの大学で法律を学んでいた。日本人差別のため友人はいなかったが、ある日、同じ大学に通う領事館職員の娘・しのぶ(仲間由紀恵)が、白人学生に絡まれているところを助ける。それをきっかけにして、しのぶは一郎と親しく交際するようになる。しのぶは平松家にも気に入られ、農場の手伝いをするようになっていく。段々と惹かれあっていく一郎としのぶ。弟の次郎(松山ケンイチ)もまた、そんなしのぶに淡い憧れを抱くのだった。一方、長吉は外交官の娘であるしのぶとの交際を快く思っていなく、一郎には日本人の農家の娘を嫁にもらうべきだと、ともに釘を刺す。ともは、一郎としのぶの幸せを願いながらも、長吉の言葉に黙ってしまうのだった。

時代は風雲急を告げる。アジアの英領と仏領、オランダ領に侵攻する日本軍への報復措置として、アメリカ政府が日本の財産を凍結。日本の軍事攻勢を警戒するアメリカが日本への締め付けを強化するなか、日本へ引き上げる日本商社や日系人が出てきた。そしてほどなく、領事館に勤めるしのぶの父にも帰国命令が伝えられる。一郎は、しのぶの幸せを考えると、日本へ帰るしかないということを悟っていた…。

一方、平松家では、長吉がしずとさちを一時的に日本の親戚に預けようと提案していた。差別の激しいアメリカで女の子が暮らすのは心配だという長吉に対して、親元を離れて見ず知らずの親戚と暮らすのはかわいそうだと、ともは涙を流す。次郎は日本に妹たちを返すのを反対するが、一郎はしずがアメリカ人に暴行されそうになったことを次郎に言って聞かせる。自分達だけが日本へ帰されることに、不安と悲しみを抱えるしずとさち。ともはそんな二人をやりきれない想いで見ることしかできなかった。それからほどなく、二人の帰国準備も整い、シアトルの港からしずとさちを乗せた船が日本へと出港した。その船には、しのぶも乗船していた…。

翌朝、平松農場の牛舎に一郎がやってくると、そこには帰国したはずのしのぶの姿が! 日本への船に乗る前、一郎から「プロポーズをするつもりだった」という告白を受けたしのぶは、すでにアメリカに残る決心をしていたのだった。出港した船から一郎のため海へ飛び込んだしのぶを、一郎はなにがあっても一生守っていくと力強く心に誓う。

しのぶはその日から、農場の手伝いをしながら平松家で暮らすことに。2ヵ月が過ぎ、しのぶが他の農夫と同等の仕事をこなせるようになると、長吉はそれ相応の賃金を払わなければと賃金をしのぶに差し出す。長吉から他人行儀に扱われ寂しく感じているしのぶの気持ちを察し、ともはしのぶのことを平松家の立派な家族だと思っていること、一郎と結婚することを願っていると長吉に伝える。しかし、長吉は知らん顔をするばかりだった。

その頃、日本にたどり着いたしずとさちは、長吉の実家・島根に身を寄せていた。しかし、長吉の両親を世話している島根では、しずとさちの面倒を見ることが難しいという話し合いをしていた。そして、しずは広島に住むふさ(ふせえり)のところへ、さちは沖縄に住むとき(杉田かおる)の元へとそれぞれ預けられることになる。

それから3ヵ月後の12月、ついに日本海軍が真珠湾のアメリカ基地を攻撃、後に言う真珠湾攻撃を行う。その日を境に、FBI(連邦捜査局)が、敵性外国人として日本語学校や新聞社など、日系コミュニティーの主要人物を次々と拘束し始め、長吉も検挙され拘留所へ連行されてしまうのだった。




2夜は17年後の平松家から物語が始まります

4人の子供に恵まれて農場の仕事も順調、次男の次郎は学校の勉強よりも父親の様に農場の仕事をすることが何より好きでともの心配もお構いなし、しかし長男の一郎は大学に行きたいと長吉にお願いするが「農場の跡継ぎが大学に行っても仕方ない」と言われる。

そんな時に次郎が助け船を…、黙ったまま外に行ってしまう長吉だが厳しいことを言いながらも一郎の気持ちを察しているんだよね。 そんな子供たちの成長を嬉しく思っているのかなぁ~なんてね。

大学生活、日本人と言うだけで差別を受ける日々の一郎がある女性を助ける。
一郎が助けた女性・しのぶが農場にやって来た時、初めて会った次郎は淡い恋心を抱いたようで、もう見た瞬間からもう目がしのぶに釘付け「奇麗だなぁ~」って(笑)もうケンイチいや、次郎が可愛いです。もちろん、他のしづやさちも可愛い♪ (この時一郎18歳・次郎14歳・しづ13歳・さち10歳の設定なんだよね)次郎もまだまだお子ちゃまですからね(笑)

長吉役から一郎になったつよぽんも違和感なく動作もしゃべり方も自然に変わっていますね。

転び掛けそうになっている女性を助けても一郎の顔を見た瞬間「ジャップ!」と言われ酷い言葉を投げかけられる、
まるで今の日本のいじめの様な感じです。自分が悪いことをしてないのに我慢を強いられる日々。

大学が終わると一郎は長吉との約束で農場の仕事を手伝うという言葉にしのぶは好奇心が旺盛なのか一郎の事が好きだからなのか頻繁に一郎の家に行って、平松家の兄妹たちともすっかり仲良しに、畑仕事なども手伝ったり、そんなしのぶをいつも見つめている次郎のまなざしが切なく感じて…。この束の間の無邪気な兄妹一緒の生活が続けば良かったんだけど(T_T)グスン

しのぶの家に車で送る一郎、色々アメリカ生活でつらいこともあるけれどそれでうも軍国主義の日本の生活よりもはるかに自由があるし何より一郎がそばにいるからと積極的にアプローチ。そんなしのぶに対して正直に自分の気持ちを伝える一郎。とても情緒のあるシーンです。

長吉父さんはしのぶと一郎の付き合いが心配でならない。相手は領事館の娘で年齢も18歳同士、もししのぶに夢中になって別れられなくなってアメリカを出て行くという事になったら困ると心配…一郎はしのぶに長吉父さんと会って欲しい、そしてしのぶのご両親とも会ってお付き合いの許可をいただきたいと。一郎もしのぶの家と自分の家の家庭環境の違いはわかっているけれど、それでもしのぶを大切にしたいと思っている静かだけど力強いシーンですね

ある夜、野中が平松家にやってくる、アメリカと日本が戦争を始めるかもしれないという話があって、一部の日本人は日本に帰国する話が出ている、野中の家も長男の子供たちと娘さんを日本へ帰国させる予定にして、平松家にも帰国の事も考えておくようにと言われる。緊迫したシーン。

しのぶの一家も帰国命令が下りているという事で一郎との縁が切れると安堵する長吉。それを聞いている一郎と次郎…
ある日、野中の店に行く長吉だが町は「ジャップはお断り」という張り紙や嫌がらせの落書きなどが書かれ、街行く日系人の女性を白人たちが取り囲んでいる、その時ふと長吉の脳裏には無邪気な2人の娘の姿をオーバラーラップさせる。うわっ!出た、アメリカ人の得意の生玉子投げつけ攻撃。

一郎はしのぶに帰国する話を切り出す、好きなのに引き留めることもできない一郎、しのぶは精一杯無理して別れを告げる。一郎はしのぶの両親に会ったらプロポーズするつもりだったと、アメリカにとどまってほしいけれどそれができないという事もわかっている、しのぶにとって日本に帰ることが幸せなんだと良い聞かす。でもしのぶは日本は違う意味で自由がない事、何もかもがない、アメリカと戦っても勝つ見込みはないこともきっとわかっていたはず。

精一杯笑顔で別れを告げる一郎も、ただただ涙するしかないしのぶも可哀想…
家に戻った一郎に次郎がしのぶさんを引き留めろと言いだす。そして喧嘩をする2人、愛してる人を守ることもできないなんてとしのぶさんが可哀想だと、自分がしのぶさんを守ると、それを阻止する一郎、次郎のストレートな言葉に自分の思いをぶつける一郎。

長吉もどうしたらいいのか思い悩んでいる。このままアメリカに留まった方が良いのかそれとも家族で日本に帰国すべきか…。

ある日の夕方、帰り道の一郎が観た光景は!!!!白人に捕まったしづ、暴行されそうになるしづを助ける為に白人たちに向かっていく一郎、気迫のこもったシーン、妹の為に必死に守る一郎。「一人で出歩くなんて無茶しちゃいけなんだぞ!父さんにも母さんにも内緒にしておくんだ」でも様子のおかしいしづと一郎を見てとも母さんは直感的に何かがあったんだと察する。

夕食の時にさちは段々酷くなる排斥運動の為に楽しいくないから「もうこんな国にいたくない」ってつい言ってしまう、しづも今日の事があったからかこの状況に不安を感じている、長吉はしづに何かあったんじゃないかと、ともに訪ねるがあえてともは何も答えなかった。娘2人を日本に返そうと言いだす長吉。やはり町での出来事と今日の娘たちの言葉も考えて日本の方が安全だとすぐアメリカに戻れると楽観的だがともは不安でならない。でも本当は苦しくても家族一緒の方が良かったのになぁ~とわたしがここで叫んでもどうしようもないんだけど(>_<)

またまた次郎は長吉の決定に納得できなくて反対する。食い下がる次郎に一郎は自分も長吉父さんと同じ意見だという。それが信じられない次郎だけど一郎がしづが白人にレイプされそうになった事実を告げる。衝撃を受ける次郎…日本人だったら日本人だけだからそんな目に会うことはないと、残念!同じ日本人でもアメリカ生まれの日本人なんて日本人からすると敵国のスパイとか非国民とか言われるだけなのに…

そして別れの日…。お金の準備をするけれどとも母さんは不安でならない、しかし長吉は島根の実兄のことが信用できないのかと一喝される、日本は良い国だと子供たちに話すが、しづもさちも寂しいばかり(T_T)

港にはしのぶも家族とやってきていたが一郎達を見ることもなく船に乗り込んでしまう。
あれ?でもなんで??船に乗り込むのにそのあとどうして平松家といることになるんだ???

平松家も娘たちとの別れの時間が近づいてきた。突然「いやだ!行きたくない!」と言い出すしづとさち、見送る家族たち、でも突然ともが娘たちに向かって走り出す、ともにしがみつく2人、そのまま引き留めておいてほしかったけど、長吉は行きたくないと懇願する娘たちに向かって思い切り抱きしめた後、心を鬼にして「行け!」と突き放す。子供たちも辛かっただろう、でもそれを言わなければならない長吉もそして見送る一郎・次郎も妹たちが安全で幸せになるんだと信じて見送ろうとする。

でもともは娘たちを見送ることができなくてその場を離れる。でもこれがしづとの最後の別れになってしまったんだね、そして一郎と妹たちとも…。とっても不安だっただろうなぁ~。

私の香港人の友人も彼のお祖父ちゃんが戦争中日本に住んでいて戦争が激化して家族で香港に戻ることにしたんだけど、その時彼のお祖父ちゃんは香港の戦況を考えて男の子供たち(友人のお父さんも含む)だけを連れて香港に帰って、女の子供たちは日本にそのまま置いてきたそうです。香港よりも日本の方が女の子は安全だろうという事で、だから今も彼の叔母さんなど親戚の中には福岡に住んでいる人がいたりするそうです。そして彼はそんなお祖父ちゃんやお父さんから日本の事を色々聞いて育ったので日本がとても好きだといいます。きっと彼のおじいさんの家族もこの平松家みたいな別れがあったんだろうなと見てて思いました。(ちょっと脱線しましたが…)

船に乗船しいてるしのぶがなんやら怪しい行動をしているぞな?
ビニール袋にパスポートやらを入れてるぞ??おっ頑丈にと思ったら…(@_@;)うわぉ!船から飛び降りて泳いで海岸にたどり着いとるぞなもし!!!!なんという命知らずな。

妹たちもしのぶも去った農場で牛小屋に行くと人の気配が…そしてそこにいたのはなんと!!!!しのぶじゃないかぁああああ。
一郎のいるアメリカに住みたい迷惑でも傍に行きたかったと、一郎にプロポーズすると言われてからアメリカに残る決心をしたとおいおいしのぶさーん(>_<)

一郎が思い切りしのぶを抱きしめて(T0T)涙涙のシーン。そしてそれをそっと聞いている次郎の姿…2人の思いの深さを新たに感じてそっと出て行く姿が良いね。ともはしのぶがいると聞いて大喜び、そして次郎ケンちゃんはレモネードをがぶがぶ飲んでいる姿が良いっす。

長吉もびっくり!しのぶは親に手紙を置いてきたと、自分の行動は親は理解してくれるはずだと、ともは長吉に2人の想いを諭すが長吉も理解は強いているが素直に受け入れることはできない、でもともは大喜び♪

それから次郎が師匠になってバリバリ仕込まれる(笑)
畑仕事から牛の世話、とも母さんのお手伝い、洗濯や挙句にトラクターの運転までとにかく楽しく頑張るしのぶなのであります♪それを静かに見守る家族や農場の人たち。静かで穏やかな日々…。

長吉がしのぶに月給を渡す、このシーンの次郎のステーキをがっつく姿がグッジョブです!
月給をはらう長吉父さんに向かって「しのぶさんは家族なんだぞ!」と次郎(笑)ともはまた長吉に意見しております。
長吉が何と言おうとともはしのぶを平松家の嫁として受け入れるときっぱりと言っておりました(笑)

さちは日本に行った自分たちがどんな辛い目に会っていたか、日本は最悪だったと現代のさちが語りだす。
しのぶのお母さんが2人を島根に連れて行ったってすごいね、娘があんな行動に出たというのに。

でも長吉父さんが言っていた事とは違う現実に戸惑う2人。
2人で居られると思ったのに結局バラバラに引き取られることになってしまうことに…(@_@;)
それも沖縄と広島って!!!!叔母たちもしぶしぶ2人をそれぞれ引き取ることに…

結局しづは広島の酒屋に、そしてさちは沖縄に引き取られることに、離れたくないのにはなれなきゃならない2人の子供たちの運命が可哀想過ぎる、無理やり引き離されて連れて行かれるさちを見送ることも出来なかったしづ。怒られながら沖縄に向かったさち。どこまでも青い海だが心が晴れることはなかったんだろうな。

次郎は島根のおじさんの所にいると思い込んでいたと。さちは連絡のない両親に対して見捨てられたと思っていたと。
戦争が始まったら今度は周りからアメリカの二世だと白い目で見られて学校でいじめられて、ジャップと言われても家族と一緒にいた方がどれほど良かったかと…

1941年12月7日慌てて戻ってきた一郎、真珠湾に日本の飛行機が攻撃して被害が出ているという噂が流れてると、でも誰も信じない、しかしラジオを掛けるとやはり同じことを放送しいている、英語が分からないとも母さんの為にラジオを翻訳して伝える一郎だけどともは信じない。しばらくすると長吉も戻ってきて真珠湾攻撃がっ事実だという事、一郎としのぶの結婚式も出来る状況じゃないと、岡田さんはFBIに連行された、自分もアメリカ国籍のない日本人の一世は敵勢外国人だからもしかすると岡田さんのようにFBIに捕まるかもしれないと、もし自分が捕まったとしても残った息子たちに家族と家を守るようにと言い、自分の身辺整理を始める長吉。

眠れぬ夜を過ごした子供たちだが、ホッとしたのもつかの間やはりFBIがやってきた。
「お父さんは岡田さんみたいに大物じゃない」と眠たげに言う次郎が可愛いけど…
とも母さんはショックで腰ぬけてしまった。思わず一郎がおんぶして長吉を見送ることに。

長吉が自分の帽子を一郎の頭にかぶせるシーン、その後その帽子を一郎はかぶっていたね。
みんなで長吉の帰りを待っていると、どうなる長吉!!!!このまま別れなのか?それとも…

第3夜に続く
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .