FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
「マイ・バック・ページ」2011年5月28日公開です


ポスター001


2010.11.26記述
シネマトゥデイ映画ニュースより

ともに人気と実力を兼ね備えた俳優・妻夫木聡と松山ケンイチが、満を持して初共演することでも話題の新作映画『マイ・バック・ページ』の公開日が、来年5月28日に決定し、二人の役柄が色濃く表れたポスタービジュアルが解禁された。映画の舞台は1960年代後半の激動の時代。妻夫木が若きジャーナリストを演じ、松山が活動家に扮する。二人の対比も鑑賞意欲を増大させるこの見事なポスターに、早くも期待が高まってくる。

 日本を代表する実力派二人の初共演作が2011年5月に世に羽ばたく! 『マイ・バック・ページ』は、映画評論や翻訳などで幅広く活躍する川本三郎が、ジャーナリスト時代の経験をつづったノンフィクションが原作。熱を帯びた社会で、理想に燃えながら新聞社の編集者として働く若きジャーナリストを妻夫木が、世間を揺るがす活動家を松山が演じる。映画『悪人』がモントリオール世界映画祭に出品された妻夫木と、『ノルウェイの森』がヴェネチア国際映画祭に出品された松山。世界でも評価され、今最も注目を集める二人の化学反応が大きな見どころの一つだ。

 このたび解禁されたポスタービジュアルは、二人の立場の違いやキャラクターがはっきりとわかるもの。妻夫木は固く口を閉じ真正面を見つめており、松山は斜め下からにらめつけ、どこか不満げな表情を浮かべている。気になるのは妻夫木の顔に濃い影が差している点。ミステリアスな雰囲気を醸し出しており、激動の物語を予感させる仕上がりだ。理想と現実の狭間で葛藤する若者の思いを妻夫木と松山はどう描いているのだろうか。公開まで約半年あるが、大きな注目を集めることは間違いないだろう。

 そのほかの共演者は、忽那汐里、石橋杏奈、中村蒼ら新進気鋭の若手から、長塚圭史、山内圭哉、そしてベテランの三浦友和といった多彩な顔ぶれ。監督は映画『リンダ リンダ リンダ』『天然コケッコー』の山下敦弘が務めている。

映画『マイ・バック・ページ』は2011年5月28日より新宿ピカデリー、丸の内TOEIほか全国公開

なんだか連日色んな情報が出てきて嬉しいですね。
『マイ・バック・ページ』のポスター…良いじゃないですかぁ(*^^)v
2人の表情のコントラストといい、ケンイチの表情、何を考えてどこを見ているのかわからないのがいかにもキャラクターの思考の不透明さを感じるというか…(原作を読んだ人にはわかるような気がしますが…どうかな?)

ブッキーの真っ直ぐ見た表情の中もそれに負けないくらいやはりキャラクターの戸惑いの様なものを感じられますね。
一体この2人が動いた映像がどうなるのか待ち遠しいです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .