FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
映画も公開されて、色んな場所でいろんなレビューがありますが、まぁそんなことは置いておいて(どこに?)
自分の感想の所に書いていたとりあえず好きなシーンのリストをこちらに移すことにしました。
普通は公開が終わるころに開設するトピなのですが今回はかなり早めですが作りました。

まぁ、原作もある事なのでネタばれと言っても問題ないと思いますし。

映画「ノル森」と言う作品を気に入ってくださった皆様、原作既読で映画を見て好きなシーンや気になるシーンがある人、好きになりたいけれど原作未読で映画を見てよくわからないと言う人も遠慮なくコメントいただけると嬉しいです。

すでに書かれているシーンなど重複してもかまいません。同じシーン、同じセリフでもそれぞれがどう感じたかを伝えていただけることが大切だと思いますので(^-^)

THOHOシネマズ梅田サイン    
(TOHOシネマズ梅田にあったトラン・アン・ユン監督とケンイチのサインポスター)


ただし、意味のない、建設的ではない質問や感想はこちらで判断して削除させていただきます。
あくまでもこの「ノル森」という作品が好きで大切に思ってくださる方(ただ良いとか好きとかではなくて)は大歓迎です。 どんな些細なことでもいいんです♪

(コメントは誰が書いたかわからないように無記名で随時UPする予定なのでノル森が好きな皆様どうか遠慮せずにお気楽に…)


個人的に好きなシーン(若干系列がバラバラだったりしますのであしからず)

・学生時代のアイスキャンデーを無邪気に口移しで食べる直子とキズキ
・ワタナベの水泳シーン(クロールのフォームが奇麗)
・直子の誕生日のシーンでロウソクを消す直前に「ちょっと待って」とプレゼントを取りに行く時のワタナベのアップの時の表情
・直子と初めてセックスをするシーンでのワタナベの表情と直子が処女だとわかった後戸惑いながらも性交しそのあと直子に突き放されるシーンでのワタナベの目の表情と直子のどうしようもなく泣く姿
・ワタナベのバイトシーン、汗を流して必死で働いている姿がいいです
・緑がワタナベを迎える準備をしているシーン
・緑が愛について語り、キスをするシーン
・直子に手紙を書くシーンでの考えにふけるワタナベの表情
・初めて直子の療養所に行ったシーンでウトウトしてキズキとの夢を見て目が覚める時のワタナベの目と顔の表情、そして寝ぼけた感じで目の前にいる直子を見る表情
・朝霧の中、直子の話を聞きながら壊れゆく直子に向かって走って追いかけて行くワタナベとどうしようもない感情を抑えられない直子の叫び
・療養所の朝、レイコさんに直子が「白状しなさい」と言い直子が話しだした時のワタナベの表情の変化とオタオタした感じがコミカルで面白いし細かい演技に感服します
・プールサイドに佇むワタナベが美しかった
・ドラムスティックを持った永沢がワタナベに「やりにいく?」と聞いた後「やりに行きましょう(はっきりしたセリフ忘れたけどこんな感じだったかなぁ)」と言った後2人が笑い出すシーン
・バイトから戻ってみると突撃隊の置手紙が…その後上半身裸で口開けて寝ているシーンが滑稽です
・永沢とハツミとワタナベのレストランでのシーン
・ナンパした女の子とベットで楽しく会話をしているワタナベの表情
・療養所で寝ているワタナベの所に直子がやってきてキスをするシーン
・草原のシーン(「固くなってる?」「足の裏のこと?」の一連のシーンは小説でも個人的に好きなシーン)
・バイト先で怪我をしたワタナベが何故だか包帯をしているその部分の匂いを嗅ごうとしている、そしてそのあと傷のかさぶたをはがしてまたその傷の匂いを嗅いで滴り落ちる血を見つめるシーン
・緑の父親が無くなってワタナベに電話をするシーン
・緑と話したいのに相手にされなくてどうしようもない気持ちでいるワタナベの表情
・冬のシーン、久しぶりの再会で直子とワタナベがお互い走って抱きつくシーンが可愛くもあり切なくもありました
・直子に「一生セックスができなくても」という言葉に対して「元来僕は楽天的なんだ」と言うシーン(これも個人的に小説の中で好きなシーンなので)
・直子が死んで放浪するワタナベのシーン(まぁ小説での私のイメージは鳥取砂丘の様な感じの場所だったんだけど、映画の場所でも海の波の感じとか日本海なのでOKかなと)
・放浪から帰るとレイコさんが来ていて食事の後2人で泣いているシーン
・緑に「話がしたいんだ」と言って「ここはどこなんだ」のシーン

まだまだ色々ありますがとりあえず特に印象に残って好きなシーンをざっとピックアップしてみました。
細かい話はこれからまた少しずつ書いて行けたらいいなと思っていますが…

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .